低周波治療器のことを調べていると、ほとんど同じ原理で、筋肉に刺激を与えて、筋トレをする機械が沢山あることを知りました。

 

それらは、EMS(Electrical Muscle Stimulation)という機器です。

 

筋肉に電流を流して、筋肉の収縮を促して、擬似的に筋トレをしている状態を作り出すというものです。

 

 

近年は、大手メーカーも、このEMS機器を販売しています。

 

このような腰に巻くタイプのEMSが多いようです。

 

パナソニック EMSトレーナー ウエスト用 Mサイズ シルバー調 ES-WB61-SM
パナソニック(Panasonic) (2017-05-01)
売り上げランキング: 7,700

また、腹筋に貼り付けるタイプのEMSも流行しているようです。

 

日立マクセル もてケア EMS運動器 本体4極 MXES-R400YG
日立マクセル
売り上げランキング: 1,273

これらは、アブトロニックやシックスパッドといった通販で売れているEMSを、大手メーカーが後追いして作ったもののようですね。

 

流行のシックスパッドはこちらです。

 

MTG SIXPAD(シックスパッド) Abs Fit(アブズフィット) 2

 

僕が調べた限り、これらのEMSは、原理に関しては、低周波治療器と全く同じです。

 

ただ、以下の点が違います。

 

・周波数

 

・出力

 

・周波数の複合(干渉波)

 

 

たとえば、上記のパナソニックのEMSは、40Hzの低周波を使っていますが、同時に、5000Hzの中周波を組み合わせています。

 

中周波は、前回書いたように、より深い層の筋肉に作用します。

 

 

上記のシックスパッドは、20Hzの低周波を使っています。

 

この20Hzは、最新の研究で、筋肉の張力を維持しやすいそうです。

 

京都大学の森谷教授という筋肉の専門家の先生が、EMSは20Hzではないと効果が薄いということを発見したそうです。

 

 

マクセルのEMSは、17.5Hzです。

 

こちらも、筋肉の収縮に効果がある周波数ということです。

 

ですから、周波数が高ければいいというものでもないのかもしれません。

 

 

もうひとつ、干渉波というメカニズムがあって、違い周波数を干渉させることで、より深い層の筋肉に作用させるという技術があります。

 

この干渉波は、高額な低周波治療器やEMSに用いられているようです。

 

なぜ高額なのかというと、高い出力が必要だからです。

 

安価なEMSでは、電池で作用させることができますが、出力が必要なEMSは、バッテリー(充電池)やAC電源が必要です。

 

そのため、値段が高くなってしまうのかもしれません。

 

 

森谷教授の理論からすれば、20HzのEMSが一番効果的なのかもしれません。

 

これから、20Hzで様々なEMSが販売されていくといいですね。

 

人がもしも悪いことをしたならば、それを繰り返すな。

悪事を心がけるな。

悪が積み重なるのは苦しみである。

人がもし善いことをしたならば、それを繰り返せ。

善いことを心掛けよ。

善いことが積み重なるのは楽しみである。

 

たとえ
悪をなしたりとも
ふたたびこれを
なすことなかれ
悪のなかに
たのしみをもつなかれ
悪つもりなば
堪えがたき
くるしみとならん

 

もしひと
よきことをなさば
これを
また また なすべし
よきことをなすに
たのしみをもつべし
善根(よきこと)をつむは
幸いなればなり

 

 

悪いことをしないようにしなさい、良いことをしなさい、というのは、普通の道徳的な教えのように思えます。

 

でも、ブッダの場合は、悪いことを繰り返すことが苦しみを生み、良いことを繰り返すことが楽しみを生むと言っています。

 

要するに、道徳的なことではなくて、自分の人生を幸せにするための方法論を語っているわけです。

 

悪いことをしても、幸せにはなれませんよ、という単純な法則ですが、これはなかなか難しいことなのです。

 

なぜなら、人間というのは、短期的な快楽のために、長期的な幸せを犠牲にしてしまうものだからです。

 

というか、長期的な幸せが犠牲になるということが、わからないのだと思います。

 

 

