「市民として 憲法に従った民主政治を 回復するために」
立憲デモクラシーの会に賛同しています!





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月26日(月) 00時01分34秒

LEC公開模試第2回記述講評と夏の終わり

テーマ:行政書士試験模試の効果的活用法



今日で2016年向け合格講座平日クラスは全日程終了です。

日曜クラスもあと2週で終わり。

日曜クラスは次回から地方自治法に入ります。

とても重要な話が盛りだくさんです。

講義中寝てる場合ではありません(笑)。

さて、公開模試第2回も終わりました。

記述以外の出来はいかがですか?

良かった人も悪かった人も、「模試は模試」ですから、日々の学習を粛々と進める方を優先しましょう。

さて、第2回の記述です。

問題44から見ていきましょう。

問題文を読んだ時点で、解答が浮かんでくる。

そのくらい易しいレベルの問題です。

執行停止の積極要件と区別がしっかり出来ていたかどうか?

正確に再現できていたかどうか?

案外「償うことができない」の部分を間違えている人が多いかもしれません。

漢字で書けるか?も含めてチェックしておきましょう。

「おもしかつぐ」「あるかりしない」

これがゴロ合わせ(笑)。

「おもし」は「重大な」の「重」を「おも」と読んでいます。「し」はもちろん「執行停止」の頭文字です。

「かつぐ」は「か」が「仮の」で「つぐ」が「償うことが」の最初の2文字。

「あるかりしない」は有名ですね(笑)。

仮の義務付け、仮の差し止めは「本案について理由があるとみえるとき」なので「あるかり」。

執行停止は「本案について理由がないとみえるとき」なので「しない」。

気に入ってもらえたら使って下さい。


次は問題45。

民法444条本文の内容を、事例に当てはめて解答出来ているかがポイントです。

連帯債務者ABCの3人について、負担部分がどうなっているか、問題には書いてありません。

ですからABの負担部分に応じて分割することになる。

それを答案に反映出来たかどうか?

「償還」を書けたかどうか?

そもそも444条を知っていたかどうか?

このあたりをチェックしておきましょう。

最後は問題46。

事務管理について、最も重要な条文である702条について聞いている問題。

代弁済請求のことは知っていた人が多いでしょう(期待を込めて)。

ですから、650条2項前段は書けたのではないでしょうか?

ただ650条2項後段を知っていた人は、それほど多くなかったかもしれません。

702条2項は650条2項全体を事務管理に準用しています。

改めて条文を確認しておきましょう。




9月も終わりに差し掛かっています。

コットンスーツの季節も終わりです。

9月が終わったら、夏物をクリーニングに出そうかな。

さすがに夏終わりでよいですよね?(誰に聞いているんだろ?)




おかげさまで、どんどん席が埋まって行っているようです。

受講希望の方は、お急ぎください。

あとここのところ涼しかったこともあり、風邪が流行っているようです。

あなたは大丈夫ですか?

大事な時期ですので、体調管理には十分気をつけてくださいね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月25日(日) 22時21分47秒

直前期だからこそ「思いだせるかチェック」は重要です

テーマ:行政書士試験戦略的学習法



「暗記苦手なんです。そんな私でも大丈夫でしょうか?」

これから勉強を始める方が懸念事項として口にされることの代表例がこれですね。

こういった質問に対して私は「最終的には、試験に問われるであろう内容を思い出せなければ絶対合格はできません。」とお話しすることにしています。

でも丸暗記をするのは危険であることは言うまでもありません。

丸暗記をすると、試験場で頭が真っ白になった瞬間にすべて飛びます。

飛んだら最後、二度と思い出すことは出来なくなります。

だからこそ、思い出すべき内容に「意味付け」を行うことが必要になるのです。

なぜそのような分類になっているのか?

なぜそのような名称になっているのか?

「なぜ」を駆使することで、思い出すべき内容に関連する情報が付け足されていく。

そのような関連する情報こそが、記憶が飛んだ状態から自分の記憶を再構築するために役に立つんですね。

そして、思い出すべき内容をきちんと思い出せるかどうかは、週1でチェックしていきましょう。こういったチェックは憲法統治や行政法では特に大切です。

今年の本試験まであと49日。

つまり7週間あります。

毎週日曜にチェックする時間を取っておけば、本試験当日もいつも通りチェックしてから試験に臨めます。

「いつも通り」というのが、本試験当日自分の気持ちを落ち着かせるために、非常に有効なのです。

ここから7週間欠かさずそれを続けていけば、「習慣」になります。
実際は、7週かけなくても、3~4週間で「習慣」になりますよ。

「習慣」になれば苦にならなくなります。

私のブログの更新と一緒です。

思い出せるかどうかのチェックをするときに忘れずにやっておいて欲しいことがあります。

それは、

「どう間違えたかを記録しておく」

ということです。

昨日の講義でも、「強制徴収」とこたえるべきところ「直接徴収」と答えた方がいました。

そのあと必死に思い出そうとしても「直接」という言葉から離れられません。その状態の方に、追い討ちをかけるように、さらなる質問をぶつけていく。

「やばい!何だっけ?」

心理的に追い詰められれば追い詰められるほど、「強制徴収」というワードを思い出すことはできません。

でもこれが、試験場での状態なのです。

だからこそ、普段から自分の犯しやすいミスのパターンを把握しておくことは、とても大切です。

どのように間違えて思い出したかを記録しておくことで、あなたがどういった間違いをしやすいのかが確認できます。

確認できれば、意識もできます。

意識できれば、行動が変わってきます。
工夫も生まれます。




ラスト1週間は渋谷駅前本校に専用自習室を開設します。

私も質問対応で待機してます。

良かったら利用してくださいね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月24日(土) 23時21分55秒

本試験まであと50日。あなたに思い出してほしいこと

テーマ:行政書士試験戦略的学習法



まさに本日、本試験まであと50日です。

泣いても笑っても、という言葉がありますが、いよいよあと50日。

さて、昨日の「一般知識特訓講座」の講義に、2017年度試験向け講座の受講を検討している方が見学に来ていました。

きっとこれから頑張って勉強しなくちゃね、と思いながら、講義を見学されていたのでしょう。

新しいことを始めるときって、ワクワクしますよね?

自分の周りの景色までいつもと違っているように感じる。

そんな高揚感に包まれることもありそうです。




本試験を50日前に控えているあなたが、今思い出すべきなのは、あなたが勉強を始めた時に感じた(はずの)ワクワクした気持ちです。

2016年度試験で合格するぞと決意したあのときの輝いていた自分。

いまのあなたは胸を張って「がんばってるよ」とあのときの自分に言えますか?

押さえるべきテーマは、「あと50日の過ごし方」の中でお話ししました。

あとは、残り50日最高の準備をやり続けることが出来るか?

ここがポイントです。

やり続けるためには、一度あなたの中で気持ちをリセットする必要がある。

リセットして、勉強を始めた時のあの新鮮な気持ちを持って再スタートを切って欲しい。

今まで出来ていないことなんて、忘れましょう。

ここから、やるべきことをきちんとやっていけば、それでよいのです。

今日から本試験まで、私はあなたに「頑張れ!」というのを止めます。

ただし、がんばってるなと感じた人限定です。

つまり私から「頑張れ!」と言われた人は、私が見てがんばってるようには感じなかったということだと思ってください。




そして、前日は「ずばりストライク講座」で締めましょう。

渋谷駅前本校で受講する方全員に、私が買ってきた合格鉛筆を差し上げます。

当日は中継教室もあります。ただ直接私が講義している教室で受講する事を希望される方は、早めにお申し込みをすることをお勧めします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。