立憲デモクラシーの会に賛同しています!

「横溝プレミアム合格塾1期生通学クラス」合格率60%!(教室在籍20名中12名合格)



2月5日LEC合格祝賀会
ph_kantou11.jpg

2月23日横溝クラス合格者交流会
1393169417934.jpg




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年11月01日(土) 21時33分50秒

来週はいよいよ本試験ですね

テーマ:行政書士試験戦略的学習法
まもなく本試験ですね。
ほとんどの受験生にとって、「11月9日」がひとつの節目であり、この日を目指して努力を積み重ねてきたことでしょう。
そして、その「11月9日」がまもなくやってきます。

でもね、ちょっと待ってください。

あなたは「試験を受けること」が目標でしたか?
違いますよね。
「試験を受けること」+「試験に合格すること」が目標だったのではないですか?
もっと言えば、「合格のその先」に真の目標があるのではないでしょうか?

だとしたら、「11月9日」はあなたにとって単なる通過点でしかないはずです。
ですから、一気に駆け抜けましょう。
これまであなたが積み重ねてきた努力はウソをつきません。
何度もくじけそうになりながら、それでも必死に歯を食いしばってがんばってきた、その時間はウソをつきません。
自信をもって試験会場に向かってください。
そして、自信をもって問題に向き合ってください。
誰にも真似できないくらい努力をしてきたんだから、合格しないわけがない。
そう自分に言い聞かせてください。

少なくとも、あなたはこれまで小さな努力を積み重ねてここまできました。
ひとつのことに向けて努力をすること。
これはすでに「ひとつの才能」です。
あなたにはその才能があったからこそ、ここまで頑張ってこれたのです。
だから胸を張ってください。
前をしっかり見据えてください。
苦しくなったら、笑ってください。
大丈夫。あなたなら乗り越えられます。

行政書士試験は、ここ数年でずいぶん難しくなりました。
でも、「普通の人が普通に努力すれば合格できる」試験であることは変わっていないと思います。
だから、あなたは合格できます。
そのことをあなた自身が信じることができるかどうか。
すべてはそこにかかっていると言っても、言い過ぎではありません。

試験が始まったら、問題1から問題60までざっと目を通してみてください。
問題の全体像をしっかりと掴みましょう。
記述式問題は、どんなテーマが出ていますか?
自分が解き始めようと考えていた科目は、従来通りの傾向の問題でしたか?
そして、深呼吸をしてから、解き始めてみてください。
肩の力を抜いて、家で問題集の問題を解く感覚で、解いていくのが理想です。
わからない問題がでてきたら、とりあえず飛ばしましょう。
自分がわかる問題を優先的に解くというのは、マークシート式試験の鉄則です。

記述式問題は、解答を作成したら、必ず問題文を読み返すくせをつけましょう。
あなたが書いた解答が、出題者の意図に沿っているものとなっているかどうかを確認してほしいのです。
記述式問題の解答は「出題者へのラブレター」です。
相手が求めていることを書かないと良い返事(得点)がもらえないのは当然ですね。

試験が終わったら、あなたを支えてくれていたあなたの周囲の人への感謝の思いを伝えましょう。
あなたは決してひとりでここまで頑張ってこれたのではありません。
たくさんの人があなたを支えてくれていることを、どうか忘れないでください。

あなたからの合格報告を待っています。


ペタしてね
AD
2014年11月01日(土) 01時13分47秒

あと7日&事件訴訟法判例まとめ+政治経済社会の要注意論点

テーマ:行政書士試験戦略的学習法
本試験まであと7日。

10月31日はハロウィンです。
ハロウィンは「仮装して渋谷に集まり日ごろのストレスを発散する日」になったようです。

それはいいのですが、夕方山手線で眼帯をしてそこから血を流している女性をみかけると、一瞬「大丈夫ですか?」といいそうになるのは私だけではないと思います。

もちろん試験を7日後に控えたあなたは仮装している場合ではありません。
いや、仮装はしてもいいです。
仮装したまま勉強してください(笑)。

今日は、行政事件訴訟法と政治経済社会について。

まず行政事件訴訟法でおさえておくべき判例をまとめた記事をご紹介。

処分性はこちら

原告適格はこちら

狭義の訴えの利益はこちら

昨年の記事ですが、基本的な判例の確認として使ってもらうことは十分できます。

よかったら活用してください。

次に政治経済社会について。

この分野はミニマムに押さえることが重要です。

政治の分野で見ておくべき論点は、こちらの記事を参照してください。もちろん「選挙制度」「各国の政治制度」といった典型論点にも目を通しておくこと。「政治と金」という側面から「政務活動費」の話や「100条委員会」の話がでてくることもあるかもしれません。

経済の分野で見ておくべき論点は、こちらの記事を参照してください。日銀の金融政策は31日の金融政策決定会合で、マネタリーベースをそれまでの「年60兆円から70兆円の増加」から「年80兆円の増加」とさらに積み増しをしてきたことがニュースになっていましたね。それを実現するためには、さらなる「買いオペ」を行うことが必要です。このくらいやらないといけないくらい景気が停滞しているのと、消費税10%に意地でもあげたい政府の後押し、という側面が垣間見えます。
なんだか体調が悪いのに無理しなければいけない人が栄養ドリンクをがぶ飲みしているように感じるのは私だけでしょうか。

社会の分野で見ておくべき論点は、「介護保険」「生活保護」「外国人関連」「雇用問題(特に女性)」そして「リサイクル関連」あたりでしょう。

いずれも模擬試験で問われていたり、過去に本試験で出題されているものが多いと思います。
そのような問題を通じて知識の総整理をしておくことは、あと7日で十分可能です。



ところで、私の体調ですが、おかげさまでようやく回復のきざしが見えてきました。
といってもまだ鼻声なんですけどね。
土日は講義がないので、ゆっくり休養します。
そして、3日の「行政法8点アップ道場」に登壇したいと思っています。
3日は、「行政法8点アップ道場」が終わった後、「2015合格講座」の講義もあるんですよね。
ということで、長い1日になりそうです。


ペタしてね

AD
2014年10月31日(金) 21時30分29秒

あと8日&受け入れることの重要性

テーマ:よこみぞ的ひとり言
本試験まであと8日。

私の風邪は一進一退。よくなっていると思いたいのですが、やはり「そうでもない」ところもあり、なんだかもどかしい毎日です。

そんななか、今日(30日)は、「2015合格講座」憲法基礎法学の第2回目が行われました。月曜日の第1回の時よりは、声がましな状態になっていたことには、ちょっとほっとしております。
なにしろ今回は教室講義を収録してオプションで販売するそうなので(このオプションを購入してもらうと、合格講座についてすべて私が収録したWEB動画を見ることができます。詳しくはLEC渋谷駅前本校03-3464-5001までお問い合わせください)、ガラガラ声の講義はなんだか申し訳なさすぎなのです。

そして「行政法8点アップ道場」はとうとう119名となったそうです。積極的な告知はもはや当ブログと渋谷駅前本校のホームページで行っているくらいなのに、着々と増えていることに恐怖を感じる今日この頃です(笑)。

ひとまずメッセージシールを100名分は「マークシート用シャープペンシル&マークシート用消しゴム」に貼り終えました。
足りない分は、渋谷駅前本校の経費で購入するとのことです。
本講座はLEC各本校窓口だけでなく、こちらでも申し込みが可能です。

ちなみに8日に実施する「ずばりストライク講座」は124名。こちらはLEC各本校でのお申込みのみです。鉛筆は145本用意してありますので、まだまだ大丈夫です。もちろん、足りなくなるようであれば、鉛筆は買い足します。

(人数を確認して驚く支店長ウエキとY溝講師)
そうそう、「行政法総論チェックシート」をアップしました。
記憶喚起、知識確認に使ってください。

たしかに「あと8日」しかありません。

これはいくらあなたが嘆こうが、わめこうが、事実として変わりません。

私の風邪の症状が一進一退なのと同じです。

事実は事実として受け入れる。

そのうえで、残された時間をいかに充実させるかを考える。

私の場合は、今の体調でできるベストな講義を心がける、ということです。

そう考えると、肩の力がすっと抜けます。

本試験直前に肩の力をすっと抜けといわれても困るかもしれません。

しかし、肩をいからせて、いらいらしながら勉強しても、身にならないのもまた事実です。

本当の勝負は「最後の1週間」です。

ところで、行政手続法14条1項において、原則として不利益処分と同時に理由を提示することを求めている趣旨は、判例によるとどういった内容でしたっけ?



ペタしてね
AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>