仙台 3か月で、だんなさんがウソみたいに優しくなるパートナーシップ講座

仮面夫婦 すれ違い 不登校 離婚 不倫 セックスレス
浮気 ケンカ などで悩む方のカウンセリング


テーマ:
こんにちは 作山美幸です。

いつもありがとうございます。





さて今日は
『旦那さまへの感謝』について。


耳タコかもしれませんが
よかったらお付き合いください^ ^


『旦那さまへの感謝♡』


これがあれば
旦那様は愛を返してくれます。



そして、


この繰り返しが
しあわせを育みます♡




だから、
感謝って大切なこと
ですよね。



でも、残念ながら
感謝って
意思の力ではできないんです
( ̄□ ̄;)!!



「よし、今日こそは感謝するぞ~!!」
と頑張っても出来ないです。


ありがとうって言うだけなら、
まぁ、わりとたやすいですけど…


感謝の気持ちって自然に湧いてくるもの
と思います(*^。^*)


感謝って、
こころの感度を上げないとできないもの
なんです。



それは・・・
当たり前の中に見つけるものだからです。


ゆうべ、半年前のクライアント様から
ご報告のメールが届きました。


ご了承いただいたので紹介しますね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日、駅前を車で走っていた時に、
街路樹の銀杏の剪定作業を見かけました。


よく通る道で、銀杏並木が四季折々に
きれいで好きな道です。


そこで、作業がされていました。


車の邪魔にならないように、
歩行者の安全にも配慮して。


仙台市のお仕事です。


いつもなら、なんとなく見逃していましたけど
今日の私はその様子を見て
感謝の気持ちでいっぱいになりました。



きっと毎年の作業と思いますが
今まで目に入りませんでした。


税金を払っているんだから当たり前と
無意識に思っていたんでしょう。



でも今は、社会から
たくさんの安心や安全や癒しをもらっているんだということ
がわかります。


している以上にしてもらっていること、
たくさんの方に支えられていることを感じます。


夫への見方が変わっって
夫への感謝を毎日感じられるように
なってきているのですが


周りの方への見方まで変わった事に
きょう気づきました。



そういう自分の変化が嬉しいです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


なにより
このメールをもらった私が
とってもとっても嬉しいです。
\(^o^)/


こころの感度を上げるって
こういうことと思いました。


当たり前を当たり前と思っていたら
感謝なんてできないものね。


自然に湧いてくる感謝って
被害者意識を捨てた先にあるから


自分の欠乏に意識が向いてるときは
自分のことでいっぱいで
こころの感度が下がってしまいます。



そんな時は、むつかしいです。。。


彼女は、私の伝えたことに
向き合って
コツコツと自分を満たして
そして、自分の色眼鏡を外しました。



ゆうべ届いたメールの内容を見て
それを私に伝えてくれた気持ちを感じて
彼女はもう大丈夫と思いました。



愛を見つけて感謝で返す
そしてまた愛を見つけて感謝で返す


この繰り返しで
幸せを育んでます。




本当に大切なことって
当たり前なことの中にあるな~って
またまた再確認できました^ ^








【メニュー】

パートナーシップ講座

個人セッション

お客様のご感想

お問い合わせ

心理カウンセラー 作山美幸





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

いつもありがとうございます。

作山美幸です。





前回の記事の続きになります^ ^
https://ameblo.jp/miyus623/entry-12326940901.html



前回は夫婦の愛が循環するための二つのこと
を書きました。
 ⇩   ⇩   ⇩
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


自分を愛すること

相手に愛を見つけて
自分から感謝を差し出すこと


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



どうして自分を愛することが大切なのか
ということを
今日は、私の経験から書きます。


私は以前、
夫との関係を良くするために
『投影』の考え方を使って
自分の欠点直しをしていました。



『投影』って心理学の考え方で
「自分のこころの中にあるものを外の世界に映し出している」
という考え方です。




外側に見えるものを鏡として
自分を知ります。



来る日も来る日も
自分を見つめて(^_^;)



