「市民として 憲法に従った民主政治を 回復するために」
立憲デモクラシーの会に賛同しています!

2015年2月15日LEC渋谷駅前本校にて合格者交流会が盛大に行われました!







1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年04月22日(水) 00時01分06秒

ゴールデンウィーク中の学習計画について&消費者庁の措置命令に執行停止決定

テーマ:行政書士試験戦略的学習法



消費者庁が景表法に基づく「措置命令」をだしたところ、対象業者からその取り消しを求める訴訟が起こされ、あわせて執行停止の申し立ても行われたという出来事がありました。

訴えをおこしたのは、「翠光トップライン」という会社です。

この会社は断熱フィルムを販売しているのですが、宣伝で歌っている効果が実際には認められないとして消費者庁から広告宣伝をやめるように命じる「措置命令」が出されていました。

措置命令が出されると、企業が実名で公表されてしまいます。

お上のいうことに間違いはない、という発想が根強く残っている日本では、このような実名公表のもたらす影響は計り知れないものがあるのです。

東京地裁は業者側の執行停止の申し立てに対して、それを認め、措置命令の執行停止の決定をしました。

訴訟の判決が出される前に、処分の効力を仮に停止するというのが執行停止の決定です。
行政事件訴訟法上、「公共の福祉に重大な影響を及ぼすおそれがあるとき、又は本案について理由がないとみえるときは、することができない。」とされています。
ということは、今回は、このどちらにもあたらないと判断されたということです。

今後の訴訟の行方が注目されます。

執行停止は、行政事件訴訟法でも重要な論点の一つですね。

この機会に、行政不服審査法の執行停止との相違点を確認しておきましょう。

さて、まもなくゴールデンウィークですね。
私にとってはなんの関係もないのですが、普段はたらいている人にとっては、やっとまとまった休みが取れる!と喜んでいる方もおおいのかもしれません。

そこで、こういったまとまった休みを迎えるにあたっての注意点をお話ししましょう。

まとまった休みが取れる
普段より勉強できる
今から予定を組んでしまおう

こう考えて予定を組むことは決して悪いことではありません。

しかし、いくらまとまった休みだからといって、毎日5~6時間勉強するといった普段やっていないような勉強予定を組んだところで、それを達成できるのは初日くらいです。

これは断言できます。

学生時代の定期テスト前の日曜日に予定を組みすぎて、結局なにもできなかった、なんてことありませんでしたか?

私はよくやってました(汗
結局途中で疲れてしまい、漫画を読んだり、なぜか部屋の掃除を始めたりと、現実逃避満載で休みは過ぎていく。後に残るのは、後悔ばかり(笑)

ということで、予定の詰め込みすぎは危険だということを身をもって知っている。そんなところです。自慢にはなりませんが・・・。

さて、こういった予定の詰め込みすぎを回避するためにはどうしたらいいのでしょうか。

回避するためのポイントは次の2つです。

1 普段の学習をゴールデンウィーク中も継続する

2 ゴールデンウィークだけでなく、ゴールデンウィーク後も含めた学習計画を考える


まず普段のペースを崩さないことです。
そのためにも、ゴールデンウィーク後を含めた計画を考えるとよい。

そうはいっても、「勉強時間たくさんとれるのはここだけだし」という忙しい方もいらっしゃるでしょう。

たとえば、5月3日~6日までお休みが取れるのであれば、

A しっかり休む日(家族サービスを含む)

B しっかり勉強する日

に分けて予定を組んでみるというのはどうでしょうか?

4日の休みのうち、1日間はAにあて、3日間はBにあてる。1日平均5時間で計15時間勉強しましょう。

Aの場合は、とにかくしっかり休むようにして勉強から離れてください。
「ちゃんと勉強しなきゃ」という思いを強くしてBを迎えれば、集中力も高くなります。
集中するためには、ある程度の「飢餓感」が重要なのです。


普段から1日10時間勉強しているという方は別として、そうでもないかぎり、ゴールデンウィーク中だけ1日10時間勉強するなんて無謀な計画だけは絶対に立てないでください。普段やっていないことはゴールデンウィーク中もできません。


ペタしてね
AD
2015年04月21日(火) 23時12分24秒

天皇機関説問題から80年という「節目の年」に思うこと

テーマ:よこみぞ的ひとり言
4月29日のイベントは、普段LECの講座を使って学習している人はもちろん、独学の方や、他のスクールに通ってらっしゃる方にも参加してほしい、いや参加しないと損するよ、という内容になると思っています。
ということで、「ご多用中のところ恐縮ですが、万障お繰り合わせの上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。」とビジネス文書の用例集のようなフレーズで誘ってみました(笑)。

イベントの詳細はこちらをご覧ください。



戦後70年、というのはなんだか中途半端な気もするのですが、それを節目だというのであれば、今年は「天皇機関説問題」から80年という節目の年でもあるということをご存知ですか?

天皇機関説は戦前の憲法学会における通説であったのですが、1935年2月貴族院の菊池武夫議員による非難演説をきっかけに、憲法学者であり貴族院議員でもあった美濃部達吉氏の著書が発禁処分とされ、美濃部氏自身も取り調べを受けるという憂き目にあわされました。
こうして昭和天皇でさえ「天皇機関説」を当然の理論として受け入れていたといわれているにもかかわらず、「天皇機関説」は否定されていくことになったのです。

そして80年経った現在、国会議員が国会の審議において行った発言を議事録から削除するように首相が求めるという信じられない出来事が起きました。

発言の是非はともかく、自分が気に入らない発言や思想は徹底的に排除する。

両方の出来事に共通するのは、そんな度量の狭い発想が根底に流れている、ということのような気がしてなりません。


さて、東京は「春の嵐」が吹き荒れました。

夜講義をしていて、徐々に頭が重くなっていくのがわかったくらいですから、気圧が急激に変化したことは間違いありません。

講義中だったので、薬を飲むわけにもいかず、結局我慢して最後まで話し切りましたが、ちょっとしんどかったかな。

ということで、今日のブログは短めです。

ちなみに、合格講座平日クラスでは、行政法が終了しました。
簡単に分野ごとに内容を振り返ることができる動画がありますので、ざっくり全体を振り返りたいときに活用してください。

動画の一覧はこちらから

IMG_20150421_005451125.jpg

1月に体調を崩して以来、ひさしぶりに、というか今年初めて冷蔵庫の上にのぼったはる姐さん。

ごきげんです♪

でも姐さんそんなところで大あくびしてると、そこから落っこちますよ。。。


ペタしてね

AD
2015年04月20日(月) 22時35分59秒

復習とご飯の炊き方の意外な共通点とは?

テーマ:行政書士試験戦略的学習法
4月29日に実施する「あと半年!間に合わせろ行政書士!」では、あなたが学習をしていくに際してのナビの役割を果たすことができるような内容にする予定です。
どうしても外せない予定が入っていない限りは「絶対参加」でお願いします。
イベントの詳細はこちらの記事でご確認ください。

「講義の復習が追い付いていない」

「講義を受けているだけになってしまっている」

例年合格講座を受講している人から受ける相談のなかでも、この手の内容の相談は群を抜いて多い。

もちろん復習をすることは重要です。

ただ、受講したあと1回の復習で完璧にしようというのはやはり無理がある。

「はじめちょろちょろ、中ぱっぱ、ジュウジュウ吹いたら火を引いて赤子が泣いても蓋とるな」

こんな言葉があるのをご存知ですか?

これはお釜でご飯を炊いていた時代の、おいしく炊き上げるための手順を表現したものですね。

はじめは中火で釜全体を暖めて(はじめちょろちょろ)、沸騰させるときは強火で一気に加熱(中ぱっぱ)、ふきこぼれそうになったら中火で焦げをおさえ(ジュウジュウ吹いたら火を引いて)、最後はしっかり蒸らす(赤子が泣いても蓋とるな)、ということです。

これって、復習の手順にも当てはまることです。

① 「はじめちょろちょろ」
講義を受けたら、一問一答形式の「確認テスト」でざっとその日の講義全体を確認する。このときわからなかった箇所は必ずテキストを見返すこと。
また覚えなければいけない内容について、覚えるためのツールづくりをする。

② 「中ぱっぱ」
たとえば民法ならタクティクスアドバンスの問題を解きながら、改めてその分野全体を見渡しつつ、問題を解いて間違えた箇所、あやふやだった箇所、自分が理解できていない箇所を把握し、そこを徹底的につぶしていく。
その際、その箇所の講義部分のみを聞きなおすというのも有効な手法。
また覚えるべき点をしっかり覚える努力をする。

③ 「ジュウジュウ吹いたら火を引いて」
覚えるべき内容を覚えられているかどうか定期的に確認する。
目次を見てその論点ででてきた内容を思い出すトレーニングを行う。
初めて学習している場合、民法、行政法は二巡目受講を。

④ 「赤子が泣いても蓋とるな」
赤ちゃんが泣こうがわめこうが、覚えるべき内容を覚えるまでは何度も繰り返す。
「もういいや」といって、途中で放り出したりしないこと。

どうですか?

似ているでしょ?

この手順に当てはめて考えると、おそらく多くの人がイメージしている「復習」というのは、②を指しているのではないでしょうか。

だとすれば、講義を受けた後、少々時間が空いてしまっても①をキチンとしていたのであれば問題ないと思います。

むしろ、講義を受けたらすぐ②の段階まで復習をしなければならない。
それが唯一の方法である。

こんな固定観念はいますぐ捨ててください。

まるで「辺野古移設しかない」として、そのほかの選択肢を検討しようともしない現政権の姿勢のような頑迷さは、資格試験の学習において「百害あって一利なし」です。



IMG_20150417_231953233.jpg

やっと春らしくなってきました。
私の服装も春を意識したものに徐々にシフトしています。

今年は、写真のようなライトグレーのジャケットに、この写真とは違いますがライムグリーンのパンツを合わせてみたい気分です。グレーとグリーンは相性よいだろうなぁ(妄想中w)。

ここにどんなシャツやネクタイ、ポケットチーフをあわせたらいいかな、なんて考えているだけでも幸せな気持ちになるのです。

色をリンクさせつつ、ジャケット、シャツ、ネクタイ、ポケットチーフ、パンツ、靴下、ベルト、そして靴を選んでいく。

この選んでいく過程がなんとも楽しいのです。

そんなの面倒くさいという人からみると、単なる変態でしかないかもしれませんが(笑)。

ともかく年々春が短くなり、ファッション的には工夫が難しくなる夏がだらだらと長くなっていますので、春物を楽しめるこの季節は貴重ですね。




ペタしてね
AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