いまじなりぃ*ふぁーむ

何が育つか、何が収穫できるか分からない架空の畑。
種は画像、鍬は筆です。
いろんな作物が穫れればいいなあと思いながら。
想像の畑を耕します。えっさ。ほいさ。

特にこれを書くと決めているわけではなく。
なにげなく撮った画像をもとに、ある時は思うがままに、ある時は妄想大爆発で。
架空の畑に育つ、カラフルな作物のようなものを思い浮かべて。
いろんなことを書き置いて行こうと思います。

エッセイ、詩、短歌、俳句、ショートショート、小説、ギャグ。
渾然一体のみくすちゅあ。なんでもありです。
日記というものとはとことんかけ離れていますが、どうぞ気軽に覗いていってください。
読者申請もお気軽にどうぞ。
(^^)/

あ、別館 (長編小説『ぐりーんふぃんがーずくらぶ日誌』)も始めました。
よろしければ、そちらも覗いてみてください。
上の赤い『
別館』のところをクリックすると、そちらに移動します。

ぽちボタンを設置しました。
おひねりを下さる奇特な方は、左サイドのバナーをぽちっとお願いいたします。(^m^)

これまで書いた小説には、以下の目次から辿れます。
カクヨム にも移植しましたので、読みやすい方でご覧になってください。

  渡し守  《短編  大河に面して並んで座る渡し守と女の子》
  楊周と小虎子  《中編  スーパーじいちゃんと大食い娘っこの中国風放浪ファンタジー》
  六季  《長編  とある島を舞台にした不思議なお話》
  ハイキングに行こう  《中編  三人の女性がハイキングで出会ったのは……》
  しっぽのいたずら  《長編  女子高生が拾ったしっぽのストラップから始まるどたばた》
  配達されなかった七通の手紙  《短編  おじいさんと古いポストと手紙》
  まい_すぺーす  《長編  でんでんと暑い夏を駆け抜けよう!》
  ベンチ  《短編  公園の片隅の古い木のベンチで》
  月と鉄塔  《中編  取れぬ月を望んで塔を立てるのは愚かか》
  たね  《短編  中坊三人が受け取ったたねは……》
  みどり  《長編  たった一つの選択で分かれる運命》
  めぇめぇ戦記  《長編  リケジョようちゃんの奮闘記》
  クリスマスカード  《中編  二枚のクリスマスカードがもたらすものは》
  プレゼント  《長編  プレゼントはなんでしょう?》
  十年キャンドル  《短編  一本のクリスマスキャンドルを囲む三姉妹》
  レンタル屋の天使  《長編  私をレンタルするなんて、あなたも物好きですね》
  半月  《長編  人は誰でも半月なの……》
  魔術師ゾディアス・リブレウスの言問い  《短編集  私は気に入った依頼しか請けませぬ》
  へっぽこ探偵中村操の手帳  《連載中 長編  ちらしチェッカーみさちゃんの事件簿》

シリーズ 一葉館春秋  《連載中 長編  古い木造アパートを舞台にしたトシとたみの物語》
  カンバセーション・ピース     梅に鶯     夜の桜     目に青葉     梅雨寒

ショートショートの方も、えとわ(絵と話)として50編刻みで目次を整理しました。
第一集(1~50)    第二集(51~100)    第三集(101~150)
第四集(151~200)    第五集(201~250)    第六集(251~300)
第七集(301~350)    第八集(351~400)    第九集(401~450)
第十集(451~500)    第十一集(501~550)    第十二集(551~600)
第十三集(601~650)    第十四集(651~700)    第十五集(701~750)
第十六集 (751~800)    第十七集(801~850)
NEW !
テーマ:
《ショートショート 896》


『諸手を挙げて』 (でぃすたんす 1)


「うーん、どうしたもんかなあ」

さすがに、諸手を挙げて賛成というわけには行かない。
かと言って、頭ごなしにどやすのも大人げない。

私は、テーブルの上にひらりと残された一葉の写真を見下ろ
しながら、ずっと苦悶していた。

「うーん……」



hksb1
(ハクサンボクの蕾)



まあ、世間的にはよくある話なんだろう。

年頃になった娘が、結婚したいと彼氏を家に連れてきた。
娘の口から付き合っている男がいると聞かされていれば、そ
れがどんな男かはあらかじめ分かるし、私も家内も心の準備
が出来たんだ。

しかし、娘のやり口はいきなりの不意打ち。
怒るとかどうとか以前に、あっけにとられて開いた口が塞が
らなかったというのが事実だ。

それでも、彼氏がものすごくしっかりしていて、まあこいつ
なら娘を任せても大丈夫だと思えればよかったんだが……。
これがまた、見るからに頼りない男だった。

親への挨拶というには服装がだらしないし、とにかく無口な
上に自分自身のことをほとんどしゃべらない。
そいつがどんなやつか探り出そうと思っていろいろ話題を
振っても、はいといいえ以外の言葉が出てこない。
あまりにコミュニケーション能力に問題があるように見えた。

しかも、大学は卒業しているものの就活に失敗してまだ無
職。
職を決めて働き始めている娘の稼ぎに、一時的にでもぶら下
がることになる。
そういう自分の状況、そしてはっきりしない将来展望をどう
するつもりなのか、そいつの口からは何も出て来なかったん
だよ。

ただ……娘は未成年ではない。
まだ駆け出しとはいえ、もう経済的に自立している社会人。
住まいも別々になっている。
娘が生涯を共にすると決めた相手を、いくら親だとはいえ悪
し様には言えない。

「うーん……」

「どうしたの?」

家内が、腕組みしたままの私を見ていじりに来た。

「いや、佳乃子の相手、さ」

「ああ、あれのどこがいいんだか」

家内の論評には容赦がなかった。

「反対か?」

「もちろんよ。でも佳乃子がそれでいいんなら、好きにした
らいいんじゃない?」

「へえー、乾いてんな」

「何言ってんの。あんただってそうだったじゃない」

「……」

ああ、そうか。それで……か。

私は、手にしていた写真を裏返ししてテーブルに置き、力一
杯苦笑いした。


           −=*=−


若い頃の私は。
安月給で貯金なんて一銭もなく、それなのに遊びごとには惜
しげ無くなけなしのカネをつぎ込んで、好きなように遊びま
わっていたんだ。

私が家内との結婚を決めて、家内の親のところに挨拶に行っ
た時、こっぴどくこき下ろされたんだよな。
こんなだらしないやつのどこがいいんだってね。

家内はそれに対して平然と言い返したんだ。
わたしが好きなんだからそれでいいでしょ、それ以外に何が
あるのって。
私は嬉しいやら情けないやらで、伏せていた顔を上げられな
かった。

それでも。
案ずるより産むが易しで、どたばたしながらも二人三脚でこ
こまでやってこれた。
最初は私をこき下ろしていた義両親にも認めてもらえるよう
になって。世の中なんとかなるもんだなあと、妙に感動した
ものだ。

自分がだらしなかったから、娘の相手には自分よりもっとま
ともなやつを……そういう願望がどこかにあったのかもしれ
ない。

「しょうがないか……」

「まあ、少しは苦労することね。いつまでもわたしたちが世
間知らずの尻拭いをしてたんじゃ、先々思いやられる」

「まあな」

先ほど私が伏せた写真を手に取った家内が、それを無造作に
ぴっぴっとちぎり捨てた。

「え?」

「親は反対するのが仕事よ。娘の決定を尊重? バカ言わな
いでよ。全力で反対するわ。それを押し切るガッツがないと
長丁場は保たない。賛成だから勝手にしろじゃない。反対だ
から勝手にしろ、よ」

ううむ、さすがだ。
肝の据わり方のレベルが、私とは全く違う。

家内がにやっと笑って、万歳のポーズをとった。



hksb2



「最終的に、ああよござんしたに出来ればいいけどね。最初
から諸手を挙げて賛成なんて、絶対に出来ない」

「だよな」

「もうお手上げーってわたしたちに後始末が放り出された
ら、たまったもんじゃないからね」















Raise Your Hand by Tess Wiley






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

えとわの800番台も最終盤になりました。
でぃすたんすというサブテーマで五話お送りして、800番
台を締めたいと思います。



dt1
(ゲッケイジュ)



でぃすたんす。距離という意味ですね。
ここでは、その中でも心理的距離にスポットを当てたいと思
います。

近くても遠くても、自他の間には何らかの距離があります。
その距離は、自分と相手の行動や言動によって自然に変化し
ます。完全に固定されることはありません。

信頼、共感、好意によって近づき。
不信、嫌悪、興味の低下、価値観の相違によって遠ざかる。
良し悪しの問題ではなく、そういうものなのでしょう。

心理的な距離を増減させることで、わたしたちは自分自身を
守り、自分にとってプラスになる人を周囲に集め、自分に有
害な人、波長の合わない人との接触を減らします。
それは強く意識しないと出来ないことではなく、誰もが無意
識のうちに行っていること。本能に近いものです。

でもね、そういう心理的距離が何かのはずみに目に見える物
差しとして意識されてしまうと、その途端にものすごーく息
苦しくなってしまうんですよね。
つまり、距離が『どれくらいか』を測ろうとすると、その人
との距離だけではなく、他のすべての対人距離も気になって
しまうことがあるんです。

対人関係の悩み。そのかなりの部分が、そういう心理距離感
への過剰意識から来てるんじゃないかなあと。



dt2
(ハナニラ)



じゃあ、厄介な距離意識なんか全部ぶっ飛ばしてしまえ!
……ってことには絶対になりませんよね。
そいつは、空気なんか読まないよっていう俺様宣言。
やらかした途端に、誰との距離も空きすぎて孤立してしまい
ます。(^^;;

じゃあ、どうすればいいの?
さあ……どうすればいいんでしょ。

これからお届けする五話。
どれも、すっきりした話ではありません。
読まれた時のもやもやや違和感。それがどこから来たか。
あなたならどうされるか。

そんなことを、物差し片手に考えていただければ。(^m^)









  行きと帰りどちらが長く感じます?
    それがあなたの心理距離です











Long Distance Love by Oleta Adams

オリジナルはリトル・フィートですね。





AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
《ショートショート 895》


『好きになるということ』


全てを薄紅に塗りこめようと猛っていた桜がいつの間にか退
き、今年の春とともに記憶の奥深くに沈んだ。

そして世の中全てのものが、緑大海の波間にぷかぷか漂うよ
うになった。




nt2
(満開のエドヒガン)


nt1
(マンサクの若葉)



「今年の桜も見納めですね」

「ああ。時を止めたり、切り取って保存するってことが出来
ない以上、仕方ないな」

「ははは。本当にお好きなんですね」

私の桜花撮影にどうしても同行したいとくっついてきた編集
の野沢くんが、青葉にみっちり覆われつつある山をまぶしそ
うに見上げた。

里も山裾も、桜はとうに散っている。
桜花の尻を追いかけ回してきた私たちだが、さすがにこれで
最後だろう。
辛うじて山頂近くにちらほら咲き残っていた山桜を望遠で狙
い、今年の撮り納めにする。

「先生はずっと桜を撮られているから、これぞというベスト
ショットをたくさんお持ちなんじゃないですか?」

「そんなのは一つもないな」

放り出すように否定したのが意外だったんだろう。
山を見上げていた野沢くんが、さっと振り返った。

「ええー?」

「自分の恋人を本当に魅力的に撮れたら、君はその写真を人
に喜んで見せるかい?」

「う……」

「そんなもんさ。腕前の問題じゃなく、被写体に対する姿勢
の問題だよ」

「か、変わってますね」

「変わっている……か。そうかもな」

カメラをバッグに格納し、手の届かない山頂でひっそり咲く
最後の桜花を見上げる。

「私はただの桜好きで、芸術家でもなんでもないけどさ。
根っからの桜好きであるからこそ、好きにはなり切れない」

「はあ? どういうことでしょう?」

「好きになり切ってしまったら、もう写真なんか撮れないっ
てことだよ」

「……。ううーん、意味が……」

「ははは。雑誌編集者なら、もうちょい思索を研いだ方がい
いんじゃないか? きれいなものをきれいと言うだけじゃ、
飯が食えんぞ」

「ううー、厳しいツッコミありがとうございます」

私のは、ひねくれた考えでもなんでもないんだけどな。

写真は、実物の桜とは違う。
どんなに実際の桜を精緻に写し取ろうとしても、私情を切り
離せない限り、そこには『私』が色濃く混じってしまう。
桜に対する私の好感が写真を強く支配するようになれば、彼
らの存在を曲げて伝えることになる。

私が見せたいのはあくまでも桜そのものの魅力であって、私
の感情ではないんだ。
だから、私は桜を好きにはなり切れない。

……写真を撮る時だけは、ね。

カメラから離れれば、私はただの桜好きのおじさんに戻れる。
ただ……戻った時には桜花の季節は終わってるんだ。
永遠の片思いみたいなもんだ。

「まあ、桜は毎年律儀に咲く。私は生きている限り桜花を撮
る。それだけさ。いいも悪いもない」

「じゃあ、来年の桜の季節まで、あとずっとお休みってこと
ですか?」

「撮影はね。思慕は、葉桜の間にゆっくり膨らむ」

「……」

「それが、好きになるってことなんだよ」












Love You Madly by Gretje Angell






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。