とりあえずね丶帰蕾〇(フリガナ:トリアエズネ キライ)

愛称はキララです。アイドルもどきブロガーの、個人ブログ。

各ブログの冒頭にある、テーマについての説明です。

1、応援やその宣伝
 特定のイベントとかお店、商品、著名人、あと他のサイトなどの告知や宣伝です。

2、アフィリエイト含む
 アフィリエイト広告を含むブログです。

3、アメブロ様提供ネタ
 アメーバ様が提供している、クチコミ番付のお題、占いとか診断の結果がきっかけになっているブログです。

4、メールマガジン
 公式メールマガジンのお知らせです。

5、活動などのお知らせ
 私が参加する番組や、イベントなどの告知です。

6、アメーバ大喜利
アメーバ大喜利にボケた履歴です。

7、歌詞と記憶のアルバム
JASRAC管理楽曲の歌詞を、アメーバブログでは掲載可能。思い入れがある曲の歌詞を載せて、その歌にまつわる心情やらエピソードやらを書きます。

8、繁 華小布
普段は意識したくないトランスジェンダーという一面。それを言う時の名前、はんかちいふ。

9、タイム伝書
昔書いた文章を示します。そしてその時を回想したり、今読んでの感想を書いたり。

α、水鏡煌螺
 上記1~9に当てはまらないブログで、タレントになる以前、パジャマキララ名前を使う前のものです。
 (2012年1月~2013年4月)

β、パジャマキララ
 上記1~9に当てはまらないブログで、Y-STAGE放送局にタレントとして抱えて頂いていた時期のものです。
 (2013年4月~2013年10月)

γ、とりあえずね、煌螺。
 上記1~9に当てはまらないブログで、タレントを辞めて再び一般人になってからのブログです。
 やがて、自称なんちゃってアイドルに。
 タイトルは、「五、七、六。」にしています。
 (2013年11月~2015年12月)

δ、とりあえずね、帰蕾。
 上記1~9に当てはまらないブログで、アイドルとして芸能活動再開、お酒を中断してキャッチフレーズや芸名を変えてからのブログです。
 (2015年12月~)


テーマ:

少し前の話になりますけれど、3月13日。昼過ぎに仕事から帰ると、宅配便の不在票がポストに入っていた。

ん、国際郵便物?!、差出国はCHINA。

中国から荷物が届くなんて、何だろう。心当たりがない。

 

すぐに再配達をしてもらって、開封しました。

すると、注文していた品物。たしかに自分で注文したものですけれども、まさか、中国から発送されてくるとは思いもしませんでした。

よく見ていませんでしたけれど、製品ページには、確かに海外直送と書かれていました。

 

 

製品は、サスペンダーベルト。通称つりばん。

職場によって、特定の色のズボンを履いていかなければならないところがあって、私はその色のズボン、ベルトを通せるようになっているものになっているものを持っていませんでした。ズボンを買うか、ベルトを通せるように改造するかと思っていたのですけれど、ふと、つりばんという手段もあったと、ネットで探していました。手ごろな価格で販売されていました。260円で関東への配送料無料。

それにしても中国からの国際郵便、調べたわけではありませんけれど、送料だけで商品代を軽く上回ってしまいそう。追跡できるようになっていたから、無記録無保証の、普通の定形外郵便ではなさそうだし。

中国が近くなった、世界がある意味狭くなった。そう実感しました。物流面に限った話ですけれども。もしかしたら、国内郵便も、国際郵便も、そんなに送料が変わらない時代になっているのかしら。

ただ、気を付けないと、まとめ買いしたり、お高い商品を発注したら、関税がかかってしまうことがあるかもしれない。国外発送が珍しくなく、目立つように特記することでもない、普通のことになっているのだから。この260円の商品については、ちょっとやそっとまとめ買いしたところで、金額的に関税云々の話にはならなさそう。

けれど、無自覚のまま個人輸入している。ちょっとビックリでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
▼懐かしのプロフィール帳を書いてみたよ!
 
