言葉じゃなくて。


ずっと一緒に居るから。

ずっと側に居るから。


大っ嫌いな、言葉。


そんな言葉、信じないし、あり得ない。


この世に、そんなもの、


存在しない。


AD

人生観

私の中の最高齢のお友達が、
前に言った言葉。


「人間は、一人で死ぬから、夫婦一緒には死ねないでしょ」


「もっと自分自身に自信を持って」


何時も、私の方が元気をもらっている。
私の絵を、何時も誉めてくれる。
長く元気で居てもらいたい。


人生の終わりを考えて生きる強さを持っている人は、やっぱり人間として深くて尊敬できる。


「死ぬこと、こればっかりは仕方ない事。だから、なるべく迷惑をかけないように荷物を最小限にする…」


何だか、切ないな。。。




私はこれから、どうやって生きていこう。
悔いの残らない人生なんて、おくれないかもしれない。
でも、私らしい生き方は必ずあるはずなんだ。

誰かを愛して、誰かに愛されないかもしれないけど。
やっぱり、何時かは、愛される人になりたい



私は、

どうやって、生きていこうか。






AD

4月



死にたいと思う衝動は、ずっと消えない。

こんな何も、やくにたたない生き物。

醜い見苦しい辛い

意味なんてもういらなくなった。

何も望まない


男らしい人
女らしい人
吐き気がする


性別すら、拒絶


目指すは陶器の肌とガラスの眼球。




ごめんなさい
ごめんなさい

だれに。

AD

2016年1月25日...

ここ最近不安が酷くて。
動悸で目が覚める事がありました。

大分落ち着きました。
スマホの不具合も、もう大丈夫。


私は。
ただ、責任を取りたくないだけなのかも。
あんまり、人と関わりたくないのかも。

もう嫌だと、心が泣いて。

一人は嫌だと、心が誰かに縋ろうとする。

そんな事させない。

私は、もういい。

そして、逃げるんだ。
あなたの元。

灰になってしまった、あの部屋に。
赤い薔薇を飾ろう。

満月の空に向かって手を伸ばして。
あなたに、掴んでもらうの。

泣いても、泣いても、あなたは何もいってくれないから。

あなたが居た、あの木の下に向かうよ。
あなたに会えるまで、私は一人なのかな。




大丈夫。



もう、



ずっと、


20年以上に、


あなたを、待ってた……

2015年。


2015年。

1月……死にたくて仕方なくて遺書を書いた。
ぐらいに病んでました。

2月……旅行に行ったり、出掛ける回数を増やしたら元気になりました。

3月……最愛の人と握手。
もう全てが晴れた気がしました。

4月……ライブの為に必死にバイト。

5月……ライブ、遊び、出会い。

6月……最愛の始動が発表。

7月…… 愛方と旅行。
その後、職場での出来事や、色々まきぞいくらい、低迷。

8月……事件発生、後に神社で厄払い。

9月……最愛のライブ。

10月……お手伝いしているアイドルのデビュー。ずっと行きたかった福島へ!

11月……最愛の主催ライブ。アイドルグループ2回目。ギターサロン。

12月……復興イベントに2回参加。アイドルグループ3回目のライブ。ギターサロン2回目。

初めてオーダーを受けたお人形を、ちゃんとお嫁に出せた。

色々あったけれど。
充実してたのかな、と思う。

来年は、もっとお人形を頑張りますo(`^´*)



では、良いお年を~(ノ´∀`*)ノシ




水祈
2015 12 31