2007年01月06日(土) 16時07分25秒

よくある質問~六法の使い方を知りたい

テーマ:資格試験についてよくある質問

前回は「選び方」についてお話ししましたので

今回は「使い方」についてお話ししていきましょう。


行政書士試験において「六法」は重要な学習アイテムです。


ただ残念ながら、「六法」の上手な使い方を知らないために、本来持っている良さを引き出せないままになっている方が多いのも事実です。


上手な使い方のポイントは


POINT1 いつも手元に置いておこう

POINT2 必ず足あとをつけよう 

POINT3 どんどん書き込みをしよう


の3つです。


POINT1から、説明していきましょう。

「いつも手元」に置くということですから、学習をするときだけでなく普段から持ち歩いてほしいのです。


「重い」「かさばる」

なんていうことは、受験生たるもの思っても口にしてはいけません。

合格するまでの我慢ですから、そこはわりきってください。


やはりちょっと気になったときにすぐ見ることができるようにしておくべきなんですね。

1冊丸ごと持ち歩こうとするから大変なのです。

六法の中で試験に必要な箇所のみ切り離して持ち歩けばよいでしょう。

このあたりは過去問題集も同じです。

必要な箇所だけ切り離す。

これは忙しい方におすすめの方法ですよ。


POINT2からが、具体的な使い方のお話です。

条文を読むたびに必ず六法に「足あと」をつけてほしいのです。

それによりたくさんある条文を

「読んだことのある条文」

「読んだことのない条文」

に分けることができます。


一番ポピュラーな方法は、鉛筆で条文番号に丸をつけるというものです。

何度も目を通す条文は鉛筆でグルグル丸がつけられます。

それほどでもない条文には、それなりに、

全く読んでいない条文はきれいなまま。

これでメリハリをつけることができるんですね。


試験直前に最低限目を通すべき条文を、学習の過程で選りすぐっていく。


そんなイメージですね。


POINT3は、そのままですね。

過去問題を検討したら、その年度と問題番号、選択肢番号を

たとえば

「97-57(2)」

と、その条文の横に書き込む。


その過去問題で、ひっかけてきたポイントを

たとえば

「×つねに」

といったように書き込む。


条文によっては解釈が必要な場合もあります。

そのような場合は

たとえば

「テキストP12を見る」

といったように書き込む。


最近成立した法律に多いですが、やたら長い条文については、「/」を、意味の切れ目に入れていく。


重要なキーワードには、条文にもアンダーラインを入れる、などなど。


やるべきことは多いですね。

一般に販売されている「行政書士試験用六法」はこれらの作業をあらかじめより詳しく施してあるものと

ご理解いただければよいでしょう。


だからこそ、前回も「行政書士試験用」ではない一般の六法を薦めたのです。


学習は自らの手を動かさなければ意味が半減します。


すでに親切にいろいろと追加されている「行政書士試験用六法」では、自ら手を動かす作業が少なくなりますね(下手すればアンダーライン程度ですんでしまうでしょう)。

また、必要な情報がすべて掲載されてしまっているため、本当に自分が見るべきところがどこなのかがわかりにくいという欠点もあります。これでは直前期に使いにくいですね。


以前お話ししましたが、


全ての教材は、直前期にいかに使えるかという視点で日頃から加工していく必要があるのです。


ということで私のおすすめ六法は、前回も紹介しましたが

コンサイス判例六法〈2007(平成19年版)〉
¥2,625
Amazon.co.jp

なのです。


★みなさんの力によって、ランキングはついに4位まで回復しました。

ベスト3はいずれも強敵ですが、なんとか一角を崩したい。

引き続きクリックお願いします!


にほんブログ村 資格ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

横溝慎一郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

5 ■なるほど

 切る前に教えてくださって、ありがとうございます^^
「過去問を前提とした未出題」が出るんでしたね。
危ない所でした (´Д`;)

4 ■puchi-kooruさんへ

実務家になったら
普通の六法を使うことになるので
絶対おすすめですよ。

3 ■かつみさんへ

>民法・商法・地方自治法は
 過去問で問われた部分以外は
 六法から切り取った方がいいような
 気がしてきました・・・。
それは危険です。けっこう全く出題されていないところから出ることもあるので。

2 ■ヨカッタ♪

今年も試験用の六法を疑いもなく買おうとしてました。
その前に、こちらの記事に出会えてよかったです。
ありがとうございます☆

1 ■ばっさり

>必要な箇所のみ切り離して
 おっしゃる通りです。
民法・商法・地方自治法は
過去問で問われた部分以外は
六法から切り取った方がいいような
気がしてきました・・・。

コメント投稿

AD


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。