新入り(^^)

テーマ:

長男が小学校の生活の授業で

 

秋を見つけに公園へ2度散策に行き、

 

バッタを捕まえてもちかえってきました。

 

そして、飼いたいと言いました。

 

という訳で、以前カブトムシを買っていた

 

ときにつかっていた大き目の虫カゴが

 

あったので、ベランダで飼うことに

 

なりました。

 

バッタは、ショウリョウバッタとおんぶバッタ

 

で、全部で5匹います。

 

エサは、エノコログサ(ねこじゃらし)を

 

とってきて、空き瓶に水を入れて

 

さしてあげています。

 

すぐに死んじゃったらかわいそうだなと

 

思っていましたが、最初にとってきた

 

ショウリョウバッタが育っていて、

 

捕まえてきたときよりも大きくなって

 

いて、ビックリ。

 

バッタの寿命は5カ月位みたいだけど

 

卵を産んでくれたりしたら長男、喜ぶ

 

だろうなあ。

 

寿命まで、長男と一緒にしっかり

 

面倒をみてあげたいと思います。

AD

第2回の週テストの結果です。

 

テストコースは、Bです。

 

偏差値で書きます。

 

算数 58

 

国語 51

 

理科 54

 

社会 55

 

4教科 58

 

4科で約7割の出来でした。

 

社会は、点数があまり良くなかったので

 

すが、偏差値は良かったのでビックリ。

 

国語は時間が足りなくて、長文の記述

 

がかけていませんでした。

 

過去問もはじまり、ますます忙しく

 

なってきましたが、週テストの直しも

 

しっかりしたいと思います。

 

 

 

 

AD

長男、1day日帰りキャンプ!

テーマ:
22日の秋分の日に、長男が

ヨコミネ学習塾主催の1day

日帰りキャンプに参加しました。

あいにくのお天気で雨でしたが、

自立を促す目的のイベントなので

雨ならどうしたらいいのかも

考えて行動します。

参加者は、40名位で、グループに

分かれて、担当の先生と行動

します。

朝8:00すぎに集合して、お迎えは

18:30過ぎ位でした。

リュックと水筒を下げて、カッパを

きて、折りたたみ傘、タオル、着替え

も持参しました。

お財布に1000円札を1枚入れていき

自分で管理します。

電車を2回乗り換えて、行き先は

こどもの国です。

切符も自分でかいます。

こどもの国では、男子はなたで薪割り、

と火のばんをして、女子は、野菜の

皮を向いて包丁できります。

そして、お昼ご飯にカレーライスを

作りました。

長男は、薪割りが楽しかった~、

またやりたいと言っていました。

自分たちで薪割りして薪をくべて

火をたやさないようにするのは

あついしけむいし、意外と大変

だったと話してくれました。

次はゴーグルをもっていこうかなあ

と真剣に言っていました。

ご飯はお焦げができておいしかった

そうです。

食べた後は、自分のお皿は自分で

洗います。先生にみせて、OKが

でるまで、何回でもやり直します。

長男は、一度でOKだったので、

そのあとは、鍋を洗ったそうですが、

焦げ付いたカレーとご飯がなかなか

落ちなくて悪戦苦闘したみたいです。

掃除までしっかりやって、片付けた

あとは、ソフトクリームのおやつ

タイム!(^^)!

働いたあとのソフトクリームは

格別だったみたいです。

帰りも自分で切符を買って

2回電車を乗り換えて、帰って

きました。

迎えに行くと、何かを成し遂げた

ような誇らしげな顔で疲れた~

といいながらも、とても良い経験

になったんだなあと感じました。

帰宅してお風呂に入り、夕飯を

たべているときに、長男が今日

お皿を洗ってあげようか?と

いいました。

先生が、できるようになった事を

お家でぜひお手伝いしてみましょう

とお話されたようです。

せっかくやる気になっていたので、

お皿を洗ってもらいました。

丁寧に洗いきちんとすすいで

くれました。

また少し長男の成長を感じました。

参加させてよかったなあ(^_-)⭐



AD

第3回の合不合テストの結果です。

 

ネットで今日見ることができました。

 

偏差値で書きます。

 

算数 54

 

国語 53

 

理科 62

 

社会 62

 

4教科 58

 

4教科6割という結果でした。

 

理科と社会は、よかったですが、

 

国語と算数は、もうちょっとほしいところです。

 

