立憲デモクラシーの会に賛同しています!

「横溝プレミアム合格塾1期生通学クラス」合格率60%!(教室在籍20名中12名合格)



2月5日LEC合格祝賀会
ph_kantou11.jpg

2月23日横溝クラス合格者交流会
1393169417934.jpg




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年10月02日(木) 12時11分21秒

10月4日(土)17時から2015年度試験向け講座説明会を行います

テーマ:よこみぞ担当講座のご案内

2015年向けの「合格講座 横溝クラス」は10月27日(月)に開講します。

ということで、10月4日(土)に「合格講座 横溝クラス」の説明会をLEC渋谷駅前本校にて実施することにしました。

2015年度の行政書士試験は2015年11月8日(日)に実施される予定です。

「行政書士試験を目指そうと思っているけど、どこのスクールがいいかわからない」

「資格試験に興味があるけど、なにを目指したらいいのか迷っている」

「司法書士と行政書士ってなにがちがうの?」

「横溝クラスは他のLEC本校の合格講座となにがちがうの?」

「スピード学習クラスってなに?」

などなど。

行政書士試験を目指そうと思っている方、行政書士試験に関心のある方、行政書士試験に限らず資格試験に関心のある方など、どなたでも大歓迎です。

一度LEC渋谷駅前本校の講座説明会に足を運んでみませんか?

私をはじめ、各種資格試験に精通したスタッフがあなたをお待ちいたしております。





日時:10月4日(土)17時~18時30分

場所:LEC渋谷駅前本校

お問い合わせ:03-3464ー5001

担当:ウエキ カワシマ 

事前の予約はいりません。
また参加は無料です。

あなたの参加をお待ちしています
AD
2014年10月02日(木) 01時35分04秒

あと37日&司法書士筆記試験の合格発表、そして合格のための絶対的条件とは?

テーマ:よこみぞ的ひとり言
本試験まであと37日。

可処分時間にして3時間×16日+4時間×21日=132時間です。

最初に告知をば。

実は10月2日(木)の20時からフォレスト出版さんが運営する動画サイト「YOMIPOチャンネル」に生出演します。

もちろん新刊「一発合格者が磨いている「超効率」勉強力」のプロモーションを兼ねた出演なのですが、動画生配信というのは初めてですので、とても楽しみにしています。
よかったらぜひ見てくださいね。

「YOMIPOチャンネル」はこちらからどうぞ

一発合格者が磨いている「超効率」勉強力(フォレスト2545新書) (Forest2545Shi.../フォレスト出版

¥972
Amazon.co.jp

さて10月1日は司法書士試験の筆記試験に関する合格発表でした。

全国で762名の方が見事合格されたそうです。
三枝りょうこ先生いわく「ナロニー」なんだとか(笑)。

そして、2012年に「よこみぞクラス」で一発合格をされた方が、今回の司法書士試験においても見事一発合格したという、うれしい報告をいただきました。
たしか法律初学者だったと記憶しています。ですから、この2年でつぎつぎに試験に合格していくために払った努力の量はすさまじいものがあったことでしょう。

まだ口述試験が残っていますので、最終合格ではありませんが、今年の試験は非常に難しかったという話を聞いていただけに、喜びもひとしおです。

「さいごまであがく」「絶対にあきらめない」という心構えは、どんな試験でも共通することであるということを、その方からの報告メールを見て、改めて確信しました。
私が今年の3月に書いたサインの写真もメールに添付してくれていたのですが、ブログに掲載していいか確認を取っていないので、確認が取れたら改めて載せますね。

こういう話を聞くと、「どうせその人は地頭がいいんだろう」といったようなことを言う人がいます。

でもね、地頭がいいかどうかは合格するにあたっての絶対的条件ではありません。

では、絶対的条件とはなにか?

それは、「絶対合格する」という強い信念を持ち続けることができるかどうか、だと思います。

そして、その思いを持ち続けながら勉強を継続することができるかどうか。

そこにかかっているのです。

合格したいという思いは誰もが持っています。

でも、長い受験生活の中で、その思いが徐々に、あるいは一気に薄れていってしまう。

理想と現実のはざまで、すり切れていってしまうといってもいいかもしれません。

それでも、「絶対合格するんだ」という思いを持ち続けることができる人が合格するのです。

どういった勉強方法をとったかや、どこの予備校にいったか、どの教材を使ったかは、この絶対的条件をクリアーしていなければ、何の意味もありません。

そしてこれはあと37日となった行政書士試験を受けるあなたにもいえることです。

ここまでなんども「もうだめかも」とか「来年でいいや」とか、そんな思いを抱いた人もいることでしょう。

でも、今日から11月9日の試験開始までは「絶対合格するんだ」という強い気持ちを持ち続けることを、ここに誓ってください。
そして試験が始まったら、そのことはいったん忘れて「目の前の問題を解いていく」ことに集中することもあわせて誓ってください。

あなたの未来は「今」の積み重ねで変わっていきます。


ペタしてね
AD
2014年10月01日(水) 20時27分03秒

あと38日&LEC全日本行政書士公開模擬試験第2回~多肢選択・記述講評

テーマ:行政書士試験模試の効果的活用法
本試験まであと38日。

可処分時間にして3時間×17日+4時間×21日=135時間です。

ということで9月は終わってしまいました。

当たり前ですが、今日から10月が始まります。

公開模試第2回おつかれさまでした。

早速ですが、多肢選択・記述の講評をしていきましょう。一般知識と法令は明日書きますね。

★多肢選択
問題41と42は易しかったと思います。強いて言えば問題43がやや難しかったかもしれません。
ただ、20点以上はしっかり取ってほしい内容だったと思います。

★記述
問題44は事例から「差し止め訴訟」の話だということに気が付けたかどうかがポイント。
消除処分が行政処分にあたると問題の中で説明されていますね。
ただ3行目のところでも「行おうとしている」にとどまっていることが読み取れます。
つまり、まだ処分は行っていない、ということです。
また市議会議員選挙は間近に迫っているとのことですから、差し止め訴訟だけやっても原告の救済にはなりません。合わせて仮の差し止めの申し立てが必要です。

問題45は「請負契約」が当事者間に成立していることに気が付けたかどうかがポイント。
当事者間でなにか契約が成立しているときは、かならずどんな契約かを確定させることが重要です。
そのうえで、今回は建物が完成する前に契約を解除したいと考えていますね。
とすれば641条の話だということは分かるはずです。

問題46は単純知識問題です。これがわからなかった人は関連論点の見直しをしておくこと。


<おまけ>

28日の名古屋ツアーの様子をご紹介。

「必修論点50シリーズ個人情報保護」の講義風景です。



その前に行われた3講師コラボガイダンスの様子。コラボといいながら私しか映っていませんが(笑)。




そして3人で記念撮影♪



考えてみれば東京の先生と一緒に写真を撮ることなんてまずありえないので、これは我ながら貴重な1枚かと。

ペタしてね
AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>