朝来みゆかの「あさごはん、たべた?」

恋愛小説やシナリオを書くお仕事をしています。
三度のご飯よりアイドルが好き? でも本はもっと好き!
記事内容に無関係の宣伝コメントは削除させていただきます。


テーマ:

 やけに静かな朝。
 カーテンを開けて外を見ると、白い世界が広がっていた。まぶしい。

「わぁ……」

 二人で過ごす初めての冬が思いがけない景色を運んできた。
 寝室を出て、キッチンに立つ亮一に話しかける。

「ねぇ見た? 外」
「夜の間に積もったみたいだな」
「全然気づかなかったね」
「ああ」

 お互いに熱中していたから。雪に気づかなかった事情に思い至って赤面する。

「どうした?」
「ううん」
「朝飯できたぞ。雪かきが必要なら、この後やる」
「そんな、お誕生日なのに働かなくてもいいんじゃない?」
「動かしてないと身体が鈍る」

 今日は亮一が生まれた日。
 日帰り温泉にでも行って、おいしいものでも食べて、日頃の疲れを癒してほしいと思っていた。

「でもこんな天気になるなんて……」
「有休申請しておいてよかったな。今日は家でのんびりしよう」
「それでいいの?」
「何かしたいことあるのか?」

 しばし考える。そして提案。

「せっかくだから、雪遊び……とか」



雪
 ダウンコートにマフラー、厚手の手袋、イヤーマフ。防寒装備でいざ繰り出す。
 ささやかな庭には綺麗に雪が残っていた。
 太陽は雲に隠れたままだから、溶けるまでに時間がかかるだろう。
 まだ足跡のついていない白を踏んでみる。かかとの低いブーツで、そっと、そっと。
 靴底で知る感触がおもしろくて、足取りは次第に大胆になる。

「『雪やこんこ』の犬みたいだな」
「どういう意味?」

 訊き返すと、亮一は答えずに笑った。

「雪だるまでも作るか」
「それもいいけど……ひとりじゃできないことがしたい」
「何だ?」
「雪合戦」
「珍しいことを」
「亮一さんが鬼でいい?」
「……俺の知ってる雪合戦と違う」

 足元の雪を拾って丸め、「行くね」とひとこと。
 棒立ちの亮一にぶつけた――つもりが、雪玉はぽとりと地面に落ちた。
 日奈が魔球に開眼したわけではなく、亮一が避けただけだ。
 続けて雪玉を用意し、投げる。次もその次も当たらない。
 両手に雪を拾い、小さく丸めて左右連続で投げるもひらり、ひらりとかわされてしまう。日奈をからかうように黒いコートの裾が翻る。

「どうして当たらないの!?」
「某映画にこういうシーンがあるんだ。もう一回投げてみ。ここらへん狙って」

 言われた通り心臓の高さを狙ったのに、亮一は上体を後ろに倒し、雪玉の軌道を避けた。ありえない。

「亮一さんの身体ってどうなってるの?」
「さんざん見てるだろ」
「……見てたってわからないもん」

 超人的な動きに翻弄され、息が上がっているのは日奈の側という始末。手はかじかみ、口元は煙る。

「もう駄目。降参」

 雪の上にしゃがみ込むと、亮一が隣に来て腰を下ろし、そのまま仰向けに転がった。
 初めて会った日を思い出す。亮一もきっと同じ記憶を思い浮かべている。

「大人になってこんな遊び方するなんてな」
「うん」
「楽しい」
「うん」

 楽しいと感じてくれるのが嬉しい。ふたりでできること。ふたりだからできること。
 過去からつながる一本道はときにまっすぐ、ときに曲がりながら、この先もきっと伸びている。
 今の自分はあの頃の自分の続きだ、と思えた。

 亮一が隣にいるなら、真っ白な世界で遊びながら進んでいける。

「また降ってきた」

 見上げれば音もなく舞い落ちてくる雪。いつ止むのかまだわからない。

「そろそろ戻ろう。風邪引いたら大変だ」
「子ども扱い?」
「そんなつもりないんだけどな」

 過保護な旦那様に手を取られ、立ち上がる。
 たとえ身体が冷えてしまっていても平気。芯まで温まる方法なら、ふたりともよく知っている。

「あったかいレモネード飲みたいかも。作ってくれる?」
「もちろん。誕生日スペシャルで」

 犬の次は猫になって、温かな家でぬくぬくと。

 

 

                                 (Let's play winter
雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪


蜜夢文庫 本日発売です! 全国のリアル書店、ネット書店でどうぞ 書店

 

雪のお話を書こうと思って準備していたら、本当に首都圏も雪模様に……!

