2014-10-17 13:30:21

タトゥを入れてみました

テーマ:ブログ
今、左手がこんな状態になってまして



タトゥ01


そもそものきっかけは、今年の7月に僕の知人が病気で亡くなったことにあるのですが、そのとき不安に思ったのは、

過去に知人が亡くなったとき、



「ああ、人は必ず死ぬ。僕もいつ死んでも後悔しないように頑張って生きよう」



と思い、それからしばらくの間は緊張感とモチベーションを保ちつつ仕事ができるのですが、時間が経つにつれて少しづつその感覚は失われていきいつのまにか元の日常に戻ってしまうということです。


それで、7月にその人が亡くなったとき、この人の分まで自分は頑張ろうと思ったのですが


(またいつものように元に戻ってしまうんじゃないか……)


と不安になり、この現象をなんとか回避したいと色々考えてみた結果、


「ファイトクラブ」っていう映画の中のワンシーンで、ブラッドピットがエドワードノートンの手を硫酸で焼いて


「この傷跡を見て思い出してモチベーション上げろ!」


みたいなことがあったと思うのですが、これはもうそういう感じで行くしかないなと思いまして、


結論を言うと




タトゥ



を入れることにしました。



消えないメッセージとして「死」を刻み込んでしまえば、絶対忘れないだろうと考えたのです。


これはいわゆる「メメントモリ」なのですが、そもそもタトゥの性質はそれに近いものもあって、これは昔英語を勉強しているときに知り合ったロシア人女性に教えてもらったのですが、あるミュージシャンは手首に★のマークのタトゥを入れていて、つらいことや苦しいことがあったとき★のマークを見て


「そうだ、俺はスターになるのだ」


と自分を奮い立たせるということでした(ちなみにその女性の左手の中指には「LOVE」というタトゥがあり、ファックユーの指にLOVEを入れるという発想に「なんて面白いんだ!」と
感動しましたが、よくよく聞いてみると「歌手のリアーナの真似をしていただけ」ということが分かりました)。


もちろんタトゥに関しては世間的には良くないものだとされていますが

サントリー創業者の鳥井信治郎の有名な言葉で



「やってみなはれ」



というのがあるのですが、きっと鳥井さんに聞いたら




「タトゥ入れてみはなれ」




と言うに決まっているので何の問題もないと思い、むしろ問題は


「どんなマークを彫るか」


の一点に絞られたわけです。


もちろん目的から考えると「死」を連想させるものが良いと思ったのですが、ここで安易に「ドクロ」を選択してしまうと


「あれ水野、お前、お洒落でタトゥ入れてねーか?」


となってしまい、それは僕からしたら一番見下してる人間っていうか

いつも海に行くたびにタトゥをこれみよがしに見せてくる連中に対して

「あいつらタトゥに頼らんと海にも来れん連中だわ。あいつらのタトゥはありのままの自分に対する自信の無さを表してるわ。その意味であいつらのタトゥはむきだしの劣等感だわ。本当に哀れな連中よのぉ」

と、海の隅っこの方で浜辺を歩くカニと語り合ってきた人間なんで、


人に見せるためではなく、自分に対して「死」を強烈に思い出させてくれるタトゥのマークを考えていった結果↓のものにたどり着きました。





方位記号


方位記号です。



まあ色んな意見あると思いますけどね、理由を聞いてくださいよ。


まず「死」をイメージする意味で「4」的なものを色々探してみたんですけど、


方位記号って数字の「4」に見えるじゃないですか。


しかも方位記号なんで




「お前の人生は『4(死)』から見て正しい『方角』に進んでいるのか?」




と自分を戒めるという効果があるってことなんですね。


――ま、この説明を聞いても「は?」ってなる人もいると思いますが、そういう人たちに対しては、短い間でしたけどありがとうございましたってことになりますよね。


俺とあんたは結構マブダチな感じでやってこれたと思ってたけど、俺たちの方向性が――方位がずれちゃってるわけだから。

俺とあんたは、ときおりYhoo!ニュースで流れてくる水野のニュースを遠巻きに眺めてもらうだけの関係に戻りましょうや。



ま、というわけで、方位記号を思いついたときの僕は


「今後は日本で自分を戒めたり奮い立たせるために入れる『啓発タトゥ』の時代がやってくるんじゃねえか!?」


と興奮しまして、「鉄は熱いうちに打て」ってことでタトゥ雑誌買って、ネットでも調べまくって「この店なら大丈夫そうだ」という店を探して電話したところ


「入れるマークのイメージがあるならメールで送ってください」


と言われたので↓のメールを送りました。




―――――――――――――――――――――

先ほどお電話で土曜日の17時に予約した水野と申します。

タトゥのイメージを添付します。

左手首に入れたいと思っています。

ちなみにこの記号を入れる理由なのですが

最初、「人はいつか死ぬ」ということを忘れないために、(人に見せるためではなく自分が見るために)左手首に数字の「4」を入れようと思ったのですが、それだと味気ないので色々考えたところ方位記号であれば「4」に近いし、生きる方向を考える、という意味もプラスできるのでこれが良いのではないかと考えています。
そのあたりのデザイン面もぜひご相談できればと思っています。

よろしくお願い致します。


―――――――――――――――――――――





すると↓の返信が来ました。






―――――――――――――――――――――

了解しました。
それでは土曜日17時お待ちしております。

―――――――――――――――――――――







タトゥを入れる理由完全にスルーされました。






このメールの返信を読んだとき、「あれ、向こうからしたら、俺相当イタいやつになってないか」と不安になったのですが


「世の中に受け入れられるまで、偉人は変人である」


という名言もありますし

とにかく「鉄は熱いうちに打て」ということで、土曜日17時、タトゥを入れるために渋谷に向かいました。


お店は渋谷の雑居ビルに入っていて、もう見るからに古いビルで「大丈夫かな……」と不安になりながらエレベーターに乗って行ったのですが


店内には清潔感が漂っていて、さすがの水野のリサーチ力といった感じでした。


ただ、待合室には僕以外にもう一人お客さんがいたのですが、その人の足にタトゥが入りまくっており、


さらに、施術を終えた人が部屋から出てきた人が待合室の人の連れだったのですが


「いやあ、めっちゃ痛かったっわ~」


と痛さをアピールしてきたので、その瞬間


(そ、そうだった! タトゥは入れるときめっちゃ痛いんだった!)


と思い出し、急に恐くなって震え始め、

さらに僕の名前が呼ばれて奥の部屋に連れていかれると、

全身にタトゥの入ったお兄さんがビニール袋みたいなのをつけて座っていて、もう「全力で医学部出てません」みたいな雰囲気でいよいよ怖くなり


「あの……麻酔的なものはあるのでしょうか?」


と聞いたところ



「あー、ウチ麻酔ないんで」



と言われまして、なぜか反射的に「すみません」と謝った僕がいました。中学生のクラスメイトで意味もなく殴られたのに反射的に「すみません」と謝っていた石川くんのことを思い出しました。


こうして僕は診察台に寝かされまして、全身タトゥのお兄さんが銀色のピストルみたいなのを使って僕の左手首に方位記号のタトゥを入れ始めたわけなのですが


これがどれくらい痛かったかというと



「麻酔の切れかけた歯医者くらい」



でした。

まあ結構痛いけど耐えられないくらいじゃないといった感じで、むしろ途中からは



「この痛みが俺に『死』の緊張感を刻み込んでいるのだ!」



と、興奮してきまして、麻酔しなくて良かったと思いました。



こうして無事タトゥを入れ終えてお会計をしたのですが




「えーっと、ワンポイントなんで、、、5000円ですね」




安ぅっ!




こっちは人生を変えるつもりで清水の舞台から飛び降りたのに、その値段が5000円て!


逆にもっと取ってくれんと不安だわ!