その結果は・・・


夫婦仲はいったん良くなったものの
すぐにまた元の状態に戻り
その上、私自身はヘロヘロになりました。



「人のせい」を無くすために
「自己否定」をめちゃくちゃ強めました
(T_T)




その頃の私のこころの内側は



「ダメなところを直さなくちゃ」
という気持ちと

「私の価値を認めてほしい」
という気持ち



まったく真逆の
この二つの気持ちが戦って
葛藤が渦巻いてましたね( ̄∩ ̄#


その時は、ホントに苦しかったです。


私が苦しむのを感じて
夫も同様に苦しかったようです。



自分を愛するという土台無くしては
たとえ良くなっても
いっ時の事なんだということ


どんなに学んでもどんなに努力しても
結果に結びつかないんだということ


「人は鏡」の使う時には
絶対に外せないポイントがあるということを



私は経験を通して知りました。



まずは心の穴を埋めることからなんです



そこから始めやければ
せっかくの努力も
どんな高額なセミナーもセッションも
虚しいです。



「ない」という前提では
どこまで行っても
「ない」という現実を引き寄せますから。



そして頑張り屋さんほど
この負のループに気づかないので
要注意なんですね。



最初はうまくいくことが多いので
そのまま頑張り続けてしまいがちに。。。


学んでも学んでも
頑張っても頑張っても
いつまでも虚しい


そういう方は
一度立ち止まってほしいんです。



ご自身のココロの内側を見て
そこに「自己否定」と「認めてほしい」気持ちが
うずまいていたらキケンです。



欠点直しが
自分いじめになっていませんか。



治すところがあるとすれば
それはただの「思考の癖」
あなたの性格とか欠点じゃないんです。




まずは自分を客観視してくださいね。



ご自身で難しい方は
プロの手をかりることをおススメします。









【メニュー】

パートナーシップ講座

個人セッション

お客様のご感想

お問い合わせ

心理カウンセラー 作山美幸




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 作山美幸です。


突然ですが


夫婦関係を良くするために大切なこと
って
どんなことだと思いますか^ ^?






甘える技術とか
伝える技術とか
誉める技術とか


いろいろありますけど・・・


こういうテクニックも
ハートがともなわないと
なかなか苦しくなりますね。


テクニックという言葉も
なんだか抵抗ありますし(^_^;)



見透かされそうで
ハラハラしたり
罪の意識が湧く方もいらっしゃいます。


こころの内側と外側が
ちがっていますから
たしかに、苦しいと思います。




では
本題に戻りますと



夫婦関係を良くするために大切なことは


私の答えは二つあって


ホントに基本中のキホンなのですが


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


自分を愛すること

相手に愛を見つけて
自分から感謝を差し出すこと



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



です。


(「自分を愛する」っていろんな側面がありますけど
この場合は「自己受容」という意味で使っています。)



これって、当たり前!
と思われたかもしれませんけれど


この二つの土台があれば、
どんな夫婦の愛の形があっても
必ずその愛は循環します(*^。^*)


ただし、この二つはセットなので


ひとつ目の自己愛がなければ、
ふたつ目はいくらやっても
ハリボテです。




自分を愛することができなければ
いつまでも満たされず、
足りない足りないと
無意識に相手から奪ってしまうからです。



もう感謝どころではありませんね(^o^;)


そんなときは


旦那さまの中に愛を見つけることにも
旦那さまに感謝を差し出すことにも
ココロが逆らいます。




愛を見つける上に感謝するなんて
そんなこと・・・


悔しくてできない!

ムリムリー!

負けた気がするもーん!




という心の状態ですね( ̄ー ̄;



まずは自分のこころのグラスを満たしてから
ということです。



長くなってしまったので次回に続きます。










【メニュー】

パートナーシップ講座

個人セッション

お客様のご感想

お問い合わせ

心理カウンセラー 作山美幸

















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 作山美幸です。


突然ですが
旦那さまに不満はありますか?


