• 06 Apr
    • 絶好調の文春ってどうよ

      ベッキーの不倫、甘利大臣の不正金授受 清原の薬物問題、宮崎議員の不倫…と 立て続けにスクープをとばす週刊文春。 現在、発行部数69万部とダントツの一位である。 どうして文春ばかり…が。 と、思っている方も多いであろう。 その疑問に答えよう。 実は、タレコミが多いのだ。 文春は、69万部発行し 最近はスクープがテレビにも取材されるケースが多いので 影響力が大きい。 そうなると「良質なタレコミ」が持ち込まれるのだ。 もちろん皆、善意ではない。 このタレコミ、甘利の大臣を辞職にまで追い込むクラスになれば かなり高額な「謝礼」が支払われる。 もちろん雑誌が売れるからだ。 週刊誌がスクープと称して情報を発信するのは もちろん不正を暴くという点においては「正義」である。 一方、その「正義」とやらは、お金で売買されているのだ。 この文春のスクープのおかげで 失業している人もいるであろう。 しかし一方では、多額の謝礼を受け取って 儲けている人もいるのだ。 この正義って、本当に「正しい」のでしょうか?

      2
      テーマ:
  • 11 Mar
    • 自然相手の産業の苦悩

      2月25日の「カンブリア宮殿」で スキー場を手掛けるマックアースさんを取材し、放送した。 私のもとにも 「こんな話知らなかった」「感動しました」などの さまざまな声を届いた。 ご覧いただいた皆さん、ありがとうございました。 では、簡単に内容を。 ――― 日本のスキー場の多くは、出稼ぎ対策として創出された。 その地域の主な産業は農業であり 冬は雪があるため農業が出来ない。 そのかわりとして、スキー場を作って雇用対策をした。 しかし、ブームが去った今 多くのスキー場は経営難になり その再生をマックアースさんが行っている。 ――― 暖冬のスキー場は、対策として何をしているのか? 実は雪を作っているのだ。 標高が高いところは、水を撒けば凍って雪化するのだが 低いところはそうはいかない。 凍らないからだ。 低いところは、特殊な機械を使って氷を作り それを砕いて撒いて氷のゲレンデを作っているのだ。 実はこの機械、ものすごく電気を食うので経営を圧迫する。 さらに、大量に電気を使う ≒ CO2の排出 ≒ 温暖化 (≒としているのは、本当はそうか?という疑いもあり…) なんか本末転倒のようだが そうしないとお客さんが来ないのだ。 何か良い解決策、ないですかね。

      テーマ:
  • 23 Feb
    • 木を見て森を論じたい

      あのよくテレビに出ていた 丸山和也参議院議員の発言が「問題」となっている。 「アメリカは黒人が大統領になっている。これは奴隷ですよ。」 という部分の発言だ。 ちなみに、オバマ大統領は ケニアからアメリカに留学した父親と 白人の母親の間に生まれているので 奴隷の子孫にはならない。 この部分だけをみれば、明らかに間違いではある。 しかし問題なのは この木を見て森の話が出来ていないことではないかと思うのだ。 丸山議員は、もっと広い俯瞰的な話をしており その一部を切り取って問題にしているのだ。 ちょっと長いけど、引用します。 |憲法上の問題でもありますけれど、 |ややユートピア的かもわかりませんけれども、 |例えば、日本がですよ、 |アメリカの第51番目の州になるということについてですね、 |例えばですよ、憲法上どのような問題があるのかないのか。 |例えばですね、そうするとですね、例えば集団的自衛権、安保条約、 |これまったく問題になりませんね。 |それから今、例えば、拉致問題ってありますけれど、 |拉致問題って恐らく起こってないでしょう。 |それからいわゆる国の借金問題についてでも、 |こういう行政監視の効かないような、 |ズタズタな状態には絶対なっていないと思うんですね。 | |これはですね、例えば日本がなくなることじゃなくて、 |例えばアメリカの制度によれば、 |人口比において下院議員の数が決まるんですね。 |比例して。それとですね、恐らく日本州というような、 |最大の下院議員選出州を持つと思うんです、数でね。 |上院は、州1個で2人。 |日本をいくつかの州に分けるとすると、 |十数人の上院議員もできるとなると、これはですね、 |世界の中の日本というけれども、日本州の出身が、 |アメリカの大統領になるという可能性が出てくるようになるんですよ。 |ということは、世界の中心で行動できる日本という、 |まあ、その時は日本とは言わないんですけれども、 |あり得るということなんですね。 | |バカみたいな話だと思われるかもしれないかもしれませんが、 |例えば今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。 |黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。はっきり言って。 |リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権も何もない。 |マーティン・ルーサー・キング(牧師)が出て、 |公民権運動の中で公民権が与えられた。 |でもですね、まさか、アメリカの建国、当初の時代に、 |黒人・奴隷がアメリカの大統領になるとは考えもしない。 |これだけのですね、ダイナミックの変革をしていく国なんです。 | |そういう観点から、例えば日本がですね、 |そういうことについて、憲法上の問題があるのかないのか、 |どういうことかとお聞きしたい。 黒人でも大統領になれる ダイナミックな変革が出来る国と表現する一部として 誤った言い方をしたのである。 それをそんなに責め立てる必要があるのか? 私はこれを暴言・失言とは思えない。 二世議員ばかりが首相になっているこの日本へ 大きな一石だと私は思う。 冒頭の殺人事件も同じ。 木を見て森を論じていないことが問題ではないかと思う。 どうして人が人を殺してしまうのか、 考えなくてはいけないのではないか? 木を見て森を論じたいと切に願う。

