それでも、歌いたい。

テーマ:


こんにちは。

お久しぶりです。

秋良と美春です。


今日は3月11日。


あれから2年。

あの時は、MJCアンサンブルを少しでも多くの人に知ってもらいたくて、私はこのブログ『春夏秋冬』を開設しました。


しかしその日、東日本大震災、発生。

私たちはバラバラになりました。


今後の不安が渦巻くなか、支えとなったのが合唱でした。

歌いたいという一心で楽譜に向き合っていました。


しかし、南相馬で歌い、ただ歌うと言うだけでは済まされないほど注目されました。


「南相馬から発信しなければならない」という使命感も生まれ、多くの支援のなか、多くの場所で歌い続けました。

それに伴って、練習量が減っていきました。


正直、中途半端な演奏で失礼なのではないかと罪悪感を抱いていたのも事実です。

震災からたくさんの支援、たくさんの応援の言葉をいただきました。


それなのに自分たちですら満足のいっていない演奏を聴かせてしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。


そんな中、活動方針や練習の仕方を改めようと話し合いもしました。


しかし、何も変わることがありませんでした。


そのことにより、私たちはMJCを去ることになりました。

だけど、歌を歌うということが大好きなので歌い続けることは諦めません。

これからもどこかで歌い続けます。



ブログにコメントを書いてくださった方


応援して下さった方


今まで本当にありがとうございました!!


感謝してもしきれません。

本当に、本当にありがとうございました!!!!



AD

4日・5日

テーマ:

すごくお久しぶりになってしまいました(^-^;

美春です\(^.^)/

ウィーン少年合唱団との共演から早3ヶ月。

5月には看護協会の式典に。

6月には相馬高校の定期演奏会に。

7月には仙台市太白区の合唱祭にてゆりかご幼稚園の園児さんたちと"Pray"を。

奈良県東大寺の大仏様に歌の奉納。

関東地区のNHKの番組「いっと6けん」に出演。

そして29日には銘醸館にて公開練習、復興祈願ライブを。

呼んでくださりありがとうございましたm(__)m

イベント一つ一つ、しっかり気持ちを込め、歌えたと思います。

さて、8月です。

4日、5日は全国こどもコーラスフェスティバルです。

今年もやって参りました。

2年連続の出場となります!

今年は伊丹です。

思えば、震災当初、ひたすらこのフェスティバルを目標に頑張っていたんだなと。

この目標があったからこそMJCは再び歌うことができたのだなと。

私にとってすごく大切なステージです。

合唱をひたすら楽しんで、

感謝の気持ちを届けます。

そして、別の場所で頑張ってる夏音を思って。

うん。

とにかく頑張ってくるぞ!





クローバー美春クローバー


AD

ウィーン少年合唱団

テーマ:

お久しぶりになってしまいました、美春です。

一昨日、サントリーホール・カラヤン広場にてあの世界的に有名な合唱団『ウィーン少年合唱団』のみなさんと歌わせていただきました!!

MJC単独では『私と小鳥と鈴と』『明日という日が』『Pray』を歌わせていただき、ウィーン少年合唱団のみなさんとは『花』を歌わせていただきました。

ウィーン少年合唱団の澄んだ歌声と共に歌え、本当に夢のような一時でした!

歌ってて気持ちよかったです音符

気持ちをひとつひとつしっかり歌に込めることができたと思います。

このような機会を与えてくださり本当にありがとうございました!

これからもまた、感謝の気持ちを込め、歌い続けていきたいと思います。

本当に本当にありがとうございました。




クローバー美春クローバー


AD

祝・入学

テーマ:

どうも!久しぶりです!!冬真です!!!

いやぁ~皆さん懐かしいですねぇ~(*゚ー゚)ゞ

何故今日書いているのかというと、実は今日高校の入学式だったんです!


中三トリオ無事志望校に合格そして入学できました(b^-゜)


今まで元気にMJCの活動を続けてこれたのも、皆さんのお陰だと思います。

何回ありがとうの気持ちを伝えても、足りない位です。

だから、私たちの合唱でこの感謝の気持ちを伝えていきます(`・ω・´)ゞ


皆さんにも、先生方にも、これからもよろしくお願いします:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

帰国

テーマ:

美春です。

帰国しました。

リンカーンセンターにて、
宮城から東北福祉大学さん、
岩手からは岩手県立大学さん、有志でニュージャージーの合唱団さん、
そしてニューヨーク・シティ・オペラの方々と共にマーラー交響曲第二番『復活』を演奏してきました。

指揮は山田あつしさん。

大人数の合唱、そしてオーケストラもついて、本当に心から音楽を楽しむことができ、さらに共に曲を演奏した方々、聴きにきてくださった方々からたくさんの勇気と元気をいただきました!

本当に素敵な時間を過ごせました!

こうやって歌えたのもいろんな方々の支えがあったからです。

山田あつしさん、東北福祉大学の合唱団のみなさん、岩手県立大学の合唱団のみなさん、ニュージャージーの合唱団のみなさん、ニューヨーク・シティ・オペラのみなさん、そして「Hand in Hand」のスタッフの方々、
ありがとうございました!!

また、一歩ずつ、復興に向けて頑張っていこうと思います!




クローバー美春クローバー