2011年02月22日

鯨を食べてはいけないのかもしれない

テーマ:生き方

諸外国が捕鯨禁止の大合唱する中で、ひとり奮闘している日本人でありながら、

こんな発言は不謹慎だろうか。

しかし。



心の中の宗教観は、大きな生き物を食べては罪深いと言う。

八卦的発想は、自我をしっかり持つ生き物はなるべく食べないのが良いと言う。



大きな生き物に対して、人の心には畏怖、尊敬の念が自然に湧いてくる。

象を殺して食べようとは、インド人もアフリカ人も思わないのではないだろうか。

アザラシや白熊は食べるけれど、象や鯨に較べたら姿は小さいものだ。

もし、奈良の大仏のような大きい生き物がいたら…神様みたいで食べられない。



人間も動物だから、生き物を食べて暮らすのは仕方ない。

しかし、巨大な生き物には、神が宿っている感じがして食べられない。

これは本能的な宗教感覚なのではないか。

理屈ではなく、巨大な物への信仰が、人の心の中に眠っている。

思考を月へ運んでみると、地球が小さく見える。

なんだなんだ、地球の半分以上が海ではないか。


海に、うん? 何か大きな物が泳いでいる、あ、鯨だ。


悠々として立派だなあ。


海の王者って雰囲気だ。



肉を調理をしても魚を調理してもアクが出る。

アクは丁寧に取り去らないと、きれいな味にならない。


アクは、生き物の自我が熱せられて出てきた、血の中から出てきた。


自分なりに考えて道を行こうとする意識、自我を持つ猿、犬、猫などは、


食べてはいけない気がする。

きっと、凄い量のアクが出るだろう。

鰯や秋刀魚など個の自我なし生き物は食べても、個の自我があって、

調理の時アクが強い生き物は、食べないで済ませられたらそれが良いだろう。


鯨も象も食べない方が良いのかも知れない。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Fate Analyst 瑞穂 み すぐりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。