志望校判定結果は、第一志望校から

 

第六志望校まで、すべて80%でした。

 

ギリギリ80%のものもありましたが、

 

なんとかすべりこみました。

 

合不合テストも残り3回ですね。

 

これまでの成績を維持できるよう、算数と

 

国語は、ケアレスミスや漢字や語彙など

 

を教科して、もう少し伸ばしていきたい

 

と思います。

 

 

今週のシルバーウイークを利用して

 

過去問を解き始めました。

 

塾の先生のアドバイスもあり、第6志望校

 

からときはじめました。

 

時間をはかり過去問に取り組むことで

 

ものすごい集中力がでるので、過去問を

 

うまく使って、いろいろな問題を解いて

 

直しノートをしっかり作り、だんだん難しく

 

なる第一志望校に向けて、コツコツ進めて

 

いきたいと思います。

 

 

先日、再度塾の先生とお話をしてきました。

 

長女の家での学習態度・父親の考え方・

 

私の思い・今後の学習方法についてなど

 

をお話して、10月に行われる面談には、

 

父親も出席出来るように調整して

 

いただけることになりました。

 

そこで、たくさんのお子さんをみてこられた

 

先生からの生の声を父に伝えていただけ

 

ることになりました。

 

あくまでも、長女が集中して学習に取り組める

 

環境を作ることをバックアップするには

 

どうしたら一番よいのかというのがテーマ

 

でお話してくださいます。

 

先生のお力、本当にありがたいです。

 

 

 

第3回合不合の感想。

テーマ:

合不合がおわり出てきた長女の様子は

 

いつものように、あっけらかんとした感じ。

 

「お疲れ様~。」

 

「誰かお友達に会った?」などと

 

たわいもない会話をして、

 

最寄駅までスタスタ歩き、一度

 

電車を乗り換えて、自宅の近くの駅まで

 

きてから、駅前でお昼ご飯を外食して

 

そのまま解説授業へ行きました。

 

解説授業から帰宅した長女は、

 

「疲れた~。」とお風呂へ直行。

 

私が夕飯を作っていると、キッチンへ

 

来て何やらうろうろしているので、

 

さりげなく耳元で「どうだった?」と

 

聞いてみました。

 

最初は、もじもじしていましたが、

 

私に内緒話をするみたいにして

 

「算数は難しかった。国語は採点

 

してないよ。理科は、6割超えた。

 

社会は7割超えた。」と言って

 

リビングへ戻っていきました。

 

その後またキッチンへきて、

 

「塾の先生が、理科が難しかったから

 

平均点が低いと思うって言ってたよ。」

 

と、言っていました。

 

算数、がんばっていたけど、やっぱり

 

長女には難しかったのかな。

 

でも、それも勉強ですよね。

 

長女なりに、一生懸命がんばったと

 

問題用紙を見て感じました。

 

すべての問題を順番に解くのではなくて

 

自分に出来るかもしれない問題を選んで

 

解いていました。

 

それでいいと思います。苦手科目なので

 

どうやって点数をとっていくかも重要です。

 

出来なかった問題、出来なかった単元を

 

四科のまとめや予シリで復習していきます。

 

今日は、とても疲れている様子だったので

 

夜は、漢字とことばの第2回の語彙を

 

やって、寝ました。

 

漢字の成り立ちなので、私が大学時代に

 

つかっていた「漢語林」を本棚の奥から

 

引っ張り出して、使い方を教えてあげたら

 

楽しそうに調べていました。

 

やっぱり国語が好きなのね。

 

明日は、第2回の算数の予習の宿題と

 

第2回の漢字とことばの漢字と、もしかしたら

 

受けるかもしれない学校の過去問を

 

時間をはかってやってみようと思います。

 

その学校のHPからプリントアウトしたので

 

国語がなくて、算数と理科と社会だけです

 

が、トライしてみます。

第3回合不合に来ています。

テーマ:
合不合も3回目になり、残すところ

あと3回しかないんですね。

昨日長女とそんな話をしました。

長女 「そっかあ。明日受けたら、

もう3回しかないんだ。早いなあ。

やば~い。」と言っていました。

「合不合、緊張する?」と聞いてみたら

「ぜ~んぜん、いつもと違う雰囲気

で、面白いし集中できる雰囲気だよ。」

と言うので、ちょっと意外。

どこまでいってもマイペースね(^^)

