みずのこえ ことばこころほどき

ことばこころほどき、とは
あなたのかたくなった部分をほどくメッセージです。

ことばこころほどき


 ことばこころほどき、とは
あなたのかたくなった部分をほどくメッセージです。


その人の、心の中、
もしくは、身体の凝り固まった部分を
ほどくメッセージが、ずばりと訪れます。
  
IMG_20160126_104315207.jpg


人間だれしも
ほんとうは悩むことへの答えを自分で持っていて

ただ、それが深層にあるもので
見えにくかったり
聴こえづらかったりするものです。


ことばこころほどきで、ほどかれますように。

あなたを言祝ぎ(ことほぎ)ます。


メールでお届けしますね。


ことばこころほどき お申込フォームはこちら

携帯から受付できない場合、お手数ですが
*こちらへメールください→mizunokoe@nifty.com


ブログ記事テーマ「+ことばこころほどき」で、
これまでのことばこころほどきが、ご覧いただけます。





小説を書いています。


小説トーチカ一覧

愛される巫女

小説のご依頼も喜んで受付けます。


あなたの応援が、とっても欲しいのです!


お問い合わせフォーム

みずのこえ





みずのこえ の プライベート個室リラクゼーションサロン・ブログはこっち
そっち

です。

NEW !
テーマ:
この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:
君がいつも人のことを優先してしまうのは君が優しいから


君がいつも人のことを考えてしまうのは
君が繊細だから


君がいつも人のことで捕らわれてしまうのは
君が敏感だから


無意識に人の氣持ちを吸い込んでしまうんだよ


君は悪くはない


いつもそうな君責めなくていいよ

直せないと嘆いても責めなくていいよ



いつもそれが駄目だと追い詰められていたね



君を責める人の声は
もう聞かなくていいから


君は悪くはない



わたしは悪くない


そう胸に刻んでご覧


君は悪くはない



そして大いに泣けばいい







ことばこころほどき
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
みずのこえ まき です。


今日の午後出かけようと思ってたんだけどね、強制的に寝かせられました。

物凄く、眠くなったの。

夕方も動けなくて。


胸元が痛くてね。
これも出産後からの喘息用の痛みなんだけど

胸に手を当てたら
痛みが楽なのね。

温めると、楽になる。

きっと、冷えてたんだろうな。

あとから胸元触ると
とても硬くなってたの!


サイプレス精油を塗り塗りしたよ。

喉もね、コリコリして痛かったの。


胸と喉の痛み


きっとね、昨日ショックなことが続いたし今朝方も久しぶりにパニック様になってたのね。


 だから、胸が痛くなる。

喉の硬さも出る。

身体って正直だよね。


痛みがあるところに手を当ててご覧。



その胸の痛みもかなり引いたけれど
痛みが少し続く中、


さまざまな愛を記す こころ柔らかくなる無料メルマガ "愛を知る旅*"


こちらの小説を一氣に書いていた。


前も記事に書いたけど
出だしだけで、その後が書けなくなってたの。


痛みのある話だから
きっと、無意識に避けていた。


だけど、胸の痛みのあるときに
一氣に書けた。

けど、2時間くらいの書いてて

いきなり保存し始めて
そこから保存中が続いて止まらず…


仕方なく再起動したら
全部消えてました。


本当は
作業中に勝手にバックアップしてくれるから、残るはず、なのに。

跡形もなかったの。

(´;ω;`)


PolarisOfficeという
PCとデータ共有できるアプリを使っているんだけどね



嘆いても戻らないから

また、ひたすら書き綴った。



わたしね
やっぱり痛みを抱えた主人公が
愛を知って柔らかくなる話が好き、
なのね。


改めて、実感した。






物凄く好きな話になったから
途中まで
ここで披露します。


Cancer


わたしの手は鋏です。
愛する人の手を握ることもできません。
触れようとすれば、その身体を挟み切ってしまいます。

そう理解したのは4歳のとき。
以来、人生に何も期待を持たず、人に憧れも持たず、人を寄せつけず、ただ生きてきた。

自分は早くに死ぬと思っていたし、死にたいと願ってきた。
しかし、死ぬことはなく、自死することもなく、36年を生きてきた。

死にたいと願いながらも一度も自ら死を選らばなかったのは結局、諦めていた筈の人生に未練があり、先の希望を何処かで望んでいたのだ。

しかし、実際に死を目前にして、何をしたいかの夢すらもない。
とりたててあれが食べたいや、何処に行きたいなどの、小さな日常の希望すら、ない。
それを考えるのすら、煩わしい。