 
 
 
 
アメブロの期間限定、プロフィール帳。
4/20まで作れるそうです。
「90年代に流行した自己紹介シート」ってありますけれど、私は知りませんでした。
90年代は、小学6年生から、大学4年生。最も流行に敏感な年ごろのはずだけれども。
ま、思いっきり流行には疎い人でしたけれどもね。
 
アメブロさんのおかげで流行を1つ知れる、嬉しいです。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

応援してくれている皆様、いつも支えていただき、とても嬉しく思います。

 

この頃、日常を書いたブログがなくてすいません。書きたいとは思っていますので、ちょっとお待ちください。
コメント返しは遅れていますし、ブログのコメント以外のメッセージは、もっと遅れています。こちらもなるべく返して参ります。応援メッセージを送ってくれた皆様、ありがとうございます。

 

さて、フェイスブックを探して見てくれている皆様。

申し訳ありませんが、フェイスブックはリアルな知り合い向けの場所にしております。面識のない方からの友達申請も、受け付けておりません。私からフェイスブックのアカウントを紹介はいたしませんけれど、フェイスブックを見つけられて、チェックしたいという方は、友達申請ではなく、フォローにしてくだされば幸いです。
たくさんの方から友達申請を受けております。大変喜ばしいことですけれど、フェイスブックの性格などを考えた上での私の使い方、ご理解いただけますよう、お願いいたします。
友達申請したのに無視されていると辛い気持ちになっている方もいらっしゃいそうですので、時々の断りを書かせていただいています。

 

 

さて、いつもブログやツイッターを見てくれている皆様。コメントやダイレクトメッセージで応援の言葉をかけてくれる皆様。
くるたまアプリから私にタマるしてくれている皆様。
プレゼントをくれた皆様、投げ銭をしていただいた皆様。
イベントに来てくださった皆様、都合さえよければ来ようとしてくださった皆様。差し入れを頂けた皆様。

Tシャツを買って頂けた方。ふわっち配信をご視聴頂けた皆様、風船を投げてくれた方。

誠にありがとうございます。


皆様の応援を毎日感じながら、活動のことを考えています。気持ち的には、しょっちゅう、昨日もアクセスありがとうとか、こんな嬉しい応援がありました、投げ銭入ってました、とか言いたいぐらいですけれど、あまり繰り返すと、自慢と受け取られたり、プレゼントとか投げ銭が欲しくて必死のアピールなのかと疑われたりする方が増えるかもしれません。
また、形ある応援をしていないからと、居心地の悪い気持ちになる方も、多く出ることでしょう。

そういう懸念もあり、たまにまとめて書かせて頂くにとどめさせていただいています。

 

この記事、4月2日頃に、3月のくるたまアプリのタマるランキング結果のご報告及びお礼と共に上げるつもりでした。けれど、このところアマゾンのほしい物リストからのプレゼントがすごく来ていて、リストにたくさん入れていたのに、ほぼリストがなくなるほどで、月が替わるまで沈黙していられないと思いました。感激しています。

 

今月、先月頂いたもの。

水中投げ込みヒーター

バケツ

ヒーターは、1000Wで、500Wの熱帯魚ヒーターより早くお湯を沸かせます。使い道は色々。私生活から活動まで。夢広がります。動かしてみた結果と、描いた夢についてはまた書きます。

バケツは、このヒーターむき出しだから、耐熱性の高いバケツが必要でして。

プレゼントして頂けて嬉しいです。

 

チェキフィルム
ペン

チェキのフィルムを頂けたので、チェキ販売ノーコストで行けて嬉しいです。また、ペンもありあわせの物ではなく、こすっても消えにくく発色の良いものを頂けたので、自信を持ってライブ後の物販に望めそうです。嬉しいです。

 

体温計

ほしい物リストから送ったことにして送らない手法で、いくつも所有している表記にされていましたけれど、それに騙されることなく本当に送って頂ける日が来て嬉しいです。私が持っていた体温計は、計測に時間がかかるもの。けれど、それでもあるのだから、新たに買うことは迷っていました。これからは体調がおかしい時は手軽に瞬時に測れます。嬉しいです。

 

Webカメラ

パームトップパソコンを通じての屋外配信とか自宅配信に使えるだけでなく、きっと写真を取るのにも使えると思います。長年使っていたデジカメが壊れてしまって落ち込んでいた後ということもあり、嬉しかったです。