ただ、値段を上げろとも言えませんでしたので5000円払ってお店を後にしたのですが



お店から出て渋谷の街に降り立ったとき



「ああ、これから俺の人生が変わるのだ!」



と最近では味わったことのないような興奮を感じ、渋谷駅までスキップしたろかなという勢いでした。


こうして僕の生活にタトゥが仲間入りしたわけなのですが、


仕事をしていて「しんどいなぁ」となったとき、方位記号のタトゥが僕に語りかけてくるわけです。


「お前はいつか必ず死ぬ存在だ。ここでサボって本当に後悔の無い人生を送れるのか?」


もうね、ゴルゴ13のデューク東郷みたいな口調で語りかけてくるんですよ。


そしたら僕も「よっしゃ、やったるかぁ!」と奮い立ち、仕事も本当にはかどって


「ああ、このままいったら俺、確実に歴史に名を刻むことになるなぁ……」


と興奮しながら仕事を進めることができるようになりました。



こうしてタトゥを入れて2か月ほど経った頃。



その日も事務所で仕事をしていたのですが猛烈に煮詰まっていたので、いつものようにタトゥを見ました。



タトゥ02
※こんな感じで手首のところに小さく入っております。


すると、いつものように、タトゥ東郷は「お前はいつか必ず死ぬのだぞ? このままいいのか?」と語り掛けてきたのですが



次の瞬間、気づいたときには









タトゥ03



この状態で寝てました。



タトゥを入れたばかりの頃は、タトゥの存在が「非日常」であり、緊張感を保てていたのですが



日が経つにつれて



タトゥが入っていることが日常になってしまったのです。



こうして、方位記号のタトゥからは「死を思い出す」というメッセージ性は失われ、なんなら





でっかいホクロみたいに見えてきて、




本を読むときとかに一瞬目に入ったりするのが








邪魔






に思えてきました。






というわけで







タトゥを取ることにしました。






「鉄は熱いうちに打て」ということで、「タトゥ 消す」でネット検索し、徹底的にリサーチしたところ、タトゥ落としの美容外科の名医が渋谷にいるということで


タトゥを入れてから2か月後。





再び、タトゥを入れた街、渋谷にやってきました。





病院のカウンセリングで


「いつごろ入れられたんですか?」


と聞かれ


「7月末ですね」


「7月……え? 今年のですか?」


「はい」


「もう大丈夫なんですか?」


「はい。十分に堪能しましたんで」



カウンセリングの人からは、「こんなに早くタトゥを取る人は初めてだ」と驚かれました。


ちなみに、タトゥを落とす方法としてはレーザーで徐々に消していく方法と、皮膚ごと切除する方法があるのですが


名医に見てもらったところ、僕のタトゥはしっかり入っていて、レーザー治療をした場合、半年かけてレーザーをやったものの落ちないケースもあるみたいで


「切除」を勧められました。


「タトゥは一度入れると消せない」というのは基本、正しいみたいですね。


ただ僕としてはもう完全に「消す」姿勢で固まっていたので、そして「餅は餅屋」なので、名医の言うとおり切除を選択した結果




タトゥ01

この状態になったというわけです。



ちなみに切除した皮膚を見せてもらったのですが、アジの刺身の一切れみたいな感じで結構ガッツリ肉をいってる感じでした。


恐る恐る包帯外してみたらこんな状態になってました。



タトゥ跡

ひいぃぃぃ……

まだ抜糸をしてない状態ですが、これから結構な時間がかかるみたいです。傷跡も少し残るみたいですね。


――ただ、タトゥを入れて後悔しているかというと全くそういうことはなく


やっぱり、やってみて分かるということがあるんですね。


もし僕の知り合いから「タトゥを入れようかどうか迷っている」と相談された場合、僕は


「やめておいた方がいいと思う」


と言います。


ただ、その理由は、世間体とかそういうことではなくて、



● 人間の本質は「変化」であって、タトゥとは合わない



と思ったからなんですね。


そもそも最初にタトゥを入れようと考えたときは、人の死に接して「その気持ちを忘れないように」という意味がありました。


しかし、人間というのは、毎日細胞も入れ替わるし、気分も考え方も、「変化」していくものです。

その変化の中に、「変わらないもの」を刻んでしまうということは、色々と齟齬が生じるというか、

たとえば、最近の僕は仕事のモチベーションすごく高まっているのですが、その理由は、色んなジャンルの仕事をしたことで刺激を受け、新たに作りたい作品がたくさん生まれているからであって、


「人は死ぬ存在だから頑張りたい」という「感情」とは違う部分で頑張れています。


やはり、人間の本質は「変化」であり、感情も、考え方も常に変化していくものであり、


ある瞬間の感情や思想を固定する「タトゥ」は合わないんじゃないかと思いました。


そして、実際に経験してみなければそのことには気づけなかったので



鳥井さんの



「やってみなはれ」



は改めて名言だと感じました。







――というわけで、約2か月のタトゥ人生となりましたが




タトゥを入れるのは5000円で





取るのは90000円かかりました。








■ このブログ「ウケる日記」が本になりました!


ウケる日記

ウケる日記で特に人気の高かった記事(2012年1月まで)に加え、未公開日記として50ページの書き下ろし「富士急ハイランド事件」が掲載されています。富士急ハイランド事件は、僕の人生で起きた最も衝撃的と言っても過言ではない事件なのですが、書いたときのあまりの熱量で膨大な量になってしまい発表する場が見つかりませんでしたが、今回、書籍化ということで入れさせていただきました。ぜひぜひよろしくお願いします!
(kindle版も同時発売しています!)