まぁ、まったく不満ないっていう人は
いないんじゃないんでしょうかね(*^。^*)


私も不満はあります(‾∩‾#


ウチの場合・・・
旦那さんはとっても頑固な人なので


ユウズウが効かないところと
あんまり気持ちを表現しないところ


が不満ですね(‾^‾)


50半ばの昭和な男は
愛情の表現も不器用なので
めっちゃわかりづらいです(-"-;A ..


おかげで
私の愛情察知感度は
鍛えられましたけどね~(笑)



私は・・・


「愛される」っていうことは
感謝することに似てるなって
思うのです







それはね・・


どっちも
当たり前の中にある愛に気づくところから
生まれるものだからです。


それは、

『当たり前が当たり前じゃなかった!!』
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


と気づいたときにやっとこさわかるもので


なんとなく暮らしてるだけだと見逃してしまう
あると思って見ないと見過ごしてしまう
そんなものなんじゃないかな。


男性からの愛は
当たり前の暮らしの中にこそ、てんこ盛りだから
スルーしてしまいがちなんですね~。


意識しないと
見つけられないシロモノです。


だから本当は

『愛される』って
受け身なことじゃないんですよね。




そして
愛されたいと願っているのならね


そこには
「今この私は愛されてない」
っていう思いが隠れてます。


つまりは、


愛がないない~
愛がほしいほしい~


と、欠けているものばかりを見つめている状態。


「ない」という思考は
「ない」という世界に目を向けさせて
「やっぱりないよ」という現実を見つけます。




愛がほしいと言いながら
現実ではせっかく目の前にある愛を
はじいてるんですね。



そこから抜けたいなら
今欲しいものではなくて
今持っているものに目を向けることですよ。


「ない」ではなく「ある」という意識。


「ある」という思考は
「ある」という世界に目を向けさせて
「やっぱりあった♥」という現実を見つけます。



これは
少しのコツがわかればすぐにできるし
自分への愛があれば抵抗なくできますよ♡









【メニュー】

パートナーシップ講座

個人セッション

お客様のご感想

お問い合わせ

心理カウンセラー 作山美幸






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

いつもありがとうございます。

作山美幸です。



私は健康には自信があって
ちょっとやそっとの無理はきくのだけれど・・・


めずらしく
日曜日の夕方から体調を崩し
ダウンしてしまいました。


昨日は平日だったのに
布団から起き上がれず


娘の送迎も
家事全般も出来ずに
家族に助けてもらいました。






そしたら
今朝になって復活の兆しありで


いきなりフツーに家事をこなし
夫のお弁当を作ったところで
エネルギー切らしてへばりました(→o←)ゞ


それでも娘の送迎を
どうしても私がやる!と言い張ったら
夫からお叱りがきて。。。


ずいぶん改善されたと思っていたけど・・・


「迷惑かけちゃいけない」

「頑張らなくちゃ」

「私がやらなきゃ」



の長女気質が発動したワタシです(^^;


すべてのことにはメリットがある
すべては自分が選んでいる
と昔、心理学で習ったけれど



それに則れば
体調を崩すメリットは・・・


「気にかけてもらえる」

「堂々と楽ができる」

「優しい言葉をかけてもらえる」

「価値を認めてもらえる」



あたりでしょうか(笑)


それを夫の言ったら
笑っていましたけどねん♡


二日間、思う存分
家族に気にかけてもらって
満たされました~(笑)





ここを認めるって
大事かもしれないね(*^。^*)


「認めてほしい」気持ちは
一生無くならないもの
と私は思いますよ。


そこを認めないで否定し続けるから
増幅して
人から奪い続けてしまうんですよ。



昔の私は
「認めてほしい」気持ちを否定して
それを無くそう無くそうとしていました。


結果は、ただ苦しいばかりで
ケツボウカンが増幅しましたけど・・・。


「認めてほしい」
っていう気持ちを否定しない
それも自分の一部と思うことです(*^。^*)



