旭山動物園

テーマ:


初めての旭山動物園。思っていた以上に素晴らしい動物園でした。

渋滞もなく、高速で札幌から約2時間で到着。

▲このお方、知ってる誰かに似てませんか~?

妙に人間的なカピパラ。じ~っとも~っとしておりました。


▲こ、これはなあに???オリの下から見られてる豹2頭。

くっついて並んでいました。



▲ライオンの一家です。のんびり朝寝中。

息子のアキラはまだ0歳。甘えたい盛りかな。


▲ぺんぎんさんは本当にかわいい。

この子はカメラに写るのがお上手でした。

▲オランウ~タンのお父さん。ゆっくりした動きがとても人間的。

仲間だなあと思いました。

▲塔を上っていく姿はキングコング?はたまた着ぐるみを着た

体操のお兄さんが上っているかのようでした。


▲上のお父さんの奥さんと娘さん。

毛の色も顔の作りも雄と雌では全然違うのです。


▲旭山動物園のイチ押し、あざらし館。

頭の上をあざらしたちが泳いでいきます。

▲人間の手のように見えるのがあざらしの尻尾側

です。左側が頭ですね。

▲かわいい壁のペインティング。残念ながら空飛ぶように

頭上を泳ぐぺんぎんたちの姿は見ることができませんでした。

▲一羽のぺんぎんが皆にお説教あるいは訓示をしているかのような。

ほかのぺんぎんたちは直立不動でお話を聞いていました。

AD

よく晴れた日。

テーマ:

わたしは晴れ女なのです。お友達と約束した日などは晴れることが多いです。ボラ仲間にご実家が花農家をやっていらっしゃる方がいて、べつの友人とと出かけました。



その大きなガーデンショップにはレストランも併設されていて、お仲間のお姉さんが担当されています。お料理は地元の野菜がたっぷりの家庭料理。今作りました~!という感じのおいしいお料理ばかりでした。



支笏湖へ行こう!という友人と提案で少し足を伸ばしてみました。この湖は何度も訪れています。中学二年のときのキャンプ、高校時代は三年間、札幌市内からこの湖まで歩くという名物遠足があったのです。遊覧船の底からは湖底が見えます。水の中は苦手なので、恐る恐る窓から湖底をのぞきました。急にがくんと湖底が深くなるスポットがあって、水深300メートル以上ですから、やはり怖がりのわたしにはコワ~イ遊覧でした。



千歳神社の湧き水、『幸井の水』というありがた~いお水をいただいて帰ります。あ!アウトレットのショッピングモールにも寄って!



きれいに澄んだ湧き水です。自然からのプレゼント、大事に大事にしよう。

AD

姉とハイキングをかねて、とあるワイナリーの試飲会&販売会にでかけました。『ばんけい峠のワイナリー』といって、ご夫婦で始められた小さなワイナリーです。このワイナリーは市内でも高級住宅街そばの盤渓という小さな山の入り口付近にあります。



ここのワインは添加物が添加されていない自然仕込みです。わたしはお酒は特別好きなほうではありませんけれど、試飲で全6~7種類飲んでもちっともへんに酔うことなく、とても気持ちいい飲み心地でした。峠までは姉の家から歩いて2時間半、姉はこのワイナリーへはいつも車で訪れていたせいか道を誤ってしまい、この日は少し時間がかかりすぎましたが、気持ちい~い!とってもいい運動になりました。


SEIBUで扱われているので、ワイナリーまで足を運ばなくてもここのワインを手に入れることはできます。でもワイナリーまで歩いて来てよかった~!オーナーご夫婦との会話、ほかのお客さんとのおしゃべり、周辺の空気、歩いて汗をかいていただいた水のおいしさ・・・。などなどは、歩いてやってきたからこそ味わえたのだと思います。



オーナーの奥様が作った『だったん蕎麦のスフレチーズケーキ』!おいしくてびっくりしちゃいました。スフレぶりがとってもきめ細かくて、こんな食感、今まで食べたことないです~と感激してしまいました。ワイナリー2階のカフェは温室型テラスになっています。年に何度かのテイスティングと販売会のときに一緒に開いているオープンカフェです。帰りはさすがにバスに乗りました。バスを待ってる間に『あ~ほんとうにいい秋分の日だったね』と姉が心からつぶやきました。同感。今日もありがとうって森の神様に感謝しました。

AD