「市民として 憲法に従った民主政治を 回復するために」
立憲デモクラシーの会に賛同しています!

2015年2月15日LEC渋谷駅前本校にて合格者交流会が盛大に行われました!







1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年07月06日(月) 00時48分37秒

司法書士試験おつかれさまでした!そして行政書士試験の公示日に考えてほしいこと

テーマ:よこみぞ的ひとり言
司法書士試験おつかれさまでした。

LEC渋谷駅前本校でも解答速報会が開催されていました。

顔見知りの受験生の方にも何人かお会いすることができました。

ともかく、大変な試験を受けてきたわけですから、ゆっくり休んでください。

よかったら、りょうこ先生のブログでも見て、癒されてください。

ところで「中本のロンT」ってなんですか?

(↑横溝ゼミの様子)

そして、また別の記事で書きますが、7月6日は2015年度行政書士試験の公示日です。

驚くような変更があったら大変ですので(ないとは思うけど)、必ずチェックはしてください。

そして、きちんと出願の手続きをしましょうね。

出願しなければ、合格は100%ありません。

ちなみに出願は8月3日から受付開始です。
お盆前には出願手続きを終えてしまうことをお勧めします。

もちろん、出願しただけでは合格はできません。

当たり前のことですが、改めて肝に銘じておかなければならない事実でもあるのです。

たとえば行政法。

この科目は判例や条文知識など、覚えなければならないことがたしかにたくさんあります。

憲法も似ていますね。把握しておくべき判例については、ポイントをきちんとしぼって覚えていくことが必要です。

講義を受ければ、たしかに膨大な知識をきちんと整理することができるようになるでしょう。

でも頭の中で整理されたとしても、あなたが覚える努力をしなかったら、全く意味はありません。

「あなたが覚えるか覚えないか」

どんこスクールに行っていようが、どの先生の講義を受けていようが、一人で勉強していようが、ここは全員に共通です。

あなたが覚えなかったら、あなたはいつまでも覚えられません。

あなたが覚えなかったら、あなたは一生合格できません。

とてもシンプルな事実です。

受験回数やあなたが置かれている状況なんて、試験に合格するためには一切関係ありません。

そこに「でも」とか「もし」とか余計な言葉を付けて、事実を正当化するような真似をしているうちは合格はおぼつかないと思ってください。

自分の置かれている状況を自分でコントロールできなくて、どうして合格できるでしょうか?

こういうことを書くと、厳しいことを書いているなぁと思う人もいるかもしれません。

読んでむかついた、という人もいるかもしれません。

「横溝のブログむかつく」

そう思ったあなた。

正解です。それでよいのです。大いにむかつきなさい。

真剣に合格を目指しているのであれば、むかつくはずのことを書いているのですから、むしろむかつかないほうが問題です。

もっといえば、この記事を読んで何も感じないのであれば、今年の試験に出願することは今一度考え直した方がよいかもしれません。

試験が公示される日だからこそ、あなたにあなた自身に対して「自分は本気で試験に立ち向かう覚悟があるのか」ということを問いかけてみてください。

私も、「本気」の受験生以外応援するつもりはありません。


ペタしてね

AD
2015年07月05日(日) 22時36分15秒

譲渡担保はどこまで学習するべきか?、そして到達度確認模試第2回も生解説やります!

テーマ:行政書士試験科目別学習法~民法編
以前「到達度確認模試」の第1回については、LEC渋谷駅前本校にて生解説講義を行うという話をしました。

第2回は生解説は「ない」けれど、第1回は「ある」と。

でもよく考えたら、第1回は「ある」のに、第2回は「ない」というのは、バランスが悪いですよね。

そこで、第2回についても、生解説を行うことになりました。

LEC渋谷駅前本校での第2回模試の実施日は、8月16日。
その生解説は8月22日を予定しています。
実施時間は正式に決まり次第、改めて当ブログでも報告しますね。

ちなみに第1回の模試は、7月20日13時から行います。そして解説は16時15分から行う予定です。

生解説はどちらの回も「無料」で実施しますので、模試を受験された方(渋谷駅前本校以外で受験した方も参加OKです)はぜひご参加ください。
参加の際は、かならず問題冊子と解説冊子をご持参ください(7月20日に渋谷で受験している方は、当日配布します)。




珍しく(笑)打ち合わせ中。

さて、今日は「横溝ゼミ」の憲法第2回。

「横溝ゼミ」では、質問事項とその解答を記載したレジュメを毎回配布していきますが、憲法ではそのほかに条文穴埋めシートも配布します。

質問事項は全3回の憲法で90問程度を予定していますが、判例知識の確認はこのレジュメを使うことで必要十分です。
憲法の判例知識を整理しきれずに、困っている人がいたら「横溝ゼミ(通学・通信)」を活用してみるというのはいかがですか。

そういえば、昨日の「過去問徹底解析」の講義では、2012年にだされた譲渡担保の問題について触れました。

譲渡担保は、決して最重要論点というわけではないですが、基本的なメカニズム(設定契約の内容、処分清算型と帰属清算型、受戻権の内容、受戻権の消滅時期)くらいは知っておいてもよいでしょう。

また「集合債権」に対する譲渡担保の設定も重要です。

ここで問われる内容は、「債権譲渡」で学ぶ内容ともリンクしてきます。
たとえば、将来発生することが不確実な債権を譲渡担保の対象にできるか?(できますね)とか将来発生する「集合債権」の譲渡は、確定日付ある証書による通知を行うことで一括で対抗要件を備えたことになる、といったことが2012年の問題では問われていました。

もちろん「合格講座」では論点ランクCとしていますので、初めて学習している人は深入りしないほうが賢明です。
ただ、上記2点くらいであれば、それほど難しい話でもないので知っておいて損はしないと思いますよ。




ペタしてね


AD
2015年07月04日(土) 22時51分38秒

明日は司法書士試験です~知っておきたい本試験前日の過ごし方

テーマ:よこみぞ的ひとり言
当ブログは「行政書士試験」の受験生が主に読んでいるはずなのですが、なかには他の試験を受けているにもかかわらず、なぜか毎日読んでくださっているという奇特な方もいらっしゃいます。

あ、手は上げなくて大丈夫です(笑)。

司法書士試験の受験生の方も、きっと3人くらいは読んでくれていることでしょう。

そうです。明日は司法書士試験です。

どんな試験でもそうですが、前日はなんだかふわふわした変な気持ちで過ごす人が多いものです。

そんなとき、いつもと違ったことをやろうものなら、もうメロメロになってしまいます。

気持ちを落ち着ける必要なんてありません。

試験前日なんだから、ふわふわしていて当然です。

だから、特別なことなんてなにひとつやらなくてよい。

いつも通り過ごしてください。



司法書士試験受験生にむけた根本先生からの力強いメッセージは動画でどうぞ。






さらに、

裏番長りょうこ先生のブログによると、7月5日は午前1時(通常版)と6時30分(臨時版)、そして16時(臨時版)にりょうこ先生は記事を更新するんだとか。

こちらも要チェックです。

試験前日に「違う予備校の講師だ」とか下らないことを言っている場合ではありません。

良いものは全部見る。

それでよいのです。

もちろん最後は「表の番長」の登場です(笑)。



ブログに「表の番長」と書いていたということがばれると、私の身に危険が迫るので、くれぐれも内緒にしておいてくださいね(笑)。


LEC渋谷駅前本校には、こんな手書きメッセージも貼ってあります。
写真左側に私からのメッセージもありますよ。ちなみにパンダのイラストも私が書きました(笑)。

行政書士受験生のあなた。

もしかすると、どうして司法書士試験受験生のための記事を書いているのかと不思議に思ったかも知れません。

もちろん行政書士試験に受かった後に司法書士試験を目指している人を応援したいからです。

そして、行政書士試験を受ける予定のあなたにとっては、「本試験前日」の疑似体験でもあります。

普段通りでよい。

変わったことはやらない。

たとえば、「げんを担ぐ」とか「いつも以上に早めに寝る」とか、そういったことはやらなくてよいのです。

げんを担いでとんかつなんか食べようものなら、なかなか消化できず、結局夜遅くまで眠れないなんてことも起こりえます。

だいたい、前日に、げんを担いでなにかをやる時間があるなら、普段通り勉強したほうがよほどマシです。




さいごは、根本先生との珍しい2ショットを。

司法書士試験を受けるあなたの健闘を祈っています!!



ペタしてね

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