自民党は14日、政府が18日召集の通常国会に提出する永住外国人に地方選挙権を与える法案に反対する方針を固めた。党内で「憲法違反」などの意見が強く、地方議会から反対の意見書が出ていることも考慮した。

 選挙権とは別に、対象となる外国人が地元自治体固有の問題に関与できる仕組みを検討し、法案審議が始まるまでに党の見解をまとめる。

 法案に対する党所属国会議員の意見を集約するため、特定の部会にはかけず、政務調査会全体で議論する。

 これに関連し、石破茂政調会長は14日の記者会見で、01年に党選挙制度調査会で議論した際に反対意見が大勢を占めた経緯を踏まえ、「論点は出尽くしているので一から議論はしないが、だめと一刀両断にするのではなく、(永住外国人の)真摯(しんし)なニーズに応える道も提示したい」と述べた。【中田卓二】

【関連ニュース】
渡部恒三氏:外国人選挙権は議員立法で
外国人選挙権:法案、通常国会へ 与野党で賛否交錯
外国人地方参政権:通常国会に法案提出方針…平野官房長官
小沢幹事長:永住外国人に地方参政権を…法案提出を要望
山岡国対委員長:首相実母や小沢氏の参考人招致拒否の意向

特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
日航の更生法申請日を確定へ=19日軸に-前原国交相と首相が会談(時事通信)
路線バスと軽トラック衝突=東京・町田、14人軽傷(時事通信)
<漁船不明>最後の無線連絡は「波にのまれた」…第2山田丸(毎日新聞)
クリントン氏「現行案がベストだ」 日米外相会見詳報 (産経新聞)
AD