母さんの秘密キッチン

今は家族が一番大切。

NEW !
テーマ:

反対側の人間を見ると、

学会員は法華講員を攻撃するし、

法華講員は学会員を攻撃するし、

どちらの人たちも、辞めた人に対して、

「退転者」「堕地獄」

とか、見下して罵倒するのはやめて欲しいです。

この世の中には幾らでも宗教はありますし、

日蓮大聖人は、ユダヤ教や、キリスト教や、イスラム教を

知っていたとは思えません。

※日蓮門下の人は、すべて「外道」で一括りに片付けます。

雑多な新興宗教はともかく、キリスト教やイスラム教を、

全て否定して、地球上の全ての人が、題目を唱えるという

のは、不可能な気がします。

「無宗教」という宗教の人もいます。



人が宗教を求めるのは、

何かの苦難にぶつかった時(重篤な病とか、経済苦)、

心が寂しい時(身内の死、離反など)

社会的、人類的な危機・悲劇(戦争、飢饉、疫病など)

個人がどうあがいても、乗り越えられそうもない困難な

状況に襲われた時です。

そして、物凄い不幸に襲われた時に、人間は、

現世利益や、怪しげなおすがり信仰にも簡単に飛びつきます。

※石油ショックの時に、

押し入れいっぱいにトイレットペーパーや、洗剤を買い

だめしたのは社会的不安でした。

買いだめし過ぎて、騒動が収まってから、古いトイレット

ペーパーを、見てため息をついていた人。



平成5年の米不足では、1キロの米を手に入れる為に、

二時間も行列をしました。

挙げ句、日本米にタイ米をブレンドして売り、貴重な日本

米を無駄にしました>_<

平常心を失うと、正常な判断力を失うという例です。



世の中には、別に宗教を必要としない人も居ますし、

お葬式の時だけ、今の○○宗でいいわ、という人もいます。



昭和の折伏大行進では、殆ど教学の無い学会員が、

宗教的に全く不満の無い人の家に無理やり押し掛けては、

暴言を吐き、神棚や仏壇を壊すということをしました。

信者獲得の為に、昨日今日、入信したばかりの仏教の知識

もない人が、現世利益を売りに「強引な折伏」をしたので

す。



私自身、女子部になり活動家になると、

「折伏」をするように言われました。



「私は、信心して、功徳を貰ったことが無いので、

功徳を貰うまでは折伏できません」

というと、

「何言ってるの?折伏しないで、功徳が出るわけ無い!

功徳が出てから折伏するなんて、順序が逆よ!」

と、怒られました。

でも、自分が功徳を実感しないで、他人に

「この信心は、何でも叶うのよ!」

なんて言うのは詐欺ですよね?

創価学会に入ったら、物凄い「義務」が付いてくるのです。

しかも、辞めたいと言えば「地獄に堕ちる!」と言われる。

創価学会二世としては、

「親が創価学会なんかに関わらなければ、こんな目にあわ

なかったのに」

と、朝晩嘆いていたのに、他人様を引きずり込むのは、

自分の心を裏切るものでした。

それを正当化するのが「教学」なのですが、

「日蓮正宗創価学会」

「創価学会」

「法華講」

と立場が変わっても、教義の矛盾を感じます。

創価学会も、日蓮正宗も、世界に広めたいなら、矛盾は

きちんと整理しなければ、いけないと思います。



切羽詰まった状況の人なら、「信」の一字で説得できても、

落ち着いたら去っていくと思います。


AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。