朝来みゆかの「あさごはん、たべた?」

恋愛小説やシナリオを書くお仕事をしています。
三度のご飯よりアイドルが好き? でも本はもっと好き!
記事内容に無関係の宣伝コメントは削除させていただきます。


テーマ:
アイドルグループ「パルテール」のメンバー、13名に寄り添う小さなお話を書き終えました。
三分で読める小説(1200文字以内)として、upppiさんに載せています。
こちらからどうぞ。
ログインしなくても(会員登録しなくても)読めるのがupppiのいいところなんですが、インデックスページは見づらいかも? シリーズものもばらばらになってしまう……。

今回は、13名の女の子たち、それぞれの個性をつかむというミッションでした。
日常をいろいろ書いてみました。
本編は奈々と倉知が物語のメインですが、周りにいる子たちがどんな感じか見えたがいいなと思っていたので。下手なりに……どうでしょうか、はっきりしてきたかなあ? 千差万別、でもみんなかわいくて、やっぱりアイドルっていいよね、女の子って楽しいよねと言いたい。

ガールズラブ小説コンテストにて佳作をいただいた本編も、電子化リリース前はまだ無料でご覧いただけます。
未読の方はどうぞー。


華麗なる逆襲2016
どの報道も事務所発表に拠るものばかりで、本人たちの(言わされたのではない)言葉を聞いていないから、不仲とか信じないです。
そういえばぎすぎすしてたよねー、とかしたり顔で言うひともいるんですが、え、そう?
わたしの目には全然そう見えてなかったよ……いつだってプロだなーって思ってた……。
印象の後出しジャンケンはしないぞ
わたしは自分の耳で聞いた言葉、自分の目に見えたものを頼ります。
いつでも解散取り消ししてくれてOKだし、戦略的に一時撤退して、本当の敵がいなくなったら再結成に動いてくれればいいと思ってます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
就寝前にニュース速報が入り、浅い眠りを経て、妹と打ち合わせに出かけて業務をこなしてきた。
ジャニーズ事務所が推すアイドルグループには金輪際見向きもするもんか、とへそを曲げた気持ちを妹に伝えた他は、ごく普通の顔をして半日を過ごした。

妹に背中を押されたので、
『ありがとう』『弾丸ファイター』『そっときゅっと』の三枚のシングルをかけつつ、書こうと思う。
SMAP解散宣言について今思うことを。


「ジャニーズ事務所よりお知らせ」
「メンバーより皆さまへ」
「ジャニーズファミリークラブよりお知らせ」
それぞれの文章を読んだ。ファミリークラブ(ファンクラブ)のサイトに掲載された、SMAP会員宛てのメッセージだ。

五人のメッセージはメンバーの年齢順に並んでいる。

最初に中居さんからの報告。
背負ってきたものの重さが文字の間からあふれている。こんなに悲しい謝罪文を見たことがない。
間違いなく彼は、わたしたちが受けるダメージにも思いが及んでいるだろう。
読んだ途端、こわばった気持ちがゆるんで、不思議なくらい素直になれた。
わたしはマンションの一室のパソコンの前で一人泣くけれど、中居さんと一緒に泣いていると思いたい。

たくちゃんからの報告は、25周年のライブや新しい音源を待っていたファンの立場から見て、非常にわかりやすかった。
では一体どうすればよかったのか。
思考の中できっと何度も「if」を繰り返しただろう。わたしたちは誰も、時間を過去に戻し、選択をやり直すことはできない。
残酷な結果だけれど、どうしようもない。
負けず嫌いなたくちゃんが呑み込む現実を、苦しいけれどわたしも呑み込む。

吾郎ちゃんは唯一、「理解してほしい」とファンに求めている。
ファンならば好きなアーテイストの気持ちを知りたいし、寄り添いたいし、認めたいものだ。
だから、グループの一員としての最後のメッセージがそんな求めであったら、わたしはうなずくしかない。
たとえ誰かを傷つけたり、むしろ意思を抱いた当人を傷つけるものであっても、28年目に選んだ答えに「NO」とは言えない。

つよぽんのメッセージは「道」という単語を用いた表現も含め、いかにもらしい落ち着いた言い回し。
「今後」について言及している以上、今日の次の明日、明日の次の明後日、その先も、さらにずっと先も歩いていく覚悟ができているのだろう。
混乱の中でわたしたちにできることを一つ示してくれた。それが支えになり、ありがたく思うファンもいるだろう。
先日のファンクラブ会報を読んで以来、五人が五人としてどんな道に進むのか、うまく思い描けずにいたのだけれど、
きっと何年か経った後、ファンにも見えてくる景色があると信じたい。

