うまく行かないものだね

テーマ:

一週間ぶりの更新!




先週から新しい職場へと向かった訳ですが・・・・・・・。


いやぁ・・・・・・・。


ダメですね・・・・・・・・。


最初は皆さんニコニコしながら優しくしてくれたのですがね・・・・・・。






以前、勤めていた職場の名前を言いましたら・・・・・・態度が一変してしまいました(悲。


私としては、会社の規模だとか同業者だとかあまり気にならないと思っていたのですがね・・・・。


やはり、ベテランさんや社員さん方々は面白くなかったみたいでね・・・・・。


同じ様な仕事をしていたと言うと、相手はムキになっちゃってね・・・・・。


こっちが頑張れば頑張るほどムキになって対抗するわ。


こっちゃ、ただ頑張ってるだけだってぇ~のにね。


だからと言って、少しペースを落とせば見下す感じで言い放ちやがる。


頑張りが反比例してしまって、どうにもこうにもやりずらい。


しかも、こっちが聴覚に障害があると分かれば、わざと意地悪して小声で言う。


なんだか自分がみじめで悔しくてね・・・・・。


なぁ~んで頑張っているのに頑張りを認めてくれないのだろうとね・・・・・・。


自分に負があって文句を言われりゃ納得して誤りますよ。


負もないのに必要以上にあーだこーだと言われ、冷たい態度を取られちゃったらね・・・・もう、どうしようも無い訳さ。


一週間頑張って耐えて行ってみたのですが・・・・・今までで一番精神的な屈辱が大きくてね・・・・・・。


かなり参ってしまい、涙してしまいましたわ(笑。


んな訳で。


ここで頑張っても頑張る意味が見当たらないので、や~めちゃお!


気軽に「ここだめじゃん!」って気持ちで辞めちゃおう!


そう思った次第です。


いやいや・・・・・本当はかなり辞めるのに悩みました。


だって、負けたくないしね。


障害があると、なおさら負けたくないのよ。


自分に負けたくないの。


だけど・・・・今回ばかりは障害だけではなく、私の努力が全くとして認めてもらえる見通しがない。


そう思った訳です。


人生って・・・・・ホント上手くいかないもんすね。





先週末、娘の第二回目の聴力検査がありまして。


今回の聴力の結果を見て、障害者手帳の交付を考えて補聴器の購入へと・・・・・なるはずでしたが。


前回と担当医が変わり。


今回診察してくださったお医者様は、まず補聴器を付ける前の、もっと詳しく内耳の方を調べてみた方が良いとおっしゃるのです。


確かに、そうなのです。


ただ単に、「聞こえが弱い=補聴器」ではなく。


一言に難聴と言いましても、非常に複雑なんですよね。


「伝音」と「感音」の二種類の難聴のがあったり。


耳の構造からくる障害か。


はたまた、神経からくる障害か。


とにかく、非常に複雑なんですよね。


結果的には補聴器は必要なのですが、詳しく調べた方が良いと言ったお医者様の方が前回の担当医よりは明確な診断なのではないか?と思います。


決して、調べたからと言って良くなる訳ではないのですが。


私の場合は、ハッキリ言って「うやむや」にされてその後障害が進行してしまったのでね・・・・。


どこでどうなって、聴力が落ちてしまったのか・・・・よく分からず。


ま、落ちるのはしゃぁ~ないのですがね。




そんな訳で、娘の内耳をもうちょっと詳しく調べに、明日は大学病院へ行ってきます。


紹介状もらっちゃったんでね・・・・(汗。








ママは未夢のために良い補聴器を買ってあげたくてお仕事頑張ろうって思っていたんだけど・・・・。


でも・・・・ダメだった・・・・・。


ゴメンね・・・・・未夢。


でも、また頑張って新しいお仕事探すからね。


母の日だからって、頑張ってお料理作ってくれてありがとう。


お庭に咲いてたお花を摘んで「ママ、おしごとがんばってね」と書いたお手紙と一緒に渡された時は、申し訳なくて涙が出そうになっちゃったよ。


ごめんね。


ママ、もっと強くならないとね。


同じ障害を持ってしまった未夢のためにも、お手本になるように頑張らないとね。


明日から少し休養して、また頑張るね。








よっしゃ!


頑張ってガンバロウ!!!!(ロケさん元気かしら???