皆様、お足もとに気をつけてくださいね。

 

帯イメージ


旦那様はボディガード

 偽装結婚したら、本気の恋に落ちました』

  (著:朝来みゆか、イラスト:涼河マコト)

…こんなお話です…ハート
「新婚ならみんなしてることだと思うけど?」
大企業のオーナー一族に生まれた日奈。父とふたりで平穏に暮らしてきた彼女に、ある日、脅迫文が届く。
折悪しく、海外への長期出張が決まった父は、日奈の身を案じ、アメリカ帰りのボディガード・十和田亮一と偽装結婚させることを思いつく。
家でも会社でも、24時間日奈を警護する十和田。
日奈は彼と自分の距離が妙に近いことが気になって……。
過保護で奇妙な新婚生活の行方は?
エッチでかわいいハートフルラブコメディ。


竹書房 作品詳細ページ
http://www.takeshobo.co.jp/book_d/shohin/6146433

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年の夏、電子書籍らぶドロップスレーベルで配信開始となった

『新婚ボディガード 偽装結婚なのに本気で恋しちゃいました。』 が、紙の本になります!

 

『旦那様はボディガード

 偽装結婚したら、本気の恋に落ちました』 として、

蜜夢文庫の仲間入りをさせていただきますドキドキ

 

改めまして、朝来みゆかです。(あさごみゆかと読みます。)

紙になったらいいなと希望を持って書いたこの作品。

電子版(パブリッシングリンク刊)をダウンロードしてくださった皆様のお力があって、実現できる運びとなりました。

 

箱入りお嬢様とボディガードの偽装新婚生活。

リゾートハネムーンと、初めての家出と、初恋の謎……という内容です。

 

基本的にはお話はそのまま、軽微な修正のみ反映して出版予定だったのですが、

電子版の読者の方がまたお手にとってくださることを考えて、全面加筆修正の上、

どうしても書き下ろしを加えたいと思い、あとがきに代わるショートストーリーも収録していただいています。

本文中の挿絵もたくさんあるので、楽しみにしていてくださいね。

 

発売元:竹書房

レーベル:蜜夢文庫

イラスト(表紙・挿絵):涼河マコト先生

発売日:2018年1月22日

 

編集部ブログ 予告記事

 

まだ書影はネット書店に出ていないのですが、上記ブログでちらっとご覧いただけますよ。

亮一かっこいい~好

そしてリアル書店に飾るPOP用の文章も書いたので、もしお近くで見かけた際はわたしの悪筆を笑ってやってください。

わたしはまだ外出できないので、皆様が頼りです。全国の書店で、たくさん見つけていただけますように。

 

テレビドラマも始まりますし、今月は「ボディガード」が熱いキラキラ☆

 

 

鏡餅

ブログでは年始のご挨拶をしていませんでしたね。

新年、皆様いかがお過ごしですか?

 

わたしはツイッターでちらっとご報告したとおり、年末に入院しまして、担当さんとの最終確認はスマホでやり取りしていました。

ただでさえお忙しい時期にご負担をかけてしまった気がしますが……無事に本が発行されるのだろう記事を見て安堵しております。

 

体調は日に日に回復してきており、ソシャゲも二十日間のお休みを経て復帰しました(端末をいじる気になるかが、ある意味で健康のバロメーターだと思った、笑)

乃木坂ちゃん乃木坂46 透過のアンダーアルバムも聴いてます音符 “なみころ”は不動のNo.1だけど『My rule』も急上昇。『はじまりか、』よかった!泣けた!

……と、通常運転っぷりを披露しつつ。

 

今年は昨年以上に執筆のお仕事をがんばりたいです。

遠回りでもわたしらしく、TLと青春小説をお届けしますので、

ご縁を持てた皆様、気長に気楽におつき合いいただければと思います。

 

まずは発売まで一週間ほどになりました蜜夢文庫 『旦那様はボディガード』

応援どうぞよろしくお願いいたします。

 

発売日に向けてまたSS書きます。メモ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワイン
 仕事帰りのお嬢様(今はお嫁様になったわけだが)を確保して、流れで近所のバルに寄った。
 以前から気になっていた店で、予約はしていなかったが、ちょうどテーブル席がひとつ空いていた。

「今日、何の日か知ってる?」

 ナッツをつまみながら日奈が言った。
 爪の先がきらきらと光っていて、その七色に見とれていて、亮一の答えは遅れた。

「結婚して一ヶ月?」

 おそらく正解だろうと思って答えたのだが、日奈は首を横に振った。

「はずれ。それは先週でした」

 他に何があったか。
 夏前から一緒に暮らす中で、亮一が意識しない記念日が制定されていたのかもしれない。
 女子はそういう祝い事が好きなものらしいから。
 結婚記念日じゃなければ何だ?