ありのままを認めないで(嫌って)
理想を追うと自分が分離して
苦しくなります。


「認めてほしい」
っていう気持ちあるかもね~
と思ったら


自分で自分を満たすってことも
もちろん大事だけれども


「認めてほしい」っていうそのニーズを
素直にパートナーに伝えて
叶えてもらう、満たしてもらう



っていう手もあるっていうこと。


いざとなったときのより所
こころの安全基地は
大人になってからでも、
いくらでもつくれるものですよ~。










【メニュー】

パートナーシップ講座

個人セッション

お客様のご感想

お問い合わせ

心理カウンセラー 作山美幸







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

いつもありがとうございます。

作山美幸です。






旦那さまから



「いつも責められると感じます」

「いつもダメ出しされていると感じます」




というお悩み、多いので
今日はそれについて書いてみます。



旦那さまと一緒にいて
「責められた」と感じることが多い人は



じつは・・・


自分の内側で
自分を責めている人ですヽ(*'0'*)ツ




ふだん
自分の足りないところを見つけては
チクチク自分いじめをしています。


自分を責めるって
人間にしかできないことだそうですよ。


動物は自分を責めたりしないんです。


そして・・・
人間の赤ちゃんも自分を責めません。


自分を責めるって
脳の発達と、今まで経験したことで作られた
感じ方考え方の癖です。


ここ繰り返しますね。


感じ方考え方の癖。

捉え方ということです(〃∇〃)



だから事実と違うことも・・・
大いにありますよ。



「責められた」という癖を持っていると
旦那さまにちょっと何か言われただけで
「責められた」と思って傷ついてしまいます。




むこうはちっとも
そんなつもりがないときでも
こちらは傷ついちゃうんですね。



私は・・・
過去は傷付きやすい人でした(T_T)



「お味噌汁がしょっぱい」
と言われただけでも


「責められた」
「私ってダメ」


と感じて


「そんなこと言わなくていいじゃないの!」
「むかつくわ~!」


と思う。。。


というパターンをよくやらかしていました。



傷付きやすい人は
繊細なようで実は攻撃的( ̄д ̄)




まぁ、ドヨヨーーンとしているだけでも
旦那さまにとっては攻撃ですけどね(^_^;)



自分を責める女性って、
どんな人かというと・・・



ありのままの自分を嫌って
受け容れてないひとのこと。



つまりは、自己受容が
できていないっていうことです(;一_一)



セルフラブドキドキが足りてませんよ。






その逆は・・・
自分を受け容れ肯定している人
でしょ。。



そういう人は、
完璧でない自分を「これがわたし♡」
と許しています。



そして
完璧じゃない自分を受け容れているからこそ
旦那さまを受け入れることができるんですね。



ありのままの自分を
受け容れて入れていなければ
他人(旦那さま)なんて
本当には、受け入れられませんよ(*^。^*)




どの旦那さまも完璧じゃないもの。
(完璧だったらコワイけど・・)



だから、愛される女性は
モチロン・・・



完璧でない自分に
「これがわたし♡」
とOKを出している人です。



自分にOKを出すのに
容姿や能力は関係ないですよん(*^。^*)



「責められた」と思いがちな人は
そんな場面に出くわした時に
「これって癖だよね~」と自覚すると
違う現実が見えてくるし



自分の不完全(と感じる)なところを
許して(受け入れて)いくことで
旦那さまを受け入れられるようになっていきます。



向上心の強い人は
ありのままの自分を許すことに
危機感を持ちますけどねん。



そんな時は、その向上心を怪しんでください。
もしかしたら、向上心という名の
欠乏感かもしれませんよ。



そしてね、
自分を許しても堕落しませんから
大丈夫です♡




そこ、受け入れたら
必要に応じて改善されていくし
誰か補う人が出てきますから~(*^。^*)