AD

とうとう終わってしまったね・・・・。


黄金週間。


私は一昨日から旦那様の実家へ帰省していまして。


本日、無事に帰宅して参りました。


帰省中である昨日、旦那様の妹家族&お兄さん家族達と日帰りキャンプに行ってきました。


キャンプというほどでもないなぁ・・・・・。


バーベキューしに行った・・・・この方が正確かもしれん(笑。





当日、朝6時に出発し、現地に到着したのは8時前。


まだまだ人の出はまばらだったのですが、一時間もすれば河原付近は満員状態になりました。


早速、火を起こし、肉を焼いて1杯いだだきま~す♪


緑色の帽子をかぶっているのが、ウチの兄ちゃんです。


ちなみに、その帽子は「カエル急便」です(笑。


大のお気に入りです。




いやいや・・・・・。


炭火で焼く牛肉も美味いが、私はやはり「焼き鳥」の方が好きなもんで(笑。


大好物である、軟骨をいただきました。


やっぱ炭火はいいなぁ~、美味いなぁ~。





当日の最高気温は28度!!!


いやぁ~・・・・・暑かった・・・・・・。


こう暑いと体力と水分の消耗が激しいんでね。


いやぁ~・・・・飲んじゃいましたよ・・・さすがに・・・・ねぇ・・・・・。


子供たちは用意した水着に着替え、早速河原へ・・・・・。



ちなみに、水着を着ている女の子はウチの娘です。



こういう風景ってさ・・・・こう・・・ほのぼのとするのよね・・・・・・。




などと、和んでいる横で・・・・やって参りました「今どき若者ご一行様」



私の右後ろで騒いでおります・・・・・。


最初は大人しく飲んでいたかとおもいましたら・・・・・。


酔いが回ってきたのか。


その内、ラジカセのボリュームが大音量となり。


若者たちの笑い声と奇声。


挙句の果てには川に投げ込まれたり、投げ込んだり。


はたまた、自分から飛び込んだり・・・・・。


女性の濡れた洋服を男性が無理やり脱がせ、おっぱいベロ~ン♪


・・・・・・・・・・イイモノ見させていただきました。


それを見ていたワシの旦那様の兄様のニヤケタ顔を見逃しませんでした・・・あたしは。


いやぁ・・・・・。


それにしてもだな・・・・・。


酒飲んで大騒ぎするのは昔の若者とそう変わらないのだがね・・・・。


やっぱ周りには家族連れや小さな子供達だっているのだからね・・・・・。


もうちょっと節度をわきまえて騒ぎたまえ・・・・・。


ってか。


妙にキャンプが似合わないギャルとギャル男たちだったな。





んな訳で。


ちょいとお疲れ気味で帰宅した本日。


明日は新しい職場へ初出勤だというのにも関わらず。


なんの緊張感も無いこの私。


さてさて・・・・・。


明日は・・・・どうなんだべか・・・・・。







AD

黄金週間真っ只中!!!


もう「どっか行ってきまぁ~す♪」って方が多い事と思われます。




あ、私ですか?


私は・・・・・・まだ家に居ます(笑。


一応キャンプに行く予定でおりますが・・・・・ちと「侵入者」の事件があったもので・・・・・・そうウキウキした気分にもなれないのですがね(汗。





さてさて。


常日頃から???我が家のお庭の花たちをアップしようと思っていまして。


今日はお天気も良かったせいか、ついに重い腰を上げて写真を撮ってまいりました。



     


