2017-04-08 02:44:15

レット・イット・ビーの意味

テーマ:ブログ

前々から


「どうして宗教が原因で戦争が起きるのだろう」


という疑問を抱いていました。


すべての宗教を知っているわけではもちろんないのですが、


宗教は基本的に「愛」を説くものだという印象があります。


「自分を愛するように、隣人を愛せよ」

「自分がしてほしくないことは他人にするな」


具体的な表現は違えど、同じようなことを唱えているはずで、

だとしたら、


「宗教が原因で争いが起きる」ことほど矛盾したことはないと思うのです。


だって、戦争ほど愛とかけ離れたものってないじゃないですか。


この問題に関しては色々な説明がなされているしそれを見聞きしたこともあるのですが、しっくりきていなくて、


ただ、昨日、


「ああ、これは確かに戦争になるかもなぁ」


と感じる出来事がありました。

 


僕は毎日、自転車に乗って自宅近くの事務所に行って作業をしているのですが、


いつもどおり自転車に乗っていると、


新しいレストラン(というより、こじんまりしたご飯屋)がオープンしていたんです。


それで、昼食をまだ取っていなかったので、試しに食べてみるかと思ったのですが、


近くに自転車を止めれそうな場所がありませんでした。


そのお店はオフィスビルに入っていて、近くに自転車止めたら相当ダメな雰囲気なんですね。

というか、基本、街中は駐輪禁止なんですけど、


ぶっちゃけた話、すでに何台か自転車が止められていて


「みんながとめてるからいっか」


となる場所と


「ここにとめたらかなりまずいぞ」


っていう場所があるじゃないですか。


それで、その場所は完全に後者の雰囲気だったのですが、


ただ、もしテイクアウトできればすぐに持っていけるし、


そのお店がおいしかったら今後使えるという意味でも


できれば寄っておきたい、時間がかかっても15分くらいだし、という状況で


ガードレール脇に自転車を止めて、


自転車から降りるところまでいったんですけど、


それでもやっぱり空気的に止めちゃだめな場所なので、


(うわー、どうしようかな)


と相当迷った、


まさにその瞬間、事件が起きたんですけど、

 

 

僕、家を出てからずっとビートルズのベストアルバム聞いてたんですね。

 

 

そして、自転車を止めて


(うわー、どうしようかな)


って迷った、まさにそのタイミングで、ポール・マッカートニーが


 

「レリビー! (Let it be)」


 

って叫んだんですよ。


ぜひ、ここで名曲、Let it beのメロディを思い出しながら、


駐車した自転車の前に立つ僕になりきってもらいたいのですが、


このタイミングで耳元で「レリビー!」って絶叫されたら


 

 

「自転車はそのまま置いて(Let it be)いいのさ」

 

 


ってポールが言っている気がしてくるんですよ。

 


レリビー! 


レリビー! 


レリビー! 


レリビー!

 

とポールがメロディを変えて叫ぶたびに、一歩一歩、自信を持って自転車から遠のいていける僕がいたわけです。

 

そしてこのとき、「そうか、そういうことか」と気づきました。

 

ポールは、「Let it be」という曲に関して「自転車を放置していいんだよ」とは歌っているはずがなく、

 

「あるがままの自分で生きよう」


という、人類愛を歌ったんだと思うんです。

 

それは、深い意味での「真理」であり、ある意味では「道徳的な考え」と呼べるものかもしれません。

 

ただ、


人が何が悪いことをしようとするとき


もっと言うと


「欲望を満たしたいと思ったとき」


この、「真理」や「道徳」を根拠にすることで

 

 

欲望が「加速」する

 

 

のです。


つまり、この状態は、

 


ハイブリッド

 


なのです。

 

世の中では

 

「おいしくて安い」ものが流行るように


「便利で美しい」ものが流行るように

 

「欲望が『真理』や『道徳』というバックボーンを手に入れたとき」

 

欲望に対する歯止めは「最高に効かなくなる」。

 

つまり、「愛」の力が強まれば強まるほど、

 

「愛と手を組んだ悪」もまた、その力を手にすることになるという

 

極めて自然な化学反応であるということなんですね。

 

だからこそ、

 

人類に対して最も影響を持った素晴らしい宗教こそが、

 

最も人を殺すことに加担する、ということが起き得てしまうわけです。

 


―――というわけで、もし僕がこの話をブログに書こうと思わなかったら

間違いなく、自転車を止めたまま昼食を食べに行っていましたね。

 

「これをブログに書いたら『駐輪禁止の場所に自転車止めたんかい』って指摘されるから、ネットってそういう場所だから、ブログに書くために自転車止めずにおこう」と思って再び自転車を漕ぎ出した結果、この出来事を書くことができているわけですが、こうした僕の「欲望」もまた、人間の自然な化学反応の一種なのだと思います。

 

 

言ってしまえば、


なぜ宗教戦争という矛盾が起きるのかということに対しての

 

「俺、気づいちゃいました」アピールですよね。

 

 

愛が力を強めていけばいくほど、


同時に


悪と手を組む愛もまた力を強める

 

と同時に

 

「悪と手を組む愛」という現象に「お前らの矛盾の理由に俺は気づいたったぞ」と言いたくなる欲求も強まる 

水野イマココ

 

 

と同時に……


 

と同時に……


 

てな感じで、結局、世界における何かは逆の何かを支え続けていく宿命であり、


聖職者も犯罪者も「世界」というパズルの一部を担っているに過ぎず、


善は悪を、悪は善を支えることになるのでしょう。

(もちろん、この考えもまた、悪用することも善用することもできますし、どちらを選らんだ場合もその対抗勢力が必ず生まれます)

 

 

というわけで、こうしてブログを書きながら頭を整理してみて気づいたことは、

 

 

別に、自転車止めてランチを食べても良かったんじゃねえか

 

 

ということですね。

 

僕はこれまで


「人間は生まれつきの環境や才能に関わらず何者にでもなれることを伝えることで世界は素晴らしくなる」


と思って頑張ってきたのですが、


冷静に考えたら


そんなわけねえですよ。


もしそんな世界が創れたとしても、僕が求めた光が支える闇が必ず存在することになりますからね。


「ジェンナーが天然痘を終わらせたように、人類は水野敬也で劣等感を終わらせる」

 

って書かれた紙が僕の部屋の壁に貼ってありますけどね、

 

 

天然痘終わっても、世界から不幸なくなっとらんし。

 

 

不幸の総量、全然減っとらんし。

 

 

まあそれでもやりますけどね。

 

せっかく生まれたし、それ以外やることないんで。

 

 

というわけで


「世界を変える」「世界を素晴らしくする」


と考えて頑張ってきた人は、結局のところ、


「認知の歪み」


という5文字で説明がついてしまうのです。

 

エジソンもアインシュタインも坂本龍馬も「認知の歪みクソ野郎」なわけですよ。

 

 

――ということを再認識することになったこのブログを、僕は書くべきだったのだろうか。

 

 

やはり、あのまま「レリビー!」の歌声に身を任せてランチを食べていた方が良かったんじゃないか

 


そして、


もしかしたら、

 

ポール・マッカートニーはすべてを理解した上でこの歌を歌っていて

 

 

つまり、「世界はあるがままに流れるしかないもの」であり、

 

 

彼の歌う「Let it be」は、本当に、

 

 

 

「自転車はそのままでいいんだよ」


 

 

というメッセージだったかもしれないと思えてくるのです。

 

 

 

水野敬也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

リブログ(1)

  • ”レット・イット・ビーの意味”

    私この人すごく好きなんです(笑)夢をかなえるゾウを初めて読んだとき震えました(笑)なんて面白くたまんないんだってこの世界観にはまりました(笑)で、ブログもそのテイスト満載で大好きなんだけどちょっと今回は今日、講座で話した「6」にシンクロするなぁって思ったのでリブログさせてもらいました( ˊᵕˋ )ど…

    Sayoko

    2017-04-08 19:50:05

リブログ一覧を見る

コメント

[コメントをする]

41 ■カッパエビセン

昨今のaiの状況を見ていると、
将来的に人間超える制御できない
もの作ろうとしてるけども
やめられないわとまらない
ので、よろしくね。
という風に感じますね。

水野さんはどう感じますか?

40 ■あるがままにですね

本当にその通りだと思います。素直に生きることが健康にいい。相手にも無理がない。ただ、道徳心は大事だと思いますよ。敬也先生の考え方がすごく頭のいい思考だなあと感心しました。さすが敬也先生!すごく勉強になります。
欲望をどう使うかがこれからの未来のカギですね!とにもせよ、ウケました!元気のウラハラありがとうございます。今日も頑張るエネルギー少しアップしましたよ。では、これからも、楽しく元気に生活しましょう。敬也先生かっこいい!

39 ■水野敬也さま

ジェンナーが天然痘を終わらせたように、人類は水野敬也で劣等感を終わらせる、、、今後も著作を楽しみにしています!!

