社民党の山内徳信参院議員と服部良一衆院議員が10日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の関係閣僚会議に合わせ、首相官邸前交差点の歩道で県内移設反対を訴える演説を行った。連立与党の議員が官邸前で政府への抗議活動を公然と行うのは極めて異例。

山内氏は「辺野古くい打ち工法反対 首相、『国外・県外』への公約守れ」と書かれた横断幕を掲げ、「国家が人をいじめ、犠牲にしていいという法律はない。沖縄県民を(県外移設という)その気にさせておいて、米国と交渉する気概も気迫もない。もはや狂気の沙汰(さた)だ」と政府を激しく批判した。

官邸入りする北沢俊美防衛相の公用車には「くい打ち反対、くい打ち反対」と叫び、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)沖合の浅瀬案など県内移設案が政府案として協議されることを牽制(けんせい)した。

富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑-大阪府警(時事通信)
<退職強要>入社9日で 労働審判申し立て(毎日新聞)
年長フリーター防げ!今春高卒、行政が支援(読売新聞)
331円安で終了=東京市場(時事通信)
<たこ焼き>爪楊枝か、割りばしか…食べ方いかに?(毎日新聞)
AD