東京 神奈川 子育て講座 ポジティブ思考を育て自己肯定感を上げる親育 家庭倶楽部 和田みゆき

子供の生まれ持った能力を磨き、自己肯定感の高い子供に育てる秘訣と家庭が豊かで幸せになるコツをお伝えしています。

【 好印象になる大人の女性の
自己表現とコミュニケーション力アップセミナー 】

2月25 日(土)3月19日(日)10:30 ~12:00銀座 無料
2月25日満席 3月19日6席

詳細はコチラ


【 子育てラジオ番組出演のご案内 】
( レインボータウンFM局 )


次回は、3月18日(土)10:25~10:57

おやトレラジオ@ママそらモーニングcafe

テーマ  コミュニケーションは未来を開く

ご視聴方法はコチラ 子育て・生き方のヒント満載です☆彡

テーマ:

 

毎年、年明けから3月って
進学やら就職で、子どもが独立する時期ですよね。

 

 


我が家もそう。

 

 


帰ってこないのですよ。
待っていても。

 

 

 

さすがの私もそろそろ気づく。
待っていてもかえってこないことは
寂しいーーって。

 

 


独立することは

子供にとっていいことだとわかっているけど

心の中では葛藤してる。

 

 


娘が小さい頃から言ってきたじゃない。
20歳になったら独り暮らしをしようねって。

 

 


でもそれは遠い未来の話で
実感がなかったから正論を言えたように思う。

 

 


そして寂しさに気づかなかったから
今回の独立を喜んで応援した。

 

 


確かに洗濯物が減ったり
不規則な食事の支度をしなくてすんだり
駅までの送迎をしなくて済むし
片付けないことを叱らなくてよいけれど
今ではそれら全てが
実は大変ありがたいことだったと気づく。

 

 


親をやらせてもらっていたんだわ。

 

 


子供が小さい頃って
自分の時間なんて全くとれなくて
自分のペースで食事もお風呂も入れなくて
自己実現なんて夢のまた夢
私の人生子供と家族に尽くして終わるのか
なんて思うこともあったけれど

 

 


子供は親になる人を
成長させるためにやってくるのですね。

 

 


子供の世話をしていたのでなくて
子供に幸せと成長の機会をもらっていたのです。

 

 

 

今まで怒ってごめんね。

本当にありがとう。

楽しかったし幸せだったよ。

 

 


と、ようやく気づいた晩なのでした。

にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「 ∟ 娘」 の記事

テーマ:

こんにちは。

家庭教育アドバイザーの和田みゆきです。

 

 

 

 

 

今日は寒いですね。

 

ご家族は風邪などひかれていませんか?

温かなおやつで

子ども達の帰宅を待ちたいものですね。

 

 

 

お子様の年齢問わず

家庭教育アドバイスで一番人気があるのは

こちら!

 

 

 

子育て方針を書きだしてみよう

 

 

 

 

 

 

皆様のご家庭では、作っていますか?

 

 

 

IMG_20161202_062440998.jpg

 

 

お子様の成長に合わせて
定期的に子育ての方針を変えていますか?

 

 

 

 

細かなものから大きな目標まで

ご家庭によって異なりますが

問題が起こる度に対処する子育てもよいですが

事前に親御さんがご家庭の方針を決めておかれると

お子様は、判断基準がもてるので

自律をしやすくなります。

 

 

 

 

 

眼に見えるように

紙に書き出して貼り出すというのは

より記憶に残りやすいですし

家族で共通のルールにもなるので

行動につなげやすいですね。

 

 

 

 

 

 

子育ての方針って

学校の教育方針とか起業の理念などと同じで

 

 

 

我が校は

 

こういう教えがあり、こういう人間に育てますよ。

 

 

 

我が社は

 

こういう理念に基づき、経済活動をして

社会貢献していますよ。

 

 

 

 

というものです。

 

 

 

 

 

これがあると

 

 

子育ての中心になる考え方が明確になるので

その時々の意見に流されにくい

 

 

 

 

 

家庭のルールを明確にして

子供が自分で守れるような子育てをしませんか?

 

 

 

 


方針を決める時に

 

子どもの主体性を重視するのか

親の方針に、子どもを合わせる教育にするのか

そこも重要。

 

 

 

 

でも躾面について言えば

 

親主導でないと、

子どもは楽な方に流れていきますので要注意。

 

 

 

 

基本は

 

 

 

 

我が子にどんな人間に育って欲しいのか

 

30歳になった我が子の人間像を想像し

作っていきましょう。

 

 

 

 

30歳の我が子像の例

 

 

  ↓↓↓

 

・思いやりがある

 

・ユーモアがある

・統率力がある

・自分の幸せを感じ取れる

・協調性に富む

・判断力、決断力に優れる

・勤勉

・規律ある

・目標値が高い

・柔軟性がある

・文武両道である

・国際的な活動をしている

・スポーツマン

・音楽的センスがある

・美術的センスがある

・努力家

・スポーツ界で活躍   など。

 

 

子どもの将来像を考えたら

 

 

次に子育て方針を考えていきます。

 

 

 

 

例えば

 

思いやりがある人間に育って欲しいなら

思いやりがある人に育てるのが

子育ての方針の一つになります。

 

 

 

我が子が絵を描くのが好きだから

 

 

たくさん絵を描かせてあげたいと思うなら

「子どもが夢中になれることを伸ばす」とか

「絵画的センスを磨く」とかが

子育ての方針になるでしょう。

 

 

 

 

娘が10才の頃の我が家の子育て方針

ご紹介します。

 

 

 

・未来を切り開く人

・人に迷惑をかけない人

・相手の立場を理解する人

・物事を多面的に捉え、本質を見抜き視野を広く持つ人

・柔軟でしなやかな人

 

 

 

そして子育ての方針は

 

 

・頼まれない限り、娘のしていることに手を出さない

・責任を取らせる

・失敗をいっぱいさせる

・経験をたくさんさせる

・家族で会話をたくさんする

・お友達とたくさん遊ぶ

・娘がチャレンジすることに結果を求めない

 

 

 

その結果20歳の娘は

家を出て独立し
勤勉で様々な活動をしているようです。

 

 

 

親は助けを求められた時に

必要だと感じる学びや経験のお誘いだけしています。

 

 

 

幸せならそれが一番。

 

 

 

今日も読んで下さって

 

 

ありがとうございました。


 

子ども達は

ご家族の笑顔だけで

とてもとても幸せになるのですチューリップ

 

今日も皆様のご家庭に

たくさんの笑顔が溢れますようにドキドキ

 

にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ
にほんブログ村

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



『子育てを学ぶ場が必要なんです‼』
 


第10回の大人の遠足は、参議院議員の木村よしお先生といさ子さんの引率にて、国会議事堂参議院見学と長時間に渡る懇談となりました。
 





ランチ会では、木村先生に国会議事堂の役割やアメリカ新政権の見方などを教えていただき
 


見学会では、先生といさ子さんそして衛視の方による深い国会議事堂に関わる解説とこちらには書けないのですが、貴重な体験の数々をさせていただきました。
 


何度伺っても感動します‼
このような素晴らしいか勉強会見学会に参加させていただき、心から感謝します。



国会議事堂の凛とした佇まい、
当時の最高の技術を持って作られた建物としての重厚感研ぎ澄まされた空気感
天皇家の存在と日本国家
 



うまく表現できませんが、
国会議事堂という建物を通して、日本を学びとる時間は、大人の勉強だなぁと感じます。
 


大人が知らなくては、子供に教えられないですものね。
 


日本の未来を話し合い決定してきたという歴史の重さや未来、また国会関係者の様々な思いを知ることで、ますます日本を理解し好きになりますし誇りに感じました。
 


懇談会では、日本の子育ての現状と不満と解決策の話は尽きなくて時間オーバー。
もっともっとお話を聞いていただきたかったですし、ママや子育ての専門家の皆様のご意見も伺いたかったです。
 





というのも
偶然にも今回ご参加の皆様は、ママや子育てに関わるご職業の方ばかり。



子育てにおける問題点の指摘(待機児童から保育士保育園不足の話題、家庭教育のあり方、不登校引きこもり自殺者、自己肯定感など)から解決策の提議まで、熱く熱く語ってくださり、
また私も語らせていただき



子育ての現状と思いを受け止めていただきました。
 



現場だからこそ、見えること。
 



一人一人の声は小さくても、
本質や真実は
必ずやムーブメントとなることを感じた一日でした。




最後余談ですが、
今回も木村先生の国民生活を向上するための行動力と早さには、本当に驚き感謝の気持ちで一杯です‼



深い学びをありがとうございました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)