2013-05-07 23:21:46

母の日の憂鬱

テーマ:ブログ
またこの憂鬱な時期が近づいてきました。

母の日です。

さすがにこの年齢にもなると母の日くらいちゃんとしてあげたいと思うのですが

どういう会話の展開になるか完全に読めてしまって、それが本当に憂鬱なんですけど、
そんな気持ちとなんとか折り合いをつけて実家に電話してみました。


「敬也だけど」

「はい」

「もうすぐ母の日だから何か送ろうと思うんだけど、欲しいものある?」





「ない」



――これなんですよ。

「自分の欲望を出すことをみっともないとする昔の人の特徴」

これがマジ面倒なんですよね。


で、やっぱり今年も来たかと、一度気合を入れ直しつつ次の質問をしました。


「じゃあ、自動的にカーネーションってことになるけど、いい?」




「カーネーションなんていらん」




――これなんですよ。

欲しいものがないんだったら黙ってカーネーションもらっとけばいいんですけど、
それはそれでむき出しの本音をぶつけてくる。これもまた昔の人の特徴なんですよね。

(さて、どうしたものか)

とまたいつもの状況になったのですが、

育子は間髪入れずこう言ってきました。


「あんた、そんなことより年金払っとる?」


いや、今「母の日」の話してるんですけど。


年金の話の方が遥かに「そんなことより」なんですけど。



育子は続けました。


「あんた、年金払わないかんよ。私は、あんたが20歳のときに10か月だけ払ってないんだわ確か。だから60歳になったとき、プラスで10か月払えばちゃんと満額もらえるで。あと400円余分に払えばその分返ってくる金額が多くなるで」

「ちょっと意味が分からんのだけど」

「いやだから普通の年金に400円プラスして払うっていうオプションがあるからそのオプションは絶対につけといた方がええっていう、人生の先輩からのアドバイスだがね。そのオプションをつけとったからお母さんもお父さんも年金がちょっと多めにもらえとる」

「俺は別に年金とかそういうのあてにしてないから大丈夫だわ」

「あんた、何言っとんの? 今はいいかもしれんけど定年になったあとどうすんの?」

「いや、俺の仕事、定年とかないから」

「定年がなかったとしても、仕事が無くなっとる可能性は十分にあるがね」

「いや、なんとかなると思うんだけど」

「あんたは昔からそんなんだったわ。まあとにかく年金に400円のオプションつけるっていうのだけは絶対やっといたほうがええで……ってあんたもしかしてこの話興味ない?」


「それ、会話の序盤で気づいて欲しかったんだけど」


「まあ年金だわ。とにかく年金をちゃんと払うことだわ。あんたに言いたいのはそれだけ」


「年金のことは分かったから。とりあえずこの電話『母の日』についてだから。なんか欲しい物ないの」


「うーん。うーん。まあ毎月年金がいくら入って来るとか考えていろいろやりくりするのが、生きがいと言えば生きがいだからねぇ」


「生きがいは生きがいで良いんだけど、とりあえず年金から一回離れようか。欲しい物だけ考えて」 


「うーん。……もう考えるのがしんどいわ。倒れそうだわ。あははは!」



何が面白いのか分からないけど1人で笑ってましたね。



これはもうにっちもさっちもいかないってことで、僕の方で一方的に決めさせてもらうことにしたんですけど(旅行券にしました)


この時期、同じような会話が日本各地で何十万、何百万と行われていると思うと同情を禁じ得ませんが、みなさん頑張って母親の相手をしてあげてください。









■「人生はワンチャンス!」16.5万部突破しました!

発売からずっと好調に売り上げを伸ばしている人生はワンチャンス、16.5万部になりました。
お買い上げいただいた皆様ありがとうございます!
最近は全国のセブンイレブンにも少しづつ置かれ始めているようです。



人生はワンチャンス! ―「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法


母の日のプレゼントにもお勧めです!



※ 「ウケる日記」は来週火曜日更新です。


水野敬也関連作品





電子書籍(iOS)


いいね!した人  |  コメント(47)  |  リブログ(0)

水野敬也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

コメント

[コメントをする]

47 ■面倒くさいですよね?(苦笑)

一昨日本屋で先生のブログの存在にぶち当たりました。
お母様とのやり取り、心情お察しします。
私の母もなかなか頑固ちゃんで毎年プレゼントを拒否られて、ある日贈った鉢植えのカーネーションを突き返された日にはさすがに涙が止まりませんでしたが、苦労を掛けた母には感謝しかないので、翌年から毎年『産んでくれてありがとう』と直接言葉で伝える様にしました。

凄く恥ずかしいですが、これぞプライスレス?
母は素直に嬉しそうにこの言葉を毎年受け取ってくれます。

物を受け取らない母親を持つ子供は日頃言えない言葉の感謝おすすめです。
母親も照れくさそうに本当に喜んでくれますよ。
最初はお子さん側のリスクは高いですけどね(苦笑)

46 ■無題

子供と一緒に暮らしていない母親が母の日に一番欲しいものって、子供の元気な声を聞くことかもしれませんね。
愛情いっぱいなお母様に感動しました。

45 ■無題

不覚にも日曜朝5時34分に大爆笑してしまいました…。

こういう笑いだいすき♪

44 ■無題

怖れ多くも畏くも水野さんのブログ上で私あてにコメントいただくなんて…
申し訳ございませんーー!!

ありがとうございますーー!!

gmr2000さんもディープなファンでいらっしゃるんですね!
私は夢ゾウからのファンなので生え抜きのファンの方から見れば新参者ですが
自分なりに全力で“水野学”を学んでおります。

ウケる日記のバックナンバーは全部読みました。
「旧ウケる日記ベストセレクション21」というファイルも作りました。
でもテツガク的な回に偏ってて『ある一本のテープ』が入っておらず
必死で探してこのたびファイルに入れました。
なので現在は「ベストセレクション22」です。
(でもなぜか『デニ蔵』は入ってたw)

『死ぬまでに~』いま読み返しました。
読むのが辛いほどの名作ですね。
3人のうち清洲の君とは同窓会で再会されたと会議で聞きました。
知りたかったこと、ちゃんと訊けたのかな…

今日から「ベストセレクション23」です!

43 ■>>ALLYさん

Ustの頃からお世話になってます。
さすがALLYさん
「ある一本のテープ」面白いですね
山本さん痩せてるし、、。
あちらに残ってるBlogも深いものが沢山ありますよね。

「死ぬまでに会わなければいけない3人」
これは名作過ぎて、プリントアウトして自分のノートにも貼ってます!

42 ■おもしろい

 私も母です・・・今年、息子が食材を買ってきまして庭でバーベキューをしました。彼女から鉢植えの可愛いカーネーションもらいました。

 とっても有難い贈り物です。
考えて、考えて 本人は嬉しそうに帰って来ました。・・・はい!とっても有難い気持ちです。

・・・ふと・・・思うことは・・・
 何もいらない・・・人に迷惑掛けないよう、自立してさえくれれば・・・何もいらない。
でっ!片づけ、面倒くさいし・・・何なら外食でよいのに・・・
っつ~か・・・ゆっくりさせて・・・

と思う母の日でした。

・・・母も大変

41 ■人生はワンチャンス!

1・2の3で開いたページをその日の教えとさせていただいてます(-^□^-)

感謝♥

・・・で?
お母様は何事もなく旅行券受け取ってくださったのでしょうか?

40 ■いいお話ですね

初めてコメントさせていただきます。
水野さん、ネタっぽく書いてはいるけど、このお話はものすごくお母さまの愛情が伝わってきてジーンときますよ。子供にお金を使わせたくないんですよね。自分のことはいいから、あなた老後のために少しでも貯金しなさいと。
うちの母親も、いつもそんなことを行っております。親って、本当に、ありがたいものですね。

39 ■犬チャンス

私の行きつけの7ー11には置いてませんでした(T-T)

38 ■無題

愛知県民なのでイントネーション含め脳内再生余裕でしたw

37 ■無題

はじめまして。みわこと申します。
いつも楽しく拝読しています。敬也先生の文章は心理的描写の表現がとってもリアル、かつユーモアが溢れていて大好きです!
いつもは、読むだけなのですが、今回の記事で、無性に伝えたくなりまして、おこがましいですが初コメントさせて頂きます。

お母様が一番ほしいのって、そういう時間じゃないのかなぁ~?と勝手ながら感じました。私は結婚も、子どももまだなのですが、家族が自分のこと考えてくれて、ちょっとした話が出来て、笑える時間って、単純に幸せだと感じるなーと思いました。

また、来年もこのネタ楽しみにしております!