慎吾ちゃんにとって、SMAPとは「=僕ら」。
子どもの頃からSMAPで、テレビの世界で育って大人になった彼が発する言葉は、一つの時代の終わりを告げる。
どんな顔をして、どんな風に呼吸しながら、この文章を書いたのか。
本音か嘘かはぐらかす魅力的な態度を思うとせつない。


そもそも一月に、事務所の問題からのごたごたが明るみになったとき、解散に対するわたしの態度は「弱々しい受け入れ」だった。
もちろん嫌だけれど、もっと活躍を見たいけれど、体力的にも厳しい感じだし、
長く頑張ってきたしね……、とまるで今回の事務所サイドが言う「彼らの功績を尊重」に近い意見ではあるけれど、彼らに対して失礼だったかもしれない。
激しい悲しみを表すのが格好悪いという自己防衛的な感情が先に立った。今から思えば、あきらめるのが早すぎた。
CD購買運動を横目に見ているうち、嬉しい情報がもたらされた。
前へ進む、とメンバーが言ってくれたのだ。
信じたかった。信じて待った。
コンサートの告知はない。
新しいアルバムが発売されるのかもわからない。
彼らが次に目指すのはどんな図なのか見えなかった。
半年が経つうち、「観覧形態が以前と変わったとはいえ、冠番組の放送は続いているし、しばらくこのままかな……」と甘い見通しも強くなってきた。

その間も彼らは苦しみ続けていた。
誰かを恨んだり、憎んだり、恨まれたり、憎まれたり、ぎりぎり歯を食いしばるのはとても苦しかっただろう。

最初に悪意があったとして、
その次に大勢のひとたちが、善意と好意を持って案を模索した。
エンターテイナーとしてSMAPが輝き、四十代アイドルグループが金字塔を打ち立てるためのアイディアを。
彼らの楽曲にはときどき、彼ら自身に向けてお返ししたくなる歌詞があるけれど、
たとえば『ありがとう』で描かれた願いはもうかなわない。
活動縮小してもグループを存続させてほしいと願っていたひとが大勢いるはずだ。

ここ数日、コンサートDVDを見ていて、あらためて思ったことがある。
メンバー間の信頼や尊敬がなければ、こんなパフォーマンスはできないということ。
現場を知るスタッフにとっては、当たり前の大原則かもしれない。ファンと楽しい空間を作るためには、当人が楽しくなければならない。
演技じゃなくて、素のままの笑顔の力は絶大だ。
飛び跳ねて、手を振って、声を合わせて、コンサート会場で彼らと過ごす時間は本当に楽しかった。

SMAPと同じ時代に生きながら、彼らに励まされたり、むふふとほくそ笑んだり、すごいなあと感嘆する一方、
わたしは自分に与えられたチャンスに取り組んだ。
その都度ベストを尽くしたつもりでも、望む結果は得られず、
どこにも進めなかったんだか、流されてきたんだか、ここから始まるんだかわからない場所にいる。
ただ一つ言えるとすれば、わたしはまだ看板を下ろしていない。
看板を下ろすのは、本当に重い決断だ。

若い頃の、ファンになりたての自分とはおそらく違う受け止め方で、彼らの声を受け止めている。
あの頃と違い、かなわなかった夢の苦みや、無力さを知っている。
この手でどうにかできるものなんて少ないし、他人の考えを変えるのは難しい。
彼らは今、どんな言葉が欲しいのだろう?
どんな言葉もとげになるかもしれないけれど、あえて届けるなら、
ありがとう か
認めたくない か
がんばったね か
仕方ないよね か
忘れません か。
好きなひとたちなのに、何を言えばいいのか見当がつかない。
五人とも手の届かないスター、でも感情を持った人間。

幸せな時間や、素敵な場面は、努力だけでなく、幸運に助けられた奇跡であると思う。
幾度の危機を乗り越えて、長い長い奇跡を見せてくれたSMAPを、最後の日までしっかり目を開けて見届けたい。
新世界に辿り着く前に空中分解するロケットのような、熱くまばゆい光に似たSMAPを。
森くんの友達であるSMAPを。
五人でいる姿を映像の中でしか見られなくなっても、それを彼らの破片として、ずっと愛し続けると思う。さよならは言わずに。

SMAPを好きなひと、嫌いなひと、興味のないひと、いろいろいるだろうけれど、
彼らが歴史を重ねる中で、一体誰が、こんな未来を予想しただろうか。
ねえ、タモリさん、何か言ってください。


(追記) 記事を上げて一時間以上経って、あれ? って思った。
どうしてメンバーのメッセージが、直筆じゃないんだろう? どういうテンションであの文章を慎吾ちゃんが書いたのかわからないのよね……。こういうの、わりといつも直筆だと思うんだけど……。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
派遣の出稼ぎ仕事がしばらく続いていたのですが、今日から夏休みです。
毎日、ぎりぎりになるまで予定が決まらず、寝ていても変な時間に目が覚めたり、歯が浮いたり、靴擦れが破れたり(オアゾでトイレに駆け込む→バンドエイドを貼って歩行復活)……。
体力的にはかなり限界に近かったのですが、倒れずこなせました! お仕事は楽しかったし、ちゃんと役に立てたと思います。

お休みですが、今、何もしたいことがないな……(白目)。お、オリンピック見る……?白目
昔は「あれもしたい、これもしたい」と常に思っていて、年賀状で宣言もしていたのに、これが老化かしら。
海外旅行もいつからか特に行きたい場所がなくなって……(旅先でぶっ倒れるのを二回経験して懲りたともいう)
肉体だけじゃなくて精神も老いていくのねぇ。

とはいえ、何もせずだらだら過ごしたら後悔するのはわかっているので、
このお休み期間には、執筆のお仕事をします。
あと家を片づけたいです。


『一生美人力 人生の質が高まる108の気づき』(齋藤薫)に、「やろうと思ったことはすぐやれ」って書いてありました。ハイ……。
(※ あ、もっとカッコいい言い回しでね。)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
参加したチャリティ作品集(電子書籍)がAmazonKindleにて発行されました。

関西魂 熊本・大分編

発起人は「関西作家志望者集う会」の原瑚都奈さんです。
『関西魂』という同人誌を取りまとめて、文学フリマなどに参加していらっしゃいます。

この度、「熊本(九州地方)地震支援企画  kindleを使って熊本・大分を応援しよう!」という原さんの趣旨に賛同し、 関西在住ではない私も寄稿させていただきました。
朝来みゆかのエッセンス的な作品になっています。全年齢向け。
タイトルは『夢のしるし』、少し不思議(SF)掌編。ほんわかノスタルジー。お茶
(三回は大幅書き直ししたっけ……その度に、原さんや妹にチェックしてもらいました。)

関西在住の作家志望者の他、商業作家さんも参加していらっしゃいます。
1クリックでパソコンにダウンロードできますので、のぞいていただけると嬉しいです。

今、私も読み始めたところですが、原さんのまえがきに胸が熱くなりました。本

売上は義捐金として、日本赤十字社に寄付されるそうです。
関西作家志望者集う会 facebook
関西作家志望者集う会 twitter

(記事のブログカテゴリ、ひとまず同人活動に入れておきます。)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●OMC
熊本および九州地方での地震によって被災された方を支援するための「チャリティー企画」に、ライターとして参加しました。

(販売ページ)
http://ordermade.net/con/omc_event/charity/

こちらのBセットに、WTPRGエリュシオンのNPC・高柳基(jz0017)をモチーフとするオリジナルノベルを加えていただきました。
本作による、ゲームコンテンツや他のノベルへの影響はありません。

6月21日お昼頃から30日まで、ご購入いただける予定です。
ハードディスクの容量を少しだけお借りしますが、合わせてご覧いただければありがたいです。

(OMCについてはこちらHow
http://ordermade.net/con/

このような趣旨で小説を役立てていただくのも初めてですし、他クリエイターさんとのセット販売も初めてで、貴重な機会でした。
天災は起こらないのが一番ですが、この国に住む以上、また何があるかわかりません。危機に備えつつ、自分のできることをやっていきたいと思います。


OMC個室のプロフィールは更新申請中……古い情報には目をつぶってくださいませ。・・・
窓開けは秋か、年末くらいにできたらいいなと思っています。

ハート
もう一件、OMC主催ではない別のチャリティー作品集にも参加しています。
Amazonで販売予定です。詳細が出ましたら、お知らせしますね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。