しあわせ

テーマ:

今朝早く、いつもお世話なっているご近所の奥さん宅をたずねた。一度お嫁に出て戻ってきた(^^)娘さんも仕事がお休みでおうちにいた。今はパソコン関係のお仕事をしているこのお嬢さんはこのお宅の長女で、息子が4歳から7歳まで4年間ピアノを教えていただいていた先生でもある。



おはようございます~と伺うと、いつものように笑顔の奥さんが家に上がるように誘ってくださった。そしてテーブルに座ったわたしに「お茶?コーヒー?それとも朝ごはんにする?朝ごはんは食べたの?」ってなにげなく言ってくれる。



こんなとき。わたしってしあわせじゃん。と思うのです。



朝クッキーをかじっただけだったので、何もないよ~と言われながら、テーブルの上の煮物や青菜のお浸しなどで朝食を遠慮なくいただいた。ひとしきりのおしゃべりと(けっこう実のあるお話です)おいしい朝ご飯とでしあわせを感じました。ず~っとお豆腐だと見間違えていた(笑)紅茶のプリンも最後にいただいてきました♪



ホントはね。悩み事もあります。わたしの親しい友人の息子Sくんによるわが息子への言葉の暴力。昨日、息子から聞いて始めて知った。残酷な言葉・・・ひどいな~と思った。彼の親(わたしの友人)にはすぐに事情を話し、彼女からは、まじめに反省させると約束してもらったけれど、子どもがそう簡単に変化してくれるとも思えない・・・。でも息子が告白してくれてよかった。朝、学校へ行きがけにぼそっと・・・。


軽度ですが、アスペルガー資質のある息子は、その場の空気が読めない、言葉を文字通りに受け取ってしまうという側面がある。そういう特徴にイラつく子どもが当然ながらクラスにいてからかわれる。息子はわざとやってるわけじゃない。部分的に発達面での遅れをもって生まれちゃったんだ。でも親のわたしだってここにきてやっとわかったのだから、周囲に理解されるには相応の時間がかかる。



けどね。「お母さんが精一杯の働きかけをしてきたことの結果が息子さんにちゃんと現れています。それはわたしにはわかりますよ」とカウンセラーの言葉。「過去のことはいっさい気にしないで。今この時点で彼の特徴に気がついたことがラッキーなんです!息子さんは物事・感情を他人に伝達・説明する能力は欠落していますが、知能がとても高い。この才能をなにかにつなげてあげると将来はなにかを研究をする人物になれるかもしれないですよ」という医師の言葉。美しい女医さんのきりっとした語り口に勇気付けられました。ランチをした友人は握手して涙ぐんでくれるし。なんだか昨日は天国と地獄のような!?ジェットコースターに乗ったような!?そんな一日でした。



だからやっぱりお母さんはしあわせなのね。いつもお世話になってる皆様、そしていろんな神様たち~thank you!


AD

なかま

テーマ:

仲間意識、仲間内、仲間はずれ・・・。良くも悪くも仲間関係。若いときとは違った感覚で、仲間というものを見つめなおすようになりました。家族親戚とはまた違った、カジュアルに支えあえる関係。今わたしが大事に思っていることのひとつです。わたしがめざす仲間つくりとは、1対1で付き合う友人とはまた違う。人はどうしても支えあいが必要なときがあるのです。それは男とか女とか、恋とか愛とか友情だとかそうしたカテゴリーにはまったく支配されないことであって。シンプルに人と人との間の基本的な思いやりによって成り立つ、大人同士の関係つくりです。



人はひとりでは生きていけない。だけど周囲はけっこうシングル、プチシングルな人たちであふれています。自分たちも40代~なら親も高齢者です。この世代にはちょっとした他人の手助けが必要なことがあるのです。


昨日、アロマテラピーのボランティア仲間の男性Nさん(この方は独身、80歳代のお母様と二人暮しです)が訪問先のホスピスから帰る途中に突然体調を悪くされました。まさか、心筋梗塞とか!?とそばにいたわたしが一瞬ドキ!っとするような状態になられたのです。幸い、そのときは病院の近くにいて、宿直の先生もいらっしゃり、すぐに受診でき、過労ではないかとの診断で一安心でした。

もしもこのときにNさんが入院なんていうことになったら、高齢のお母様の心労はいかばかりだろう。不安な夜を過ごすことは想像に難くなく。そんなときにNさんの仲間のだれかが1本でも気持ちのこもった電話をかけるだけでも、病院からの連絡だけよりは家族は安心感を得られるのかな・・・。そんなことがあって昨夜から今日にかけていろいろなことを漠然と考えたのです。


われわれはこれから年老いていく中年同士の大きな仲間として、もろもろの枠を越えて支えあっていけたらいいなと。自分の属するそこそこのお仲間と、なにか困ったことがあったら、そのときそれぞれにできること(情報提供、肩を貸す、わかることならアドバイスを差し出す)でほんのちょっと支えあう・・・そんな大人のより良い関係を構築できたら素敵です。


そうしたら、今よりももう少し気持ちが安定して暮らせる世の中、地域、日本、地球~になるかもしれません。大人がそんな関係つくりをしていれば、暮らしの空間の空気もトゲが抜けてやさしくなるかもしれません。なにかで自らも傷ついて、結果、人を傷つける事件を起こしているひとたちの気持ちがまるくなるかもしれません。



家族親戚、息子のことでいつもお世話になる裏の奥さん、塾の先生、グチを吐き励ましあう友人たち、息子のクラスのお母さんたち、ボランティアの仲間、PCを通して交信していただいているたくさんの遠くの方たち・・・大人の関係を構築してくださっている皆さまにthank you!




AD

お酒のお勉強会&パーティ

テーマ:

札幌か北海道かどちらか忘れちゃいましたけど、女性ソムリエ(ワインそのほか数種)1号の佐々木さんという方が主催するお酒の勉強会に月に一度参加しています。先月が「ウイスキーの会」。そして今回は「ワインをメインにしたお酒と健康についての会」。



講義は赤ワインはとっても健康的なお酒だと言うことぐらいしか、頭には残りませんでした。あはは。なにより講義の後のパーティが楽しくて~音譜



とは言え、わたくしは決してお酒が好きとか強いとかいうワケじゃなく、どちらかといえばすぐに頭痛がしてくる体質でほんの少々たしなむ程度。そんなわたしがこの会合に通うのは、友人にこの勉強会パーティに誘われて参加して以来、主催者のソムリエ佐々木さんの魅力にひきつけられてしまったからなのです。



お酒への興味と言うよりも、佐々木さんのお話を聴きたい。なによりもほんとうに心からのすってきな笑顔美人でいらっしゃる。豊富な知識に基づいたお話は、質的にはまるで大学の講義のようです。お酒そのものの奥深さ、お酒から転じて、食べ物(チーズのことや果物のこと)、お酒にまつわる文学(俳句など)、風俗、世界史などなどなど。は~今回もほれぼれしました。惚れました。



にこにこしながらなめらかに楽しくお話をしているこの女性は、頭が良いだけじゃないのね、きっととても努力家なんだわと思いました。毎月行きます佐々木さん!



そうそう、もうひとつ講義で記憶に残ったお話です。赤ワインのポリフェノール効果~動脈硬化予防、ピロリ菌への殺菌作用、脳細胞を結びつけたり、記憶の脳機能を改善したり~や白ワインの殺菌力効果はたいへんなものなのでフランスでは子どもたちの飲み物にもほんの少し添加するのだとか。



お刺身やお寿司など生ものをいただくときのおしょうゆに、白ワインをほんの少したらしたりするのもおすすめだそうです。お酒が飲めない体質の人なら、シチューやストロガノフに入れたりしてアルコールを飛ばしても同じ効果を得られるそうです。



こんなおつまみをいただきながら、昼間からワイン

サラリーマンさんごめんなさいドキドキ



『いただいたお酒』

赤ワイン Domaine Crauzan Cabernet sauvignon (VIN DE PAYS)

ドメーヌ クローザン  ベルネ・ソービニヨン 2003


白ワイン Baron philippe de Rothschild LE CADET CHARDONNAY (VIN DE PAYS)

バロン フィリップ ド ロスチャイルド  ル カルデ シャルドネ 2003



焼酎   UZ(ユズ) 長崎県 壱岐 柚子リキュール「柚子小町」の原型

      ゆず可憐 櫻の郷酒造


特に白ワインはおいしゅうございました。柚子焼酎は飲みやすくて、知らないうちに飲みすぎてしまいそうです。そんなワケでもしかしたらワタシ、けっこうイケル口に進化してきたのかな???

  

AD

ヨ~ガのレッスンを始めた日

テーマ:

初体験しました。ほんとに体中があたたかくなってほかほか。初回だから、90分のレッスンはなかなかハードだったけど、それにしても気持ちよかった~。

ガス抜きのポーズから始まって、有名なネコのポーズにゃー、イヌのポーズわんわんを含むメニューは全部で17ポーズ。ワタシは先生の対面に座り、ときどき休憩のポーズを織り交ぜての17ポーズを見よう見まねです。

そんなんで必死でたどり着いた最後のシャバ・アサナ(体の力を完全に抜いて寝転びゆっくり呼吸をして目を閉じる。完全弛緩の状態でリラ~ックス)では、周りのレッスン生数人が軽いイビキをかいて(ほんの数分ですが)、気持ちよさそうに眠っていました。

17のポーズを終えた後のシャバ・アサナは、気分がゆったりして、やはりわたしもとろ~んとしましたが、なにせ初めてのレッスンで少々気持ちが張っていたのか、うとうとしたけど眠れませんでした。

それにしてもヨガってこんなに気持ちいいものだったんだ。これなら運動音痴のわたしでもなんとかできるかもしれない。リンパの流れもよくなるそうだから、老廃物もじゃんじゃん外に流れてくださいませ~波と願いながらポーズを決めるワタシでした。

もう少しあたたかくなったら、市内近郊の小さな山に登って山頂でヨガ!っていう「登山ヨガ」という予定もあるのです。楽しみなレッスンになってまいりました。ドキドキ

好きな人

テーマ:

あこがれる人。森山良子、栗原はるみ、夏木まり、加賀マリ子、秋吉久美子、黒柳徹子、木村桂乃(敬称略)。先日、亡くなってしまったけど絵門ゆう子さん。けっこうたくさんいる。バカボンのパパ、ブラック・ジャック、ドテチン。う~ん、男の人はアニメばっかり。まだまだ他にもたくさんいるけどね。


好きな理由。笑顔。色っぽい。不満とか恨むとかネガティブな気持ちにふりまわされない。自分を楽しくする方法を知っている。凹んでも、切り替えして、また前向く人。


あと、素直。





昨日、スクールカウンセラーが電話をくださった。

カ「息子さんから新しいクラスについてなにか聞きましたか?」



腹減った~しか言わないんです・・・とは言えないので。

私「いいえ、まだなにも聞いていないです」



カ「今度の担任の先生ですが、息子さんにとって良い先生だと思いますよ」



話は聞いていないが、新しい担任の先生の書かれた学級通信はすでに読んでいた。とても直接的で、心打たれる文章だったので、

私「はい、子どもからはなにも聞いてないですが、学級通信は読みました。

その印象ではとても良い感じのする先生だなと思いました」



カ「それはよかった。次回のカウンセリングのときに都合があえば、先生とも

お話してみてください」とのことでした。



なにしろ面倒なえっ子どもなのでほんとうに学校にはお世話になってきた。そして公立の中学校で、ここまで配慮してくれることにわたしは心から感謝している。正直なところ、学校というところはそこそこやってくれるところだと、そもそもあまり期待をしていなかったので(ごめんなさい)、より一層感謝の気持ちが高まるのかもしれない。



先生たちには、心から感謝をしている。それぞれの教師が自分の分野で子どもたちに刺激を与えてくれる。この対応はなんなの???と疑問を覚えるような対応をされたことはない。イヤ、ないというか、配慮に欠ける対応があっても、それをこちらが申し上げていくことを受けて、また配慮を返してくれる。



つまり関係構築を継続してくれるし、積み重ねをする関係を作ってこられたのだ。それはとても素晴らしいことだと思う。教育機関なのだから、仕事なのだから当たり前のことなのかもしれない。けれど、教師のあの日々の激務の中で、そうしたことを継続するのは、やはり相当の努力の要ることで、ありがたいことだなと思う。