緊張してできないよりはいいか。

今回の合不合は、長女の志望校が

会場になっていなかったので、

手の届かない人気も上がってきている

女子校にしてみました。

とってもステキな学校ですが、長女

の雰囲気とは違うかなといった印象。

やっぱり、長女は共学向きだなあ。


前回の組分けテストの結果をみて

苦手な算数の強化に時間を使い

今日の合不合にのぞみました。

予シリと週テストの過去問について

いる合不合の過去問と、塾の先生

から配布された過去問4回分と、

日曜日の学校別対策の冊子を、

解きました。

まだまだ力不足ですが、前向きに

算数の問題と向き合い、間違えたり

できなかった問題を解説を読んで

考えて、そして他の日に再度トライ

して、解けるようになったかを

試して、それでもダメならもう一度

解説を読みながら解いてみるを

繰り返しました。

国語、理科、社会も過去問を解いて

ときなおしをして、第1回の週テスト

と前回の組分けテストの解きなおし

をしました。

今回の合不合の結果にすぐに反映しない

かもしれませんが、長女なりに算数

の取り組み方をやっと見つけられた

感じがします。

そろそろ過去問も解きはじめよう

と思います。

今日の合不合の結果も、点数や偏差値

だけではなく、どんなふうに点を

とっているか、どこを落としているか

どこの強化が必要なのかをしっかり

と見て今後に生かしていきたいと

思います。

合不合の間の四谷大塚の説明会で、

女子は、発破をかけないで、量より

質をあげて取り組むのがおすすめ。

これから受験までは、親と子どもの

心理戦!子どものメンタルか大事。

小さな努力を認めほめてやる気をアップ。

第一志望校を決めたら、変えない。

子どもが入りたい学校かどうかが重要。

など、とても参考になりました。

先日は、我が家の悩みにあたたかく

そして、心強いコメントやメッセージ

をいただき、本当にありがとう

ございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

長女の態度、言動、そして性格を

考えると、長女のが行きたい学校

があるということが、モチベーション

になっていることは、間違いないと

思います。

パパは、進学実績を一番の条件に

学校を選びます。それ以外は、

二の次だと。

しかし、受験するのも通うのも

長女ですし、行きたい学校だから

がんばれているんだと思います。

もちろん、パパが選んだ学校も

候補のひとつとしては、考えて

いますが、長女に押しつける事は

しません。

説明会には、私もパパも行きましたが

長女はいっていないので、学園祭

に、私と長女で見に行ってみようか

ということになりました。

実際みて、その結果長女が感じた

気持ちを大切にしてあげたいと

思います。

長女も理由があって、学校を選んで

います。そして、かなり強情な性格

です。それは、パパに似ています。

 

私は長女の一番の見方でいます。

 

そして、長女を応援し、叱咤激励

 

しながら、受験までの日々を進んで

 

行きます。

 

先日、長男をリトルに送っていった際に

 

塾の先生に相談をしてきました。

 

もちろん先生も、長女の見方でした。

 

気持ちを入れて勉強をする時期には

 

来ているけれど、マイペースなお子さん

 

なので、今の時期に無理じいをさせて

 

も、かえって逆効果になる可能性が

 

高いかなと思いますと。

 

なので、最後までマイペースを貫いて

 

いってほしい、目標をしっかりともって

 

いるので、それを変えさせることは

 

モチベーションを下げてしまう。

 

お父様にも近いうちに、直接塾での

 

長女の様子や夏季講習の様子、

 

長女の志望校と長女の学力について

 

などをお話しする機会をもちましょうと

 

いってくださいました。

 

先生からも、塾で長女と一度話して

 

みますとおっしゃってくださいました。

 

そしてその日の塾で、長女に早速

 

声をかけてくれて、話をしてくれました。

 

先生が、長女の見方で本当に安心

 

しました。

 

長女の第三志望校についても相談

 

しましたが、ひとつ上の女の子が

 

偏差値ではなくて行きたい学校という

 

ことで合格して通っていて、実際充実

 

した学生生活を送っていますよという

 

お話も聞くことができました。

 

もちろん、偏差値や進学率なども

 

ひとつの指標だと思いますが、長女に

 

とっての中学受験は、行きたい学校へ

 

行くためにがんばっているということを

 

尊重してあげたいと思います。

 

 

さて、いろいろ考えることも多く

 

おそくなってしまいましたが、

 

6年下の第1回週テストの結果です。

 

