中台協議で台湾側窓口機関となる「海峡交流基金会(海基会)」の江丙坤理事長が14日、東京都内で記者会見し、馬英九総統からの親書を鳩山由紀夫首相に伝達したことを明らかにした。親書は中台間の経済交流の拡大について説明する内容で、台湾の総統から日本の首相への親書伝達が公表されるのは異例。

 中台間では自由貿易協定(FTA)に相当する経済協力枠組み協議(ECFA)の締結に向け、近く正式協議が始まる見通しとなっている。江理事長はこうした状況を日本の与野党関係者に説明するために来日した。

 江理事長は親書について「両岸(中台)の経済関係発展を説明するとともに、民主主義や人権という価値観を共有するアジア諸国とのより緊密な関係構築を求める内容」と説明した。日本政府関係者を通じて届けたという。

 馬総統は、中国とのECFA締結後、台湾と他国とのFTA交渉について「中国からの妨害は減少する」と見込んでおり、日本や米国、欧州連合(EU)、東南アジア諸国連合(ASEAN)などとFTA協議を始めたい考えだ。【米村耕一】

【関連ニュース】
阪神大震災:犠牲者追悼式に鳩山首相が出席へ
陸山会土地購入:鳩山首相、小沢幹事長の続投認める
鳩山首相:日米同盟さらに深化が肝要 自衛隊幹部に訓示
武器輸出三原則:首相「堅持すべき」防衛相発言を否定
鳩山首相:潘氏と電話協議 COP16に向け

寺からお布施など600万円盗まれる 静岡(産経新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷】論告要旨(下) 「極悪非道で一分の同情の余地もない」(産経新聞)
雑記帳 「夫婦円満」秘訣は?…亭主関白協会の会長が伝授(毎日新聞)
<お別れの会>田辺一鶴さん=2月9日、東京・亀戸で(毎日新聞)
<長妻厚労相>社保庁職員よ、本当のことを言いなさい 現役・OB2万人に呼びかけ(毎日新聞)
AD