こちらの花は「ネモフィラ クレオパトラ」と申します。


お店で見つけた瞬間、お花の怪しげな名前と可愛らしい小花に惹かれて買ってしまったものです。


横に広がるタイプでして・・・・・・。


最初は小さな株だったのですが、今では地面を埋め尽くしかねないほどの成長ぶりでございます。





そしてこちら。


奥にあります白い花は「サニーヘンリー」といいまして。


定価の半額以下「100円」で売っていたもので、思わず「やす!!!」って感じで・・・・買っちゃいました(笑。


ちなみに、その横にチラッと見える「マリーゴールド」は「30円」


安いの大好きなんで・・・・・。


その手前にあります、まだ開花していない苗は「ダ―ルベルグ デイジー」です。


これは大好きな花の一つです。


そして、一番手前が「あじさい」です。


いつまでーーーーーーーも葉が出なくて「もうダメかな・・・・」と諦めていたのですが、今年は小さなつぼみをつける事ができました。


さてさて・・・・咲くかどうか・・・・・。







こちらは「忘れな草」です。


この花の花言葉には、とても悲しい物語があるんですね・・・・。


大好きな人のために、崖に咲いていた忘れな草を取ろうとした青年が足を滑らせ、崖から転落。


下に流れる激流へ・・・・・・・彼は亡くなってしまいました。


その時、彼が口にした言葉が「どうか私を忘れないでくれ・・・・・」だったそうです。


彼が残した言葉通り、忘れな草の花言葉は「私を忘れないで」となった訳です。


そんな彼を忘れる事ができなかった恋人も、彼が落ちた同じ場所から身を投じてしまったのです・・・・。


なんとも悲しい物語でありますが、恋人同士の永遠の愛を感じる素敵な物語でもあると思うのです。






こちらは「四葉のクローバー」ではなく(笑。


三つ葉のクローバー」です。


ま、雑草といっちゃ雑草ですが、黄色い小花がカワイイと娘が「抜かないで」と言うものですから・・・・。


でも、本当にカワイイです。


朝、日が昇ると同時に花は満開となり。


辺り一面、黄色い小花たくさんなんすよ。


ま、雑草なもんで、うじょうじょと生えてきています(笑。






そして、最後の画像です。


こちらは「コデマリ」です。


姉さん。


これを我が家の記念樹にしました。


この花を姉さんに見せたかったんすよ。


画像じゃ分かりずらいですが、たくさんの小花が枝いっぱいに咲き。


風に揺れ姿はカワイイです。


「コデマリ」は子供が健やかに育つことを祈って植えるらしいですね。


その事は植えた後に知りました(笑。





その他にも「アーネスト」やら「スーパーベル」やら「ビオラ」やら・・・・・・・・。


色々ありまして。


また綺麗な花が満開となった時にでも紹介したいと思います。





最近、本当に花が好きになってしまいました。


昔は花などちっとも興味が無く。


もらって植えてもすぐに枯れてしまったり。


花の名前などさっぱりでした(笑。


それが今では、この花たちに癒される毎日です。


私が一番落ち着ける場所、「ヒーリングスペース」とでもいいましょうか。


毎日、毎朝、庭の花を眺めては心を落ち着かせています。




そしてつい最近知ったのですが。


私のヒーリングカラーは「緑」だったんですねぇ。


なるへそ。。。。。でした。





そんな花たちが家を空けてる間に枯れてはしまいかと・・・・ちょっち不安。


でも、侵入者の方がもっと不安。




それでは皆様、良い休日を・・・・・・。

AD

出会いに感謝!!!

テーマ:

本日は、お勤めしていた職場でのお別れ会でした。




いやぁ・・・・・・。


感慨深い・・・・・。




仕事はとても辛く、体力的にもかなり参ってしまった時もありましたからねぇ・・・・・。


しょっちゅう腱鞘炎になり、左手の中指が腫れては収まり、また腫れては収まり・・・・の繰り返しでしたからね・・・・。


それでも毎日頑張ってお仕事できたのは、やはり楽しく理解ある同僚の方々のお陰だったと思っております。





仕事をイチから教えて下さったリーダーの方々には大変感謝しております。


そして、こんな私を頼りにしてくださった事も大変感謝しております。




一人、一人の方々へ別れの挨拶に回った時は、感極まり思わず涙してしまった・・・・・。


いやいや、号泣でしたわ(笑。


アイメイクのマスカラやらアイラインやらは、ほとんど消えて無くなり。


アイシャドーはなんとか残っておりましたが、すっごいブレてしまいましてね(笑。


抱きついて泣くわ、抱きかかえられて泣くわ。


しまいにゃ、鼻水垂れ流しっぱなしだし・・・・・・(悲。





本当に大好きでした、皆さんが。






この三人。


私を含めて皆さん「33歳」


名づけて「33トリオ」とも言いましょうか。


タメ三人組。


やはり同じ歳とありまして、社員とパートの関係ではありましたが、結構ワガママ聞いてくれたりして楽しかったです。


イイ奴らでしたわ(笑。




色々と心残りもありますが、私はワタシらしく、この先まだまだ頑張っていかなくてはならない訳で。


いつまでもクヨクヨしている訳にもいかないわけで。


皆さんとの思い出、経験を大切に。


そして、色んな事を教訓にして。


この先、頑張っていこう!!!!


そう思った次第でございます。






これからも、ワタシが私らしくあるために・・・・・・。


ミユミユさんは頑張ってガンバルのらぁ~!!!!!

いやぁ~。


本日は忙しい一日であったと同時に、今までの自分の中にこもっていた悩み事が少しずつ解決へと向かっている・・・・そんな気がする一日でした。



先月いっぱいで職場を退職し、今日は完全なるオフ。


そして、次なる職場へと向かう前に今私がやらなくてはならない事が残っていたんです。


その「やらなくてはいけない」事とは・・・・・・・・・。






娘の障害です。





知ってる方は知っていると思いますが、私は「難聴」です。


難聴といいましても、ランクがありまして。


私の場合は「軽度」と「中等度」のちょうど中間辺りです(しばらく測ってないから・・・・まあ、多分変わっていないと思うけど 汗)


