美しい秋。

テーマ:

携帯電話のカメラで切り取る秋の風景。

美しい紅葉に包まれて息子と一緒に歩いた。


『オレはなんでも重く背負いすぎるのだろうか・・・』


・・・そうかもね。

もっと楽にやってみるといいと思うわ。









AD

紅葉の美しきさま

テーマ:

歌のレッスンが都合で中止になり、自転車を引っ張りつつ散歩がてら帰宅した。

雨降りだったので、濡れ落ち葉がぴかぴかきれいに道を埋めていた。



大好きなゴジラさんが帰国する。紅葉が観られるといいね。

でも、やはりおいしいものをいただくのが一番でしょうか。

AD

ぶどうの粒選り

テーマ:

山の峠にある小さな小さなワイン工房のお手伝いを体験しました。

ここのワインは添加物を使わずに丁寧に丁寧に手作りされるんです。

ぶどうも人の手で1房づつ粒選りをします。

粒選りの体験会に参加すると、蔵出しのときに1本ご褒美がいただけます。


↓このカゴいっぱいで50kgだそうです。

↓オーナーの奥様が作ってくださったケーキです。



ご褒美のナイアガラワインは来年春にいただけます。

自分もささやかながら、仕込みに参加したので、いただくのが格別楽しみです。

AD

土曜日、久しぶりにホスピスを訪問した。

仕事が忙しかったので数ヶ月休んでいた。

今は仕事をしていないから、時間に余裕があるので。

微力ながらお手伝いをさせていただいた。


大好きなおじさんの足をアロマオイルでケアさせていただいた。

やさしいやさしいそのおじさまは、いつでも『もういいですよ』と

自分からおっしゃる。先日もやはりそうだった。

来月もおじさんに会いに行こう。待っててくださいね。


病院のスタッフが作ったらしいハロウイ~ンのかぼちゃくん。

↓歯も生えていて、きゃわいいです。



子どもは素敵

テーマ:

息子がさっきまで自宅玄関の前で、友人たちと別れを惜しみわいわいがやがやとおしゃべりを楽しんでいた。よかった。よかった。


息子は1週間前、学校で他クラスの生徒から暴力を受けて(相手の自分勝手な理由により・・・)きて、翌々日登校したら、今度は心無い言葉のからかいを浴びて今日まで登校できなかったのだ。『今度はオレの方が殴ってしまったらどうする?』ときいてきた息子はしばらくしてから、困った様子のわたしに『大丈夫だよ、母さん、そんなに気にしていないと』と言ってくれたのでした。


からかい言葉のことについては親のひとりと話ができて、子どもも反省してくれた。息子は話し合ったことを嫌がったけれど、それでもほんとに反省してくれたこと、わたしはそのことがうれしかった。


そして、なんとか登校した今日は一日中息子のことが気になっていた。先生も気をつけてくださっているとわかっているが、わたしは不安でたまらなく学校に押しかけてこっそり参観したいくらいだった。


そんな息子が元気な様子で仲良しの3人と一緒に帰ってきた。ほっとした。


この子たちはよく息子をかばってくれる、というか助けてくれる。息子が暴力を受けた日も、それを言葉でからかうほかの子どもたちに対して『やめろ!』と言って守ってくれたんです。ほんとに、ありがたいと思う。


いろんな子どもがいる。いろんな段階の状態の子どもがいる。


悪かったと反省してくれた子どもたちのその気持ちをわたしは信じる。願わくば、他人の痛みがわかる、人を助けてあげることができる強い子どもが増えたらいいな。そのためには、そんな大人がたくさん存在して、たくさん見本を見せてあげなくちゃいけないよね。


けれど、悪い見本があまりに多すぎる。


だからこそ思いました。子どもは素敵だなって。こんなにお手本が少ない世の中なのに、強くやさしく生きる力をちゃんとお腹の中に蓄えている。


さっき玄関の前に息子と友人たちがおしゃべりをしていたときは、息子が嫌がるから言えなかったけど、息子がツライ時に助けてくれてありがとうってその子たちに直接言いたかった。見本を見せてくれた子どもたちに感謝してること、君たちみたいな子どもがちゃんと育っていることに感謝してることを伝えたかったなあ。言葉にはできなかったけどテレパシーは通じたよね。


今、つまづいている子どもたちも、日々の体験の中からひとつひとつ気が付いて育っていけますよう。


だってどの子もみんな、子どもはほんとに素敵なんですから。




↓息子が焼いてくれたホットケーキ。

焦げていますが、丁寧に分量を量って作っているのでとってもおいしかった。