大阪府羽曳野市の居酒屋「いーちゃん」で大阪市環境局職員杉浦泰久容疑者(49)が店にいた男女3人に発砲後、自殺した事件で、3人はいずれも胸や腹などをほぼ正面から撃たれていたことが13日、府警捜査1課への取材で分かった。同課は、同容疑者が離婚トラブルが原因で義母に強い殺意を抱いていたとして、自宅を捜索するなど捜査を進めている。
 同課によると、事件当時、妻(48)も店内にいたが、杉浦容疑者が訪れた際、すぐに2階に逃れたため無事だった。店内には4発の薬きょうが落ちており、3人のほか妻も狙われたとみられる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
「大変残念」と四天王寺大=死亡の福井さん、昨年卒業
「言葉なくした」=職員の居酒屋発砲で大阪市長
杉浦容疑者、5丁所持=許可更新時、妻ら「問題なし」
離婚めぐり逆恨みか=5発発射、犠牲者3人に

【中医協】地域特性に配慮した診療報酬、次回以降に再協議(医療介護CBニュース)
<名古屋市>231億円の税収減 来年度一般会計予算案(毎日新聞)
年中楽しめるサクラ開発=開花に冬の寒さ要らず-加速器で品種改良・理研など(時事通信)
<寛仁さま>宮内庁病院から転院(毎日新聞)
外国人参政権 理屈通らない小沢理論(産経新聞)
AD