出典:『ブッダの真理のことば・感興のことば』中村元著 岩波文庫
    『法句経』友松円諦著 講談社

 
法句経 (講談社学術文庫)
友松 圓諦
講談社
売り上げランキング: 79,299
 
ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)

岩波書店
売り上げランキング: 7,228

 

低周波治療器というと、主に二つのメーカーが有名です。

 

ひとつはオムロンで、もうひとつはパナソニックです。

 

 

低周波治療器では、いくつかの周波数を選べるものが多いです。

 

その時に周波数を選ぶのではなく、叩く、押す、揉むという選択になっている場合がほとんどです。

 

要するに、周波数の違いによって、叩いている感覚や、揉んだり押したりする感覚が生じるようです。

 

周波数の違いは、以下です。

 

叩く:3~8Hz

押す:40Hz

揉む:50Hz

さする:100~120Hz

 

周波数が低いと、皮膚から表面しか刺激しません。

 

その代わり、ピクピクと筋肉が動きます。

 

ですから、動いている感覚が強いと、逆に、深い筋肉には電流が届いていないのです。

 

 

逆に、深い筋肉に電流が届く周波数だと、刺激が少ないです。

 

マッサージを受けている感覚にはなりません。

 

そういう矛盾が生じるので、大抵の低周波治療器は、低い周波数と高い周波数を組み合わせたプログラムを内蔵しています。

 

 

たとえば、オムロンの以下の低周波治療器の場合は、すっきりモードでは、低い周波数から、中周波と呼ばれる1200Hzまでの電流を繰り返し流します。

 

1200Hzの場合、刺激はほとんどありませんが、少し深いところまで電流が届くのです。

 

OMRON(オムロン) 低周波治療器 Elepuls HVF900JE4 エディオンオリジナル
OMRON(オムロン)
売り上げランキング: 3,362

このように見ていくと、周波数というのは、高くなるほど、筋肉の深い層に作用するというのがわかります。

 

ですから、低周波治療器を使う場合、高い周波数が出せるものを選んだほうが、より筋肉の深い領域に作用しやすいということなのです。

 

 

オムロンの最近の低周波治療器では、1200Hzだけを出せるモードを搭載しているようです。

 

深部モードというのが、1200Hzだけを出し続けるモードです。

 

オムロン 温熱低周波治療器 HV-F312
オムロン(OMRON)
売り上げランキング: 8,555
オムロンヘルスケア 低周波治療器 HV-F125
オムロンヘルスケア
売り上げランキング: 11,308

 

前回、MMSの代用になるものとして、オリーブの葉(オリーブリーフ)を紹介しました。

 

サプリメントだけではなく、粉末をクッキーに入れたり、オリーブリーフをお茶にして飲むことができます。

 

そこで、僕も、無印良品のオリーブリーフティーを買ってみました。

 

オーガニックハーブティーオリーブリーフ&ローズ

 

これは、オリーブリーフだけではなく、ローズも入っているようです。

 

 

耐熱ガラスのボトルに入れてみました。

 

 

味は、まろやかなハーブティという感じです。

 

香りは、ローズが入っているので、少しローズの香りがします。

 

オリーブリーフの薬効だけを期待するなら、粉末をお湯に溶かして飲んだりしたほうが、効果が高いかもしれません。

 

 

オリーブリーフティーは、自分でも簡単に作れるようです。

 

うちの庭には、小さなオリーブの木があるので、自分で葉を摘んで、作れそうです。

 

摘んだ葉を洗って、焦げないように20分前後カリカリになるまで炒ると、茶葉ができるそうです。

 

オリーブ葉のお茶の作り方(オリーブリーフティー)

 

自分で作ると、楽しそうですよね。

 

善をなすのを急げ。

悪から心を遠ざけよ。

善をなすのにのろのろしたら、心は悪事を楽しむ。

 

善(よ)きことには
いそぎおもむくべし
悪(あ)しきことにむかいては
心をまもるべし
功徳(よきこと)を作(な)すには
こころうきものは
悪のなかに
こころおぼるるなり

 

 

ブッダは、善と悪をきちんと識別して、悪を遠ざけるように言っています。

 

善も悪もないとか、そんなことは言っていないのです。

 

 

出典:『ブッダの真理のことば・感興のことば』中村元著 岩波文庫
    『法句経』友松円諦著 講談社

 
法句経 (講談社学術文庫)
友松 圓諦
講談社
売り上げランキング: 79,299
 
ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)

岩波書店
売り上げランキング: 7,228

 

最近、周波数治療に興味を持って、いろいろ調べています。

 

周波数で治療といえば、一番有名なのは、低周波治療ですね。

 

電流を流して、筋肉のこりをほぐすという治療法です。

 

 

僕も昔、安い低周波治療器を買って、使っていたことがあります。

 

その低周波治療器があったので、昨日、久しぶりに低周波治療器を使ってみました。

 

 

OMRON エレパレス 低周波治療器 HV-F128
オムロン(omron)
売り上げランキング: 4,744

 

使ってみて、意外に気持ちが良いなと思いました。

 

もちろん、これで筋肉がほぐれるかどうかは、よくわかりません。

 

単に、ストレス解消にしかならないかもしれません。

 

ただ、グリグリと筋肉を揉むよりは、筋肉を痛めなくていいかもしれません。

 

 

低周波治療器というのは、そもそもどんな原理なのでしょうか。

 

低周波というのは、周波数のことです。

 

低い周波数ということですね。

 

 

周波数という言葉を聞くと、学校の理科の授業を思い出すかもしれません。

 

最近では、携帯電話が、以前のアナログテレビの周波数帯を使いはじめるということで、古いテレビアンテナだと受信障害が起こるかもしれないと言われています。

 

そのように、周波数に関わるテクノロジーというのは、僕たちの身の回りの様々な場面で使われている技術です。

 

 

低周波治療器は、パルス電流という短い電流を筋肉に流します。

 

電流は、Hz(ヘルツ)という単位で表されます。

 

低周波治療器の場合は、1秒間に何回パルス電流を流すかで、ヘルツが決まります。

 

1Hzから1000Hzくらいを低周波と呼んでいます。

 

 

MMSの代用になる天然ハーブを探していますが、前回は、春ウコンを紹介しました。

 

今回は、オリーブの葉(オリーブリーフ)をご紹介します。

 

 

 

オリーブは、オリーブオイルとして、よく使われているので、非常にメジャーな食材ですね。

 

オリーブオイルというのは、オリーブの実から搾った油のことです。

 

 

 

オリーブオイルも、オレイン酸など、健康によい成分が含まれています。

 

しかし、殺菌作用に関しては、オリーブの実ではなく、オリーブの葉のほうに、素晴らしい薬効があるのです。

 

オリーブの葉を粉末にしたものは、マラリアの治療薬としても使われていたほどです。

 

そういう意味では、MMSに近い作用があるのではないかと思います。

 

 

オリーブの葉には、どのような薬効成分が含まれているのでしょうか。

 

オリーブの葉には、オレウロペインという成分が含まれています。

 

このオレウロペインには、抗菌作用だけではなく、抗真菌(カビ)作用もあるのです。

 

 

MMSも、抗菌作用だけではなく、抗真菌作用があることから、ガンなどにも効果があるのではないかと言われています。

 

ですから、オリーブの葉にも、そのような効果があるのではないかと期待できます。

 

 

オリーブの葉は、一般的には、お茶として飲まれています。

 

無印良品にも、オリーブリーフのお茶があります。

 

オーガニックハーブティーオリーブリーフ&ローズ

 

 

サプリメントとしては、オリーブの葉の粉末があります。

 

 

Now Foods, オリーブの葉エキス

 

 
オリーブの葉の薬効については、本も出ているくらい効果があるようですね。
 
医者も知らないオリーブ葉エキスの力
モートン ウォーカー
中央アート出版社
売り上げランキング: 350,809
100%九州産オリーブ葉パウダー 100g
(株)オリーブアカデミー
売り上げランキング: 32,756

 

不死(しなない)の境地を見ないで百年生きるよりも、不死の境地を見て一日生きることのほうがすぐれている。

最上の真理を見ないで百年生きるよりも、最上の真理を見て一日生きるほえがすぐれている。

 

人もし生くること
百年(ももとせ)ならんとも
不死(しなざる)の道(みち)を
見ることなくば
この不滅(ほろびな)の
道(みち)を見る人の
一日生くるにも
およばざるなり

人もし生くること
百年(ももとせ)ならんとも
無上(うえなき)の法(ほう)を
見ることなくば
無上の法を
見るひとの
一日生くるにも
およばざるなり

 

 

この不死というのは、アムリタ(甘露)という意味だそうです。

 

最上の真理、無常の法を知らないで長く生きるよりも、たとえ短い人生でも、素晴らしい教えを体得できたほうが、はるかに価値のある人生だということなのでしょう。

 

 

出典:『ブッダの真理のことば・感興のことば』中村元著 岩波文庫
    『法句経』友松円諦著 講談社

 
法句経 (講談社学術文庫)
友松 圓諦
講談社
売り上げランキング: 79,299
 
ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)

岩波書店
売り上げランキング: 7,228

 

CDSは、MMSよりも使いやすいので、クレベリンのように空間除菌のスプレーとして使うことができます。

 

CDSを薄めたものを、少しだけ鼻うがいのお湯に入れても、いいかもしれません。

 

 

前回は、MMSの代用になるハーブとして、春ウコンを紹介しました。

 

ウコンには、いくつか種類があります。

 

MMSのような殺菌効果を期待するなら、春ウコンがいいでしょう。

 

春ウコンには、シオネールという精油が含まれていて、これが殺菌作用をもたらします。

 

 

「ウコンの力」などに含まれているウコンというのは、この春ウコンのことではありません。

 

秋ウコンと呼ばれているもので、カレーに入っているターメリックのことです。

 

ターメリックは、スパイスとして、スーパーにも売られていますよね。

 

あのターメリックが、「ウコンの力」に入っているウコンなのです。

 

 

僕も、ターメリックの粉末をよく料理に使っていました。

 

ターメリックを市販のドリンク剤などに溶かせば、自家製「ウコンの力」を作ることができます。

 

多分、自分でターメリックを栄養ドリンクに混ぜたほうが、はるかにクルクミンの摂取量は増えるような気がします……

 

ただ、僕としては、ウコンをサプリメントとして摂取するなら、秋ウコン(ターメリック)ではなく、春ウコンのほうが、効果が高いのではないかと思います。

 

 

それから、紫ウコンというウコンもあります。

 

ガジュツとも言います。

 

これも昔、粉末の試供品を摂取したことがありますが、いい意味で、漢方薬のような香りがして、効きそうな感じはしました。

 

 

コラーゲンなどもそうですが、栄養ドリンクに関しては、実際の含有量がどれほどなのかを、きちんと調べてみてください。

 

信じられないような微量しか、入っていないことが多いのです。

 

そういう栄養ドリンクよりも、自分で元の粉末を買って服用したほうが、はるかにコストパーフォーマンスがいいです。

・深みというのは、慈悲深いとも、換言できますか?

 

 

経験値が高まるほどに、いろんな人の気持ちがわかるようになるわけですよね。

 

いろんな立場の経験をするわけですから。

 

 

いろんな人の気持ちがわかるようになるということは、結果的に、慈悲深くなりますよね。

 

人の苦しみが、自分のことのようにわかるわけですから。

 

 

愛を持とうとか、慈悲深くなろうとか、そう思わなくても、自然にそうなっていくのです。

 

それが本物の愛ではないでしょうか。

 

 

ですから、経験値が高くならないと、愛も深くならないと思います。

 

人の苦しみや悲しみは、似たようなことを経験しなければ、なかなかわからないですから。

 

 

そういう意味では、人生の苦しみや悲しみは、経験値を飛躍的に高めるものですよね。

 

その結果、いろんな人の気持がわかるようになっていき、慈悲深くなっていきます。

 

ネガティブな現象も、決して本質的には、ネガティブではないということです。

 

人間というのは、自分で体験して、味わわないと、理解できないですから。