「……勤労感謝の前日だよな」
「それはそうなんだけど、はずれ」
「カレンダーに書いてあったか?」
「ううん。書いてない」

 自宅の冷蔵庫に貼ったカレンダーにお互いの予定を書く決まりにしている。会社の飲み会やら友人とのお茶やら、ほとんどが日奈の用事だ。
 見落としたわけではないとすると、今日が何の日だか亮一には見当もつかない。

「知らなければ別にいいの」
「そんなこと言われたら余計気になるだろう」
「あ、駄目、検索するのは禁止」

 スマホを取ろうとした手を押さえられ、料理が運ばれてきて、話はうやむやになった。
 今日が何の日であっても、日奈が無事で、ふたり楽しくやれていればそれでいい。


煮物
「うまかったな」

「うん。近いし、また来ようね」

「ああ。で、さっきの正解は?」

 腹が満たされたところで蒸し返す。

「んー、ヒントあげる」

 日奈は右手と左手の人差し指をまっすぐ立てた。

「一、一?」
「そう」

 そしてダブルピース。

「二、二?」

 次はこうか、と亮一が左右の手でそれぞれ三を示してみせると、日奈はむくれた。

「真面目に考えてないでしょ」
「いや、考えてる。考えてもわからない」
「歴史の年号に似てるかも。語呂合わせだから」
「一一二二年に何か戦争でもあったか」
「年じゃなくて、日にちなの。今日、二十二日でしょ?」
「駄目だ。降参」

 白旗を上げると、日奈は嬉しそうに微笑む。

「亮一さんって、前より素直になったよね」
「そうか?」
「うん、絶対。わたしのおかげだね」
「そうだな」

 

 変わったこともあれば、変わらないこともある。
 たとえば予約せずにふらっと店に入る自由からしばらく遠ざかっていたが、段取り通りに進まなくてもこのお嫁様が決して不機嫌になったりしないとわかってからは、こういう夜も楽しめる。


「……素直すぎて怖い。否定すると思ったのにー」

 ささいな変化も見落とさない妻が、ずっと笑っていられたらいい。
 同じものを食べて、同じ家に帰り、同じベッドで眠る。これ以上何を望むというのか。
 酔いを覚ましながら歩き、部屋に着くなり抱き締めた。

 
スタンド
「わたしも毬絵ちゃんに教えてもらうまで知らなかったんだけど、十一月二十二日って『いい夫婦』の日なんだって」
「日付が変わった後に言われてもな」
「……誰のせい?」

 亮一のせいで時間が過ぎたと暗に責める唇を優しくふさぐ。

 息継ぎの合間に日奈が上目遣いで見上げてくる。

「悪い夫婦?」
「この上なくいい夫婦だろう」

 嵐のようなひと夏を越えて、いくつもの夜が明けて、夫婦になった。
 たった数ヶ月。でももっと長い時間を日奈と過ごしてきた気がする。
 これからの方がもっと長いんだろうと思うのは、悪くない想像だった。

ぶらっくはーとボーダーハートぶらっくはーとボーダーハートぶらっくはーとボーダーハートぶらっくはーとボーダーハートぶらっくはーとボーダーハートぶらっくはーとボーダーハートぶらっくはーとボーダーハートぶらっくはーとボーダーハートぶらっくはーとボーダーハートぶらっくはーとボーダーハートぶらっくはーとボーダーハートぶらっくはーとボーダーハートぶらっくはーとボーダーハート

 

『新婚ボディガード』 その後の小さなお話でした。そういえば恋仲になるまでを書くことが多いので、夫婦になるまでを書いたのは初めてでしたね。

矢印 電子書籍は左の柱からどうぞ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

秋めいてきましたねー。

コンビニに行こうと思って外に出たら風が強くて、スカートの裾を押さえながら歩いてたんですが、さらに小雨が降ってきたので回れ右しました。Uターン

 

近況。

長年お世話になっていた職場をこの九月で離れることになり、送別会をしていただきました。

人間関係がこじれて辞めたとかではないので、さびしい気持ちも大いにあり。

これからは執筆に専念! と言いたいところですが……

 

家の中の断捨離やら、

母校関係の手伝いやら、

もう少しばたばたが続きそうです。

十月中旬には、落ち着いて机に向かえるはず。

いいお知らせができるよう、がんばりたいなー。

 

WTRPGエリュシオンのエンディングも関わることができず、

そのときそのときにできることを精一杯やっているつもりですが、

心残りはあります。

月日が経つのって早いですね。皆に幸あれ。

 

 

かんむり

『子やぎのかんむり』(市川朔久子)が小学館児童出版文化賞!

 

本を読んで、「これ好き! いい!」と思っても、その後の行動は2パターンに分かれます。

よかったよー読んでみて―、なんなら貸すよー、と周りに薦めたくなるか、

あまりに大切でひとに言えないか。

これは後者、でした……。

他者と感想を分け合いたい本ではないの。独り占めしたくなった。

でも受賞をきっかけに、もっと大勢のひとに読まれるんだろうし、きっとこの物語に救われる若い子たちがいるんだろう。

感想文の課題本にされたくないなぁ……これを読んですらすら感想文を書けるひとは、本当にこの物語を必要としているひとではない気がする。偏見かなぁ。

それぞれが自分の感想を心の中にそっと持てれば、それでいいと思う。

 

 

先日、妹の熱心なすすめでブロードウェイミュージカル『ファインディング・ネバーランド』を観てきました。

全編英語で、舞台の両脇に字幕が表示される形。

新しい哲学やら新しいキャラクターを提示しているわけではないのに、圧倒的な歌、踊り、演出に涙しました。

いずれ日本人キャストでも上演されるそうなので、また観に行きたいな。

 

そしてわたしも、本当に自分が納得のいく作品を、生み出していきたいと思うのでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブラウザのEdgeが壊れて、ブックマークがぶっ飛んだおかげで、少しネット離れしているみゆかです。

今期ドラマは、月9とセシルとカホコを録画してます。録り貯めてる。

 

涼しかったり、暑かったり、豪雨だったり、雷が落ちたり、

それぞれの場所でみんな大変だなぁ。

水の事故も心が痛む。

 

おだやかーにやすらかーに日々を過ごしたいのですが、先日ちょっとしたことですごく腹を立ててしまいまして、それこそ大人げなく物に当たるくらいの怒り……。

その二日後から具合が悪くなり……(翌日は外仕事で気を張ってたから乗り切れたキラキラ☆

ストレスで健康を崩すというのは本当だな、と身をもって思い知りました。

 

Edgeを直す方法も調べてはあるのですが、コマンド打って30分以上かかるらしく、踏ん切りがつかずにいます。

月末までできるだけ仕事に集中したいので、という言い訳。

部屋の片付けを後回しにしているのも、同じ理由。

あぁほんとに残り一週間弱で、お仕事提出できるのかしら。奇跡を起こさないといけないんじゃないかしら。

 

この記事はクロームで書いてます。いつもと文字色が違って読みにくかったらごめんなさい。

関係ないですけど、乃木坂乃木坂46 透過3期生ではれんたんの顔が好きです。特にあごのライン、あの若さでどうしてあんなに綺麗なんや……。

 

 

『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』という本を読みました。

こういうの大好きー。横になった状態で3回くらい読んだキャ

「村上春樹的みずほ銀行」ネタがお好きだった方におすすめ。

文体模写がぎゅっと詰め込まれた一冊です。いわゆる文豪だけじゃなくて、最近のひととか、雑誌の文体模写とか再現クオリティ高い!

 

 

わたしはというと、文体以前。書き手としては相変わらず力不足で、

でも作品をもっと届けていけるよう、自分にできることをがんばらないとですね。

とにかく目の前を見て、遠くとか、高みには意識を向けないようにする。

そんでもって、来た球だけを打つ。(イメージ:テニステニス

ネットを超えて相手コートに入ればよしとする。

相手をぎゃふんと言わせたいとか、試合で勝ちたいとか、トーナメントの目標とか、

流れ球に手を出すとか(テニスじゃない気がするけど、笑)

そこまで考えるレベルじゃないなーと今は思ってます。

 

あーでもね、来月になったら大きいこと言ってるかもしれない苦笑

美しく打つ!みたいな。

 

 

(↓腹を立てる前)

妹と一緒にコミコミスタジオ町田に行ってきました!

妹はスタンプカードが二枚目に突入するくらい通っているのだけれど、わたしは初めて。

相変わらず妹といる時間は癒されるし、楽しくて元気出る……。すごい満足度なの。

 

(↓そのもっと前)

らみちゃんが遊びにきてくれました。喋り倒した~ラブ

そのときにお土産でいただいたものが、こちらWハート

一見するとミッフィーの本。中身は……秘密! 開けてびっくりよ。

 

 

最近の気づき。

スティックパンツをはいて歩いていると、ガニ股が目立つ……。

(多分、ガウチョとかだと目立たないんじゃないかな。)

写真に撮られて気づいた。歩き方、気をつけよう。

 

 

では奇跡を起こしにいってきます。

ベリーズカフェの更新は来月までお待ちを。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。