38 ■思うに let it be って

Do the best, then

Let it be

... and don't worry.

の略ではないかと考えとります。
要は、精神衛生かと。

37 ■突然すみません

今、大阪のABCラジオでナジャさんがゲストで出られてるんですが(正確には毎週火曜日に出られてます)、仕事で車を運転していたら(今、停車してスマホ打ち込んでます。)、司会の女性が『あの、夢を叶えるゾウや人生はにゃんとかなるなど、様々なヒット本を出されている、水野先生が出されてる出版者さんが凄い!』と色々話が弾んでいますよ(*^.^*)つい、嬉しくなりまして……失礼しました!!

36 ■深すぎて……

先生の言われるコトは理解出来るですが、毎日そんな風に考えてたら心身共に維持出来ませんし、人間、心のどこかで地球上で一番上みたいな感覚をどこか持ってると思うんですよ。
水道の蛇口をひねれば飲める水が出る(日本位ではないでしょうか、こんなhighレベルな国)、最低限の生活が出来る(皆が皆ではありませんが)、今日のご飯は何にしよう……と考えられる時点で、なんと贅沢な生活を送っているのだろう!!と自覚出来るか否かで、人生も周りも大きく変わってくると思うんです。私の父親は戦争経験者なんですが、『日本はもう終わっとる。お前も自分の事は自分でなんとかしろ。ほんまに困った時、他人は助けてくれへん。現実はお前が思っているよりもっと厳しいわい。動物の方が賢いわい』と何度も言ってきます。なんだか寂しいなぁ……と思う反面、戦争経験者の父親の言葉の重みが、ずっしりきている日々です。

以前先生が言われてた通り、一旦全部アナログになるしかないのではないか、と本気で考えてしまいます。便利になりすぎましたね。この世も。
まだ、手の施しようはあるのではないでしょうか。

35 ■感想です

水野さま
はじめてコメントします!
今年になって水野さんの本を数人の友達から勧められ数冊拝読し、ファンになりました。
スパルタ婚活塾のDVDも(ハード編)拝見して、
今年一番笑いました。

めっちゃめちゃ面白くてついフェイスブックに読んだ本の感想文を投稿しちゃうくらい楽しませていただいてます。

いつも笑いと寂しさと優しさが同居しているんだなーとブログを読んで感じました、

水野さんの頭の中の葛藤描写に、そりゃあ生きづらかろう!と思いますが、その葛藤がきっとみんなを惹きつけるんでしょうね。

天才水野さんのますますのご活躍としあわせをお祈りしています!






34 ■無題

自分のなかで、正しい!!と思ったこと、それを後押しする音楽があったことは、多くの人に経験があったことだと思います。ただ、自分の自意識にいっぱいいっぱいで、自分の正しい!!を現実化するために人を傷つけるような人も悲しいニュースになって見ます。それはやっぱり生き物だから、いつ死んでもおかしくないから、流れに身を任せるしかないと思いますが、やっぱり理不尽はなるべく無く、往生したいと思う今日この頃です。 私は、教育大学に通っています。水野さんの出身県です 教育が世界から理不尽を除ける唯一の術だと考えています。でも、教育によっても影が出来てしまうなら…悟ることしかないんでしょうか。 世界共通の善は存在しないのかなあ

33 ■お願いします


視覚障害者や車椅子の方が
通れるスペースは空けて下さいね♪

32 ■自転車を

店内に持ち込むワイルドな解決法もあります( ̄∇ ̄+)(知り合いのおっちゃんがロンドンでやってました)

31 ■無題

やってみました。

傘さし運転の件でパトロール中の警察官に呼び止められ、「Let it be」までたどりつけませんでした。

つづく

30 ■無題

さっすーがの思考ですね 水野先生

29 ■水野さんday

はじめてblog読ませていただきました。
今日、朝日新聞に『顔ニモマケズ』に紹介されているのを読み、読みかけだった『夢をかなえるゾウ2』を読み終え、このblogにたどり着きました。
そして、たまたま子どもがやっている小論文のテーマが「人間はどのような状況に置かれると、戦争を待ち望む心境になりやすいか」。
偶然いろいろつながりました。水野さんdayです。

just the way you are だったらどうかな。と、思ってみたり。あなたらしく、あなたが決めたほうでオッケーとなると、自己責任という意味合いが強いでしょうか。

let it be は短いフレーズのしかも連呼だから、より、威力ありますね。小泉元総理的です。

28 ■無題

こんにちは。
今回初めて水野さんのブログを読ませていただきました。なんか気になって…。
今ニュースで取り上げられている戦争に対して
もう怖くて怖くて、テレビで被害にあった人達が映っても、ショックで見られない時があって。
自分の中でもやもやしていたんです。
水野さんが思うように、宗教は愛を説いているはずなのにな、なんでかなと。
水野さんがその真理や道徳が強すぎるが故にそれを支える悪があると読んで、なんだか腑に落ちました
そっか。そうなっちゃうのね。嫌だけどでも悪いとも言えないなぁ~と。
誰も悪いと思ってやってないんだろうな。
自分の正義とか善のためにしてる事。
なんだか、気持ちが落ち着きました。

