2013-11-10 00:09:22

「愛」と「競争」に関する追記

テーマ:ブログ
前回の記事で、大きな仕事をするには「愛」と「勝負脳」が大切と書きましたが、

この点に関して付け加えておきたいことがあります。


たとえば「勝ち」にこだわる人は、相手に確実に勝つ方法を探し求める過程で



○○○○



について考えることがあります。




それは、



イカサマ



です。

イカサマというと聞こえは悪いのですが、イカサマについてまったく考えたことが無い人は

ある意味で勝負に甘いと言えるかもしれません。勝負に勝つことを考えた場合、

「確実に勝つことのできるシナリオを描く」

のは必然なことだからです。


そこで「勝負脳」を発達させた人は様々な「イカサマ的」なことを考えます。


ある人は、賄賂を渡そうとするかもしれません。また、ある人はインサイダー取引のようなことをするかもしれません。


でも、これらの方法を考えることはあっても、実際に行動するとなるとそれは別問題です。


というのも、これらのイカサマを使うと、バレたときのリスクが極めて高いからです。


そして、もしバレてしまうと、勝負に「負け」てしまうことになります。


だからこそ、「勝負」に勝つことを徹底する人は、総合的な視点において、勝つか負けるかを考えます。


その意味で、戦国時代、最も戦が上手いと言われていた織田信長ですが、


残念ながら、彼の「勝負脳」は足りなかったと思います。


なぜなら、本当に天下を手中に収めたいのであれば、


明智光秀を「きんかん頭」などとバカにしたりはしなかったでしょう。


つまり、「勝つ」ことを徹底的につきつめると、人を軽んじるという行為ができなくなり


その点に関しては、秀吉の方が「勝負脳」を発達させていたと思います。


本能寺で信長が襲われたと聞いて、秀吉は毛利に和睦を申し入れて真っ先に信長の元へ向かいました。


この行動に関して、松下幸之助は

「このときの秀吉には私利私欲は無かったのではないか、彼は自分の主君に忠義を尽くすために向かったのだ」

と解釈していますが、

たぶん、秀吉の心は「混ざっていた」と思います。

秀吉に、天下を取るという計算が無かったかと言えば、それはあったと思います。

ただ、天下を取るという計算だけで、毛利と和睦をして信長の元に向かったのかというと

それは違うと思うのです。

そこにはきっと信長に対する愛が存在したはずです。

なぜなら、それが、最も勝つために効率が良いことだからです。


正直は最大の戦略である


という有名な言葉がありますが、


この言葉は、戦略を徹底的に練っていった結果、戦略とは逆である「正直」に辿り着くという意味ですが

「勝つ」ということは、最終的に多くの人の上にたち、多くの人から信頼され、幸せにすることなので


「勝ち」にこだわる人間は、他者を愛することを避けられないのです。


本質的な愛が無ければ、勝負に勝つことが――勝ち続けることが――できません。




ではそれとは逆に「愛」を大事にしている人たちはどうでしょうか?


彼らの多くは人と競争することを良しとしていません。


場合によっては競争を好む人を「間違っている」「可哀そうな人たちだ」と解釈することもあります。


ボランティアやNPOの人達の活動に加わったりしてみると、そういう人たちに出会うことがあります。


過去にそういう人と接したとき、「競争を敵対視する考え方は間違っているのではないか」となんとなく感じていたのですが、


それがはっきりと分かったのは、


クリスマスにディズニーランドに行ったときでした。


クリスマスにディズニーランドに行ったことが無い人はぜひ行ってみてください。





満員電車みたいに込んでて、パレードも何も見えません。




でも、それは同時に感動的な光景でした。


というのも、クリスマスというのは本来キリストの生誕祭・降臨祭であり、


家の近くの教会に行けば無料で何らかの催し物をしていると思います。


でも、ディズニーランドという場所は、一人から6000円以上を(グッズなどの販売を含めたら1万円以上になるでしょう)のお金を受け取り、かつ、その人たちを満員電車のような場所に向かわせているのです。