 

チューブブラ

状況前に持っていたものが、ゴムが伸びて捨て時になったところ、嬉しい贈り物でした。

 

安全靴

パソコン用グラフィックボード

トートバッグ

サプリメント
 

この辺りは、欲しかった理由など語り出すと、長ーくなりそうなので、またにします。

本当に嬉しいです。


あと、食料品。カップラーメン、カップ焼きそば、レトルトカレー、インスタントラーメン。
日用品。トイレットペーパー、DVD-R、カセットコンロ用ボンベ、口内洗浄薬、
頬紅、下着、あと、ちょっと伏せておきたい品もございます。
職場には、お湯とかレンジがあるところも多く、カップラーメン、カップ焼きそばをよく持って行っています。レトルトカレーやインスタントラーメンを食べる時は、カセットコンロ用ボンベが助かっています。嬉しいです。

おかげさまで、今、食べるものには不自由していません。

贈り物の中のいくつかにつきましては、使用してのこともブログに今後書く予定でおります。特に、パソコン用グラフィックボード。今からパソコンのケース開けるのが楽しみです。バタバタがちょっと落ち着いたら、すぐにでもパソコンいじりしたい。

 

ほしい物リストから送って下さった皆様、ありがとうございます。

 

さて、くるたまアプリのタマるですけれど、現在5位。

1月5位(67人中)、2月6位(70人中)、3月21日11時現在で5位(72人中)、皆様のおかげで安定して上位を保てております。

ありがとうございます。今月もこの順位のまま駆け抜けたいので、引き続き応援宜しくお願い申し上げます。

 

今、このブログの読者登録数、見てみましたら、299名様。300が見えてきました。100名に王手とか、超えたとか興奮していたのが、1年半近く前。読者登録者数、やはり注目度を示す1つの数字。ブロガーとして注目されたい、あるいはアイドルもどきでちやほやされたいと思っている私にとりまして、励みになります。読者登録して注目してくださっている方にも、感謝です。

 

さて、最後に、昨日のブログに、「今後更に、応援の気持ちをお受けすることについては、しっかり考えてまいります。
今朝も、新しい形を模索して、必死に考え事、調べごとをしていました。」と書きました。

これについて、少し話させて頂きます。

ファンクラブ会報誌のように、自分からファンですと申し込んだ人しか見られないサイトを作れないかと思いました。ファン様が集まった場所でだけで言うべきこともあるのかな。それと、利用していたメルマガサービスが終了していしまったことに伴い、メルマガを辞めてしまいましたけれど、それの代替にもならないかという考えがありました。

そういう場所を作れるかどうかは分かりませんけれど、今後とも、手探りで、あれやこれやと考えていきたいです。

 

応援してくれている皆様、ありがとうございます。

今後とも注目を続けて頂けましたら幸いです。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

コメントを、「アメーバID登録をしている方からのみ」にさせていただきました。

アメーバID非会員で応援して頂いていた皆様、申し訳ありません。

また、会員でも、IDをここでは晒したくないという方、また、コメントのたびにログインするのは面倒と感じている方もいらっしゃると思います。ご不便をおかけします。ごめんなさい。

 

http://ameblo.jp/mizukagami-kirara/entry-12257250850.html

こちらで、

「応援の声を伝えようとした時に、その前に「アメーバ」に会員登録をしてください、と言われること、どう感じられますでしょうか?。
アメーバの非会員で、あるいは会員でもログインせずに、好意的コメントを付けてくれている方にお聞きしたいです。(中略)Q.アメーバに会員登録してログインした状態でないとコメントできなくなったら嫌ですか?。」
そう問いかけさせて頂いたところの反応も見まして、コメントを、「アメーバID登録をしている方からのみ」にさせていただきました。

 

もちろん、応援コメントをしにくくするためにやったわけではありません。

アメーバの会員登録は無料です。会員登録したからといって、プロフィールを充実させなければいけないとか、ブログを書かなければいけないということもありません。

ガラケーからとおっしゃる方がログイン状態から寄せてくれるコメントも多いので、対応環境も広いと思います。

 

https://www.ameba.jp/

会員登録はこちらから可能です。会員登録済みでログインしている方は、登録ページには行かずにマイページへと移動するみたいです。

会員登録には、メールアドレスが必要です。もちろん、アメーバに登録しても、私にメールアドレスを知られることはありません。

 

 

応援コメントは広く受け入れたい。応援しようと思った時に、会員登録を求められるの、身構えるかもしれません。ブログサービス、SNSとかにあまり接していなく、私に関心を寄せてくれた方は、いきなり分からないものに会員登録をと言われたと、困惑する方もいらっしゃるかもしれません。

その面では残念かもしれないですけれども、私は、プラスに考えたいと思っています。前に言っていたことと相容れないかもしれないけれど、考えた末に違う考えに至ることは恥ずかしいと思わないので、素直に説明致します。

 

抵抗なく、広く、気軽にコメントできるようにしたい、それは、コメント頂いている方の気持ちを考えたことですけれど、軽はずみなコメントをしにくくすることもまた、コメントされる方の気持ち、コメントを見られる方の気持ちを考えたこと、どちらがよいとは言えない問題でございます。

ちょっと昔の話を入れさせていただきます。

17年か18年前、自転車を盗まれたことがありました。警察に届けると、書類に、「鍵をかけずに駐輪場にとめていたら盗まれた」と、鍵をかけなかったことをあえて明記されました。はじめは、え?、何で?と思いました。鍵をかけたにもかかわらず盗まれたならそこは主張すべきだけれども、あえて鍵をかけなかったことを言う必要があるのかしら。鍵がかかっていなくても、盗んじゃダメなのにと、イライラしました。

しかし、すぐに、鍵をかけるのは思いやりなんだと思いなおしました。盗む人を擁護するつもりは全くありません。けれど、出来心、魔が差した、そういうことは誰にでもあるのだから、そうした気持ちに対して隙を作らなければ、盗まれなかったのかもしれない。そうだとしたら。私の無防備さが犯罪者を生むひとつのきっかけになってしまった。

 

もちろん、鍵を破壊してでも盗もうとする奴は防げない。けれど、多くの人がしていることぐらいはしないと、隙を見せたとなってしまう。警察の書類にも明記されてしまうぐらい。

隙があれば付け込みたくなるものかもしれない。付け込みたいという気持ちを刺激しないことも、気づかい。

 

ブログの書き込みに制限を設けることは、自転車に鍵をかけるのと同じくらい一般的なものなのかなぁ。分からないけれども、全くの匿名、「あ」とか「1」とかいう名前でも書き込める、アメーバさんにもユーザー記録はない、こういう状況を再考することも、気づかいだと思いました。

もちろん、好意的なファンの方が、コメントを見て不快な思いをしないようにという気持ちもあります。

 

そして、私も思い切りブログが書きやすくなったと思う事にもしました。

今後、より微妙な心の内、あるいは、賛否が激しく渦巻くことに触れることがあると思います。むしろ、違う考えの方にひとこと言わせろという衝動を刺激してしまうような内容も、赤裸々に綴っていくつもりです。

その時に、ツッコミどころをあら捜ししてでも罵りたいというぐらいの勢いのアンチの方が待ち構えているのではないかと萎縮しなくてもいいならば、より本音をお知らせすることができます。私に関心を持ってくださっている方は、萎縮なしのブログを見たいと思ってくれていそう。

 

今後更に、応援の気持ちをお受けすることについては、しっかり考えてまいります。

今朝も、新しい形を模索して、必死に考え事、調べごとをしていました。

 

アメーバに登録しないとコメントはできなくなりましたけれど、今後とも、よろしくお願い致します。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨晩(18日土曜日)25時45分から26時5分(今日19日(日)未明の1時45分から2時5分)に、フジテレビで放送されている、「久保みねヒャダこじらせナイト」というバラエティー番組で、私をとりあげていただいた「ザ・ノンフィクション」の話題になっていたと教えてくれた方がいました。わざわざ教えてくれて、ありがたいです。

 

どんな内容だったのか、気になって、その番組について書いているブロガーとかいないか、番組名で検索してみましたら、ナント、フジテレビオンデマンドで、放送後7日間無料配信していました。

 

フジテレビオンデマンドはこちら。

http://fod.fujitv.co.jp/s/

 

