麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!

移転します → http://bookmj.blog.fc2.com/


テーマ:

最強!確率論で勝つ麻雀

最強!確率論で勝つ麻雀 (マイナビ麻雀BOOKS)

著者: 土井泰昭
単行本: 224ページ
出版社: マイナビ
発売日: 2014年7月25日
価格: 1,609円(税込)

 
 
■ 内容紹介
 
すべての麻雀の疑問に確率論で答えます!
 

ペンチャンよりカンチャン、カンチャンよリャンメン。
 

これは誰でも知っている麻雀の基本ですが、
ペンチャンと孤立した3マン、6ピンでは何切りが最善でしょうか?
ペンチャンと孤立した2マン、6ピンではどうでしょうか?
 
普段の麻雀ではなんとなく打っている人がほとんどだと思います。
 

しかしもし確率的にどれを打つのが正解かを知っていれば話はまるで変わってきます。
フラットな場であればアガる確率の高い方を打てばいいですし、場況に応じて別の牌を切る場合でも前提となる確率を知っているかどうかで考え方はまるで変わってくるでしょう。
 
本書では「ペンチャンと孤立牌」「カンチャンとシャンポン」「[四四五西西]から[四]を切るか[五]を切るか」などなど、麻雀をやったことがあれば誰しもが迷う牌姿について、次々に確率論で答えを出していきます。
 
麻雀は偶然のゲームですが、偶然のゲームだからこそ、確率という理論が通用するのです。 
確率がそのまま答えになるとは限りませんが、少なくとも考えるための大きなヒントになるはずです。
 
日々の麻雀で、理論的に勝ちたいという方にはぜひ読んでいただきたい一冊、
ぜひ本書を雀力アップに結び付けてください。
 
 
   

■目次
 
第1章 確率によるメンツ選択の最新定石

 オヤのダブリー・純粋リャンメン 最終ツモまでにツモる確率は?

 手役狙いかアガリ優先か

 ペンチャンVSカンチャン

 孤立した数牌の比較

 ペンチャンでテンパイ リーチかペンチャンはずしか

 ペンチャンと孤立牌2種の比較

 ペンチャンと2・8が入った孤立牌2種の比較

 3~7の孤立牌2種VS 中脹れ形

 ペンチャン&カンチャンVS 中脹れ形

 ペンチャン&カンチャンVS 四連形

 カン四はリャンメン変化を待つか?即リーチか?

 チートイツは本当に速いのか 

 など


第2章 確率による打牌選択の最新定石

 第一打は何を切るべきか

 第二打は端牌か翻牌か

 [一四][四七]出やすいのはどちら

 [四四五西西]は打[四]か打[五]か

 ノーヒントリーチに対処する

 アンコスジは本当に危険なのか

 待ちが絞られたときのアンコスジ

 2・8ワンチャンスVS 後スジ

 ペンチャンなしなら危険度も変わる

 カンチャンは消去できるのか

 ダブル後スジ どちらが危険?

 など 


第3章 確率による実戦手筋の最新定石

 実質的な確率について

 変即3メンVS リャンメン 7枚と8枚の評価は?

 カンチャンをタンキに受け変える

 リャンメンをノベタンにする

 リーチのみはラスコース?

 翻牌1000点仕掛けの危険性
 など


第4章 確率による最強手筋の最新定石

 確率と情報 どちらを優先する?

 リャンメンリーチのみの価値

 ドラ1・純粋リャンメンリーチはハイリスク・ローリターン?

 ドラ1・リャンメン+サンショク3種のカンチャンはリーチか保留か

 ドラ1・四連形内カンチャンはリーチか保留か

 ドラ1・四連形内カンチャン+孤立牌はリーチかテンパイトラズか

 ドラ1・カンチャンが1枚切れ。リーチ、保留の判断は?

 アガれない方2枚切れは仕掛けるべきか自重すべきか

 チートイツは即リーチか?

 ドラなしピンフの手筋 

 など


 
   

購入はこちら → amazon.co.jp  ・ [Kindle版]
 

 
 
■ 管理人の感想

 
メンツ選択、リーチの危険度等を、確率を使って導き出す本。


最強!確率論で勝つ麻雀 (※クリックで拡大) 

 
 
計算式までしっかり書かれています。
実戦の統計データ等を一切考慮せず、『確率』だけを使って解答を出しているのがポイントです。
その点が少し引っかかりますが、『統計』を使わず、計算だけで解を出しているので、逆に分かりやすいと思えた部分も多かったです。
 
 
 
特殊な本なので、良かった部分、悪かった部分、それぞれ具体例を挙げて紹介します。
   
まず、良かった部分・・・
 

最強!確率論で勝つ麻雀

  
『第2章 確率による打牌選択の最新定石』から、リーチに対しての何切る。
牌の組み合わせを元に危険度やアガリやすさを考え、打牌選択をするものです。
 
ここから、自分のアガリだけを見て2萬を切るのは簡単です。
ですが、2萬と2筒の危険度にどれほどの差があるか? 問題はここですね。
この本での正解は、打2筒だそうです・・・ これが正しいかどうかは私には分からないのですが、危険度の考え方は勉強になりました(*´ω`*)
 

最強!確率論で勝つ麻雀


多くの人がソーズに手をかけると思うのですが、「チートイツ含みの進行はかえって速度を鈍らせる」とのことで、正解は7萬1枚外しだそうです。
 
この計算も正しいかどうか私には分からないのですが、 一人麻雀練習機 の計算も、打7萬が期待値最大と出ました。
 
 参考 → 【問835】 2377m11778899p35s ドラ西  
 
この形はいつもソーズに手をかけていたので、大変勉強になりました。
ちなみに、1筒トイツが3筒トイツになると、ソーズ外しが正解になるようです。
 
 
 
ここからは悪かった点です・・・
 
面白い試みの本ではあるが、「読者が求めているのは、そこなのか?」とツッコミを入れたい部分も多かった。 
アウトプットの仕方が、ズレてるというか、甘いというか、微妙というか、ハッキリ言ってヘタ(´・ω・`) 


最強!確率論で勝つ麻雀
 
例えば、上のペンチャンテンパイの手牌。
リーチかテンパイ崩しかの選択なのだが、”ペン3萬をツモる確率”と”3索にくっついてツモるまで確率”を比較しています・・・ 少ない巡目ではペン3萬有利だが、巡目を重ねる毎に浮き牌(3索)くっつきの優位性が高まり、ある巡目を超えると逆転する定番の形。
この手の形に、巡目とアガリ率を軸としたグラフが掲載されていません。 ・・・いや、この本にはグラフというものが一切存在していません(´・ω・`)
 
あとは、謎のマイルール(?)が気になりました(´・ω・`) (※シャンポンの省略等(P85)etc.) 
 
全体的に、ちょっとアウトプットがお粗末だな感じる部分が多かったですね。
中高生の自由研究ならこれで良いのでしょうが、販売してるものなのですからねぇ(´・ω・`) 
 
 
 
気になる点も多々ありましたが、個人的にはタメになる一冊でした。
 
ただし、クドいようですが、あくまで『統計』ではなく、『確率』だけを元に解答を出しています。
ツモ切り率のような数字も独自に算出しているのですが、これも牌の組み合わせだけを元に出した数字です。
これらの部分がどうしても引っかかる人は、購入を見合わせた方が良いかもしれませんね(´・ω・`)
 
 
  
中級~上級者向き 

赤対応: 有り
 
総合評価 ??点 
(※そこそこ高得点でも良いと思うのだが、『科学する麻雀』系と比較した場合にかなり落ちる気がする?(´・ω・`) ただ、統計データを使わず、あくまで計算のみで解を出した点は、逆に分かりやすくもある・・・うーん難しい・・・保留(´・ω・`))
 
「統計データでは別の牌が正解となる」等の検証記事があればリンクを貼らせて頂きますので、ご一報をお願いしますm(__)m
 
 
  
購入はこちら → amazon.co.jp  ・ [Kindle版]   

  
「参考になった」と思った人はクリック  麻雀ブログランキング
 
 
 
 
■誤植とツッコミ
 
P207牌姿 誤植 133456789p11133s → 134456789p111333s
P85 なぜ、シャンポンの差を省略する?
P93 あれもこれも消去しまくりで、実戦データからかなり外れる気が?ただでさえシャンポン外してるのに

  
  

■関連リンク 

 

【レビュー】 麻雀 捨牌読みガイド (土井泰昭・著)  

赤ドラ麻雀完全攻略 (マイコミ麻雀BOOKS)  

麻雀 実戦捨牌読み  

勝者の常識 麻雀力 -ネット麻雀対応最新「何を切る」 -  

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

G・ウザクさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。