偏差値で書きます。

 

テストコースは、Bです。

 

これまでは、テストコースがBだと、

 

算数以外は、BCコースのテストだった

 

のですが、今回からは、理科と社会

 

だけが、BCコースになりました。

 

算数 52

 

国語 54

 

理科 67

 

社会 69

 

4教科 64

 

 

国語が、Bだけのテストだった割に

 

点数が伸びませんでしたが、全体と

 

しては、7.5割の出来でした。

 

明後日は、合不合ですね。

 

長女が実力を発揮できるように

 

フォローがんばります。

 

 

 










 

ƒプレミアムレポーターズ公認マーク

今、昭和コスメがブームになっていますね!

 

その中でも、人気のマダムジュジュはなんと

 

65 年以上も販売しているロングセラー商品なんです。

 

そこで、2016年9月115日発売の

 

マダムジュジュ恋する肌』を、試してみました。

http://www.juju.co.jp/lp/madamejuju/cp/

 

 

エンジェルブーケの香りがすごくいい香り

 

で、昔、マダムジュジュは縁結びコスメとして

 

プロポーズの時に女性にプレゼントした

 

という逸話も残っているそうですよ♪

 

 

さて、『マダムジュジュ恋する肌』には、

 

卵黄から抽出した美容成分リボイドが

 

配合されていて、皮膚に塗ると薄い膜

 

になって、水分や栄養をあたえてくれる

 

高級脂肪酸のステアリン酸が主成分

 

なんですって!

 

 

そして、なんと20~25℃でクリームを

 

21日間熟成することで、パールのような

 

光沢と使用感を、昔ながらの製法を

 

受けついで、機械化できない部分は

 

人の手で作り上げられたクリームです。

 

 

使い方は、なんとお風呂上がりに顔全体に

 

白くなるくらい(マスカット大)たっぷりと塗る

 

だけなんです。

 

つけ心地は、とっても肌なじみがいいです。

 

そのまま5~10分たつとあら、不思議!

 

真っ白だったクリームが、だんだん消えて

 

お肌に浸透していきますよ~。

 

油分が少ないクリームなので、たっぷり

 

ぬってもベタベタしなくて、さっぱりとして

 

いるので、使い心地もお気に入りです。

 

パックをした翌朝のお肌は、

 

しっとりしてツルツル~!

 

 

更に、ハリ感もアップしている感じで

 

お化粧のノリがよくてうれしい(^^)

 

なにしろとっても手軽なので毎日

 

使いたくなるクリームですよ♪

 

 

ただいま、新発売のマダムジュジュ

 

「恋する肌」のモニターキャンペーンを

 

実施中です!

 

その名も、『白塗りトライキャンペーン』!

 

なんと、Wチャンスで雑誌「美ST」に

 

出演のチャンスがありますよ。

 

詳しくは、こちらをみてみてくださいね。

 

http://www.juju.co.jp/lp/madamejuju/cp/

 

小林製薬さまから「マダムジュジュ恋する肌」をいただき、モニターに参加しています。

第4回の組分けテストの結果です。

今回は、あまりにもできなかった

ので、自己採点さえしなかった長女。

はい、ずばり的中。

ものすごい結果(>_<)

夏休み、長女なりにがんばって

いたと思うけれど、みんなはもっと

がんばっていたってことだね。


偏差値で書きます。

算数 46

国語 56

理科 55

社会 60

4教科 54


テストコースは、CからBに、落ちました。

 

算数が悪かったので仕方ないですね。

夏休み前に、どうにかCにもどれた

と思ったのもつかの間、Bに逆戻りです。

のびしろは、だいぶ余っているだろうに

なかなか、結果には反映されないので、

 

なんだかなあとため息とどっと疲れが

 

こみ上げてきました。

 

点数の割に偏差値はいつもどおりなので

 

平均点は、低かったのかな。


今回の組分けは、

S 1~5組

C    1~8組

B    1~1 6 組

 

と、最近の組分けよりも、

 

Sが1組、Cが4組も、少ないですね。

それをみた長女は、SとCを足すと

1300人だから、私はCに入れて

ないねと、つぶやきました。

その通り、Bですよ~(T T)

 

組分けを受けた人数は、全回よりも

 

1600人も減少していました。

 

これで、選抜組残留は残念ながら

 

ないでしょう。

 

まあ、算数の実力はBが妥当だと

 

思います。

 

 

