岡田克也外相は17日午前、都内のホテルでミャンマーのニャン・ウィン外相と会談した。岡田外相は、同国が今年予定する総選挙に関し、民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんを含む政治犯が釈放され、すべての関係者が参加して行われることが重要だと指摘。ウィン外相は、ミャンマー政府とスー・チーさんとの対話状況を説明するとともに、総選挙について「自由・公正な総選挙を実施する」と応じた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

福岡市で民家全焼、男性の焼死体(読売新聞)
羽田管制トラブル、プログラムミスが引き金か(読売新聞)
<元服式>ダム建設で廃村、旧徳山村の伝統…岐阜(毎日新聞)
【科学】WAVE 国内最大イトウ生息地 猿払川流域を保全区に(産経新聞)
小野前衆院議員が自民離党届提出、執行部は受理の方針(産経新聞)
AD