2009-08-30 15:29:29

霊長類ヒト科最強の男

テーマ:格闘技、プロレス
M-1 ‘Breakthrough でのキング・モーvsマーク・ケアーの試合は、秒殺でマーク・ケアーが負けた。

マーク・ケアーの体は、肉がだぶつき昔のおもかげもない。
開始直後、意味のないローキックをそのままとられてテイクダウンされた。
あとはうつぶせのままパウンドされて動かなくなった。
その間、約25秒。

「PRIDE.2」のシカティック戦、「PRIDE.3」のウゴ戦から約10年。
今年41歳を迎えた。

おりしも、本日の「UFC102」では、鉄人クートゥアとノゲイラの対戦があった。
結果は、判定でノゲイラの勝ちとなったが46歳とは思えないランディの戦いは目をみはるものがあった。

ケアーの復活は、夢で終わった。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009-07-26 09:14:32

アフリクション中止について

テーマ:格闘技、プロレス
公式発表として8月1日の「アフリクション」中止が発表された。
ヒョードル×ジョシュのメインを期待したファンにとっては非常に残念な結果となった。

カリフォルニア・アスレチックコミュションによるバーネット選手の薬物陽性反応においての出場停止が大きな理由であるが、最終的にスポンサー調整、興行的にも無理と判断されたためである。

実際、州法で定められているアスレチック・コミッションとの調整は、ほんとに大変である。
2006年10月の「PRIDE.32」におけるUFCのお膝元ネバダ州でのアスレチック・コミッションとのいまいましいやりとりは、今でも忘れられないできごとだ。

ジョシュ・バーネット選手だけでなく数名の選手が疑わしい結果となったため再度チェックを受けさせられた。
提出書類の記載を何度も指摘されたため期限に間に合わない選手があった。
提出書類をやっと揃えて役所に持っていったにもかかわらず、営業時間内なのに休みだった。
結果が陰性反応と出ても、なかなか教えてくれないのでカード発表ができなかった。
出場予定選手が不確定なのでライセンス料を選手もセコンドも予定選手は、全員支払わなければならなかった。

ほとんど差別もしくはいじめじゃないかと疑りたくなるような対応だった。

大会が中止になって喜ぶやつは誰か?

敵対する相手に対しては手段を選ばない。ズッファ恐るべし。合衆国恐るべし。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-06-19 12:18:28

映画「レスラー」

テーマ:格闘技、プロレス
ミッキー・ロークの「レスラー」は、最高に泣ける映画だ。

プロレスや格闘技のバックヤードで多くの選手達と過ごしてきた自分にとって、この映画がとてもこだわりをもってプロレスラーの生き方を表現していることがわかる。

(※以下、ネタバレに注意)
映画は、ハンディカメラでドキュメンタリー調にプロレスラー「ランディ“ザ・ラム”ロビンソン」の晩年を追っていく。
最盛期を過ぎ、ハードコアマッチで体は故障と怪我だらけ、家族も離れ、金もない。
それでも、プロレスラーの悲しい性でファンの目がある限り、日常でもプロレスラーを演じ続けなければならない。

この映画で特筆すべきは、プロレスラーの生態を丁寧に紹介している点である。
試合前のバックヤードでの選手同士の打合せ、痛み止めやステロイド等の薬物の交換売買、試合中に額をカットする手法、プロモーターからのオファーのされ方やギャラの受け渡し方法、ファンとのサイン会の様子、体を魅せるための日焼けサロンや毛染め、脇毛処理、地方巡業で女性ファンとのSEX等、今までタブーとされていたことや疑問にも思わなかったことがさりげなく挿入されている。

これらプロレスラーや関係者達にとってはなんでもないことでも実際その場にいるとそれらがいかに珍奇で現実離れしていることがわかる。
ただ、最も危険なのは一度その世界に入ってしまうとその世界から抜け出すことがとても難しいことだ。
(虚構であることが現実の世界、これは、言葉ではなかなかうまく言えないね)

主人公は、本名のロビンと呼ばれることを嫌い、愛称“ランディ”にこだわる。
プロレスラーは、みんなそうだった。
新人のころパスポートで本名を確認していたので尊敬の気持ちで「Mr.○○」と呼んでひどく叱られた。

試合が終るとみんなでファミレスや六本木へよく行った。
朝まで飲んでも選手たちは、そのままけろりとして成田から帰国した。
いつも、帰国したら彼らは普段は何をしているんだろう。と疑問に思った。
実際は、映画ほどセンチメンタルではないけれど非日常的であることは事実だ。

何もかも失って、リングにカムバックしたランディがつぶやいた。
「苦痛なのは、外の現実だ。」

ちなみにランディの入場曲は、ガンズの「sweet child o`mine」(カッコイイ!)
これは、K-1デビューから初期のピーター・アーツの入場曲



http://www.youtube.com/watch?v=Takm6ydsMA8&feature=PlayList&p=BB0B1A88605754A7&playnext=1&playnext_from=PL&index=11
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。