おかげさまで、いろんなことがわかった。まだまだ分かり足りないかもしれないが、わたしとしては積み重ねて歩んできたという感がある。



おかげさまで、たくさん教えていただいた。まだまだこれから。そしていつかはわたしも、いただいたものを少しでもだれかに返していけるようになりたいと思っている。



ネコにゃーブタネコ 

積み重ねることって大切ですね。


ぶふふふふ

テーマ:

息子のベッドのシーツをお洗濯~♪取り替えようっと・・・・あらら~ん布団の下がもっこりしている・・・・!?

さては~いよいよわたしも母として、そういった(エロ系)本をハケーン!!するときがきたのか!!

へ~ふ~んどれどれ~と布団をめくってみた。



♪♪♪ヒミツ♪♪♪ドキドキ



そこから現れたのは、あやや、ゴマキ、モーニング娘の豪華なグラビア本だった。


ちょっと期待はずれ?だったけど。


やはり芽生えてるんだ、異性に興味が出てきたんだね。


あはは~おもしろ~(←いけないいけない^^このおもしろ嬉しい思いを感づかれないようにしなくちゃ)


でもな、息子、あやややゴマキちゃんは布団の下に隠さないでよ、紛らわしいじゃないか~!! (笑)

なにがたりないんだろう

テーマ:

息子にとても良い私塾を紹介してもらった。塾長はもう70歳手前、現役教師時代は不登校の子ども対策にも根気よく取り組んでこられた方で、そのたくさんの働きを以前から存じ上げていたので、迷うことなくお世話になることにした。


はたして息子は機嫌よく通い始めた。そして今日、本来の塾の日ではないにもかかわらず「今日は時間があるから、いらっしゃい」と塾長からありがたいお電話が。

行って欲しい・・・。春休みで家にいてダラダラしているだけ、一生懸命なのはゲームだけ。部活もやめたのですることがない。しかし「行かない」と言う。どうして?他に用はないでしょ?そんなふうにすぐに断らないでせっかく先生が誘ってくれたんだよ。行ってきたら?とすすめた。しかし予想以上の嵐のような反抗的態度。涙が出る・・・。どうして??なにがそんなにおもしろくない?

そんな反抗ばかりが続くと、そこまで罵倒する母親なんていなくなればいい??ほんとに今の気持ちの動きが知りたい。自分自身の思春期を振り返る。わたしは・・・あなたと同じ年頃のころ、自分でこれは今やることなんだなっていうことは理解して、最低限のことはやってきたよ。もちろん失敗も反抗もしたよ。けど、そこまで自分のやりたい!やりたくない!だけを優先させて反抗しなかったよ。

親と子どもは別人格だって、それはそうだけど。自分がやってこれたこと、自分の子どもはここまでくらいはできるだろうと思ってしまう。それがあまりにかけ離れているとやはりクルシイ。わたしはわかってない親ですか??

塾の先生は「子どもがはじめからヒドイ言葉や態度を持って生まれてくるワケじゃないんですよ。周囲のオトナが先に子どもを傷つけているんです。子どもの乱暴な態度はやはり、自分がオトナにわかってもらえないという孤独から生まれてくるんです。お母さんは元気で笑顔でいてください」と言ってくださいました。

はい。先生の言葉には深く深く感謝します。でも今のわたしは、息子の嵐のような反抗を受けて、すぐにおおらかな笑顔で迎えられない。でも、先生、それでも、わたしももっと大きく育ちたいです。だから親子ともどもお願いします。そう心の中でお願いした。


今「母さん、お腹が空いた」と言ってきた息子。さっきのあなたのあの罵詈雑言はなに!?とムカムカするのが正直なわたし・・・あ~こういうタイミングで、やはりおおらかに受け止めることができないわたし・・・。でもこれからご飯作りましょう。そして一緒にお昼をたべよう。彼は間違いなくわたしが育ててきた男だ。

明日は友人とおいしいものを食べておしゃべりしてこよう。ビュッフェで!!(太るハズだ・・・)