ミズキックス

Mizuki-KUNUGI


テーマ:
https://note.mu/mizukicks

note
ここのアカウントをつくったままにしていたんですよ、そういえば。
で。
画像や音声ファイルがすごく簡単にアップできるので、
個人的なぬるいトークなどをちまちま更新しようなどと思い立ち。
いつまで続きましょうや。
AD
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ほんとに、長いこと放置しました。いや生きていましたよ。
都内の片隅をうごめく薄い影。わたしですミズキです。
なんつーかですね、
改まってこういうの書くの苦手なんでしょうね。
でもって、結構ろくでなしなので、思った事ほいほい書かない方が
身のためなんですよね、そう自衛ですよ。怖い時代ですね。
わたしのような小心者は生きた心地もいたしません。

なんて言ってりゃ新年度ですよ。
ああ、また年取るなぁ、桜の時期はだるいですね。
春生まれなのにさ。苦手かもね。

最近は、といえば。
ニトロプラスさんの新作ゲームをじわじわと進めてたんですが
クリア!いたしま!した!
いやはや、面白かった、やたら楽しかった。最高。
久々に創作物で嗚咽したわよ!やられたわー。あー面白かった。

なんだお前、またプレイする側かよ。

ガンバリマス。


AD

テーマ:
あやうくID等を忘れる所でありました。
いやぁ…放置してたなぁ、長いこと。
AD

テーマ:
「SS」
クルマ漫画は数あれど
東本昌平先生のこのSSはダントツです。
何度も言うけど大好きです。
で。

映画版を見たんだ!
良かった…!

正直キャスティングを見たときは…
漫画と比べたら、格好良すぎるなぁとか
ちょっとイメージ違うなぁというキャラクターも
あったのですが…
凄く原作愛のある映画になっていて、
各キャラクターの背景内面、日常…
大事に描かれているし、
ストーリーもテーマをきちっと踏まえてる。
こうなると、ビジュアルイメージの、絵との誤差は
さして気にならないもんですね。
漫画を原作とする場合、
絵と似た人をとにかく配役するのがいつも大事とは
限らないと思うんですよ。
原作をベースとして、映画としてテーマを描く。
その点、じっくり見入ってしまいました。

WRCの歴史、
グループBの廃止を経て…
かつてラリーに夢を見た男達の、それぞれの今。
まだ走る事は、単なるノスタルジーなのか、
未練がましい行為なのか。

これはいい映画!
クルマの峠走行シーンには一切のCG無し。
現実味の強い描写が凄く身近に感じられてね…!

映画化されてた事に気付いてよかった(;ω;)


SS (9) (ビッグコミックス―Big comic superior)/小学館
¥530
Amazon.co.jp

テーマ:
「伏・鉄砲娘の捕物帖」
「最終目的地」


伏は素晴らしいアニメ映画。
直球勝負で描いてくる、絵の表現。
これはやられたぁって感じです。
先日劇場でパラノーマンを観た時も思ったのですが、
こういう作品は、ずっと描かれて行って欲しいと。
多くの人の想像力不足や、偏見フィルターで、
「魔女」にされてしまう人はいつでもどこにでもいます。
映画では、一個の存在はみな尊きものだよと、
気付いて終わる事が多いです。
このテーマには感動する人が多いでしょう。
でも割と普段「魔女側」にいる人は、見ていて、
結構痛い所を突かれる感覚があると思います。
綺麗な終わり方に救われる気分にもなるでしょう。
けど、劇場を出れば現実社会です。
ギャップでダメージ喰らったりもします(笑)
だからこそ、普通とはなんなのさ、
普通じゃない存在とは、というテーマにはずっと
生き残っていって欲しいと願います。

最終目的地は静かなゆったりと時間の流れる、
情緒あふるる…何というか格調高い一作。
アンソニー・ホプキンスと真田広之さんの競演が
すごく興味深かったですし、この年齢差のある
同性カップルの自然な空気、優しい存在感と、
切なさみたいなものは印象深かった。
同性カップルが、作品の中に自然に、当たり前のように。
素晴らしいですねえ…。愛は愛ですね。
映画としては恋愛物ですが、あいにく私は他者に対する
恋愛感情という概念を持たない人間なので、
多分多くの人とは随分違った感想を抱いていると思います。
あまり異性恋愛物はじっくり見ないのですが、
今回これをじっくり見て、改めて色々思う事がありました。
今度もう一度じっくり見返そう。
あ、特典の真田さんのインタビューが深くて良かった!


最終目的地 [Blu-ray]/パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
¥4,935
Amazon.co.jp

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。