名古屋市の市営地下鉄久屋大通駅で2008年5月、エスカレーターが逆走し、乗客14人が負傷した事故で、名古屋簡裁は14日までに、業務上過失傷害罪で略式起訴された製造元の「日本オーチス・エレベータ」(東京都文京区)社員で、当時の中部支店改修課改修グループリーダー(34)に罰金50万円、下請けの工事会社経営者(53)に罰金20万円の略式命令を出した。命令は6日付で、既に納付済みという。 

【関連ニュース】
エスカレーターで転倒8人軽傷=NHK施設見学の中学生
共同通信、「地下鉄衝突」と一時配信=虚偽通報と判明、10分後取り消し
地下鉄東西線で車両事故=29万人に影響、けが人なし

滋賀県幹部を収賄容疑で逮捕=部次長級、業者から850万円-県警(時事通信)
悪天候 強風で電線切れ 3万3000戸が停電 新潟県内(毎日新聞)
<業務上横領容疑>名古屋保育園連元事務員を逮捕 愛知県警(毎日新聞)
派遣村200人超が2万円持ち去りか…支給後に所在不明(スポーツ報知)
組織トップに2年で3千万円配当 ライブリーねずみ講事件(産経新聞)
AD