      1
      テーマ:
  • 09 Feb
    • マスコミが清原ネタを連日放送するワケ

      私はライオンズクラブの活動の一環で 小学校で「薬物乱用防止教室」を行っている。 その中で、ASKAや田代まさしなど 芸能人の事件を取り上げている。 それは子どもに分かりやすく伝えるためだ。 この清原は当然、次回の授業で扱うことになると思う。 清原は野球界ではある種“スター”だ。 ドラフト入団時の悲劇もあるから、ドラマ仕立てしやすい。 番長キャラクターで“画”にもなる。 だからテレビは連日放送する。 当然視聴率が取れるという皮算用の元にだ。 清原の友人・知人は当然復帰して欲しいと思っているだろう。 ではマスコミにそんな気持ちがある人がいるのだろうか? 薬物に手を出すのは当然悪いことなのだが 自社の視聴率のために、ある種つるし上げにしているのは 正しいことなのか? 野球漬けになっていて 社会をあまり知らない大人に、連日の報道は よってたかって復帰の芽を摘むことをしているとしか思えない。 誰にだって間違いはある。 少なくとも清原は誰にも危害を加えていない。 特にNHK。 お前んとこはアナウンサーが薬物で逮捕されたばかりだろ。 大バカだ。

      テーマ:
  • 27 Jan
    • スクープの現場にいたのに分からない不思議

      NHKの「ニュース シブ5時」が25日から再開した。 休止していたのだが、その理由は リポーターを務めていた局アナ・塚本堅一が 危険ドラッグを所持していたため逮捕されたからだ。 塚本が逮捕されたのは、1月10日午後7時。 この日の「ニュース9」を私は見ていたのだが トップニュースは「デヴィッド・ボウイの訃報」であった。 私は一瞬気を失いかけた。 逮捕から2時間後の放送である。 地震ですら30秒も経たずに放送できるのだから 同じビル内のアナウンス室の出来事ぐらい 取材して放送できるだろう。 他局の追従を許さない、ブッチギリの独走が出来たはずだ(笑)。 25日の再開には、冒頭で 「これから皆さまに“よりよい”番組をお届けできるよう…」 とコメントがあった。 NHKよ。 “よりよい”放送とは“事実”を伝えることを言うのだ。 自社のことは棚に上げ 他社の事件や事故を垂れ流しているあなた方に そのセリフを言う資格はない。 塚本に関しては、警察のガサ入れ(家宅捜査)が アナウンス室にあったという。 当然カメラはまわしてますよね(笑)。 出所してから会社に復帰するまでのドキュメンタリーはどうだろう? なんなら私が企画書を書いて、おたくの会社宛に送付します。 通りますように(笑)。

      1
      テーマ:
  • 10 Dec
    • 世界は狭くて小さい!?私も小さい!?

      先日、撮影でバンコクに行ってきました。 その旨をFacebookにアップしたところ しばらくして通知あり。 取引先の親しくしている社長が、同じバンコクにいて しかも同じ建物内で仕事していることが判明。 その晩、飲みましたよ。 Facebookがスゴイのか? 私たちの行動範囲がスゴイのか? Facebookのいう、スモールワールドは 確実に実現しているようだ。 その後、驚きのニュースが! Facebookの創業者が所有しているFacebook株の 99%を寄付するという。 なんでも、自分の子どもが産まれたので その子のために世界を良くするため…だそうだ。 この寄付には驚いた。 でも、止めてもらいたいなぁ。 上場して自社株を持っている社長が 小さく見えてしまうではないか。 まぁ、そんな悩みは全く必要ないので 毎日できることをコツコツやっていこうと思う。

      テーマ:
  • 27 Nov
    • 売れすぎて困っちゃう

      あまり無いことなのだが 今、売れすぎて困っているのがテレビCMだ。 実は12月~1月にかけて、ほぼ完売なのだ。 それだけではない。 某局は、全営業マンが売ったCMを集計したところ なんと売れる量の130%にもなったというのだ。 しかも、そういう局が数局ある。 この30%、どうするのか? 答え 【返す】か【来月に繰り越し】。 しかし、年末年始にオンエアしたいから集中するのであって 繰り越しなどNGだ。 某局は、新規を断ったり 料金1割UPで買ってくれないか、とか もともと安い価格で買っている昔からのお客さんを断ったりするなど さまざまな対応をしているが、各地でひんしゅくを買っている。 そりゃそうだ。 なぜ、こんな事態が起きたのか? 実は、全体的に視聴率が下がっているため、視聴率のコスト つまり「1%あたりいくら」で買っているお客さんには CMの量を増やさないと購入金額にならない という現象が起きているのだ。 ということは、同じ量を売っても、売上は下がるのである。 あらためて時間は有限なのだと私は確認したのだが 実際売っている私たちは、仕入れが出来ないので迷惑なのだ。 なんとかして欲しい。

      テーマ:
  • 09 Nov
    • 大学って何をするところ?

      先日、求人のため大学をまわっていた時のこと。 就職課(最近ではキャリアセンターとかいう…)を訪問後 馴染みの教授と話をしていたら 教授がこんなことを口にした。 「今さぁ、学生と 電話番号やメールアドレス交換はNGなんだよ」と。 まぁ、個人情報のこともあるし 自分の学生のときには 教授と電話番号の交換なんてなかったから そんなものかと思った。 さらに話は続く…。 「お父さんの職業も聞いちゃいけないから どんな職業が向いているか、話もできん。」 そうなんだ、知らなかった。 私、社員採用の面接のとき、普通に聞いてます…。 その後、衝撃の一言があった。 「あのね、愛読書も聞いちゃいかんと言われてんねん。 それ、個人情報だからって…。」 愛読書!? そんなのフェイスブックには普通に書いてある。 大学という教育の場で、愛読書が聞けないとは いったい何をしようとしているのか、この国は…。 ちなみに、文学部はではどうなの? 教育って、個人に踏み込むことが必須じゃないですかね?

      7
      テーマ:
  • 28 Oct
    • ひび割れと隙間の疑惑

      先日、ニュースであのマンション問題を伝えていた。 娘が「パパ、愛知県って あの会社が作ったマンション多いんだよ」という。 画面を見ると、愛知県は23棟同じ業者が施工したと伝えていた。 「結構多いなぁ…」 横浜マンション傾き問題のニュースは うちの家族では注視している。 その理由。 今は戸建ての住宅に住んでいるのだが 1年ちょっと前まで、分譲マンションに住んでいて それを売り、今の戸建ての引っ越したのだ。 車を駐車場に止めるとき マンションの柱というか、四角のところに寄せて止めるので 毎回柱を良く見ることとなる。 ある日、気が付いた。 柱の建っている地面にヒビが入っているのである。 上から見ると、さらにそこには隙間もあるのだ。 妻に「このマンション、ちょっと傾いているのではないか?」 と言ったこともあった。 この施工業者のマンションの名前が流出したら 大変なことになるだろう。 だって、誰も買わない。 資産は“ゼロ”だ。 私が前に住んでいたマンション…気になる。