3/18深夜放送の久保みねヒャダこじらせナイトはこちら。

http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/variety/ser2223/2223810088/

配信期間は、2017年4月9日午前1時24分までとなっていますけれど、放送後7日間無料配信ともありますので、放送から7日経過後より後の配信期間は、お金を払えば見られるという意味だと思います。

 

2月12日のザ・ノンフィクションについては、お恥ずかしい部分を出しているので、自分で見るには辛く、生で見てからは1度も見られていません。せっかくとりあげて頂けたのですから、もっと凝視するべきなのでしょうけれども。そして、久保みねヒャダこじらせナイトの内容も、あまり書くわけにはまいりません。

 

しかし、自身の思うところと、視聴者それぞれが感じるところ、やはり違うし、噛み合わないところがあるのは自然だと思います。番組では、「見ている方がしっくりこない」という言葉が使われていました。否定的に言われたわけではなく、「ザ・ノンフィクション」の投げかけるものとはの話題へとつなぐキーだと思います。更に話は続くのですけれど、この番組に触れること、これ以上は控えます。

 

私は、取材では言えなかったこと、当時整理できてなかったことや言う覚悟ができていなかったことを含めて、もっともっと発信していかないととも思いました。

このように、投げかける意味、価値を引き立たせてくれる方がいるならば、どうせ私なんかが頑張ったところで伝わらないなどと悲観的になっている場合ではないから。

 

力をもらいました。

ずっと課題だと思っていました。叶うことがない課題だと。応援してくれる方の輪の中で支持していただけても、違う考えを持つ方には、考えを述べようとしたところで、門前払いされてしまう。しかし、「見ている方がしっくりこない」とはいいながら、受け止めて深く考察しようとしてくれている。門前払いされると思わずに、頑張らないと。

私なんかに、勇気とか力をもらえたとコメントしてくれた方のためにも。

 

手放しな味方とか、ファンではない、一見公平平等な視点。しかし、背中を押してくれる、味方に見えます。久保みねヒャダこじらせナイト。これを力に、益々頑張ります。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

コメントについて、アメーバIDでログインしている方以外は書き込めないようにしてはどうか、または書き込んでも私が承認しないと表示されない設定にしてはどうかという声を、以前より多数受けています。迷惑コメントを未然に防ぐには有効だと思います。
このブログや私ののことを考えて言ってくださって、ありがとうございます。
 
アメーバ会員以外からの書き込みは受け付けない設定については、検討したことがあります。先月の、「ザ・ノンフィクション」の放送前。放送前なのでもちろん番組を見たわけではないけれど、よくない印象を持たれる方もきっと多数いるはずで、怖いと思っていました。
しかしながら、放送後は、アメーバ非会員、いわゆる外部コメントで、応援の声をたくさん頂きました。
外部からの書き込みを拒否しない設定にしておいてよかったと思っています。
 
しかし、今後については、迷っています。
 
そうした応援コメントを受けたいのであれば、好意的でないコメントが来ることも受け入れなければならないのではないか。それは、もっともなご指摘だと思います。しかしながら、コメントを受け付けている趣旨に反するコメントは減っていくように願っていますし、努力していきたいです。そしてコメントは広く受け付けたいと、現状は思っています。
 
応援の声を伝えようとした時に、その前に「アメーバ」に会員登録をしてください、と言われること、どう感じられますでしょうか?。
アメーバの非会員で、あるいは会員でもログインせずに、好意的コメントを付けてくれている方にお聞きしたいです。アメーバの会員登録は無料です。会員登録したからといって、プロフィールを充実させなければいけないとか、ブログを書かなければいけないということもありません。
また、アメーバ上でブログを書かせて頂いている身としては、アメーバの会員を増やすことを考えるのも、筋かもしれません。
前置きが長くなりましたけれど、Q.アメーバに会員登録してログインした状態でないとコメントできなくなったら嫌ですか?。
 
コメントを受け付けているからといって、何でも書いていいということにはならない、これは当たり前のことだと思っています。一部の方のせいで、普通に利用している方が制限を受けるようになったりするのは、とても残念なことです。
が、書き込みを解放しているせいで嫌な思いをされる方が多いのであれば、外部書き込みを受け付けなくすることも考えます。更に、今後もっと荒れることがあれば、IDなしで自由に名乗れることをいいことに、なりすましとか出てくるかもしれません。その恐怖も感じています。
 
