16日夜、東京都内の日本料理屋に仙谷氏、岡田外相、野田佳彦・財務副大臣、枝野幸男・元政調会長、玄葉光一郎衆院財務金融委員長の5人が集まった。

 渡部恒三・元衆院副議長が「民主党7奉行」と呼ぶ、「小沢氏と距離がある」とされる面々だ。

 渡部氏も出席した。

 出席者の一人が「首相が小沢さんと一蓮托生(いちれんたくしょう)になるのはまずい。なぜ『信じている』なんて言ってしまったんだ」と疑問を示すと、同調する声が相次いだ。小沢氏の説明に矛盾が生じれば、政権の責任問題に直結してしまうからだ。

 玄葉氏は今回の事件に関し、記者団に「国民がどう受け止めるか考えた場合、参院選への影響を懸念せざるを得ない」と語っている。また、この会合は欠席したが、7奉行の一人、前原国土交通相は大阪府泉佐野市での会合で「しっかり説明し、おかしなことには自浄能力を発揮して正していかなければ、政権交代を選択してくれた国民に顔向けできない」と強調した。それでも、小沢氏の続投そのものは「本人が潔白という前提なら当然頑張っていただきたい」と言わざるを得ず、別の7奉行の一人も「まだ声をあげる時期ではない」と話す。

 捜査の行方と世論の動向をにらみながらの苦悩が始まっている。

松浪氏、参院選出馬を検討「(バッジがないと)活動しづらい」(産経新聞)
小沢幹事長 土地購入問題で陳謝 違法性は否定(毎日新聞)
出会えない「出会い系」摘発!“さくら”女性で利用客だます(スポーツ報知)
診療報酬不正受給、山本病院理事長に実刑判決(読売新聞)
子供用携帯、都が推奨へ…全国初の「お墨付き」(読売新聞)
AD