大阪府羽曳野市の居酒屋で男が発砲し、4人が死亡した事件で、発砲して自殺した大阪市環境局職員、杉浦泰久容疑者(49)。 大阪市環境局によると、杉浦容疑者は12日は有給休暇を取得。11日の公休と合わせて2日連続で休んでいた。10日の勤務は普段と変わった様子はなかったという。94年採用で市内の斎場で火葬などを担当し、昨年7月から瓜破斎場で働いていた。前職場の佃斎場(西淀川区)では、同僚にあいさつしないなど「ぶっきらぼうでつっけんどんだった」といい、「趣味で猟をしている」と猟銃を所持していることも周囲に伝えていた。

 07年9月に禁じられているマイカー通勤をして減給処分を受けた以外は、勤務態度に問題はなかったという。

 檜垣洋次・環境局長は13日、記者会見し「住民に恐怖と不安を招いたことはまことに申し訳なく、亡くなられた方のご冥福を心からお祈りする」と謝罪。平松邦夫市長も「職員がこういう騒ぎを起こし、大変申し訳ない」と陳謝した。【堀文彦】

【関連ニュース】
居酒屋発砲:重体の男性も死亡 大阪・羽曳野
発砲:2人死亡 容疑の男自殺 大阪・羽曳野の居酒屋
殺人:居酒屋で発砲、2人死亡1人重体 容疑の男自殺--大阪・羽曳野

後納期間10年に延長=国民年金保険料、法案提出へ-厚労相表明(時事通信)
量刑データ誤り、19件=入力ミス総点検-最高裁(時事通信)
自衛隊輸送機の活用も=ハイチ支援で北沢防衛相(時事通信)
マグロ刺身に針混入 埼玉のスーパー(産経新聞)
内閣官房、人事一新検討=組織見直しも-平野官房長官(時事通信)
AD