      テーマ:
  • 15 Oct
    • 初めて見た、じゃないだろう

      最近、携帯電話にいわゆる迷惑メールが届くようになった。 私の知り合いで“迷惑”ではなく どんな内容のメールが来るのか楽しみにしている人がいるので 「いわゆる」とつけておく。 その都度、迷惑メールとして申告して、 そのドメインからは届かないようにしていた。 対策が功を奏したのか来なくなった。 しかし代わりに、英語の迷惑メールが届くようになったのだ。 ジェームスやらジョンやら、全く知らない外人から届くのである。 もちろん英語なので、内容は分かりません、 翻訳ソフトにかけてみる気にもならない(笑)。 しかも時差であろうか、夜中に頻繁に来るのである。 うっとうしいので、名古屋のソフトバンクショップに相談に行った。 女性の店員が「基本的な対策はできていますね。 では絶対に届かないと困るアドレスを教えてください」 というので、会社など必要なアドレスだけを通過出来るようにした。 しかし、いっこうに治まらない。 仕方ないので、東京出張中に同じくショップに駆け込んだ。 男性の店員は私に届くメールを見て、 一言「初めて見たメールです」。 そんなことはどうでも良い。どうにかならないのか。 「方法は2つあります。アドレスを変えるか、 パソコンメールからのメールを一切受け取らなくするか」 おいおい。それはお前の見解だろ。 なぜ、国内からのメールはブロックできていて、 海外は出来ないのか、調べるべきではないのか。 キャリアのチェンジを思案中である。

      テーマ:
  • 30 Sep
    • 最下位チームの楽しみって、あっても良いのでは?

      プロ野球も残すところ、あと数試合となった。 このままいけば、ヤクルトが優勝であろう。 その一方で、多くの選手が引退を表明している。 特に今年は多いな、と思う。 私はドラゴンズファンであるが 今回の選手引退で納得できないのは、山本昌投手だ。 小笠原(元巨人)や和田の引退は分からないでもないが 山本は別格だ。 なぜなら「観客をよべる選手」だからだ。 51才のオジサンの投球、一球一球が盛り上がる。 だから、山本が投げると予告すると 球場の観客は確実に増えるのだ。 どうだろう、他に客をよべる選手っているのだろうか? プロ野球だけではなく、スポーツは勝つことが基本だ。 しかし一方、楽しむということも 要素としては十分にある。 その楽しいという部分を忘れてはいないか? 今、ドラゴンズは確実に弱い。 上位3位に入れない。 ならば割り切って、勝ちよりも 楽しさを優先する試合があっても良いのではないか。 6位のチームを見ていて思う。

      テーマ:
  • 04 Sep
    • 今だから高額で売れるぜ!

      佐野研二郎がおもしろい。 毎日のように「似ているモノ」が発見されていて 今までは何ら問題になっていなかったワケで いったい何だったのか?という感じである。 これだけの数の「似たモノ」が出てきている以上 もう佐野研二郎はグレーではなく黒だろう。 一つがバレなかった、ではもう一つ、もう一つと だんだん増えて膨大な数になったのではないかと私は思う。 佐野研二郎の「ちょっと感じ悪い」キャラクターも相まって 皆からたたかれ放題だ。 マスコミでは、これはいったい誰が悪いのか? 審査員も含めて犯人探しに躍起である。 ポスターやら袋など エンブレムを入れて制作したグッズ含め 損害賠償にまで話は及んでいる。 で、ここで1案。 コピーというかニセモノエンブレムが入った紙袋。 正直、私は欲しい。 欲しいと思っている人、多くないかな? むしろ、これから作られるオフィシャルの袋よりもレアである。 いっそのことあの袋をネットで販売してはどうか? その売ったお金で今回のニセモノで損した分の 穴埋めとしたらどうかな? 私はあのニセモノエンブレム袋をさげて 本物のブランド品を買いに銀座に繰り出してみたい。 大ウケ間違いなしだ! Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:10.0pt; font-family:"Times New Roman","serif";}

      2
      テーマ:
  • 11 Aug
    • 前提条件を変えてみよう

      安保法案が衆議院を通過した。 簡単に言うと、自衛隊が戦争に参加できるということになる。 後方支援で戦地に行かないなどと政府は説明しているのだが 詭弁である。 戦争のキモは後方支援、 武器や食料を戦場へ運ぶことなのだ。 日本が太平洋戦争で負けた大きな要因は 食料や武器を戦場へ運ぶ輸送船が アメリカの潜水艦などの攻撃で続々と沈められたことにある。 戦国時代の兵糧攻めも同じだ。 城をぐるりと囲んで物資の流れを止めるのだ。 実はこれが一番効く。 各地で安保法案の反対デモが起きている。 そりゃそうだ、誰だって戦争に巻き込まれたくはない…。 しかし、ちょっと考えてもらいたい。 自衛隊の隊員たちはどう考えているのか? 私は友人が自衛隊にいたので、何となくだけれども 一部は戦争に行きたいと考えていると思う。 「災害救助のため」に自衛隊に入ったのは 少数派ではないかと思うのだ。 特定の敵があってこそ、つらい訓練に耐えられるのだと思う。 その訓練を、実戦の場で使ってみたいと考えるのは 普通だと思うのだ。 そこで、一案。 自衛隊員に安保法が反対なら 辞表を出してもらったらどうだろう。 全員辞めたら、誰も戦場に派遣できなくなるので この法案は廃案となるわけだ。 残った隊員がいたら、実戦に参加したいのだからそのままで。 辞めた隊員たちは「災害救助隊」という 新しい組織を作って移転。 これで解決!! 私が民主党の党首だったら、代案はこうする。

      1
      テーマ:
  • 29 Jul
    • やっていることは同じだが結果が違うこと

      先日、子どもを連れて高原へ行ってきた時のこと。 向かったのは豊田市にある旭高原というところ。 息子から「田んぼでカエル捕りをしたい」と言われていたので 高原の帰りに田んぼに寄るつもりで向かった。 高速をおりてしばらく走ると田んぼが広がっているのだが なにやら田んぼのまわりには、鉄柵が張り巡らされている。 実は、以前撮影したことがあるので すぐにイノシシよけだと分かったのだけれど その数がハンパではない。 村ぐるみというか、村全体の田んぼが 鉄柵で囲まれているのだ。 よくもまぁこれだけ…という膨大な数。 しかも、これを全て通電しているのだから 電気代もすごい。 この鉄柵は近づいたイノシシを殺す目的ではないので 「ビリッ」とする程度である。 しかし、不用意に感電してもつまらないので 高原の帰り道に、道路わきの空き地があったので そこでカエル捕りをした。 そして帰宅後、ニュースで川での感電死事故を見たのだ。 実はイノシシは賢い。 なかなか罠には入らない。 イノシシの罠は、大きな鉄製の犬小屋みたいなモノを作り 中に餌を入れておびき寄せ 中に入ったら入口が閉まるというモノ。 イノシシは警戒心が強いので 人の手がかかったものにはなかなか触れないのだ。 なので、罠が自然に見えるようになじむまで時間がかかる。 それでもなかなか入らないのだ。 そこで一案。 村の田んぼ全部を鉄柵で囲むのなら 1つの田んぼを犠牲にして、大きな罠を作ったらどうだろうか? コストは同じだ。 全員でイノシシを排除するのではなく 一部で受け入れるのである。 大量のイノシシが捕獲できると思うのだが‥。 どうでしょう、この案。 受け入れてやるところがありましたら、ご一報ください。 ニュース番組として取材します。 もちろん発案者として私も画面に出ますので。

      1
      テーマ:
  • 15 Jul
    • 現状をうまく受け入れるには…

      発売されている週刊ダイヤモンドを購入して読んだ。 タイトルは「広告戦争」。 この手のタイトルの本や雑誌が出た場合 私はその多くを購入し、読むようにしている。 業界人として生活している上でのマナーだと考えているからだ。 雑誌は概ねテレビに批判的である。 そりゃそうだ、ライバルだから。 それにテレビを叩くと売れそうだ(笑)。 案の定、テレビ番組やテレビCMは 本当に観られているかどうかの議論になっていた。 バカバカしい。 議論するまでもなく、観ている数は減っている。 テレビが出来て60年以上経つ。 産業としてはピークを過ぎているのだ。 今まで第1次・2次・3次と、様々な産業が生まれてきた。 どうだろう、だいたい1つの産業は ピークを迎え安定期に入り衰退するという流れは 60年くらいなのではないか? 人間も60年で還暦だし おおかた60年というのは 人類の流れの1つの節目ではないかと、私は思うのだ。 新聞 → ラジオ → テレビ → インターネットと 情報の伝達方法は変遷してきた。 この流れは誰にも止められない。 だって便利になるのだもの。 あらゆる情報が手のひらの中に入ったんだもの。 そろそろ××戦争なんてアナログなタイトルをつけず 受け入れるという形で、今の現状をまとめてみたらどうかと思う。 まあ、テレビのピークは過去だけれども 動画のニーズは高くなっているので 私としては「受け入れたい」と思っている。 間違ってますかね? Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:10.0pt; font-family:"Times New Roman","serif";}

      1
      1
      テーマ:
  • 18 Jun
    • 黒味やカラーバーが最高の視聴率

      先月、名古屋の中京テレビで15分間放送が乱れ、 黒味が出るといった放送事故があった。 https://youtu.be/Zzgm6J8VxgI この事故そのものを私は見ていないのだが、 他局のニュースで知った。 この事故に関して、近々、再発防止のための研修があるという。 地デジになるずっと前。 私が子供のころは、こうした放送事故は頻繁にあった。 画面にはカラーバーが出ていたり、 しばらくお待ちくださいとテロップが表示されていた。 テレビからは、スタジオでスタッフが手当てしているのか、 ドタドタという音が聞こえていたりした。 子ども心に「何が起こっているのか」わくわくしながら 回復するのを待っていたものだ。 そして地デジ化となり、世知辛い世の中になり、 放送事故程度で、他の局がニュースで放送するほどになった。 ちょっと考えていただきたい。 一体、誰に迷惑なり、損害を与えたのだろうか。 考えられるのは、視聴者に損害を与えたということだ。 確かに、放送をさえぎられるのは、不愉快である。 しかし、NHKと違い民放はタダだ。 タダなのに、ニュースになるのは、変なのだ。 民放はスポンサーで成り立っているのだから、 事故によって損害を与えたとしたら、スポンサーに対してである。 もちろん営業の現場では、スポンサーにお詫びはしているのだろう。 こうして他局が、放送事故をニュースとして放送するのは、 どうしても「ざまぁみろ的」な要素を感じるのである。 なんて狭い業界なのだろうって、思いました。 ちなみに、放送事故って視聴率はあがるのだ。 何事が起きたのかと、みんなが見るためだ。 事故が起こり、どうなるのか分からない 筋書きのないドラマは皆が見るのである。 黒味が最高の視聴率とは、なんて皮肉なのでしょう。

      3
      テーマ:
  • 02 Jun
    • これは不公平の極みでは…

      私が最近一番ショックだったこと。 大阪で都構想の反対派が勝利したことである。 反対派が勝利したことよりも その内訳に愕然としたのだ。 これって、実質は賛成派が勝っていたのではないか?である。 「今後5年以内に年金を受け取る人」+「今 受け取っている人」 =【 有権者の約50% 】だというではないか!? つまり、未来を未来のない人たちが決めていることになる。 そんなバカなことがあるのでしょうか? 私は、選挙は1人1票ってのが そもそもおかしいと思っている。 これは平等ではあるが、公平ではない。 私はポイント制にしたいのだ。 税金を払っている人が多くのポイントをもらえる、 ボランティアをしたらポイントをもらえるなど 社会に還元したり、良いことをした人が得する仕組みにして そのポイントに応じて票をもらうのだ。 なんで1人1票なのか? サッパリ分からない。 ポイントを稼ぐ人は、社会に対して目を向けている人だから 投票もすると思う。 ポイント制、大事。 これできっと日本はうまくいくと思う。

      2
      テーマ:
  • 20 May
    • ネーミングの妙

      首相官邸に“放射性物質”と ラジコンヘリ“通称・ドローン”を落下されたことが 話題になっている。 このドローン、私たちの業界では結構お世話になっている。 お手軽「空撮」に使うのだ。 うちの使用例はこちら。 ●ティンクルなごやテレビCM https://youtu.be/wscXA-QvudQ ●太郎と花子を空から撮ってみました https://youtu.be/4c_3LqDDiQY 通常のヘリを飛ばすことを考えたら どうだろう、価格は5分の1くらいかと思う。 もちろん、私たちはプロなので 飛ばすには周りに電線や建物がない事や 風の具合などを確認して、最新の注意を払う。 問題はアマチュアだ。 だから規制をすることになりそうだ。 そのおかげで、全うに使っているプロが迷惑する。 おそらく入手から保管まで、いろいろ手が入るだろう。 それはそのまま価格に転嫁されることになり 結局大迷惑だ。 それも問題だが、私は問題は別にあると思っている。 この“ドローン”という名前だ。 ちょっとかわいい不思議なネーミングが曲者である。 いったい誰がつけたんだろう? 「首相官邸にドローンが落下」とみると 妙にほほえましく見えるのは私だけではないだろう。 その場から帰るとき「お先にドロンします」と 忍者の仕草をする人もいまだに多いかと思う。 そうなのだ、ドローンという名は ほほえましいオヤジ系の言葉なのだ。 恐ろしい兵器の一方で、かわいい名前。 ミスマッチなのだ。 ピロリ菌、プリン体と同質と考えるのは 私だけではあるまい。

      2
      テーマ:
  • 20 Apr
    • もしかして私たちテレビ屋は嵌められたのか…

      あの大塚家具がリニューアルオープンしたという。 娘の方が勝った結果なのだが、どうもしっくりこない。 皆さんも同じ「親子なんだからうまくやれ」と 思っているのであろう。 株主総会は家族会議の延長であった。 父と母は情に訴えた、いわゆるお涙ちょうだいである。 テレビはその方が視聴率が稼げるのだが、株主は違った。 株主は利を取るわけで、分が悪いと思わなかったのであろうか。 上場企業なのだけど、同族経営って日本は多い。 企業と家業の違いって何でしょうかね。 日本の経営者の平均年齢はゆうに60歳を超えている。 今後もこのような事業承継がうまく出来ない企業は 続々と出てくるのであろう。 大塚家具って、お金が有るからもめたのだと思うのだが、 無かったらもめないわけで、 お金が有るのが幸せなのか、無いのが幸せなのか、 どっちなのでしょう。 私は有る方で、一度、悩んでみたい(笑)。 この茶番劇、ずっとテレビで放送されていて、 今回のリニューアルもテレビで放送されていたから、 時間当たりの広告効果を算出するとすごい額である。 何度、大塚家具と連呼したことか。 娘はテレビCMなど広告費の削減を提唱していた。 一方で、この広告効果を狙って親子喧嘩が「やらせ」だとしたら、 随分、したたかな戦略である。 これは新しい手法だ。 劇場型広告とでも呼ぼうかな。

      テーマ:
  • 07 Apr
    • 主役と脇役が不在なまま進行してしまうのは…

      ご存知の方も多いとは思うが、 私は生体エネルギーに関して本を書いている。 「土と水と電気の能力を上げる奇跡の技術 生体エネルギーと佐藤政二」 というタイトルである。 先週、週刊文春でEXILEのATSUSHIが 生体エネルギーにはまっていて迷惑だ という内容の記事が出た。 http://news.livedoor.com/article/detail/9941375/ 内容はなんてことない、べた記事である。 どうしてこんな内容のことが記事になるのか、 さっぱりわからない。 記者が生体エネルギー本部にまで来たようであるが、 まともに取材していないので、間違いが多い。 たとえば、文春の週刊誌には、 生体エネルギー本部のビニールハウスとして 写真が掲載されているのだが、 そのビニールハウスは他の農家のものである。 生体エネルギーの創始者である佐藤政二にも 取材しているわけでもなく、 なんとく周辺取材と周りの噂話を集めただけの記事だ。 そののち、追記事としてネットに出たのがこちら。 うちの社員から指摘された記事である。 http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150401-00010001-cyzowoman おいおい、この記事。 私の本の出版元、サイゾーではないか。 検索したら、分かるだろうに。 しかも、また取材せずの噂話に終始したべた記事だ。 君たち、なぜ私に取材しないのか。 電話一本してきたら、もっとすごいこと教えてあげるのに、 他にも芸能人がいることなど。 それとも、取材するに当らないということか・・・・。 私がもっと有名人にならないといけないということなのかも。

      2
      テーマ:

プロフィール

メディアジャパン社長 宮崎敬士

性別:
男性
お住まいの地域:
愛知県
自己紹介:
映像制作会社 メディアジャパン株式会社の社長です メディアジャパン株式会社 ■名古屋 http...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ランキング

総合ランキング
12368816 位
総合月間
656532 位
社長
5376 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。