それに



ありのままの自分を許して
幸せに輝いている人は知っていますけど



よりダメ人間になった人は
私は見たことありません。



だから、、、
ダイジョブです♡









【メニュー】

パートナーシップ講座

個人セッション

お客様のご感想

お問い合わせ

心理カウンセラー 作山美幸


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 作山美幸です。






今日は甘えるシリーズの3回目
今日で最後です。


甘えるということ①甘えるがギフトな理由

甘えるということ②甘えられない原因は


前回は、甘えられない人の持つ
信じ込みについて書きました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

甘える=媚びる

甘える=弱さを見せる

甘える=依存

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


「甘える」ことをこんな風にとらえていると
どうしたって抵抗が出てきますね。


でも、こういう信じ込みは、
前回の記事に書いたように、変えていけます(*^。^*)



今日は「甘える」「依存」の違いについて。



「甘える」と「依存」が
ごっちゃになってることって多いんです。



どう違うの?
って
よく聞かれますから。



「甘える」と「依存」がごっちゃになっていると
甘えることが悪いことのようになってしまって
「罪悪感」が生れてしまいますね。




私の言っている「甘える」は
感覚的には、「気楽なおねだり」のようなもの。



「気楽なおねだり」なんだから
何でもやってよ!とか
やってくれなくちゃいやだ!とか
そういう相手への強い期待ってないです。



何でもやって!とか

絶対にやって!とか



そうなると・・・
「甘える」ではなく「依存」ですね。




自分の思う通りにしたいんですから
「束縛」とか「支配」
の領域になってしまいます。




「甘える」は
相手や結果へのコントロールを手放したもの。




結果を期待しないおねだリだから
あくまでも、「相手のこころは自由」という
前提があるんです。




そしてね、余談ですが・・



その方が
おねだりが叶っちゃったりするんですよ。
なんとなくわかりますよねん♡



で、話を戻しますと・・



「甘える」と「依存」の違いは
相手の心を自由にしているかどうか、
です。



そして、相手の心を自由にする
大人の「甘える」をするのには
やっぱり、自分とのつながりが大事なんですね。



いつもここに帰着しちゃいますけれど(*^.^*)



だって、
自分にたくさんの制限を持っているのに
他人を自由にはできないでしょ。



自分とのつながりができているから
主体的に生きられるようになって
こころが自由だとわかるんです。




「甘える」一つとっても
深いんですよ♡



大事なものは俺が守る
っていうのが
男性の本能だと思うんですよね~



女性が

自分の女性性を花開かせると

男性性の強い男性を引き寄せるしドキドキ

男性が本来の力を発揮しますドキドキ




でも、


そこに「依存」が大きいと

男性は枯れて行ってしまうんですね汗





依存を捨てた素直な「甘える」
をしてみると
急に旦那さまが優しくなったりしますよ。



「それ、俺が持つよ」なんて言って
重いものを持ってくれたりしだします。



そんなことを言ってくれたら
「ありがとう♡」
って受けとってくださいね。




そうしたら、お家の中で
ちゃーんと愛が回り出します。




だから、ちょっと勇気を出して
今までと違う選択肢をとることを
してほしいなと思うんです。



それが
素直な「甘える」
をやってみるということです。










【メニュー】

パートナーシップ講座

個人セッション

お客様のご感想

お問い合わせ

心理カウンセラー 作山美幸


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 作山美幸です。


今日も「甘える」ということについて♡







前回は、男性がなぜ甘えられると喜ぶのか
ということを書きました。
https://ameblo.jp/miyus623/entry-12313840419.html



今日は、甘えられない原因について
書いていきますね。


甘えられないのは、ずばり
自分の中に制限を持っているからです。
こころの中にある、思い込みというブレーキです。


「私は甘えることができない、それは○○だから」


この○○に入る言葉が、心のブレーキ。
人それぞれ違います。


なかなか旦那さまに甘えられない人は
たとえば、こんな思い込みを持っています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