いいね!した人  |  コメント(220)  |  リブログ(0)

水野敬也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

220 ■無題

すげーおもしろかった。

219 ■無題

わたしだったらイヤだなと思いながら入れっぱなしにしてしまうと思う。掘るとき5000円で消すのが90000円だからです。でも水野先生は執着しないで消せるからすごいと思います。

218 ■アクティブな人間さいこう

素晴らしい記事

217 ■はじめまして

よくやりましたね。
結局何がやりたかったのかわかりませんでしたけど(笑)

タトゥー入れ&消しの体験談としては非常面白かったです。

これからも頑張ってください。
夢をかなえるゾウ2と3さっき買いました。(ホントです)

216 ■今度入れるんです

楽しく読ませてもらいました(*^ー^)ノ♪

前から、入れたいけど周りから止められたりで
機会を逃しだけど…
出会いがあり!運命のリングに出逢えたので
入れに行って来ます。
彼氏と一緒に(笑)

うちも、いつかは必ず死ぬって
いつ死ぬか分からないから、したいと思った事はやっとかなきゃ‼(笑)

215 ■こんばんは

キャバクラで働いていた時
半分以上の女の子はタトゥ入れてました。
花、蝶が多かったです。
でも私も入れたいって言ったら
皆止めました。
後悔してる感じはなかったのですが。

やってみなはれ
良い言葉ですね。

214 ■無題

爆笑しました(笑)

213 ■無題

やってみなはれ、奥の深い言葉ですね。

やらずに言う人の言葉は軽いですが、実際にやってみておっしゃる「やめたほうがいい」は重いです、痛みは大丈夫でしょうか、良い記事ありがとうございます。

212 ■無題

おもしろかった!!!!ありがとー

211 ■タトゥー

心屋さんから来ました。私も入れました
胸と右肩と背中に。私は離婚して子ども達を育てるにあたり強くなりたくて入れました
10年過ぎて、胸以外は消しました。大きなケロイドが残りましたが、後悔はしてないです
胸にいれてる梵字は自分のために残しました。
私のお守りです

210 ■初めまして☆

心屋さんから 飛んで来て 拝見しました。

大爆笑させていただきました!

で。。。私は タトゥー女です(笑)
一見 入れているようには 絶対に見られません。
左の二の腕に入っています。Tシャツ着ても見えない位置なので。

10代から 入れたくて②
でも・・・女が入れるなんて。。。とか
友人からは 結婚できないよ!とか
色々言われましたが・・・。
やはり 入れた気持ちは 消えなくて・・・。
その時は デザインも決まらなくて。。。

でも、タイミングってあるんですね!
20代後半になっても 入れたい気持ちは 変わらないし。。。
そんな時 やっとこれなら!!! という文字に
出会い。。。前から決めていたところへ行きました☆

私的には 超お気に入りです。
後悔など全くなく。。。むしろ 私を見て 入れようかなぁ?という方もいる位で(ノ゚ο゚)ノ

でも 私も 言いますよ。。。迷うなら
やめた方がいい。。。って(笑)
それなりの覚悟はいるから。

あと おっしゃるように
私も人に見せるためではなく。。。
あくまでも「自己満足」なのです。

人が何と言おうと。。。気に入っています!
消す気もないです☆

消す気なら 最初から 入れませんからぁ~(笑)

ありがとうございました!





209 ■あーた(笑)

面白すぎる!

確かに、変化しないものはないですよね。
体験する楽しさを味わえて、
そしてこうして笑わせてくださりありがとうございます!

208 ■無題

私も心屋さんからきました。

うーん。面白い。

あなたみたいな発想けっこう好きです

にしても取るのに\90,000て…(・・;)

入れるのは安いのに…それも学んじゃったわけですね♪

207 ■無題

心屋さんのブログからきました。私は、痛いのが嫌いなので、絶対タトゥーは入れないだろうな~と思ってます。入れてる人はすごいな、と。。水野さん、お大事に。

206 ■腹が壊れると思うほど笑わせて頂きました!

はじめまして、Tokyo Lovers Academy代表の西村と申します。  面白すぎます!!サスガです。
LOVE理論を読んで僕の人生は変わりました。水野先生には本当に感謝しております。
また更新楽しみにしております!!

