ほっきご飯

テーマ:

昨日、実家でいただいたご飯。


炊き込みご飯にはほっき貝とキノコたちがたっぷり入っていて、おいしいよー。

2杯おかわりしました。

実家では5時にはご飯を食べるので、帰ってからもう一度

10時頃にお夜食してしまいました。


炊き込みご飯、自分では上手に炊けません。

この秋は、炊き込みご飯のレッスンじゃあ。

AD

笑福亭鶴瓶という人はかっこいいね。

温かい気持ちを相手に素直にポンと伝える姿に惚れました。

昨日のTV朝日の特番はとても興味深いものでした。

『鶴瓶のニッポン武勇伝“言わずに死ねるか“我が家のスゴイ人GP』、感動しました。


中でも元特攻隊員のおじいさんのお話は、本当に切なく、あの時代の若い人たちが、

どんなにか切ない思いを抱きながら生きていたか、そして死んでいったのかということが

心にしみるように伝わり涙がおさまりませんでした。

『当時の若者の1000分の1でもいい。国を思う気持ちをもってほしい』

という意味のことをおっしゃっていました。

そのおじいさんの、21歳のときの、国への思い、家族への思い・・・

その真面目な気持ちは、今を生きる我々には及びもつきません。


これからの時代は、皆が自己を犠牲にすることなく、一人一人の命を軽んじることなく、

共存していくことがそろそろできるようにならないと、恥ずかしいぞ人類!と思ったのです。

国を守るということは、戦争ではない方法でクレバーにジェントルに求めていけるはず。


皆が自分の国だけ欲張らないように、バランス、バランス。

大切なのはバランスだろうかな。

AD

プチリセットデー

テーマ:

今日は、溜まった要らないモノたちをかき集めて、エイッ!と捨てる

プチリセットデーにします。


スッキリ!したいんだもん。


いろいろごちゃごちゃ溜まってきます。


スッキリしよ!!



部屋も身も心も。


要らないモノを捨てて磨く。

AD

歌のレッスンで。


W先生『myunkさん、声がとってもいいですね。この前までは若いソプラノ声

だったけれど、声に少しお肉がついてきたような感じです』


わたし『お肉ですか~~?』


W先生『はい、声が豊かな感じになってきてますよ。うん、いいですね』


と、褒められたのでした。


W先生は大人の生徒さんも多くもっていらっしゃるけれど、きっと大人でも、

いえいえ、大人の生徒だって褒められた方が伸びるということを知って

いらっしゃるのでしょう。

いつも褒めてくださるので、とってもやる気がでてきちゃいます。


『もっともっといろんな歌を歌っていきましょうね』と言って、

やる気を引き出してくれる。

そういう経験ってストレートに元気を与えてくれるものなのね。

豊平峡温泉

テーマ:

初めて行った、市内近郊の名湯。

これまでは遠くの温泉にばかりでかけていたので、近くにこんなに良い温泉があったのに

なぜか出かけるチャンスがなかったのね。


北海道は温泉の宝庫。中でも豊平峡温泉 は、源泉が湯船にそのまま注がれるという

本物の本物の温泉なのです。

ナトリウムカルシウム炭酸水素塩・塩化物泉という泉質でゆで卵の匂いです。

すんごく気持ちよくて、ずっとやんでいた左足の膝の痛みもとれたようです。

車が苦手な息子は車中では文句を言っていましたが、来てみたら大喜び。

食堂の料理もおいしくて驚きましたー。


▲ジンギスカン!お肉がと~っても柔らかい、そしてタレが絶品。

息子の好物。


▲インド料理が名物なのです。インドの餃子『モモ』の具入りナン!

焼きたておいし~!インド人のシェフが作ってくれます。


▲そしておそばも名物。平たい麺の10割そばは歯ごたえしっかり。




▲そして、名物男にひひかわいいかわいいわたしの元赤ちゃんラブラブ!