そして今朝は、パパが長女の家での

 

勉強態度がなってないと私に激怒。

 

集中力がなさすぎる、危機感が足りない、

 

これじゃあ、残りの数カ月でどんどん

 

成績が落ちる、他の子は今月あたり

 

から追い込みに入って成績が上がって

 

いく時期なのに、なんとかしろと。

 

そんなこと言われてもねえ。

 

長女は、あまり感情を表に出さない

 

タイプなので、本人なりに組分けの結果

 

も内心ではかなりショックをうけている

 

はずだし、このままじゃダメだってことも

 

わかっていると思う。

 

だけど、そこはまだ小学生だよ。

 

まだ11歳だよ~。

 

毎日、夜11時近くまで、ずっと集中して

 

勉強なんてできないよ。

 

途中で気分転換したり息抜きしながら

 

勉強しているかもしれないけれど、

 

それなりに一生懸命やっていると私は

 

思うんだけどと答えたら、じゃあ今の

 

やり方で今の集中力のなさで第一志望に

 

受かるんだったらいいけどね、無理なんじゃ

 

ないの?とパパ。

 

そんなこと私にだってわかんないよ~。

 

 

今から、そんなに追い詰めなくても

 

いいんじゃないかなって答えたら

 

”甘い”と一喝されちゃいました。

 

高校受験や大学受験なら本人の自覚や

 

本人の気持ち次第ってところがおおきい

 

のかもしれないけれど、小学生、それも

 

我が子の性格を考えたら、マイペースに

 

がんばるタイプだってことわかってほしい

 

と言うと、途中経過じゃないんだよ、

 

行かせたい学校に合格しなくちゃ私立に

 

行く意味はない!と。

 

 

更に、夏季講習だってもっと大変なのかと

 

思ったけど、そうじゃなかったよねという。

 

それは、長女が大変そうに見せていなかった

 

だけで、塾の休み時間を使って宿題を

 

やってきたりしていたからだよと言ったけど

 

それならそれで、家でもそれくらい勉強

 

すればいいじゃんと。

 

もう、話は噛み合いませんでした。

 

朝から憂うつになっちゃいました。

 

そりゃあ、自分で計画的に目標に向かって

 

ガッツリ集中して勉強できるお子さんも

 

いるだろうけど、長女の性格を考えたら

 

長女のがんばりを認めてあげて欲しい

 

って思うのは、甘いのかなあ?

 

 

更に、志望校選びでも対立。

 

長女は、中高の6年間を充実して過ごし

 

たいから、行きたい学校がきちんとあります。

 

しかし、パパは6年生に学校を選ぶような

 

知識はないんだから、親が決めればいいと

 

言います。

 

中校の6年間なんて一緒のうちで考えたら

 

たったの6年間だよ。その6年間よりも、

 

卒業してからの事を考えて選ぶのが当然。

 

6年我慢すればいいことなんだらと。

 

 

私は、え~????と、おもわず目が点に。

 

だって、長女が行きたい学校があって自分

 

から中学受験したいといってはじめたんよ。

 

その目標に向かって泣きごと言わずに

 

がんばっているんだよ。

 

それなのに、行かせたい学校へ合格しなく

 

ちゃ意味がないって、どういうこと???

 

きっと、パパはパパで大学を出て就職活動

 

する時に、いい大学をでていたほうがいい

 

こと、就職してからもそれを感じていることが

 

頭にあって言っているから、将来を考える

 

のもわかるんだけど、自分で選んだ学校へ

 

行くためにがんばっているんだし、自分で

 

選んだ学校でがんばるタイプだと思うんだ

 

けどと言うと、パパは、考え方が合わないねと

 

怒って会社へ行ってしまいました。

 

長女の気持ちを大切にしてあげたいんだ

 

けどなあ。

 

もちろん、長女は第6志望にはパパが

 

行かせたい学校も考えているけど、

 

他の学校が受かったら、他の学校へ

 

行きたいとしっかり自分の意思を

 

持っています。

 

マイペースですが、強情な性格の長女

 

だし、パパに反抗的な時期なのも

 

重なっているから、折り合いはつかず。

 

もうこれは、塾の先生に相談するしか

 

ないかなあ。

 

みなさんは、パパとママ、そしてお子さん

 

の志望校の相違ってありませんか?

 

そんなときって、どうしてますか?

 

もし、アドバイスがあったら教えて

 

ください。