アメーバに会員登録してログインした状態でないとコメントできなくなったら嫌ですか?。
もし、嫌という声が多ければ、外部書き込みを残す方法を本気で考えたいと思います。
 
 
さて、書き込んでも公開されず、私が見て承認をした時点で公開されるという設定にすることも可能です。
しかしこれは、やりたくないです。書き込んでくれる方々と、私の、両方にとっていいところが見えないですから。
 
コメント対応、今追い付いていません。書き込んだらすぐに表示されると、やはり嬉しいものでしょう。「すぐ」とはどれぐらいなのか、人によって感覚は違いますが、私には自信がありません。ブログがアップされて、そのブログがホットな記事から過去ログのような感覚に変わりつつある、数日後に公開されても、ビミョーではないでしょうか。
私も、個別のコメントに対して後ろ向きな判定をするに時間を使うのはもったいないですし、公開に値しない罵声なども目を通さなければならないのですから、辛さは変わりません。
予定はありませんけれど、SNSやブログを通じての連絡をスタッフが管理するような体制になったら、承認制も有効かと思います。
 
 
あれこれ書いてきましたけれど、私は、悪意があれば、結局はイタチごっこだと思うんです。コメントを削除しても、繰り返し書き込めてしまいますからまた消す手間が増えるだけだし、コメントを制限しても、メッセージを送りつけてくる方法は他にもあります。対応すればするほど、陰湿化して余計に辛くなるだけではないか、そう思うと、とても憂鬱な気持ちになります。
それと、繰り返しになりますけれど、一部の方のせいで大勢の善良なコメント者が不便な思いをするなんて嫌だ。そう思って、対策らしいことはしてきませんでした。
 
 
甘いと言われるかもしれませんけれど、今は、一生懸命願い続ければ、コメント欄の悪口は続かないで収まってくれると思いたいです。
ただ、いくつかの方法も検討はしています。やむを得ず、ご不便をかける対策をした時は、ご理解くださいますよう、お願い致します。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ファンの方がロゴを作ってくれました。

嬉しい頂き物。自分では決して出せないクオリティーですし、シンプルでいろんな形で使えそうなので、積極的に利用させて頂こうと思います。

応援する気持ちから、一生懸命作って提供してくれたもの。絶対に生かしたい。どう生かそうか。取り柄の妄想力を全開にして、あらゆる方向へ考えを巡らせたいところです。

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:
「吉報君と時報ちゃんの明日へのくるたまカウントダウン」は、CS放送、スカパーのベターライフチャンネル(Ch.529)から、毎日23時59分から24時の1分間放送されています。
スカパー!TV、東京ケーブルテレビ、J-COM埼玉県川口、J-COM埼玉県戸田、山口県山口ケーブルビジョン、埼玉県本庄ケーブルテレビ、福岡県ケーブルネットワーク掛川、長崎県五島テレビよりご覧いただけます。また、アンドロイドやアイフォンをお使いの方で、ivyというアプリをご使用いただける方も、ご視聴できます。
ivyからご覧の方は、タイムラグで数分遅れての映像受信になることがあります。

新しい期間のキャストと主題歌の連絡がきましたので、告知させていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~

3月吉報君キャラクターボイス/藤崎絢
3月時報ちゃんキャラクターボイス/冬崎聖奈

-月曜日-
主題歌 『ピンクパンティ』 新宿ウエストレイルロード
キャスト 劇団BBB
役者 古賀伸也
役者 山下徳士
役者 斎藤寿

-火曜日-
3/21
キャスト 更谷香織 更谷優希

3/28
主題歌 『さとりDEポン!』 とろ美  
キャスト YZMagicチーム
遊佐めぐみ(えるふさん)
朝比奈拓磨(にんげんさん)
川添啓一(かわぞえさん)