今ではのっそりにひひもっそり、しかしまだまだかわいい男子中学生。

大きくなったね。やっと髪を切りに行ってくれたので襟足がきれい。


目を覚まさせられる

テーマ:

昨日、息子は学校へ行っていなかった。

近くの大型電器店のトイレで腹痛を癒していたのだった。


友人たちが、いろんな書類を学校帰りに持ってきてくれたから。

嘘をついていた。そのことをわたしは怒った。


たくさん話した。『母さんはバカだ』と言った。情けなくなった。

わたしのやってきたことはなんなんだろうと思う。


しばらく言い争った後、やっぱり、わたしはバカだ・・・と思った。


『嘘をついたことは悪いけど、おなかが痛くて、だから今日休んで直して、

また来週から学校へ行けばいいことで、それのなにがいけないんだ!?』


卒業まではもうなるべく休ませたくない。わたしはただそんな気持ちだった。

子どもの資質のこと、身体のこと、そういう本当に大切なことを忘れてた。


では、あのときも実は休んでいたのでは??という疑念が湧き、

確かめてみたらちゃんと出ていた。

息子の気持ちを思うと恥ずかしかった。信じてやれないで。


『あのね、たとえば先生が怒鳴ったりするだろ。それで、

あ~ほんとに悪かったなあと反省なんてしないんだ。

怒ることでいいコトなんかないんだ』


話をきいてるつもりで、きいていなかった。

休ませてもらえないと思ったから、嘘をついて休んだのだ。

言ってることがバラバラでブレまくってしまっていたわたしを見抜いていた。


数日前に『母さんはオレに勝とうとする。勝ち負けじゃないんだ』って

言っていたことを思い出した。


子育てには、いろんな指針があるのだろうけど・・・・

わたしの子育ては、子から教えられ共に育ちあうもの、

過去の失敗は財産として栄養にするもの、

今を生きることで未来は希望に満ちるもの、

そんな風に思った。


甘やかすことと、甘えさせることは違う。そのバランスがむずかしい・・・。

やさしく包んで守ってやることは甘やかしじゃなくて愛情だ。


『親としての気持ちも充分わかるが、子どもを守り、包み込んであげるのは母の役目。

優しく明るくなんか楽しいことをして、そんな事はちっぽけな事だと言ってあげて!!』

とS子がくれたメールに涙ぐむ。


Thank you everybody・・・・


やっと行ったね、学校へ。

テーマ:

2学期に入り、息子はまだ欠席はしていないけれど、

遅刻回数はけっこう多い。


トイレに籠もり、しばらく出てこなかったが、今やっと家を出た。

友達といるのはとても楽しい、授業も辛くないと言う。

やはり、ドクターの言う疲れやすさ、というのはかなりこの子の

学校生活を支配しているんだろうな・・・。


本当に身体がシンドイのだろう。

しかしそのシンドサを受容ばかりしてもいられない。

そのシンドサに抵抗して、わずかずつでもたくましくなってね。

特別支援は必要だけど、その反面、それは当たり前に与えられるものでは

ないと言う現実を知らなくちゃならないからね。

まだ中学生。でももうすぐ高校生。

厳しい世の中だけど、やさしさもいっぱい潜んでいるからね。

落胆せず、かといって過剰に期待をせずに自分の道を見つけてくれるといいなと思うよ。


毎日、あなたの後姿を見送る母の気持ちです。

ganymedさんのリクエストにお答えさせていただきます!

『野菜タップリコロッケ』は、普通のコロッケの具~ジャガイモ、ひき肉、タマネギのほかに

キャベツ、ニンジン、パセリ、セロリなどの野菜をたくさんいれちゃうのです。


①タマネギ、ひき肉、キャベツ(そのほかニンジン、パセリ、セロリなど)を細かく刻んで炒めます。

②ジャガイモを茹でて、つぶします。

③①の具とジャガイモを混ぜて、塩コショウで味を調えます。

④あとは、小麦粉、卵、パン粉をつけてからりと揚げます。


①の具材には、ブロッコリーの茎部分や枝豆などを入れちゃってもOKです。


今日のお茶。

テーマ:

三越にオープンしたての『Le Tao』のカフェで、おともだちの笑い子ちゃんとお茶をしました。





フルーツロールケーキ。

季節のフレーバーティーも香り高くおいしゅうございました。

その後、オーナーさんが、自分でフランスに買い付けに行くという

ブティックをチェックしに。

素敵な素敵なバッグを見つけました。

ときどきのぞきに行こうっと。