母さんの秘密キッチン

今は家族が一番大切。

NEW !
テーマ:

私は、末端会員の精神崩壊が心配です。

できる限り、ソフトランディングして欲しいです。



自分の人生を掛けたものが間違っていたと気がついたとき

の苦痛は、体験した人にしか分かりません。



私には信頼できる精神科医がいました。私の心に寄り添っ

てくれました。私の主治医によれば、創価学会員の患者さ

んの問題は、精神科医の手に負えないそうです。



創価学会員でいる事が苦しいと訴えてくるから、真剣に話

を聞いているのに、最後の最後で、

「私は信心で解決します!」

と言って、治療を放棄してしまう人が殆どらしいです。

それほど、刷り込まれた罰の恐怖というのは簡単には消え

ないのです。



自分で創価学会に見切りをつけても、腹立たしさ、後悔、

入り混じってフラッシュバックに襲われます。まして、

創価学会を信じきっている時に放り出されるようなことに

なれば、末端会員の中には鬱や虚脱状態に陥る人が出るで

しょう。

でも全ての人に対応できるほど精神科医は居ません。

お金にならないカウンセリングよりも、投薬で儲けようと

言う開業医も多いです。精神科で処方される薬は依存性の

問題や、やる気がなくなったり、倦怠感に襲われたり、光

に過敏になりすぎて外出出来なくなったり、副作用も多い

です。

※私も薬を沢山処方する精神科医にかかっていた頃は、

副作用で酔っ払いのようになって、真っ直ぐ歩けなくなっ

た時もあります。



拠り所を無くした人たちが、また新しい怪しい宗教もどき

に騙されたりします。



創価学会員の精神病患者が続出していることは、マスコミ

も触れませんし、論文も発表できないようです。

創価学会のCMがあらゆる媒体に溢れているのを見れば分

かるように、お金で口封じをしているからです。




・・・・・


あくまでも私の実感ですが、創価学会流の早口題目をあげ

すぎると、脳が脳内麻薬のようなものに曝され続けること

になります。

「題目をあげるとハイになる」

のは危険なことです。反動が起きるからです。

「私は学会員だけど、うつ病になんてなってません」

という人もいるでしょう。

うつ病になる人、ならない人。

統合失調症になる人、ならない人。

その差が何なのかは分かりませんが、かつて私自身、

「学会活動のやり過ぎでうつ病になった人」に対して、

「単に、メンタルがひ弱で、甘えてるんじゃないの?」

とか、思ってました。



花粉症も発症するまでは理解出来ないように、一度発症す

るとずっと付き合っていくしかないように、心の病も発症

して初めて理解出来るものです(-ω-;)
AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。