4/4
主題歌 『いちばんのスマイル』 畑ジョージ
キャスト 畑ジョージ

-水曜日-
主題歌 『音の羽』 オラオラ小僧
キャスト 
リズムパフォーマー遊輝
ロイヤルガード
綾瀬彩

-木曜日-
主題歌 『君と過ごした季節』 豊島区ぴーすUPがーる
キャスト
真優ちん(アイドル)
豊島区ぴーすUPがーる 愛原みょ

-金曜日-
主題歌 『君と過ごした季節』 豊島区ぴーすUPがーる
キャスト
うさみん(役者・アイドル)

-土曜日-
主題歌 『翼』  Mariya
キャスト
星空えみ
2.5次声優ユニットPeaceLove 田内友み
豊島区ぴーすUPがーる 愛原みょ

-日曜日-
主題歌 『smile like a full』 健洋
脚本 藤崎絢
キャスト
矢口勝寿樹(役者)
黒川春秋(声優)
とりあえずね丶帰蕾○(アイドルもどき)
奥田直香(タレント)

デザイン・イラスト・ロゴ 遊佐めぐみ
エグゼクティブプロデューサー 加藤貴行(オラオラ小僧ゆきや)
コンテンツ 祭文太郎オラオラ小僧ゆきやクールジャパンのたまご
企画・制作 LBS@MUSIC芸能・音楽事務所
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

コメント欄で悪口とか、罵られる言葉が書かれることがあります。なぜ、わざわざ私のブログを見に来て、不快な言葉を残されるのかしら。私のことが嫌いなら、近付かなければいいのに。
通常嫌いな人は近付かない。十人十色、これだけたくさんのブロガーがいるのだから、いちいち嫌な奴まで相手していたら疲れちゃうと思うんです。だから、必然的にブログのコメント欄は、好意的に見る人のための場所になる。そこにアンチの書き込みをすること自体、非常識だと思えるの。
例えるならば、憲法記念日には護憲派、改憲派がそれぞれ集会をしますけれど、わざわざ護憲派の集会に出て改憲の主張をするようなもの。巨人阪神戦で、阪神側の応援席の真ん中で、派手に巨人の応援をするようなもの。
 
ブログの中には、コメント欄での積極的な討論を歓迎するものもあるし、炎上上等とあえて挑発的なことを書くものもある。だから一概には言えないけれど、明らかに討論とか批判歓迎とか、罵りを認めている場所を除いては、控えるべきではないかしら。ましてや、討論や批判でもない、罵り、否定。

不適切なコメント、わざわざケンカを吹っ掛けるようなコメントを言わずにはいられない、きっとモヤモヤしたものを抱えていたり、不器用な一面があってのことだと思います。噴火口を探していた押さえつけられた気持ちが、匿名性が高いネット上のカチンと来る場所に噴き出されてしまったのかもしれないわね。そんな行動としてでしか物が言えない、自分を出せない方々は、本当に気の毒。
 
だけど、悪口や罵りは自分に帰って来るもの。コメント欄で吠えているって、弱さや脆さがあるからに違いない。不器用で脆いところに、ブーメランがかえって来たら、心配だわ。
私のコメント欄で罵ってくる人って、他の場所でもやっているのではありませんか。あるいは、他でもこれからやるのではありませんか。匿名性に隠れているつもりかもしれませんけれど、いつかバレる可能性が高いです。
ツイッターに不衛生ないたずらを載せた場合でも、結果的に店舗が割り出されて個人が特定されてしまうことが多々あります。ブログのコメントでも、繰り返し書き込むうちに、地域や職業が特定され、いつかは個人がとなりかねませんよ。


ところで、コメント欄で言い争いになったら、管理側が圧倒的に有利です。コメント削除ができたり、コメントではなくブログでも言い分を言えたりしますし、広いWeb空間の中でも、応援してくれている方が最も集まる場所。こんな城に仕掛けてくるなんて、何をそんなに自信を持っているのか。あぁ、自信がないから多くはハンドルネームひとつで、あるいは捨てハンドルネームすら固定せずに隠れているのね。

誹謗中傷、侮辱、名誉棄損として対応しようとされた場合、個人は明らかにされます。IPアドレスを調べて、そのアドレスの使用事業者に、その書き込みをした個人の情報の開示を求めることができます。開示するかどうかは事業者次第ですけれど、情報開示を求める裁判を起こして、それが名誉棄損や侮辱に対する警告や請求のためということであれば、開示されるケースが多いようです。
 