甘える=媚びる

甘える=弱さを見せる

甘える=依存

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



こんなふうに・・・


甘えることを
悪いこと恥ずかしいこと思っているから
どうしたって抵抗が出てしまいますよね。


ムリムリ~となります。



前回の記事にも書きましたけど
男性は「信頼される」「必要とされる」
ことが喜び。



だから、大切な女性に頼られたら
嬉しいんですよ。



生きる力になります。


そう思ったら
甘えることへの抵抗も減っていきませんか。



男性に生きる力を与られるなんて
やってみる価値ありますよね。



「甘える」は
相手をヒーローにしてあげる
大人の女性の心の余裕です(*v.v)。




それでも長年の習慣は
なかなか変えられないという場合。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

甘える=媚びる

甘える=弱さを見せる

甘える=依存

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



この信じ込みを変えていきましょう。



思い込みは、どれ一つも真実じゃありません。
物事を一面から見ているに過ぎないもの。
だから、生きやすいように
自由に変えていいんです。




私は「甘える=弱さを見せる」
という信じ込みが強くありました。



こう思っている人は
自分の内側にある弱さを
嫌って恥ずかしいと思っている人です。



心の中に
強い劣等感があって
そこに自分がダメ出ししていますし



一番の味方なはずの旦那さまにも
それを見せまいと頑張ります。



「恐れ」から必死に戦う感じです。



こういう方は
そこに気づいて認めるだけで
ずいぶん楽になれます。




誰だって弱いし
ダメ出ししてるのは自分ですから・・。


認めるって怖く感じるけど
ものすごくパワフルなこと。


本当の強さは
弱さを認めた先にあるんですから。




負けられない、甘えられない
というままだと幸せになれない



私は、そう思ったから
自分の弱さを認めて許して
少しづつコツコツと
信じ込みを変えていきました。



信じ込みは、変えると決めて
意識づけをしていけば
ちゃんと変えていくことができます



生きやすい、
新しい思考の癖をつくるという感覚です。


次回に続きます。










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 作山美幸です。


今週は、「甘える」ということをテーマに
記事を書こうと思っています。


よかったらお付き合いください(*^。^*)





「甘える」って、なかよし夫婦になるには
とっても大切なこと。


でも、簡単そうで
これがなかなか難しいんですね。


甘えることができない理由は二つ。


①甘え方がわからない

②甘えることに抵抗がある




①の甘え方がわからない人は、
甘え方がわかれば問題解消しますね。


でも


②の甘えることに抵抗がある人は、
甘え方がわかっても甘えられません。



私の経験上
②の人が多いようです。。。


私も、「甘えるなんて絶対にムリ」
という人間だったので
その気持ちはいたくわかります(^o^;)



「甘える」について
3回シリーズ(たぶん)で書いていきます。


今日はアプローチとして
男女の脳の違いについて書きますね(*^。^*)


まずは、
求めるものが違うということから。







女性は、妄想好きが多いです。


話がどんどん広がって
あちこち飛んで行ったりして
結局なんの話だっけ???
なんてことになったり


愚痴だって
現実よりも盛り気味になったり、


今起きている問題なのに
過去のことまで蒸し返しちゃったり


とか、しちゃうことありませんか?


それに対して男性は
「今ここ」に集中するので
そういう妄想をあまりしません。



で。。。


これがもめる原因になったりします(^^;



たとえば
<一緒に出掛ける約束してたのにそれを破られた>
なんてことがあったとしたら・・・


女性は、
「この前も破ったよね!
これじゃあまた今度も約束破るんでしょ」


とか、、、
ついなりがちなんです。


昔の話を持ち出して
まだ起こってもいないことまで文句言っちゃう
言うみたいな・・。


男性からしたら
「はぁ~、関係ないやん」
「わけわからん」
となる。


こういう妄想癖って
男性にはあまりないから、
こんなふうに言われると
すごくいや~な気持ちになるそう。


ついつい、
自分と同じように相手も考えてる
と思ってしまうから
すれ違っちゃうんですよね。


ただ、単純に
違いを知らないからなんですけどf^_^;