でも私も世界の平和を、世界に愛が溢れるように
これからも生きていきます。
ありがとうございますm(_ _)m

27 ■おもしろいですね

相変わらず面白いなと思った後に、なるほどと言う説明。お見事(ノ゚∀゚)ノです。それに、ユニークですよね!

26 ■淋しい

深いですけど、そんな風に考えたら、生きるのイヤになりませんか?!!「みんなの希望の星の水野先生が…」とも思います。

25 ■水野さんがおもろすぎて。笑

アラフォー女子です。真面目なやつからドラマのやつまでずっとよんでます。文字であはは!と声をあげさせてもらったのはみずのあつやだけです!とはウソで、学生時代さくらももこ以来でした!中学生でしたか。

アラフォーバツイチ子供なし 見た目普通より、ちょっと小洒落た感じなんでかろうじてコンパイルんです!でも、ラコステとか使えんのです!なぜならテレビでやってしまったから!!もう、コンパより第一印象の良さを教えて欲しい!コンパよりなんかあのひと モテそう!いわば YOUみたいな女性の本を是非出して欲しい!

24 ■無題

あるがまま、そのまま、っていう言葉を考えていくとわけわからなくなりますよね。

でも、日常で起きてることから、はっ!として気づくことあるなーって思います。そして、その気づいた時のぐわーっってくる感じ。すごく伝わってきました。

水野さんのブログはほんとにいつも楽しいです!そして大事なことを教えてくれます!ありがとうございます!!

23 ■無題

水野敬也で劣等感を終わらせる
↑めちゃくちゃかっこいい!!!!
ブログいつも楽しみにしてます

22 ■無題

善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。
悪人正機を思い出しました。
宗教は人が過ちを犯さないように導くシステムではなく、犯した過ちの赦しを乞うシステムなんじゃないかと思いました。だから熱狂的な宗教者ほど激烈な過ちを犯すのではないでしょうか。
なので…たぶん水野さんは自転車停めて良かったんだと思います(^^;)

21 ■無題

なんかわかります。
結局、どんなタイプの人を救いたいかだけなのかなぁって。

昔、ある本(喋って注目を浴びることが得意な家系の中で、主人公だけが「失語症」になる。
その後、治癒し、家族が皆喋るのが得意だったから、「喋らない」選択をすることで、私は注目を集めてたんだと自覚する…という話。)で、
主人公がしていた、

「世の中の光の総量は決まっていて、
私の家族たちのように、一際強い光を浴びてる人たちが出ると、
そのぶん他が光に照らされなくなってしまう」

という内容の独白が記憶に残っています。

人間が払える関心にはたぶん限界があって、

20 ■深い内容・・

おちゃらけて書いているようで、とても深い内容ですね。

私も若かりし頃、両親がある宗教の信者だったので(でも、大した信仰心ではありませんでした.私への育て方からしても、わかります)、一緒に、とあるそういう場所に一時期行っていました。

その時、皆の前で教えを言われる偉いお方が、明らかに金持ち、そうでない人との区別、いや、差別が歴然で、そうでない人の方にいる私は、それに腹が立ち、行くのをやめました。
そうです、最初に愛や平和を説いた方々は、本当に素晴らしい方なのです。
ただ、それを語り継ぐ事を生業にしている方々に問題があるのです。

で、結局、人間臭い感情むき出しの、とどのつまりが戦争なのではないかと思います。
イヤですね。
私は今はどこの宗教にも属していませんが、心の中ではずっとある宗教の信者です。
それを貫きたいな、と思っています。

考えさせてくださって、ありがとうございます。

19 ■無題

私も宗教にとても興味があって、色々考えてたのですが(でも宗教家でもない私が宗教について考えることに何の意味があるのか…周りに同じような事考えてる人もいないっぽいし、なんかやばい人だと思われそうで口にも出来ない)
こうして読ませる文章になさる水野さんは流石ですね。自転車停めないところが大好きですし、自転車停めなかったことをぶつくさ言ってるのも大好きです。