205 ■無題

面白すぎでした笑

204 ■無題

超ワラタ\(^o^)/

203 ■無題

どんみぃー

202 ■無題

なんだが色々とお疲れ様でした。

必ずいい経験になっていると思います。

そしてタトゥーを入れてその時の思いを継続させようとした行動は、ご友人の方凄く喜んでいることでしょう。

201 ■無題

人間の本質は『変化』って、そうなんだな~思います。
変わりたい、と願っていてもなかなか変われないと感じていても、実際は変わっているんですよね。
自然体でいればいいのかな…

200 ■無題

判断の早さおもしろ~深い~!
良いこと知れた~ラッキ~!

199 ■無題

貴重な経験、面白いですね(笑)
たしかに「永遠」を求めてタトゥーを入れると後悔するかもしれませんね。

198 ■おもしろ

めっちゃ、おもしろいっす。読んでる途中、おれもタトゥー入れようかなと思った自分が恥ずかしいです。

197 ■無題

はじめまして。知人のFacebookからこちらのブログへ飛んできました。
わたしも若気の至りで、ワンポイントタトゥーが入っています。消そうかと思ったこともありましたが、それも含めて、私の失敗と思い残すことにしました。経験されているので、すごいな~と思いますが、本当に意味があって、同じように忘れないように、一生後悔しないように。と入れている方々もいるのですよね。
和彫りは自分は絶対に!入れたくありませんが、確かに美しいものです。私は、あのデザイン素敵だなぁと思いましたよ。
もう少し、日本も寛大ならなぁと思わずにはいられません。日本人はどんぐりの背比べだから仕方ないのかな。。
長文、また失礼な文、申し訳ありませんでした。
傷、綺麗に修復できると良いですね。

196 ■はじめまして。

私も同じです。いれてみた

195 ■無題

タトゥを入れるときは5000円、消すときは9万円・・・
良いこと思い付きました!

194 ■水野様。

大好きです。
いつも楽しく読ませてもらってます。
相談なのですが、私は小さい頃から試練ばかりの日々でした。
あなたからしたら私はただの一読者かもしれませんが、私はあなたの言葉で救われるかもしれません。
この2年半辛い事しかないんです。
助けてほしいです( ; ; )

193 ■スゴイ

ミズノンノ先生の行動力には脱帽です。
タトゥを入れる人の気持ちと取る人の気持ちの両方を短期間の間に経験するとは。
だからミズノンノ先生のことが大好きなんですよ。

192 ■無題

最高です!大好きです!(≧▽≦)

191 ■ヒエー!

痛そうですね!
お風呂、お気を付けて…

レーザー、そんなに取れないんですね…
レーザーでも、綺麗に取れるのかと思ってました。

今度、タトゥーを入れたくなったときは
是非、タトゥーシールを試してみて下さい!
最近は、タトゥーアームスリーブっていうのもありますよ!

水野さんが、ガネーシャに見えました!

190 ■がははは!

爆笑しました!やっぱり水野さん、サイコーです!

189 ■無題

はじめまして。

普段はたまに思いだした時に更新をチェックしては、読んで笑うだけ
の流れでしたが、今回はコメントせずにはいられなくなりました。

深い。深すぎる。それでいて面白すぎる。

その思考に非常に共感し、感動すら覚えました。

水野さんはまさに自分にとっての方位記号であり、悩んだり
迷ったりした時、常に生き方の方向性を示してくれる存在です。
そんな水野さんと、いつの日か、酒を酌み交わしながら
人生論みたいなものについて語り合いたいです。

今の気持ちを心に刻んで日々のモチベーションにつなげるために、
「鉄は熱いうちに打て」ということでコメントを残しておくことにしました。


おそらく明日にはこの情熱は薄れはじめ、しばらく経つと淡々と過ごす
日常の生活に戻っている自分が容易に想像できてしまう現実(笑)

…を変えたい(汗)

188 ■無題

最近、娘の部屋を掃除していたら、今年の目標の一つに、タトゥーを入れたい、とあり、何としても阻止したいと思いました。が、正攻法で説得しても反発することでしょう。水野さんのこちらのブログを読んでくれることを 切に願っております。追伸、先日テレビで拝見し(スパルタ婚活塾の講義 )モテそうだし、素敵 な方だな~と思いました。

187 ■無題

長!