で、何が言いたいかというと
男性と女性は求めるものが違ってるということ。


女性は「愛されてる」
と感じることで満たされるけど
男性は「頼られてる、必要とされてる」
と感じることで満たされます。



だから、男性は女性に甘えらえることで
自己重要感が満たされるんです。



『甘えるはギフト』と、こちらにも書いたように
https://ameblo.jp/miyus623/entry-12314166250.html



大切な愛情表現なんですね。



「甘えること」が
愛の循環に大切な要素だということ
伝わりましたでしょうか。




次回は「甘えられない原因」について書きますね。



甘えられない原因って何でしょうか?


「甘える」ことができない人は
心の中に、ある信じ込みを持っていて
それがブレーキになっています。




つづきます。










【メニュー】

パートナーシップ講座

個人セッション

お客様のご感想

お問い合わせ

心理カウンセラー 作山美幸


























いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 作山美幸です。




突然ですが・・・


「相手の言いなりになってしまう」

「とことん尽くしてしまう」

「相手の都合に合わせてばかり」



そういう恋愛結婚は
うまくいかないことが多いんです。


尽くすのなら

『夫のためにではなく、夫の笑顔のために』

ここ、ポイントです。




怒られないように

ダメだと思われないように

そして・・愛して欲しいから


ではなくて



「どうしたら相手が笑顔になるか」

「どうしたら相手の心が満たされるのか」



そこにフォーカスできて、
それが自分の喜びとなったら


その尽くすは「愛」ですね♡



最初の意識が違うのよね。



相手の都合や欲求に合わせてばかり

一人で頑張る

我慢して引き受ける



こういう場合、
どうして無理をしたり
言いなりになってしまうんでしょうか。



そこにあるのは

「そうしたら愛してくれるんでしょう」という要望。

「そうしたら私を認めてくれるでしょう」という欠乏感。




愛されたいから
認めて欲しいから
尽くすんですよね。


「認めてほしい(承認欲求)」からの
「尽くす」は取引で
本当は奪う行為なんですよびっくり


だから、相手がダメンズになることもあるし


何より悲しいかな
いくらやっても
自分自身がいつまでも満たされません。


「愛」は「愛」を生むし
「欠乏」は「欠乏」を生みます。



同じ尽くすという行為でも
ぜんぜん違ってしまいますね。


だから


どんな場合でも
まず肝心なことは、
あなたの心が満たされているかどうか。


あなたが自分を受け入れているか
自分を大切にしているか。


それがなければ
結局は「認めてほしい」が先になって
お相手から奪い続けてしまいます( ゚∀゚; )タラー


だから・・・


あなたの心を満たすこと
それがなによりも肝心な事なんです。


「認めてほしい心」を満たすために必要なのは
学歴でも、美しい容姿でも、優れた能力でも
ありません。


欠点を直すことでもないです。


そんなことも
こちらの講座ではお話します。

『旦那さんが、ウソみたいに優しくなる
パートナーシップ講座』


詳細はこちら
https://ameblo.jp/miyus623/entry-12241293382.html

方法:スカイプ or 自宅サロン(仙台市泉区)にて体面
時間:10:30~15:00
受講料:15000円(リメイク後の特別料金)
    ※個人セッション1回付き

お申し込み・お問い合わせは、
お問い合わせフォーム(ブログ左のメニューのところ)からお願いします。
こちらから、折り返しご連絡いたします。

平日のみの対応となります。
途中30分ほどのお昼休憩があります。
受講後に感想をいただける方にお願いいたします。







【メニュー】

パートナーシップ講座

個人セッション

お客様のご感想

お問い合わせ

心理カウンセラー 作山美幸
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)