18 ■レットイットビー

ビートルズはフリーメーソンと深い関わりがあると、温泉地のホテル内のオカルトバーテンダーに聞いてから、それが本当かはどうあれ、ビートルズが世界に与えた影響ってすごく大きいものだなぁと思ってます。

善と悪は共存しますもんねぇ。

アンパンマンは、ばいきんまんのおかげで、ヒーローでいられますからねぇ。

水野さん、今回のブログも深イイです\(^^)/❤

17 ■同じ出来事でも視点が異なれば

出来事を捉える視点は無数にあって、その中には戦争という行為を愛や正義として捉える視点も存在しているのかもしれませんね。

16 ■流石です。水野さん。

深いですね。
深く考えてしまうんですね。自然に。
(愛が悪をも加速させてしまうんですね…)

自転車、私も停められません。水野さんも、そうで良かった。

偶然目に留まった新しいお店は、気になりますね。

15 ■無題

真理や道徳を自分に都合良く解釈すると争いになるんですよね、多分。
人間は自己愛の強い生き物ですもんね…自転車ふつーに停めちゃいそう(..)気を付けよう(-.-)

14 ■無題

初めてコメントさせていただきます!
いつも愛でいっぱいの内容ですね✨

13 ■こんばんは!

ブログを読みながら、イマジンを聞いていたら、どんな結末になったのかなぁ?とか、内容はデスノート見たいな感じかな?とか、勝手に思ったりしたのですが、最後には、あはは!と笑いました!
水野敬也様を思うと、いつも私は、思わず、あはは!と笑顔になるのでいつも通りの展開でした!
それから、ラジオ聞きました!
春にまつわるエピソードに答えて頂きありがとうございました!
すみませんでした、私は、これからは、水野敬也様と呼ばせて頂きます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆!

12 ■無題

抵抗なく要求されるものに応える。
しごく明快な答えですね(笑)。

11 ■無題

let it be =自転車はそのままでいいんだよ
というメッセージだったかもしれな、、のとこらへんで水野さん違いますと脳内で強めにつっこみました。

10 ■水野ブッダ殿

「信じる者は救われる」っちゅう人たち → 信じねー奴らは救われねーし → 選民思想 → あんな邪神を信じやがって → 俺たちの「正しい」神を信じさせねーと → 宗教戦争。
「信じようが、信じねーが、おまえが悟らなくても救ってやんよ」 → 大乗仏教 → 戦争もしねーよ。ってカンジですか、水野大乗レリビーブッダ殿。

9 ■水野敬也先生の文は

読みやすい。人生はワンモアチャンスも、食べてしまうとなくなっちゃう、チョコの様におしみおしみかじってます。レリビー。仏教に中庸という教えがありますが、愛しすぎは、イケナイようですね。

8 ■後悔?

今度通りかかったら食べてみてください。なんか変わるかもしれませんよ?

7 ■無題

正直、途中から理解不明になってしまいました。すみません。でも、途中までは声を出すほど笑いながら読んでたんです。何度も読んで全部理解したいと思ってます。

6 ■待ってました!!

水野さんのこーゆう深いい内容のブログ、最近ないな~、もう終わったのかな、、と思って悲しんでたので、嬉しいです!
日々の気づきや悟り(?)をしたためてくれるのを、これからも楽しみにしています(*^^*)

レリゴーじゃなくて、レリビーを久しぶりに聴きたくなりました♪

5 ■無題

先生、深い!今回もまた深いです!

4 ■無題

素敵!
このブログこそ
レット・イット・ビー!

そんな水野先生のおかげで
レット・イット・ビー!
できてる人もたくさんいるはず\(^^)/

3 ■正規分布

本当にそう思います。
正規分布の片方ともう片方は必ず存在していて、みんなそのグラフの中のどこかに落ち着いているだけなんですよね。
自分も他人も環境も、何をどうしたってあるがままでしかないので、結局自分がどれだけ満足して生きて死ぬか、それだけだと私も思います。

2 ■そうだ!

すごく納得しました。
中東に行って、テロリストの胸ぐら掴んで言いたいですね。「お前ら愛に溢れやがって!」て。

1 ■深いわぁ

レリビー♪レリビー♪レリビー♪レリビィ~♪
私もこれから多分このフレーズを聞く度に思い出すでしょう

今回もウケるぅでした (°∀°)b

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
      芸能ブログニュース