社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は12日の閣僚懇談会で、与党3党の代表らで構成する基本政策閣僚委員会を頻繁に開くよう菅直人副総理に求めた。11日の政府・民主党首脳会議で副大臣・政務官増員方針などを決めたことに対し、社民党が政策決定に関与できなくなるとの危機感を抱いたためだ。

 福島氏は「(政府・民主党首脳会議に)社民党は呼ばれていない。政策を閣議にかける前に基本政策閣僚委員会をきちんと開いてほしい」と注文。菅氏は今後も3党の連携を約束した。【白戸圭一】

【関連ニュース】
社民党:新成人に福島党首が支持を呼びかけ
社民・福島党首:普天間移設で米議員と会談
福島社民党党首:下地島移設案「3党で協議」
福島少子化担当相:仏をモデルに「子ども基金」創設模索
普天間移設:社民党首「下地島も考慮する」 小沢氏が提起

大潟のコメ削減、全量回復へ=農相の批判受け-秋田県(時事通信)
食パン2袋から針=13日にも同店舗で3本-三重(時事通信)
直木賞は佐々木譲、白石一文の2氏=芥川賞は該当作なし(時事通信)
つみれ汁にも針混入=同じスーパーで3本-埼玉県警(時事通信)
<交通事故>自転車の高2、車にはねられ死亡 愛知・豊川(毎日新聞)
AD