186 ■無題

餅は餅屋

な。

185 ■無題

タトゥ編のコメントすごいですね。数も内容も。広いし深いし。ウケる日記には笑いと学びがぎっしり詰まってて愛読者で本当に良かったと思います。

ところで質量保存の法則が「幸せ」にも当てはまるか、についてずっと考えていたのですが、幸せは物理より数学のほうが似合っているような気がしました。マイナスとマイナスを掛けるとプラスになるような、そんなイメージです。

184 ■今回の記事笑わせていただきました

さすが文筆家。ブラボー。

183 ■無題

見事なオチです(笑)

失礼ながらこのような日常を送っているからこそ、水野さんの本はいつも楽しいのですね。

182 ■初めまして

アメブロトピックスから飛んできました。

ブログを初めて読んだ感想は
『この悟った大学生は誰だろう?』でした。

すみません。
存じ上げず無知な私をお許し下さい。

呼び方が分からないので「水野さん」
と呼ばせて頂きます。

タトゥーの記事が初見で
そこから遡り拝見しています。
というか尊敬語の使い方分からないので
背伸びは辞めて敬語にします。

産まれてから今まで
色んな違和感があって
「何でニュースは人が死ぬのばっかりなんだ」とか
「何で世の中には推理小説が溢れてるのか」とか
「何で食べ物が多いなら減らさないんだろ」とか
平等とか戦争とか色々考えても

結局「手におえましぇーん」
で思考停止

私は結局自分さえ
良ければいいんです。てトコに収まっちゃいました。

お風呂だって入りたいし
美味しいご飯食べたいです。

何一つ変えられないから
歯車らしく死ぬまで生きて行こう
と最近は割と前向きです。

今んとこ命の危険に晒されにくい日本で
毎日一生懸命働いて、
感じる幸せを大切にして
一生を終えると思います。

「タトゥーは変わらないから
ヒトには合わない」
と水野さんが言葉にして書いて、
やっとタトゥーの違和感がなんだったのか
気づかされました!

タトゥーが顔のシワを隠してくれる代物だったらいくらでも入れたいですけど(笑
あと薄毛隠しとか、実用性があればなぁ。。

妄想が止まらなくなる文章で
本当に面白いです。

本持ってないですがブログで充分面白くて読み応えが有ります。

何の脈絡も無い文章ですみません。

これからも読ませて下さい!

181 ■タトゥーは残念でしたね

私は、来週タトゥーを入れようかと思っていまつ
これは人の価値観の違いでつからね
入れたら 最後 後悔はしないように毎日自分に言い聞かせまちた人がどうこうではなく自分がやりたければ やればいい!と、言うこと
タトゥー入れて友達が知ったらビックリするかも
でも、それでも構わない❗
温泉も入れないけど 構わない❗
今私がタトゥーを入れたいのだから

180 ■先生…

何か、えらい事になってますね(苦笑)でも、先生の事をあまり知らなかった人も書き込みしてくれて嬉しいですよね♪

179 ■無題

ホントに忘れたくないことなら、刺青なんてしなくても忘れませんよ ^o^

もしくは、忘れていても認知症になったときに、そのことだけがフッと口から出たりしてね。

目に見えることを信じる方なんですね。

178 ■無題

私は20代前半に息子を出産し、心臓が悪く生まれてきた息子を想い願掛けで足首に手の平サイズの墨を入れました。
私が大切な想いを込めて入れた墨を見た旦那はいいなーという気持ちだけで背中にがっつり墨を入れました。
墨を入れるのに想いの大きさは人それぞれですね。

息子は手術をして元気に成長しました。自分からは見えない位置にある墨の存在も反抗期でムカつく息子の大切さも普段は忘れています(笑)
ちなみに私は後悔してません。たまに気がつく墨を見て息子の大切さを再認識できますから(≧∇≦)

177 ■イイね(^ー^)ノ

ほんとに
ウケる日記だー♪

176 ■大爆笑!

あほやなw

でも感性豊かでごっついおもろかった^^
タトゥーちっさ!とかいじりどこ満載やがなw

175 ■無題

お疲れ様でした。
面白かったです。

174 ■切除お高い。

やけどの後皮膚切除1センチ一万円だったから、私はたばこの後二カ所で五万でした。
それでも、消えると良いですよね。

173 ■こんにちは(^-^)v

タトゥの金額とか
知らない世界を知れて判って
面白かったです。
自分を大事にしてください♪☆゛

172 ■Great!

やっぱり、水野さんは「最高ー!」ですね!(笑)

171 ■無題

笑っていいのか悪いのか(笑)

私は宗教的なタトゥーを入れていますが後悔もなく取る気もなく生きています。

色んな考え方があるのでいい悪いはこの際置いといてめっちゃ笑いました(笑)

なんかありがとうございます(笑)

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み