2010年10月13日

植物の精

テーマ:心の個性

黒く光る可愛い木の実でした。

生まれたばかりの赤ちゃんが、小さい掌にしっかり握り締めていたのです。

赤ちゃんの黒目のような、くりくり可愛い楠の実は、いつか、どうしてか掌からこぼれて、

神社の境内に育っていました。

すくすく、ぐんぐん、あっという間にとても高い木に育ち、他を圧倒しています。


植物の精が宇宙から運んで来た木の実は、こうして大地に播かれ、大きな樹になりました。

地表を破いて、上へ上へ、どの樹も、天を目指して伸びようと頑張ります。

何が何でも、上を目指したい、これが植物の精人の宿命的個性です。

仲間より一足でも抜きん出なければ、日に当たれないのは植物の宿命ですから。


一生懸命、一生懸命に上を目指して頑張る勤勉な努力家。

仲間と協力したり助け合ったりしないのも、植物の精人の宿命的個性。



しかし、中には、どうしても抜きん出られなかった植物の精人もいます。

そんな場合はどうするか…少し横道にそれ、そこからあらためて上を目指す。

それがアウトロー的存在であるのは良く見かけるパターンです。

勤勉で勉強好きなヤクザが、組で大いに当てにされ役立ったようでした。


ともかく、人より上に出たい、出なければならない一心の植物の精人の個性が、

日本を世界でも際立つ経済大国に押し上げたのは間違いのない事実です。

では、そんな植物の精人は、当然トップの座を望むのではないかと言えば・・・

それが全然逆なのだから、興味深い性格ではあります。

ひたすら人より上に伸びたい個性には、人心を掌握する魅力が欠けていました。

しかし、本人が望んでいないのなら、なくても良い魅力だったかもしれません。

常に望むはナンバー・ツーの地位と力。


トップを上に飾り、実務全て仕切る力を与えられて生き甲斐を感じる植物の精人の問題点、

それは心の稼動が少ないこと。

エコノミックアニマルと呼ばれたこともある日本人の姿です。

関心は経済一筋、そして教養と言われる知識を人から評価されて好かれること。

芸術にも心にも関心のない植物の精人の倫理感、それは経済力を持つが正義。

その倫理のために、あなたを裏切ったことなんか、多めに見て忘れて下さいよ。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Fate Analyst 瑞穂 み すぐりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。