9月はとても特別な月。


9月には・・・。


今日までのわたしにとって忘れられないことが起きた9月。


大切な家族が次の世へと旅立ってしまった9月。


大切な人たちとの出会いがたくさんおとずれた9月。


深い思いを味わうことが多かった、しあわせで切ない9月。


わたしの備忘録でもあるブログタイトルは10月からちょっと変更。


『今日までのこと、これからのこと。』

AD

よく晴れた日。

テーマ:

わたしは晴れ女なのです。お友達と約束した日などは晴れることが多いです。ボラ仲間にご実家が花農家をやっていらっしゃる方がいて、べつの友人とと出かけました。



その大きなガーデンショップにはレストランも併設されていて、お仲間のお姉さんが担当されています。お料理は地元の野菜がたっぷりの家庭料理。今作りました~!という感じのおいしいお料理ばかりでした。



支笏湖へ行こう!という友人と提案で少し足を伸ばしてみました。この湖は何度も訪れています。中学二年のときのキャンプ、高校時代は三年間、札幌市内からこの湖まで歩くという名物遠足があったのです。遊覧船の底からは湖底が見えます。水の中は苦手なので、恐る恐る窓から湖底をのぞきました。急にがくんと湖底が深くなるスポットがあって、水深300メートル以上ですから、やはり怖がりのわたしにはコワ~イ遊覧でした。



千歳神社の湧き水、『幸井の水』というありがた~いお水をいただいて帰ります。あ!アウトレットのショッピングモールにも寄って!



きれいに澄んだ湧き水です。自然からのプレゼント、大事に大事にしよう。

AD

ありがとう。

テーマ:


先週の休日に息子が作ってくれた焼きソバ。


このあと、またケンカしちゃったけどね。


トホホな母さんだ。


どうしても過干渉になっている。


肝心なところには心を配りつつ。


放っておく、見守っているというスタンスを意識しないと。

AD

姉とハイキングをかねて、とあるワイナリーの試飲会&販売会にでかけました。『ばんけい峠のワイナリー』といって、ご夫婦で始められた小さなワイナリーです。このワイナリーは市内でも高級住宅街そばの盤渓という小さな山の入り口付近にあります。



ここのワインは添加物が添加されていない自然仕込みです。わたしはお酒は特別好きなほうではありませんけれど、試飲で全6~7種類飲んでもちっともへんに酔うことなく、とても気持ちいい飲み心地でした。峠までは姉の家から歩いて2時間半、姉はこのワイナリーへはいつも車で訪れていたせいか道を誤ってしまい、この日は少し時間がかかりすぎましたが、気持ちい~い!とってもいい運動になりました。


SEIBUで扱われているので、ワイナリーまで足を運ばなくてもここのワインを手に入れることはできます。でもワイナリーまで歩いて来てよかった~!オーナーご夫婦との会話、ほかのお客さんとのおしゃべり、周辺の空気、歩いて汗をかいていただいた水のおいしさ・・・。などなどは、歩いてやってきたからこそ味わえたのだと思います。



オーナーの奥様が作った『だったん蕎麦のスフレチーズケーキ』!おいしくてびっくりしちゃいました。スフレぶりがとってもきめ細かくて、こんな食感、今まで食べたことないです~と感激してしまいました。ワイナリー2階のカフェは温室型テラスになっています。年に何度かのテイスティングと販売会のときに一緒に開いているオープンカフェです。帰りはさすがにバスに乗りました。バスを待ってる間に『あ~ほんとうにいい秋分の日だったね』と姉が心からつぶやきました。同感。今日もありがとうって森の神様に感謝しました。

いつもの中華レストラン

テーマ:

お仕事が忙しい月は、一ヶ月に何度もお世話になる中華レストランがあります。ご夫婦と数名のスタッフでまかなっている小さなお店ですが、リーズナブルでサービスも気持ちいいのです。息子はここのアイスクリームが大好き。わたしはいつも杏仁豆腐ですが、この日はわたしもアイスクリームをいただきました。



ご主人は大きなホテルの中華担当出身のせいか、どことなく洗練されたお味です。このアイスクリームはジェラードの感触で杏仁豆腐のフレーバー、メイプルシロップがかかっていて素敵においしいデザートです。

ゆっくり育て

テーマ:

今日は姉と息子とお墓参りに出かけた。息子は開校記念日でお休みだったので、一緒に行こうかということになり。


『Sはかわいいよ。いろいろなことを話してくれるよ。なんだか育てたくなってきた。こんなに素直でいい子どもを持って、あんたはしあわせなんだよ、ほんとに。』と姉が言った。


うん、そうだね。最近気がついてきていたよ。面倒ないろんな出来事の要因は一方的に子どもにあるワケじゃないこと。大人の側の、わたしの方の至らなさが大きかった。そう気がついた。安心して帰ってこられるようにもっとたくましい母になるから。お母さんも少しずつ育っているんだ。


『挑戦と安心感の間を揺れ動く子どもたちがそこにいる~子どもが新しい冒険に挑む条件は、失敗して自分で収拾できない事態が起こっても、自分を無条件に受け止めてくれるという絶対的な安心感だろう。』北海道教育大学の二宮信一先生の講演会のレポートより。


自分を無条件に受け止めてくれるという絶対的な安心感。


これは親が子どもに贈ることができる大きな大きなプレゼントですね。この思いをたぷたぷに与えてあげること。たとえ子どもが失敗しても、あなたは大丈夫、またやり直せばいいだけのことだよ。そうやって支えてあげること。それがヘコタレナイ心、立ち直れる心を育ててくれるんだね。ゆっくりと見守り続けているから。ゆっくりと失敗しながら大きくなってよね。



きゃああ。息子の400グラムのハンバーグですうヽ((◎д◎ ))ゝ


45歳の就職活動

テーマ:

数日前から、就職活動をはじめました。これまでのフリーランスなお仕事を卒業し、50代はフルタイムで働くのだ!という目標に向けて動き始めましたが、すでにかる~い壁にぶつかってはいます。


まず、正社員、契約社員、派遣社員など真剣に探すとなると、けっこう試験をうけなくてはならないんですね。フリーランスのゆるさに慣れきったわたしの心身には、そういった手続きを踏むという流れが少々気の重いものです。


編集者募集の新聞広告をみつけましたが、年齢についての記載は一切なし。でもネットでその会社を検索したら、ホームページには札幌支社契約社員募集、年齢は30歳くらいまでと記載されていた( ̄□ ̄;)!!でも、それでもその会社にわたしは履歴書出しちゃいます(笑)!


やりたい仕事があったら出す。多少無謀と思っても、年齢制限はあまり気にしないで出す。ダメもとです。トシをとっているかもしれませんがその分だけ経験があります。書類選考に参加させて!!


派遣会社の登録にも試験があるんですね。国語と算数とPCのスキルチェック、面談。職務経歴書も作成しなくてはならない。40代半ばですから簡単にお仕事に就けるとは思っていません。じっくり構えて素敵な出会いを求めるしかないようです。

今日もありがとう。

テーマ:

わたしのところに生まれてきてくれて、ありがとう。

ほんとにそう思っているよ。

そんな気持ちが掻き消えてしまうときも、ときにはあるけれど。

でも、やっぱりすぐに大好きラブラブに戻ってしまう。


むずかしいことに出会っては迷うことがたくさんあったね。

大人の方が知恵が浅くておろかでした。

君がわたしのところに来てくれたから、たくさん大事なことを学びました。

おかげで、ようやく少しずつ大人になることができたのかもしれないよ。


わたしの一人っきりの男の子。いつまでも大好きだよ。

だけど、いつまでもくっついてはいられないね。

君と一緒にいられるってなんてしあわせなことだって。

今日、しみじみ感じたよ。


いつかは離れていく君に、今は大好きって気持ちを伝えよう。

今日もありがとう。

息子のお弁当

テーマ:

今日は息子の中学の陸上大会の予定でした。

結果的には台風はよけてくれたようで、陸上大会にはぴったりのお天気でしたが、早朝の学校の判断で本日の陸上大会は中止となったのでした。

それなので、給食がお休みの本日はお弁当をもたせる日となりました。



飾り気ぜんぜんなし!どシンプルなお弁当ですが、こういうお弁当を息子は喜びます。

この年頃の男の子はお肉がたっぷり入っていれば満足なのでしょう。

色味がさびしいからと、ミニトマトやイチゴで飾っても食べてきませんから!

お弁当作りのときは女の子のママはたいへんだろうな~って思います。

キャラ弁作るお母さん、尊敬します。作ってほしいです(^ε^)♪