中国から覚せい剤約5キロを密輸入したとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊と東京税関などは8日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で、大阪市、無職田中邦憲(50)、東京都渋谷区、無職畑瀬仁(34)両容疑者を逮捕した。
 コンテナ船の積み荷から、これを含め、いすの底に隠された覚せい剤計約10キロ(末端価格約6億円)も押収した。
 同隊によると、両容疑者は容疑を認め、「ヤミ金から借りた金を返せず、薬物の密売と密輸入を手伝わされた」と供述。背後に暴力団の関与があるとみて調べている。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕違法薬物の実態
昨年初めからMDMA=泉田被告から譲渡
中2女子らが大麻所持=「吸うため」、3人逮捕
MDMA、効果確かめ渡す=複数女性が体調不良

土地購入代にゼネコン資金=水谷建設提供の5千万円-特捜部が判断・小沢氏団体問題(時事通信)
雪化粧 朝日を浴びて美しい輝き 東京・奥多摩(毎日新聞)
<オール学生将棋選手権戦>立命館大・横山さんが優勝(毎日新聞)
西日本で大雪の恐れ=低気圧急発達、日本海側暴風-気象庁(時事通信)
行き過ぎに豪州でも批判=調査捕鯨への妨害行為-農水相(時事通信)
AD