もうすぐ4月!

テーマ:

こんにちは!獣医師の森本です‼︎


もうすぐ4月ということで今回は狂犬病の予防についてお話ししたいと思います!



〈狂犬病とは☠️〉

狂犬病ウィルスによって引き起こされる感染症で、全ての哺乳類が感染する可能性があると言われている病気です。

アジアでの主なヒトへの感染経路は狂犬病にかかっている犬に噛まれることで、犬の唾液中に含まれるウィルスがヒトの身体の中に侵入して感染するといったものです。

有効な治療法は無く、発症してしまうと致死率がほぼ100%の非常に恐ろしい病気です。



〈予防💉〉

狂犬病の感染経路がわんちゃんから人へという経路をたどるのでわんちゃんへのワクチン接種が病気の発生やまん延を予防するのに非常に大事になってきます。

法律で生後91日以上のわんちゃんは生涯1回の登録と年に一度の予防接種が義務付けられています。

千葉県の予防接種の推奨時期は46月で、集合注射もだいたいこの期間に行われます。

もちろん病院でもワクチン接種を年間を通してやっています。

また、狂犬病ワクチンに対してアレルギーがある子や病気の治療中で体力的に厳しい子などは獣医師の判断で「狂犬病予防注射猶予証明書」を発行することができ、その年の予防接種を免除することができるので、ご安心ください。



〈手続き✏️〉

注射を打っただけでは、予防接種をしたことのキチンとした証明にはなりません。

注射を打った後に、市窓口にて犬鑑札および注射済票の発行手続きを行うことで初めて狂犬病予防接種を行なったことになります。

集合注射では登録も同時に行うことができるのですが、病院で接種した場合だと市窓口での登録が必要になります。

そんな中、病院では狂犬病鑑札申請の代行サービスを行なっております‼️(最低限登録に必要なお金はかかりますが手数料などはいただいておりません。)

注意点として鑑札をお渡しするまでにお時間がかかってしまいますので、すぐに必要な方はお気をつけください❗️

市役所に行くのはちょっと手間かなと思う方は是非ご利用ください✨




4月からビールが値上げということで、3月は家でも居酒屋さんでもたくさんビールを飲んだ気がします🍺

飲み過ぎには注意しましょう!

{28A0AA94-05DA-4E91-926F-80E87F97F5B7}


獣医循環器セミナー in 福岡

テーマ:

こんにちは、獣医師のあさぬまです。

 

だいぶ春らしくなってきました。

桜もきれいですし桜

温かくなってきて、過ごしやすい季節ですねキラキラ

 

北海道にいたころは、春がとても短くて、寂しかったのを覚えていますが、

千葉ではもう少し、この気候が続いてくれるといいなぁと思っていますウインク

 

3月はセミナーなどで大忙しで、ご迷惑をおかけしました。

先日、福岡で開催された獣医循環器セミナーに参加してきました飛行機

 

今回で4回目の循環器セミナーですが、

循環器医薬品メーカーが主催してくださっているセミナーで、

毎回、まだ論文化されていないような最新の情報を交換することのできるとても良い機会になっています。

光栄なことに第2回から3回連続でご招待をいただいて参加させていただいているのですが、

名古屋→札幌→福岡と来ていて、

次回は神戸あたりの開催予定とのことでした。

日本の著名な循環器医の方々ばかりの少人数制セミナーなので毎度とても緊張しますが、

今回は、そこで議題に上がったお話を少しさせていただきます。

 

今から2年ほど前に

EPIC studyと言われる獣医の心臓病界を揺るがす大きな論文が公開されました。

それまで、心臓病(弁膜症)は症状が出てから積極的に治療する。

というのが、主な治療方法で、

症状が出る前から治療した場合の明らかな延命効果が示されていませんでした。

しかし、ピモベンダンという薬をより早期に投薬することで、

心不全の発症を15か月または、60%も延長することができる。

という報告が発表されました。それこそがEPIC studyですビックリマーク

犬を300頭以上調べた獣医の中ではとても大きな世界的な研究であったために、

心臓病の治療は転換期を迎えたといっても過言ではありませんでしたチワワ黒

 

今回のセミナーではその続編にあたる

EPICⅡという報告の発表でした。

簡単にお話すると、ではピモベンダンの何がそこまで心臓にとってプラスにはたらくのか?

というはなしです。

そして、その結果も簡単にお話すると、

「心臓を小さくする効果」がピモベンダンの有効性である。

という報告でした。

心臓が病気の進行に伴って大きくなることで、だんだん心臓が大きくなります。

大きくなった心臓が、肺や気管支を圧迫することで、咳が出たり、肺に水が溜まったりします。

ピモベンダンの作用により、心臓の収縮力が上がると、心臓が少し小さくなります。

小さくなった心臓は、いままでよりも無理をしないで全身に血液を送ることができます。

その分、心臓の機能が長く維持できる。というわけですおねがい

 

もちろん、薬の効果には左右差があるので、

同じ薬を飲んでも、「しっかりと小さくなる子」「そうでもない子」がいます。

当然、しっかりと小さくなる子の方が、心不全になりにくいということが予想されています。

ただし、薬を飲む前から、「小さくなりそうか?」

を予測することは現時点では難しいようですタラー

今後の研究次第ではっきりしてくる可能性もあるので、今後の研究を待ちたいと思います。

 

しかし、どんな子でも、心臓病であれば薬を飲むと寿命が延びるか?

という質問の答えは「No」ですびっくり

どんなにいい薬もしっかりと診察させていただいて、必要な子にあげないと、

ただの毒になってしまいますもやもや

心臓病の薬や治療は、必ず獣医師に相談してくださいね病院

 

 

福岡にいく途中の飛行機できれいな富士山をみました富士山

 

 

普段は通路側に座ることが多いのですが、

今回は、窓側をとっていただいていたので、きれいに見ることができましたニコニコ

上からみる富士山もやっぱり雄大ですねキラキラ

インプルーブ整形外科セミナー

テーマ:

こんにちは、Dr.スゴウです。今月から2、3ヶ月に一度滋賀で開催されている整形外科のセミナーと実習に院長と一緒に参加して勉強していくことになりました。

今後は勉強したことを日々の診療に役立てて皆様の不安を取り除くことが出来るようになれればと思います。

 

今回は膝関節の疾患についての講義と実習でした。

前十字靭帯断裂に対する色々な手術方法や膝蓋骨脱臼(膝のお皿の脱臼)に対する治療法についてでした。

参加している先生方は整形外科の得意な先生が多く、多くの事を教えて頂けるのでとても勉強になります。

 

定期的な研修のため診察に穴をあけて皆様にご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

先日院内で拡大鏡と顕微鏡を使った手術の実習がありました。

両方とも術野を拡大して細かい場所の手術を行うための道具ですが、顕微鏡は血管同士の吻合(繋ぎ合わせる事)や尿管の手術によく使用します。拡大鏡は日々の一般的な手術の時に用いることでより丁寧で細かい手技を実施することが出来ます。

写真は人工的な血管を拡大鏡を使って吻合を行っているところです。

血管の直径が2~3mmしかないのでとても難しく、細かい作業です目

みんな真剣に実習してますが、傍から見ると怪しい集団ですよね汗