心を浄化して幸せになる法則

虚空の彼方を観る力 無音の調べを聴く力 水井伸輔(Shin)Blog


テーマ:
幼い頃から、うちは貧しかった。

父は岡山で、数坪の小さな洋食店をしていた。

母は理容師で、腕を買われ、岡山にコンサートに来ている歌手のヘアカットもしていた。


でも、僕が5歳の時、母は急に病気で亡くなった。

幼くして母を失った僕を不憫に思った父は、広島に住んでいた母の従姉妹と再婚することにした。


僕は広島の田舎で、小学生時代を過ごした。

小さな借家で、トイレも汲み取りだった。

毎月のお小遣いも、もらったことはない。

友人がお小遣いをもらっているというのを聞いて、そんな習慣があるのかと驚いた。


父も母も共働きで、僕は夜遅くまで、一人で過ごしていた。

いろんな図鑑を読むのが、好きだった。


五日市の広島工業大学の麓に、僕たちは住んでいた。
工大


小学5年の時、岡山に戻ってきた。

6畳の部屋しかない、古ぼけた小さなアパート。

一面の田んぼと、カエルたちの鳴き声。

広島弁の僕は、転入した学校で、からかわれた。


高校時代までは、借家暮らしだった。

あのままの生活が続けば、僕は大学に進学する学費も、捻出できなかっただろう。

しかし、サンマルクという岡山の小さな会社に就職した父は、それまでの経験と実力を買われ、総料理長になった。

その後サンマルクは、破竹の勢いで成長していった。


でも、決して生活が楽になったわけではない。

僕たちはいつも質素に暮らしてきたし、贅沢などほとんどしなかった。


父がサンマルクを引退した時、退職金で、小さなレストランのある住居を建てた。

それが僕たち家族の、最大の贅沢だったのかもしれない。


その小さなレストランも、テレビの取材が殺到し、連日行列になった。

ランチを600円という価格で提供していたため、儲けなどほとんどなかった。


父は、早朝から仕込みをし、営業中は一人で料理を作り続け、夜遅くまで翌日の仕込みをする。

母は、足が不自由にも関わらず、配膳と接客をこなす。

でも、そんな無理な生活が長く続くわけもなく、過労がたたり、父はレストランを畳んだ。


その後、父はドレッシング専門店を開いた。

原価率が50%以上という、まったく儲からないドレッシングを作り続けた。

きっと大手メーカーがうちのドレッシングと同じ内容で販売したなら、一本2000円くらいの価格になるだろう。

一本600円という価格(現在は650円)は、人件費を完全に無視した価格設定だった。

でも、職人気質の父は、ドレシングを愛してくれる人のためだけに、10年以上、一生懸命ドレッシングを作り続けてきた。


神仏は、僕たちが、どのように生きてきたのかを、きっと見てくれているはずだ。

贅沢もせず、ひたすらに、仕事に身を捧げてきた父と母。


僕が一番大切に思い、一番愛しているのは、父と母だ。

何よりも、どんなものよりも、父と母こそ、僕にとって一番大切な存在だ。


朝日



学生時代、僕は日本の心理療法である「内観療法」を研究した。

集中内観を体験し、その体験をベースに、学士論文を書いた。


僕は独立心が強く、ひとりで生きていきたいという気持ちが強かった。

大学を出ても、岡山には戻らなかった。


でも、内観を体験し、両親の深い愛を思い出した僕は、できるだけの時間、両親と一緒に、生きていきたいと思った。

できるだけ親孝行をしたいとずっと願ってきた。

本当に、心の底から、少しでも両親に親孝行をしたいと、願ってきた。


どうか、もう高齢の両親が亡くなるまでに、両親の生活を、楽にすることができますように。

本当に、生きていて幸せだと思える、そんな日々が、両親に与えられますように。

僕は、自分のすべてで、魂の奥底から、祈り続けている。


お母さんにしてもらったことは何ですか?/サンマーク出版

¥1,620
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Shinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります