仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は10日、徳島市で会見し、消費税問題について「少子高齢化が進む中、社会保障を維持するためにどういうシステムがいいのかという観点から、消費税の議論は避けて通れない」との認識を改めて強調した。その上で、「次の政権を争う衆院選の前には具体的な政策課題として練り上げる。そのために、夏の参院選の前にどうこうではなく、議論は常時して基礎的な部分を用意すべきだ」と述べた。

 また、仙谷氏は「消費税だけでなく、法人税、所得税、相続税を含めた抜本的な税制議論が原則」と指摘。消費税については「法人税は景気動向によって大きな振幅がある。その観点からも消費税は大事な税目」との考えを改めて示した。【井上卓也】

【関連ニュース】
藤井財務相辞任:後任は菅副総理 仙谷氏が国家戦略相兼務
消費税:税率引き上げ次期衆院選で問うべき…仙谷担当相
仙谷行政刷新担当相:独立行政法人などの無駄も議論と表明
消費税:税率の引き上げめぐり認識に差…菅氏と仙谷氏
消費税:認識に差 菅氏、まずは無駄を省く/仙谷氏、税調で早期に議論を

大阪・羽曳野で男が猟銃発砲 3人死傷、男は自殺(産経新聞)
福島党首「正直びっくりした」 小沢氏側への捜索で(産経新聞)
福、願いまして~今宮戎神社(産経新聞)
プログラム不具合が原因=羽田空港の管制システム障害(時事通信)
本物が出るお化け屋敷? =26年の歴史に幕-東京・浅草花やしき(時事通信)
AD