36 ■無題

毎週、ブログ楽しみにしています。実はこのブログを読むように…最終的には先生の本を購読するまでにいたったのはパチマガスロマガというサイトでアラプロという方がコラムでこの前亡くなった池上という方との思い出を綴っているのですが、その時に『天才高校生プロ水野敬也』の話が出たからです。先生の過去のブログにもやんわり書いてらっしゃいましたが、高校生にして連載をもったり対談をしたりとビックリしました。 アラプロのコラムは毎週土曜日に更新されてるのでサイトは有料ですがよかったらみてみてください。

35 ■いずこも同じか…

私の母もそうです。
贈る側の気持ちを全く無視して己の道を突き進みます。

そんな母は、祖母に毎年カーネーションの鉢植えを贈っています。
祖母は「花は咲かせられる自信がなくてプレッシャーになるからいらない」と毎年辞退しているにも拘らず、無視して毎年贈り、毎年迷惑がられています。

…母ってなんなんでしょうね…。

34 ■無題

ウチもそんなとこあります。
一緒に旅行に行ってあげたら喜ばれるのではないですか?

33 ■母の立場より

何が欲しいと聞かれたらおそらくあたしは何でもいーよと答えるでしょう。まぁないと同じ意味ですね(^-^)
子供からなんて何でも有り難いのよ。
逆に聞かないほうがいぃと思う。
一番のプレゼントは一緒の時間を過ごすことです(^-^)

32 ■初めまして♪(o^-^o)

お母様の気持ち、何となくですが、分かります♪(o^-^o)

お母様は照れ屋さんなんですねぇ♪(o^-^o)

親は子供から貰えるのは、何でも嬉しいし、気持ちが嬉しいんですょ♪(o^-^o)

直接聞かれたら、何て言っていいのかも分からない。

そして照れ臭いから『考えるのは面倒臭い!』とか『いらん!』とか言ってしまうんですょ!(b^ー°)

最終的には照れ臭いから、笑って誤魔化してしまう…。

そんな感じです♪(o^-^o)

私は、某保険会社に勤めているので、年金に関してお伝えしますが、お母様のおっしゃる通りです!(≧∇≦)

国民年金に+して国民年金基金に加入するといいですょ♪

素敵なお母様ですね!(b^ー°) ちゃんと心配して下さって、情報も提供して下さって♪

親の言う事を聞くのも、親孝行ですょ♪

『親孝行、したい時には、親は無し』と

昔から言われていますので、ね!(b^ー°)

私も、両親に感謝を込めて、自分が後悔しない様に、親孝行しようと、改めて感じました♪

有難うございます♪(o^-^o)

31 ■無題

うゎ~(笑)
読みながら笑ってしまいました(*^^*)
わたしの母も「ない!」って即答です。
洋服をプレゼントしても、着なれたものしか着ないので流行りものはNG(-.-;))
もぅ少し 欲を出してもらいたいです(*^m^*)

30 ■背景お元気ですか

僕はお元気です。心配ありません。ただ、ちょっとだけ残念なことは会社が倒産しそうな事くらいですかね(笑)
僕も無職の時は年金を払っていない時期がありました。
払いたくてもお金が無くて、払えなかったんです。
納税は国民の義務なので、将来もらえなくても
払って欲しいものですね。
これからも頑張ってください(納税)
応戦していました。

29 ■無題

うちの母も年金の話をします。

もらう立場になったら そんなに魅力的なものになるのでしょうか。

28 ■おもしろすぎる

一人で、声を出して笑ってしまった。(*゚.゚)ゞ

育子さんっていう人 面白い人が多いのかな~

知り合いにもよく似た人がいます。

いつも 笑わせてもらってます。


27 ■ある意味

母の日は試されている気がします。
毎年ご飯でもいって来なよと、幾分かのお金を渡しています。

今年は欲しい物あるかと聞いたら
『ない』と即答。

手頃な価格で欲しい物を用意しておかない、母親にも問題がある…というと、炎上しかねませんね(・Д・)ノ

26 ■旅行券

母の日は結婚してからあげるようになったダメ娘です…

旅行券なんて素敵ですね!デパートやスーパーの商品券にしてました(^-^;)

おいくら万円分ですか?!

25 ■尾張女子

水野先生親子と同じ内容の会話であることに、少々こそばゆい嬉しさを感じてしまいました。
しかしオプションの件は、さすが育子さん!尾張女子と感心いたしました。

24 ■まさかの

付加年金をお母さんがご存知とはすごいですねぇ~

23 ■無題

すごく共感します!