胸の痛みと苦しみに、3ヶ月悩まされていた。
病院の診察待ちが面倒くさいので痛みを我慢していたが、ついに診てもらったら、ステージⅣの末期の乳癌で、肺に転移していた。

もはや治療も為す術はなく、かといって病室で終末医療の選択もせず、自宅療養で週2度の診察となった。

錠剤のモルヒネを投薬されているので少しは痛みも緩和できるが、怠さもあり、何のやる氣も起こらない。

余命2ヶ月と宣告されているが、事実として、いつ死ぬかはわからない。

夜眠ったら、明日の朝に起きられる保障はない。
死を願って生きてきた人間が、ようやく死を実感する。
明日存在できないかもしれないという苦しみが湧いてきたのには、我ながら驚きだった。

死が迫っているのに淡々としているわたしに、ターミナルケアの一環としてカウンセラーが、宗教者と面談をしてはどうかと勧めてきた。

死生観はないが、宗教者と接するのは如何にも終末らしくていいかと、どうせならこれまで触れ合ったことのない宗教を、と希望した。

その教会はよく見ていたが、中に足を踏み入れたのは初めてだ。

同年代と見られる普段着の牧師は、挨拶をしてから、わたしの横に座ってきた。
牧師なのだから、前に立って神の御言葉でも伝えてくるのかと思いきや、彼は今熱中しているというネットゲームの話をしてきた。

「いや、失礼しました。こんな話、つまらないですよね。」

極普通の男性、少し背が低めな彼は、微笑んでわたしに頭を下げてきた。

「面白くはないですが、退屈しのぎにはいいかと思います。」

これも牧師なりの優しさなのかもしれない。
死にゆく人間に、生と死の話をしても辛いだけだ、と。
そして、わたしも身の上話をするつもりはない。

打ち明ければ、可哀想だ、という表情を一様にされるだけ、だからだ。
可哀想と思われたいから話したのではなく、聞かれたから事実を述べただけなのに。
だから10代になる前に、他人に身の上話をするのは一切やめた。

「そうですか。まあ、ゲームの話は同感をもらえないのでやめましょう。私は37歳の独身です。」

他の話をされても、何も同感はできないだろう。

「わたしは36歳の独身です。」

「似てますね、私たち。」

30後半で独身という括りならば似ているが、ただそれだけだ。

「私は好きで独身なのではなく、女性に振られ続きの人生です。一度も女性と交際をしたことがないんです。告白しても断られ続けています。」

「そうですか。」

わたしは何故、牧師の人生相談を受けているのだろうか。

「七尾さんは、私の何が悪いと思いますか?失礼ながら、私よりも容姿の劣る方でも結婚されていますし。」

「性格、じゃないでしょうか?」

大体、それしか、理由がないではないか。
そして、聖職者なのに、随分な言い様だ。

「そうですよね。」

彼なりにショックを受けているのが判った。

「どうしたら、私は結婚できると思いますか?七尾さんなら。」

「牧師先生らしからぬ発言ですね。」

「いえ、牧師は女性と交際も結婚もできるんですよ。」

「それは、そうでしょうが。」

彼なりに一途に、女性に愛の告白をしてきたのだろう。
そして毎回、玉砕している。
理由としたら、しつこいとか、ウザいとか、なのではないだろうか。

彼の優しさは、よく判った。
死にゆく人間に自虐ネタを披露して、相手とのコミュニケーションを図っているのだ。

週一回、退屈しのぎに、この教会に訪れることを約束した。
勿論、いつ死が訪れるかもしれないので、次回は無いのかもしれないが。

そして、牧師の自虐ネタを毎回聞きつつ、3回目の今日となった。

「それでソフトクリームを再度買って戻ったら、彼女の姿が無いんですよ。2つのソフトクリームを、どうしたらいいと思いますか?」

ようやくデートにこぎつけた20代前半のときの話をしてきた。

「別に無理して食べなくてもいいと思います。」

「しかし、このまま捨てる訳にもいきません、溶けますし。仕方ないので2つ食べましたが、2つ目はかなり手に溶け落ちてました。」

溶けたソフトクリーム2つを、ひとりで食べる男。
その光景を想像して、わたしは物悲しくなった。

 

続きは

さまざまな愛を記す こころ柔らかくなる無料メルマガ "愛を知る旅*" で。


明日、多分、メルマガ発行します。
PCがちゃんと動けば、ね。



書いていて、テレフォン人生相談をやけに思い出した。


テレフォン人生相談


あの、昭和臭漂う、ね。




こうして熱中してお話を書いているとね

わたしはとても楽しい。


これを職業にしようと
改めて決意しました♪


その件については、また、ね。




お読みくださり、ありがとうございます(*^^*)

星の羅列を慈しむような日です☆



メンタルヘルスランキングへ

ランキングに参加しました。
ありがとうございますラブラブ




わたしの活動を、応援してください♡

○++++++++++++++++○

ことばこころほどき

おはなしセッション

はぁとアート&リーディングお申込みフォームはこちら

さまざまな愛を記す こころ柔らかくなる無料メルマガ "愛を知る旅*" の購読申し込みはこちら


成長、成功、トラウマの癒やし、エロス、官能の小説『トーチカ〜神楽シーン・瑠璃シーン』

愛されたのは誰?愛したのは誰? 小説 『愛された巫女』

彼女に触れた想い出は指だけ 遺されていた愛人からのラブレター 小説『遺されたラブレター』

アロマミツロウクリームご注文フォームはこちら


+サロンmenu一覧+

自宅サロンはこちら~↓
みずのこえのマッサージブログ





みずのこえ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
みずのこえ まき です。



そもそも、心は揺れるもの。
揺らして、揺れて、
そのうちに、定位置へ落ち着くもの。

耐震装置。


前記事もそうなんだけどね

心揺れる出来事があると

ざわつくの。


自分が誰にも受け入れられないんじゃないかって。


どうして、そう、感じるの?

自分に丁寧に問うていく。


最初は、だって、でも、どうせ、ばかり。



そして
自分は丁寧に扱われた覚えがない、だとかの駄々っ子が出てくる。

存分に駄々を聞いてあげる。 


そのうち、幼い頃、こんな扱いを受けた(ように感じた) 
とかと、紐解けてくる。


全てがそんな、思い込みだ。






そんな風に自分の揺れを見ていたら
夕方、ある事件について、衝撃を受けた。


わたしには全く無関係な事件



なのに、久し振りにパニックになりそうな、大きな揺れを感じた。


実際に、もうダメだ


なんて、精神的な衝撃を受けた。



いや、全く
わたし無関係だけど?


それって結局


自分の中で何かの、辛い過去を投影している、のだけど。


それ自体は、わからなくてもね。


あ、あと、集団意識もあるな。


急にパニックになるときって

拾っちゃってる、事もあるよ。



丁寧に、揺れを探っていくと


やはり、裏切られた


という過去の感情が
胸に、体中に痛みが
こびりついてるのね。



裏切られた



これって、何に?


裏切りって、なに?


自分が勝手に相手に期待していた、ということよね。


それ自体は、いいの。
期待は。


だけど、裏切られた


という想いは
からだの中に降り積もって恨みとなる。



恨みを抱えて
これからも生きていたいのか

それを昇華したいのか


自分に問うてみる。



簡単に恨みは消えないかもしれない。


だけど、沸々とした
マグマのような


裏切られた


という痛みを


そのたびに、しっかり感じる。


醜い感情として
ムダに明るいポジティブシンキングで消そうとしないで。



あのとき、わたしは
あのひとに裏切られた


その痛みを、感じる。



それはそれは辛い作業で


でも、これから先も痛みを抱えて生きていたいのか


今、痛みを感じるのか


咄嗟に自問自答する。


瞬時に、自分に質問する。



返ってきた瞬間的なこたえに添えば、いい。


そのときにNoならば、Noでいい。




いまさっき、痛みを感じていた。



そして、ふっと、胸が軽くなった。


わたしはわたしが愛おしい


ただ、そう感じた。



わたしは、わたしが、愛おしい。




何を感じるか


何を選ぶか


その自由の上で



痛みを感じる。



痛みを感じないと結局


歓びにも鈍感になっている、から。



では、また、ね。





お読みくださり、ありがとうございます(*^^*)


愛の印のカタチを見たような日です☆



メンタルヘルスランキングへ

ランキングに参加しました。
ありがとうございますラブラブ




わたしの活動を、応援してください♡

○++++++++++++++++○

ことばこころほどき

おはなしセッション

はぁとアート&リーディングお申込みフォームはこちら

さまざまな愛を記す こころ柔らかくなる無料メルマガ "愛を知る旅*" の購読申し込みはこちら


成長、成功、トラウマの癒やし、エロス、官能の小説『トーチカ〜神楽シーン・瑠璃シーン』

愛されたのは誰?愛したのは誰? 小説 『愛された巫女』

彼女に触れた想い出は指だけ 遺されていた愛人からのラブレター 小説『遺されたラブレター』

アロマミツロウクリームご注文フォームはこちら


+サロンmenu一覧+

自宅サロンはこちら~↓
みずのこえのマッサージブログ





みずのこえ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
みずのこえ まき です。




前の記事にも書いたけど

NHKの対談番組『SWITCH』で
新進気鋭の写真家、映像作家の方のお話に、んんーと氣持ちよくなったのね。

SWITCH、ときたま
興味あるひとだと録画しとくの。

その人を全く知らなくてもね。
いや、知らないからこそね。


25歳の彼の撮る写真は
固定概念にとらわれず

写真という、決まった世界を
氣持ちよく打ち破る。


場の雰囲気も全て
その映像に収める。



写真という世界は平面だから

個展では立体的に見えるように仕掛けがある。

眼に何かをつけて、なのではなく

作り手が謂わばアナログで
立体的に見えるように、そう加工する。


好きか嫌いかで言えば
わたしは、そんなに彼の写真には心は打たれないが



好きか嫌いか

そんな二元的な物の見方、ではない。

この世の中は。



その、個性を打ち出すことに躊躇いもない強さに、心惹かれる。

踏襲を打ち破る

その、迷いのなさ。


いや、もしかしたら迷いや不安や

妨害すらもあったのかもしれない、

自由に表現する、ということへの。



それでも
人は何処かで

その苦しみから抜け出す


そして、飛躍する。



万物に好かれようとするほうが
無茶苦茶なのかもしれない。


当たり障りなく暮らして過ごして
誰からも好かれたら心地好いけれど。


わたしには、できなんだ。


しかし、そのせいで、幼少より苦しみ続けた。



わたしは、誰からも好かれない。

結局、みんな離れていく。


自分の好きなように発言すると
必ず、わたしの周囲から人が減る。


そんな悩みや苦しみは、ずっとある。


まあ、思い込みや。
実際にそうだとしても。




だから、当たり障りなく
人から離れて生きようとしたが、それですらも、嫌われるのだ。



なので
誰しもにも好かれようとは、もう思わない。

そのほうが暴力的だ。



それでも
好んでくれる人に媚びずに

そして感謝して

わたしはわたしを生きたい。

生き切りたい。


結局、今、しか生きれない、人は。




8月に入り
改めて、そんな決意をした。





麒麟は豊富な餌を求めて
代を重ねて、首を長くした、んだよ。


異端児、だよね。


人が人の一生で
そんな技を披露してもいいジャないか。



多角的に物を見て
表現していきたいね。

一方向にとらわれず。



お読みくださり、ありがとうございます(*^^*)

以前、書き記した約束を実行するような日です☆



メンタルヘルスランキングへ

ランキングに参加しました。
ありがとうございますラブラブ




わたしの活動を、応援してください♡

○++++++++++++++++○

ことばこころほどき

おはなしセッション

はぁとアート&リーディングお申込みフォームはこちら

さまざまな愛を記す こころ柔らかくなる無料メルマガ "愛を知る旅*" の購読申し込みはこちら


成長、成功、トラウマの癒やし、エロス、官能の小説『トーチカ〜神楽シーン・瑠璃シーン』

愛されたのは誰?愛したのは誰? 小説 『愛された巫女』

彼女に触れた想い出は指だけ 遺されていた愛人からのラブレター 小説『遺されたラブレター』

アロマミツロウクリームご注文フォームはこちら


+サロンmenu一覧+

自宅サロンはこちら~↓
みずのこえのマッサージブログ





みずのこえ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。