17日午後2時30分ごろ、長野県上田市の菅平高原スキー場の林間コースで、群馬県高崎市下水道局整備課長・室岡敏幸さん(58)=同市下小鳥町=が転落し、立ち木に衝突した。病院に運ばれたが、胸を強く打っており、死亡が確認された。
 長野県警上田署によると、室岡さんは日帰りの予定で職場の友人3人とスキーに来ていた。つばくろゲレンデから大松山ゲレンデの林間コースをスキーで移動していた際にバランスを崩し、谷側に約5~6メートル転落し、立ち木の幹に衝突した。現地は快晴だったという。
 室岡さんはスキー歴30年以上で、指導員の資格も持っていたという。 

【関連ニュース】
9階から高1男子転落死=那覇
川に車転落、祖父と孫娘死亡=中学の朝練に送る途中
海に車転落、家族3人死亡=高3長男も軽傷
小6男児、ため池に落ち死亡=山梨
ビルでフォークリフト転落=作業員の男性死亡

石川議員元秘書の自民勉強会での証言要旨(産経新聞)
「他人のカネだから?」「まあ…」思わず相づち打った元西松部長(産経新聞)
「天下り」10ポスト削減 府、22年度から 半数は原則公募(産経新聞)
ハイチに医療チーム=政府(時事通信)
橋下知事が発言修正「伊丹廃港15~20年後。近隣市町の合意不要」(産経新聞)
AD