これは、ディズニーランドにとてつもない魅力があるということを表しています。


そして、この状況に対して、つまり、ディズニーランドに負けていることに対して、教会の人達は悔しがらねばなりません。


なぜなら、より多くの人に「愛」の概念を伝えたいのであれば、まずは人をattract(惹きつける)ことから始めなければならないからです。


そうでなければより多くの他者を幸せにすることができないからです。


「愛」を唱えながらも、その影響力が他者に及んでいないのならば、その人は「愛を唱えたいエゴイスト」でしかありません。


つまり、


「勝利こそがすべてだ、人を愛するなんてバカバカしい」と思ってる人は、本当の意味での「勝負」から逃げており、


「愛こそがすべてだ、人と競争するなんて悲しいことだ」と思っている人は、本当の意味での「愛」から逃げていると思います。




いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

水野敬也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

コメント

[コメントをする]

28 ■無題

競争することを良しとしない人は好きです。なぜなら、弱者がいなくなるからです。
競争してる人に対して間違っていると批判する人は嫌いです。なにが幸せかは人それぞれだからです。
愛を大事にする人は好きだし、大事にしない人は嫌いです!

27 ■26様

人を惹きつけること(競争)で
人を集め多くの愛を与えられます。

ディズニーランドは達成しています。
教会は競争を否定した結果、人が集まらず多くの人に愛を与えられません。

今更失礼しましたw

26 ■信長 秀吉は

夢をかなえるゾウが
ベストセラーになった時、私は人生で最悪の状況で
泣いてばかりいたのに
夢をかなえるゾウを
読んで笑えて、笑えて、、

ブログに
ご著書以上に
内容があって
こんなの無料で読んでいいの❓

と感激してしまいます。

信長 秀吉は

よくわかりました✨

しかし、

私の頭が
弱いのか
想像力なさすぎか、

ディズニーランドの
ところについていけないです✨

どなたか解説してほしい。

25 ■無題

はじめまして!!やすやと申します♪
この記事、
衝撃的でした!スーパーウルトラどストライクでした!!

自分が届けたい愛があるから、
(しかも自分の作品に自信があるから)
絶対に自分の作品を見に来てほしい

そのための手段として賄賂だとかイカサマだとかがあるわけで

愛という作品を広める、という目的がある限り
それはいいんじゃないか
っということですかね!

水野さんの文章がとっても素敵で
どんどん体に染み渡りました!

初めて拝見したのですが、これからも水野さんのブログから
たくさん学んでいきたいと思います!

衝撃をありがとうございます♪とてもすっきり元気になれました!!

24 ■「愛と」「競争」

深すぎて難しい!!・・・・でも、すばらしいこの言葉

「正直は最大の戦略である」・・う~~ん 

23 ■無題

クリスマスにディズニーランドが乗っかったので

そりゃ太刀打ちできないでしょうね・・・

22 ■無題

水野先生、今日はしびれました。
いや、いつもしびれているんですが、今日はやばかったです。

今、ロッキード事件やら東京佐川急便事件やらの本を読み漁っているのですが、主役となった彼らは勝負に勝ち続けた結果、負けたということになっているのですが、

そこには「愛」がなかったのですね。
なるほど、と思いました。

得てして、世の中にはびこる
「勝負の勝ち」とは一体何なのでしょうか。

カネ?
愛?

まだまだ答えが見えてこないので、もう一度記事読み直します。

21 ■深いm(_ _)m

色々と考えさせられました。
子供の時から競争の中で育った
私達は自然と身についているのだ
と感じました…
ただ愛と競争によって成し遂げた
成功とはどんなものでしょうか。
自分の利益と他人の手助けになった
事が一致しなければ成功と言えない
のであれば自分の事をかえりみず
人を励まし人の幸せの手助けを
する人は成功者とは言えないですね
自分の利益とは金銭面での利益
なのかどうかという難しい問題ですね…

20 ■…

恋は下心…愛は真心といいまし(=゚ω゚)ノ

19 ■いい意味で当たり前で、だから、書いてくれてありがたいこと

理系研究職です。懐かしい信長が、よくハマるたとえだな~と思いました。横ですが、愛、結婚相手探しで見付けたなんて、思ったら、甘いですよ。そのあとが、はてなきタタカイと、悟りの日々です。維持を含めて婚活です。油断なく息長く活動して下さい。
真の勝利は、規模の大きさだけでなく、持続期間の長さにもよるのは、簡単に理解できます。科学の世界でも、いかさまは三割はあります。しかし、記事のごとく、露見して持続しないのです。ネイチャーサイエンスこそ、疑って読むのが、勝ちを求める普通の研究職だそうです。暴力や出し抜きによる勝利も、閉鎖された特殊条件下でないと下剋上でうたかたです。
魅力ない愛は、も、当たり前です。静かに咲いているように見える花ですら、したたかで確実な繁殖戦略と免疫戦略を数限りなく実行しなければ、一億年以上の時を生き延びられないのです。私たち自身も、妥協やとりあえずの結果にしろ、何億年分の、愛の末裔です。ディズニーの戦略には、入場する相手に注文をつけない、バリアフリーさもあります。列すら、戦略です。かつ、キャラの貴重さ、内部で泊まらせない身持ちの固さ、価格設定の高さで、しずかに敷居を守っています。
遊女、第三次産業の愛のかたちなんで、一次産業や結婚、子育てでは、違う戦略も必要ですが、まず、入口から入ってもらわないと、はじまりませんね。


愛が相手に届きますように。

18 ■ヒューマンフライ

なんかヒューマンフライですね。
人間の哲学的進化を感じました。

17 ■深い~

複合的な人間になりたいなあ。
私は力だけに囚われがちなので、反省します(T_T)

16 ■無題

なるほど。。。。正直は最大の武器・・・

そんな気がしてきます。

15 ■解らず(汗)…

私が無知のせい故に、先生が博学過ぎて最後らへんがちょっと解りにくかったです。すいません。
でも、人間ってきれい事では無くて、『自分が大切』が前提ですよね?愛だけではご飯は食べれない。勝負するには準備万端にして、あらゆる可能性を考えなければなりませんね。結局いつでも最後は『お金』が絡んでくるから、たまに『人間』←自分自身が嫌 になる時があります。いつの時代も、お金が無かったら『人間』扱いされないんですよ。本当に辛いですよ…。

14 ■無題

来るもの拒まず去るもの追わずですよ

13 ■無題

正義なき力は無力のくだりはダイの大冒険、のアバン先生の弟子のファムにたいする言葉ですよね?

12 ■無題

初めてコメントします

この記事を読んであるマンガのフレーズを思い出しました
「正義の心なき力が無力なように、力なき正義もまた無力なのです」

なんだか妙に納得してしまいました

11 ■初コメントです。

深い内容で考えながら読んだのですが、深すぎて、最後の2行の意味がわからなかったです。

読解力を鍛えて出直してきます。

10 ■深い…

しかし深すぎて最後はわけが分からなくなりました

9 ■そう思います。

自己啓発本がちまたにはあふれてるのに、
何で、皆、成功できない⁇って思うんです。誰もが成功する早道を教えてくれてるのに…納得して、なるほどって思うのと、自分が成功することとは違うんですかね。
水野さんの言う成功とは、何ですか?

啓発本を読んで、どう解釈して、どう行動したら、成功しました。みたいな具体例がある本を読んでみたいな…

すみません。勝手なこと勝手に書いてます。


8 ■なるほど!

いつも楽しく読ませていただいております!
確かに様々な自己啓発本に、【人を愛することが成功への近道】と書かれています。
しかしそうでなくても成功する人がいる!となんとなく腑に落ちずにいました…。

今日の記事ですっきりしました!
また、日本の歴史ももう一度勉強してみたくなりました笑

これからも更新楽しみにしております(^^)

7 ■win-win

ホント、原理原則だと思います。

6 ■確に

成功哲学書にも他者を蹴落としてまでの繁栄は長続きしないって書いてましたね。
そういうのは間違ってるってハッキリ書いてました。
確に自分を愛するように他人を愛すれば
成功は間違いないですね。

5 ■きょうは…

あまりに深いので
風も強いので一日この事を考えて
過ごします。

4 ■無題

世相を斬るようなお話、考えさせられました。
私事ですが
水野さんと清須会議がワンセットになっているので
金曜日から水野さんだらけですw

3 ■無題

追記、勉強になりました(*^_^*)
ありがとうございます!

2 ■無題

深いです。
そして、愛を探し続け、さまよい続ける私にとって、婚活は正にこの話に該当しています。

今度婚活について水野さんの考えを聞かせて欲しいです。
以前もスパルタ講座の最終章で鬼泣きしまして、その日からどんなことがあっても諦めず前を見て頑張ってます。

1 ■水野さん、

大好き!
捉え方も伝え方も最高にシビれました。
スッキリしすぎて、よく眠れそうです。
私管理栄養士になる人やから困ったことあったら助けてあげますね!すき!!!です!!!!

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース