2010年10月07日

水の精

テーマ:心の個性
水の精

宇宙から水滴が一粒落ちました。

水滴が落ちて行く先に、月の明かりを受けて美しく輝く星があります。

それは火と水の星、地球でした。

地球の中は火が燃えていて、地表は海と砂漠と山に覆われた星でした。

水滴が落ちる前、地球は老化の最中、宇宙から水分を回収され消滅する寸前でしたが、

宇宙が間違えて落とした水滴で、すっかり蘇りました。

水滴は海ではなく砂漠に落ちたのです。

砂漠に落ちた水滴は大雨になって何日も何日降り続け、河や池になりました。

河は幅をどんどん広げて蛇の様に身体をくねらせ海へ向かいました。

そして雨は、地下で眠っていた植物の種を目覚めさせ、葉を茂らせました。

宇宙が落としてしまった水滴、人の心の中にいる情が、地球を生き返らせました。

その後も、宇宙は地球を消滅させようと押しつぶしにかかっています。

それを植物が地下から押し上げ、動物は植物に隠れて幸せな生活をしています。


水は、常に太陽に呼ばれ、空へ向かいますが、隙を見ては落ちてきます。

雨粒となって戻るや地下へ潜り、植物に隠れて呼び戻されるのを逃れている。



ですから、そんな地球の恩人である水の精人 は、上の方や空は苦手です。

理屈や信念、理想、哲学などには、産まれた時から関心を持ったことはない。

水、心の中の「情」の水で地球を蘇らせたのですから。

情は優しさ、下の者へ向かういたわり、可愛がり面倒を見る気遣いです。


水の精人の目線も、上へは行かず、どうしても下へ向かってします…癖ですね。

注意されても上には向けません。

仲間を集めるのは、理論ではなく、気づかい。

人と人を結び合わせるひらめき能力で、リーダー格を持ち続けます。



水の精人の得意分野、それは人間が造った水の流れ、経済の世界。

ですから商売人、経済人になれば成功する確率は高い。

経済の方向を読む能力には大変長けていて、センスも抜群。

常に、身の回りの人の動き、物の移動には神経が良く向かいます。

商売のセンスを生かし、経済力を持つ大店の主人の風格を目指すのが得策。

間違っても、政治家にはなろうとしないことです。



理念、理想、信義、信念など持って何の役に立つと言うんだ、

社会を循環させている血液、それは経済力なのだから、絵空事はいい加減にして眼を覚ませ。

そんな言葉に頷くのは、植物の精人

お互い共通の倫理観を持っていますから。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Fate Analyst 瑞穂 み すぐりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。