22 ■無題

めちゃいい息子ですね!
うちの兄は、多分一回も母の日にプレゼントあげたことないですよ(35歳)
私は今年は洋服とお花とお菓子にしました
o(^▽^)o
おかん、本当にかけがえない存在。

21 ■無題

払っていないのは20歳のときの10か月だけだと思いますよ。そして、今回の電話で初めてその事実を知った、という流れだと思います。また、今はきちんと払っているけど将来もらえる額について、あてにしていない、ということかと思います。

20 ■育子さん、最高

育子さん、いいですね~(*^_^*)
こういうお母さまに育てられたから、今の先生があるんだな~と妙に納得しました。

うちも母の気持ちの行間が読めず、撃沈した経験ありなんで~毎年欠かさず何かしら送ってます。
いつの日か、我が息子にも年金の確認しそうな自分がいます(^^;;

19 ■無題

「母の日の憂鬱」を読んで
なぜかウケる日記の昔の記事を思い出し
猛烈に読みたくなってバックナンバー探しまくり…
見つけました!!「ある1本のテープ」!!面白すぎるーー!!
最新記事読んで過去記事に飛ぶことたまにあるんです。
水野さんのブログは色褪せません。

18 ■こんにちは~!

今日もおもしろかったです&いいお話でした。

17 ■母の日・・・

おはようございます。小さい頃は肩たたき券、お手伝い券、似顔絵、カーネーション。大きくなると本当に難しいくなりますね。ここで『ガネーシャ』からの課題実行ですね。《サプライズをする》でもこれは受け取る相手の協力というか気持ちも重要になって来ますよね。とにかく母の日は私も頭が痛いです。

16 ■ええ話

さりげなくいい話ですねぃ。
うちの息子もそのうちこんな風に電話してきてくれるのでしょうか。
そして私は育子さんのようにバリバリの名古屋弁で「そんなことより年金払っとるの?」と説教するのでしょうか。

育子さん、嬉しいけど照れくさいのかな~。旅行券きっと喜んでくれますよ^_^

15 ■いつも

たのしく拝見させていただいてます!


オプションとかあるんですね!
楽しいだけではなく勉強になりました!


母ってどこの家庭も同じ性格なんですね。

14 ■母への想い‥

親というものは、有り難いものですね。

ところで、水野先生は、たまには帰省されますか?

もしも、少し休暇が取れるなら、

母の日をずらしてでも、親子で一泊旅行するとか、
顔を見せに実家に帰るのも、親孝行になると思います。

特別じゃない、当たり前の、極普通な日常の時の流れの中に‥

かけがえのない幸福感が存在すると‥先生も、思われませんか?

13 ■無題

先生は将来もらえる(微々たる)年金をあてにされていないと解釈しました。払ってなかったらこのネタ書かないでしょうw

12 ■今年はデジカメ

母は63才なのですが…世代が違うのかなぁ。

いつだったか誕生日と母の日の合算で電子辞書を買ったこともあります。

そんな母は今、55才過ぎてから資格をバリバリ取って、月収しっかり稼いで、定年退職した父が主夫してます。

年金、大事ですよね。当てにしてなくてもきちんと払うことも大切だから。

11 ■何故なんだろ?

私の親も久しぶりに電話すると必ず『年金払ってる?』の話しになります(笑)

10 ■ほんわか

あたたかい気持ちになりました。
お母さん、ナイス!

9 ■無題

育子は正しいですよ。

頼れるのは年金だけです

オプションわすれないでね

8 ■うわぁ

ほんとにウチもこんなです。
良かった~「ウザッ」と思ってたのは私だけかと思ってました。
こっちは良かれと思って電話してるのに、全然違う内容の話に持ってくんだよね。
どこの母親もおんなじなんだね。

7 ■無題

水野君、すっごくいい息子じゃないですか!
見直しました。
いや、
惚れ直しました。

6 ■えっ!?

ご実家は名古屋ですか?

まったりは名古屋に住んどります♪

5 ■うちの母かと思った

ビックリしました!
うちの母かと思って・・・。

今の年金世代の親は、
みんな同じだったのか・・・。

4 ■ウケました

似てる!
自動的にカーネーションにしました。

3 ■というか

今まで水野先生の本が大好きでしたが

年金を払っていない

という事実に大変ガッカリしました。

将来年金をもらえなくてもいいから払わない

なんて 今時の若い子でも言いませんよ。
そんな人が書いた 夢をかなえるゾウ なんて読みたくないですよ。。

年金は自分がもらうためだけじゃなくて、
高齢者を支えるためでもありますが 障害を持つ方に支給される障害年金にもなってます。早くに家族を亡くした方への遺族年金にも。

それを無視して生きて なにがホスピタリ也ですか? なにが教育のテーマパークですか?
笑わせないでください。

骨髄バンクや夢ゾウ文庫の印税から寄付するのもいいですが、まず年金を払ってください。
お願いします。

2 ■オモシロぃっ!

めっちゃリアル親子会話・・・(笑)

私も母の日ギフト悩んでます・・・。
毎週ブログ楽しみにしてます♪

1 ■うわ~

これめちゃめちゃ似てる。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース