「市民として 憲法に従った民主政治を 回復するために」
立憲デモクラシーの会に賛同しています!





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月28日(土) 00時22分08秒

ハルの「初七日」&合格する人は常にアンテナを張っている、という話

テーマ:よこみぞ的ひとり言
ハルが亡くなって1週間が経ちました。

多くの方からいろいろなメッセージをいただいたことについて、改めてこの場を借りて御礼申し上げます。

今日は「初七日」。

ハルが大好きだった「鳩サブレ」「ささみ(茹でたもの)」「チーズ」「ヨーグルト」を用意して、3人でゆっくり過ごしてあげよう。



(2013年6月撮影。)

ふと気がついたら5月も間もなく終わり。

当ブログも来週月曜から平常更新に戻そうと思っています。

ともかく今日で「本試験まであと170日」です。

勉強は順調でしょうか?

当ブログを読んているあなたなら、何をどう勉強したらいいのか、よくわからないままとりあえず突き進んでいる、なんて状態ではないですよね?

法改正情報のみならず、試験対策上有益な情報を最適なタイミングできちんとキャッチアップしておくことはとても大切なことです。このことは、「独学」であっても、スクールを利用(通信、通学両方)していても同じですね。

自分の勉強に役立つ情報について、常にアンテナをはり、敏感に反応することができるようにしておく。

こういった意識をきちんと持っている人は、短期間で合格していく。


一方、情報に疎く、独りよがりな勉強をしている人は、結局何年かかっても合格できなかったりする。

こういった資格試験の種類を問わず、一定数いるのですが、これは時間がもったいない。

もちろん短期で合格したから優秀だとは必ずしもいえません。

ただ、受験生として過ごす時間を短くすませたほうが、次に早く進むことができることはたしかです。

資格試験は、合格することも大切ですが、合格した後合格したという事実をどう活かしていくかのほうがより大切なのです。

どう活かすかは、、あなた次第ですが、人生は有限です。

合格を通過点として、次のステップに進んでいくためにも、情報には敏感であるべきだということですね。

だから6月19日は「あと140日の過ごし方」があるから来なさいというのも、なんかアレな感じがしますけど(笑)


そういえば、サミットやっと終わりましたね。

私の最寄の駅のゴミ箱まで封がされていたのにはびっくりでしたが(こんなところで誰がなにをするというんだろう?)、今日から元に戻るのかな。


オバマさんの広島訪問や献花はサミットの成果ではないけれど、心温まるニュースでした。


あとサミット関連のニュースで気になったのは、いまの世界経済情勢は「リーマンショック前に似ている」という首相の発言。

数日前に「世界の景気は弱さが見られるものの、全体としては緩やかに回復している」という政府見解(内閣府が23日に発表した月例経済報告)を発表していたのに、サミットで突然そんなことを言い出すって。。。

単に消費税率アップの先送りを正当化するためにサミットを利用しただけかもしれないけど(それはそれでほかの国のみなさんに失礼だよね)、とにかく唐突すぎてびっくりでした。

さすがに「クライシスはないだろう」とドイツのメルケルさんにたしなめられたそうですが(笑)。

AD
いいね!(69)  |  リブログ(0)
2016年05月25日(水) 23時05分05秒

ハルが亡くなって3日が経ちました

テーマ:よこみぞ的ひとり言
22日にハルが亡くなってから、3日が経ちました。

23日24日とブログを更新しなかったためご心配をおかけしているかと思います。

一応時系列で振り返ってみると。。。

23日

自宅からほど近いペット斎場にてハルを火葬してもらいました。

「個別火葬」だったため、斎場にいるのは自分たちのみでした。

そのためとても落ち着いた雰囲気の中見送ることができたのが救いだったかな。

この日は夜、合格講座の講義もやりました。
なぜかわかりませんが、教卓から教室を見渡したときに涙がでそうになりました。

24日

5時間の収録。

ハルがしていた首輪をブレスレッド代わりに身につけて収録に臨みました。

ハルのパワーをもらいながら無事終えることができたかな。


25日

お世話になった動物病院へのあいさつ。

ハルも大好きだったイケメン院長にハルが亡くなったことを報告しました。


まだ3日ですから、「心の整理」は全くついていません。

ハルがよくいた場所を無意識のうちに見ている自分に気が付いて、「あ、もういないんだ」と改めて実感させられる。

その繰り返しです。

こんな姿を見たら、ハルに怒られそうな気もしますが、想像以上の喪失感がずっしりと両肩にのしかかっている。

そんな感じ。

今日病院の先生と話していて気が付いたこともありました。

それは、病気の発覚からなくなるまで、あっという間だったと感じていますが、実は、ハルがそう感じさせてくれていたのかもしれない、ということです。

つまり、ハルなりに耐えられるところまでは不調を感じさせまいとふるまっておいて、いよいよ隠し切れなくなったのが先月末だったのかもしれない。




090728_2046~01.jpg

(2009年7月当ブログに初登場のハル。まだとんがってます(笑))

そして、今月に入り病名が確定した後、私も妻もハルもこの病気から逃げることなく、正面から立ち向かい、できる限りの治療をしてきました。

残念ながら病気の勢いを抑えることはできませんでしたが、迷いながらもやれることは精いっぱいやった。

ハルも精一杯頑張ってくれていたからこそ、私たちは「もう少しだいじょうぶかな」というわずかな希望を感じることができたのでしょう。

今日先生もそうおっしゃってくれましたし、私たちもそう思っています。

まだまだふとしたことでハルのことを思い出し、そのたびに涙しています。

でも、ハルのためにも、時間はかかるかもしれないけれど、笑ってハルのことを話すことができるようにならないとね。

ハルもきっとそれを望んでいるはず。




(4月29日撮影。朝だから眠そうですね(笑))

28日は「初七日」です。

それまでには、当ブログもこれまでどおりの更新に戻っていると思います。

もう少し待っていてくださいね。
AD
いいね!(86)  |  リブログ(0)
2016年05月24日(火) 00時26分32秒

皆様へご報告~Stairway to heaven(天国への階段)

テーマ:よこみぞ的ひとり言
追記 
23日火葬にふしました。今はただただ安らかに眠ってくれることを願うばかりです。
多くの方から温かいメッセージをいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。


22日13時50分頃、姐さんは天国に旅立ちました。

ここ3日いつそうなってもおかしくない状態でしたが、それにしても早すぎる旅立ちでした。

皆様からの温かい応援は、きっと姐さんの力になっていたと思います。

改めて御礼申し上げます。

いま、姐さんは痛みから解放されて、本当に安らかな表情をしています。

それこそすぐにでも起きてきそうな感じさえします。

でも呼びかけても、触っても、起きてくれません。

どうして起きてくれないんだろう?

どうしても目を開けてくれないんだろう?

頭でわかっていても、心がついていかない。

そんな状態です。

日曜日の講義は絶好調でした。

きっとハルがパワーを送ってくれていたんだろうと思います。

もう痛みと闘わなくていいんだよ。

これまで一緒にいてくれてありがとう。

どうか、姐さんが安らかに天国に行けますように。

あなたにも祈ってもらえれば幸いです。




(写真は4月中旬の姐さんです)
AD
いいね!(118)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。