デジタルタトゥーという言葉があります。いちど書き込んだ内容は、拡散し、半永久的に残る。ネットの匿名性は意外に脆い。軽い気持ちで書き込んでことが一生付き纏い、苦しまされ続ける、そういう意味で使われる言葉です。
あなたの過去の書き込みが、容易に分かってしまうとしたら。例えば就職選考の際、意に沿わないブロガーに罵声を浴びせていたことが分かったら、気に入らないことがあったら自分の中で不満を処理できずに暴れるタイプとみなされ、採用されないことが多くなるでしょう。その他、交友関係などでも不利益が予想されます。
それに、他人を糾弾した人は、自分が糾弾される立場になった時に、過去にしてきたことが自身を何百倍も傷つけることになる。批判される辛さに余計もだえ苦しむことになる。だって、過去に他人を攻撃していた分、容赦されないから。そんな苦しみ、刹那的にはいい気味だと思っても、やっぱり気の毒。
 
書き込む側も、きっと、苦しんでいらっしゃることと思います。もしかしたら、やめたくてもやめられないものかもしれない。
しかし、私だって場合によっては情報開示請求とか考えなければいけなくなる。感情もあるから、理性的に、不器用さも分るよとか、言えないこともある。

 
届くかな、気持ち。コメント欄での罵声、きっと後で苦しむのは、ご自身。もちろん、私も嫌だし、他の読者も不快なはず。
表現考えて。気持ち悪いとか、こんなブログ書くなとか、棘が強い表現ではなく、笑って読める表現に。それができない方は、書き込みを固くお断りします。
 
どうしても書きたければ、批評、批判大いにけっこうという掲示板サイトもありますし、ご自分で作るのもいいでしょう。ブロガーに対して、正々堂々と自分のブログやホームページで批判する、これならコメントでいたぶるよりずっとフェアだし、印象もマシだと思います。それでも、侮辱や名誉棄損に当たる行為は許されませんけれど、とにかく、私は、自分のブログなどに書かれるのが嫌です。ファンが集まる場所ですから。

ファンなんているわけないと思われていようが、現実にファンがいてもいなくても、ファンのためのブログ、コメント欄を設けるのは自由です。そこを、不当な侮辱罪で犯してくる方には、毅然とした対応を検討します。
やめてほしい旨を伝え、強く不快感をあらわし、それでもやめて頂けない方は、治療やお灸が有効かもしれませんし。

 

とりあえず、手探りでアンチの方向けの場所も用意してみました。

http://ameblo.jp/mizukagami-kirara/entry-12256924273.html

ここに収まって頂けるなら、助かります。

 

コメントを制限すべきではないかとか、の声には、また別に書きます。

いいね!した人  |  コメント(41)  |  リブログ(1)

テーマ:

私を侮辱する書き込みに頭を抱えています。

ここは私のファンが集まる場所なのに、空気が悪くなる。かといって、コメント欄の管理まで手が回らないし。

シカトしないで注目はしてくれているようだが、嫌なコメントをくれる方、どう対応しようか迷っております。手探りです。

好意的に対応するのがいいのか、鏡のように不快な言動には不快な態度でがいいのか、無視がいいのか、毅然と警告するのがいいのか。

 

試しに、アンチの方向けコメント欄なるものを作ってみました。

ファンの方は見ないでください。

また、アンチの方のための場所なので、私を擁護する書き込みなども、なさらないでください。

私自身がお答えするか、無視するかは、個別に考えます。

 

アンチの方向けコメント欄、やってみて失敗だと思ったら、予告なく消します。

また、公開にそぐわないあまりにもキツイ表現が入っていた際も消します。

そしてアンチの方、この「アンチの方向けコメント欄」以外での、否定や建設的でもない批判は、しないでください。

 

 

お願いのところを繰り返します。

「アンチの方向けコメント欄」

ファンの方は見ないでください。
アンチの方のための場所なので、私を擁護する書き込みなども、なさらないでください。

アンチの方、この「アンチの方向けコメント欄」以外での、否定や建設的でもない批判は、しないでください。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。