そして、そんな私のお腹から産まれた娘にも、その障害が遺伝していました。


保育園に通っていた頃から、なんとなく「もしかして・・・悪いかな?」という気がしていましたが。


小学校にあがり、最初にありました聴力検査で特に異常はないということで安心していたのですが。


最近の娘の様子を見ますと、聴力が弱くなってきているような気がしていたんです。


学校からも何度かその事について言われていたのですが、過去に精密検査で異常がないと言われた事を信じて、私は病院へ連れて行くことなどしませんでした。


ってか、病院の言葉を信じる事よりも、自分の娘は普通であって欲しい。


決して「普通じゃない」と思われたくない。


「耳が悪い」=「普通じゃない」


ちっちゃなプライドが私を否定的な考えへ導いてしまっていたわけです。





だがしかし。


今回、学校で行われた聴力検査で「異常」という結果をいただき。


心は悲しみと懺悔の気持ちでいっぱいになってしまった訳です。


そして、常日頃から私を悩ませ、うやむやにしていた問題に白黒ハッキリさせようと・・・・・。


そう思い、娘と一緒に病院へ行ってきました。





結果としては「中等度難聴」でした。


かなり・・・・ショックでした。


「軽度」程度かと思っていたんでね・・・・・。



娘の聴力では、やはり「補聴器」が必要らしいです。


本人も欲しがっているので、補聴器をつける事は特に抵抗がないです。


勿論、私も実は補聴器を持っています。


でも・・・・騒音がうるさい場所だと私には耳障りで・・・・・会議や病院などでしか使っていませんが(汗。






補聴器を買うにあたって、娘の聴力ですと「障害者手帳」を交付できるかできないか・・・・・・・。


これが今、まさにギリギリのラインなんですよ。


障害者手帳を交付することができれば、補聴器はもちろん、娘の将来に関わる色々な問題が国から保障される訳です。


中途半端な聴力で、なんの保証も無く「あなたの力で生きていきなさい」と言われてしまった障害者である私は、大変な苦労と心の葛藤で悩み続けてきました。


そんな同じ苦労を娘には味わわせたくない・・・・・・・。


そんな思いでいっぱいです。


「障害者手帳」という言葉が出たとき、思わず私は涙が出そうなほど嬉しく思いました。








「これで娘の将来は、安心だ・・・・・・・」




そう思ったんです。


だがしかし。


やはり、そう簡単には人生うまくいきませんよ。


娘の聴力が実際にどこまで悪いのか・・・・・これがあやふやなんですよ(悲。


悪い事は悪いが、・・・・そこまで悪いか・・・・・。


補聴器センターの方は医者よりも難聴者の事を知っているのでね。


娘の聴力が実際はもうちょっと良いのじゃないか?と疑問を抱いたわけです。


そして再検査。


やはり、病院で測ったものよりも多少良かったです。


でも「中等度難聴」には変わりはないのですが・・・・・・。





世の中には色んな障害で悩んでいる方は大勢いると思います。


そんな障害が「小さい」「大きい」に関係なく。


「障害」は「障害」なんです。


世の中で生きていく上で、困難なんです。


本当に困っている人々に国はなぜ救いの手を差し伸べてくれないのでしょうか。


障害は小さい、大きいに関係ないのです。


その障害によってどれだけ困難な人生を送ることになるのか。


本当に苦しんでいる人にこそ、国は税金を使うべきだと思います。


公共施設を充実させるのはとても素晴らしいと思います。


でも、果たしは、そこは国民にとって利用しやすい場所なのでしょうか?


綺麗に整備された道は、道行く人々に爽快な気分を味わわせてくれる事ができます。


でも、不必要な道まで綺麗に舗装されていませんか?


使用意図が不明な国の支出。


払いすぎではないのかと思われる議員さんのボーナスに退職金。


視察という名の観光旅行。


接待とは。。。ナニゾや????






お願いです。


本当に困っている人々に救いの手を。


そして、「小さな障害」も「大きな障害」も関係無しに。


大きさなんて関係ないんです。


障害は障害なんです。


どうか・・・・今よりももっと国民に思いやりのある国にしてください。






「難聴」とは「コミュニケーション障害」ともいい、「見えない障害」ともいいます。


一見、普通の人に見えてしまうため、色んな誤解が生じ。


周りの人々と上手く付き合う事が困難になってしまうのです。


本当は「そう」ではないのだけど、言葉を理解する事ができずに「そう」と言ってしまうこともある。


そんなささいな事から色んな誤解生じてしまう。


自ら「自分は難聴者だ」と言えるだけの勇気があればいいのですが、今の世の中「難聴者」へ理解が少なく、偏見や珍しさの目で見る方が多いため、なかなか言い出せない方は多くいると思います。


目が悪ければメガネを掛ける。


耳が悪ければ補聴器をつける。


それが当たり前になる世の中がいつかくることを祈っています。



そして、私はしばらくの間、娘の問題に真っ向から突き進んでいきたいと思っておりやす。





そうそう。


難聴者に「耳悪い?」って聞かないでね。


「聴力が弱い?」って聞いてあげてね。


「悪い」って言葉、イヤじゃない?


だって、自分が悪くなりたくて悪くなったんじゃないんだからね。





って、事で。


難聴者への理解のほど、よろしくです。