朝、東京を出たときは
土砂降りだったという
木霊さん。

河口湖駅にお迎えにいった時は
陽射しさえ出ていて

雨だったら五合目をやめて
樹海などの周辺の森歩きに変更しようと相談させて頂いてたけど

行きましょう!五合目‼

ところが、本日は日曜日とあって
スバルラインの入り口で、『五合目駐車場満車』の表示。

えー!嘘でしょ?
まあ、良い。
手はあるんだから。

四合五尺の奥庭入り口に駐車して
御中道をご案内しよう。


奥庭入り口駐車場にて。


{183D2F5D-AAA4-474B-BE9B-EF382F0DCB76:01}

太陽の真下が山頂。
雲に隠れてはいるけど
こんなに晴れるとは思わなかった!


御中道に向かい歩き始める。

{4D8ADBD2-4283-4F07-A652-4B04C379480C:01}

{FC927CEF-0E7A-426D-85A2-0CAC934E7246:01}
コケモモの実!
もうこんなに色づいてたんだ。



{9398D2FF-FCAB-45A2-B3D2-E07EAB30062A:01}
空を見上げると、
雲が低く巻くように流れる、

木霊さんが動画を撮っていた。
あとでリンクさせてもらおうっと。


{8AFF6998-655D-445A-B3B1-97E5D7DF675C:01}
シラビソの稚樹と
オオスギゴケ

なんてキレイな緑いろ!


{F7C6DCC2-6128-497D-B815-B8A97195A4A5:01}
シラビソは、
良い匂いがする。
このあたりの森の香りは
この子達のもの。

天然アロマ。



{9648CC67-EA68-4DA9-B0E9-1BC3633AE3F6:01}

ナナカマドのチビちゃんが
一人前に紅葉していた。


{E2F8CF11-63E7-457D-AB36-A3E302E48613:01}
まるで、馬のタテガミのように
見事なサルオガセ。


{5CD19B76-CAC4-408A-B3D3-088B7BA7D3C0:01}

御中道の中ほどで
また、木霊さんを置き去りに…

恒例の
『ひとり 森と対峙タイム』

この時間は、
わたしにとっても新鮮だ。
普通のツアーではあり得ないんだけど
この時間は、わたしもひとりで自然との対話を楽しめる。

ありがたや…。

およそ30分

木霊さん、前回より深く
森と対話が出来た模様。


楽しみな時間がやって来た。

奥庭荘にて!

{7B0E463B-5F01-41B7-BB79-DBB89979DA9C:01}

ま、ま、ま
松茸!

富士山名物
ツガ松茸。
アカマツの松茸と、香りがまるで違う。

{F6051CBB-8953-4ABC-B069-9BE9479DD4C3:01}

{77996726-285A-4903-BCD5-CD6BE7E6BAE2:01}

松茸ご飯と
松茸のお吸い物。
天ぷらと、色々小鉢がついて
2500円。

美味しゅうございました!

10月いっぱいまで、やっているそうです。


このあとは、奥庭探索。

{4C496168-FF60-454A-AD68-3D61C7B4C44B:01}

この辺りから
霧が出てきた。
もう太陽は見えない。


最後に

三合目へ立ち寄る。

行きに通過したとき
木霊さんが、気にしていらした場所があったので。

それは…


{71E6609C-6FFC-49E2-AD5C-1BB31C17D66C:01}

ま、ま、ま、

マリアさま!


なぜ、気にしてらしたかというと
(あとから教えて頂いた。)

森というキーワードがたくさん来ていたとき
あるヒーラーさんから
わたしのブログを紹介してもらい
リーディングしてもらったとき
『マリアさまが来てますよ』
と、いわれたんだそう。

そのとき、富士山の森に惹かれていたので
なぜ、木花咲耶姫ではないんだろう、と思ったのだと。

{A5EECD66-F500-4D05-82EE-090ED21CA521:01}

やっと、来ましたね、


微笑まれているような。

良かったですね!
木霊さん。


少し早めの
15:30のバスに乗って
あのバビロンへ
お帰りになりました。



『森の智慧を得るには、
ただ森の中に存ることだけだ』

ネイティブアメリカンの言葉

(木霊さんのHPより)



10月
木霊さん主催の
ほぼ同じコースの
ツアーをやらせて頂くことになりました。

そのころはカラマツが
黄金色に輝いていることでしょう。

詳細が決まりましたら
こちらでもお知らせさせていただきます。








AD