12日の東京株式市場で、経営再建中の日本航空株は、1日の値幅制限の下限となる前週末比30円ストップ安の37円で終了した。上場廃止が濃厚となったため、朝方から大量の売りが殺到。通常の取引時間中は値が付かず、買い株数だけの売り注文を処理する比例配分が実施され、4867万株の売り注文を残した。 

【関連ニュース】
日航株がストップ安売り気配=上場廃止、100%減資濃厚で
日航CEO、京セラ稲盛氏に打診=政府・支援機構
政府、日航の法的整理を全面支援=3メガ銀も受け入れへ
法的整理受け入れ、苦渋の選択=日航再建で方針転換-3メガ銀
機構の法的整理案支持へ=日航再建問題で政府

周産期医療の整備へ不動産取得税「特例措置」延長の周知を(医療介護CBニュース)
<石川議員逮捕>通常国会目前の激震(毎日新聞)
皇居で「歌会始の儀」 お題は「光」、10人の歌朗詠(産経新聞)
<温暖化対策>気象キャスター18人が呼び掛け(毎日新聞)
普天間問題 平野官房長官が沖縄入り(産経新聞)
AD