アジアに恋して♪

あたしの独断と偏見と自己満足に満ちた旅ブログの決定版


$アジアに恋して (〃ω〃) スキ♪-はじめに
ようこそいらっしゃいました。三度の飯より旅が好き$アジアに恋して (〃ω〃) スキ♪-heart
自負する管理人miyu-miyuがゆる~く適当にお届けする
旅ブログの決定版(←コレは言いすぎだろ!! 笑)



オトナが楽しめる(=楽しんだ)オトナのための旅をおもしろ
おかしく、必要・不必要も関係なく、あますところなくムダに
しっかりとお届けいたしま~す$アジアに恋して (〃ω〃) スキ♪-p ただし更新は不定期デスあせる



少しでも 旅のお役に立てればと思いながらがんばります( ´ー`)




日常の出来事を綴るブログ


fightホンジャマル も堂々更新中cat




あたしの詳しいご挨拶はコチラ から( ´ー`)

(2010.9.28 改)


テーマ:

急に行くことになったsei旅行。出発しようと決まった日の前日に慌ててとりあえずの旅館を予約するパソコンじゃらんネットで調べたものの土曜日出発だったし、前日だったのもあり、めぼしいホテルは全滅あせる途方に暮れていたときに父が言った。






「ちょっと電話してみよう電話








気になったホテルに直接電話してみると意外に意外あれ‥!?部屋空いてました。ポイントは貯まりませんが、ネットで予約できない場合でもホテルに直接電話してみるとOKになる場合もあるんですねにゃ






土曜日の朝7時半に下関を出発ドライブ高速道路1000円の日なので高速道路を使いまくり、倉敷から四国にかかっている瀬戸大橋まで目指す!!自分が運転していると神経使うし、いろいろと大変だけど後部座席に乗ってると楽でいいねぇ~音譜前日にレンタルしてきた小室哲哉全集(小室全盛期の曲がたくさん収録されているCD)をかけてノリノリ♪たまに聞きたくなりませんか~!?一緒にレンタル行った母が借りたいと言った「綾小路きみまろ」のCDをかけたり(すぐに爆睡してしまった、あたし汗)してるうちに瀬戸大橋に到着しましたハーイ、








アジアに恋して♪-瀬戸大橋



初めて見た瀬戸大橋はこんな感じ。瀬戸大橋が見える場所にSAがあり、そこで食事をしたりおみやげを買ったりできるようになっています。展望台もあり、瀬戸内の360度見ることができました音譜






アジアに恋して♪-瀬戸大橋


PA内には四国だけの物産品ではなく、岡山などの特産品もあり思わず散財しちゃいそうな勢いですあせる土曜日のお昼前だったので車は結構止まっていたのに人はあまりいませんでした。みなさんどこへ行ってたのでしょうね汗お昼ごはん(もちろんさぬきうどん)を食べ、本日のお宿&目的地である徳島県へ向かうドライブ






本日のお宿として予約していたのが「サンリバー大歩危」観光地でもあるかずら橋や大歩危・小歩危からも近く便利な場所だったので決めましたビックリマークこのあたりは秘境の地と呼ばれるだけあってそんな感じでした 笑 とりあえずホテルを探し、チェックインだけ済ませ観光地へ行くことにしました。ホテルは簡単に見つかったので、チェックインだけ済ませてかずら橋へチカラコブさすがに秘境の地だけあって山道をグイングイン山奥へ進んでいくガーン!!駐車場に車を止め、歩いて行くと・・・






アジアに恋して♪-かずら橋


見えているのがかずら橋です。見えにくいかもしれませんが結構な人数の人たちが渡っています。完全に腰が引けてる人もいたりしてwww




かずら橋(かずらばし)とは・・・サルナシ(しらくちかずら)などの葛類を使って架けられた原始的な吊り橋。

起源はその昔、弘法大師が祖谷に来たとき困っている村民のために架けたとか、あるいは平家の落人がこの地に潜み、追手が迫ってもすぐ切り落とせるように葛を使って架設したとの伝説もあるが定かではない。



現在の西祖谷山村善徳のかずら橋は長さ45m、幅2m、谷からの高さ14mで日本三奇橋の一つであり、重要有形民族文化財である。大正時代に一度、ワイヤーを使った吊り橋に架け替えられたが、1928年(昭和3年)、地域振興目的でかずら橋が復活された。ただし安全のためワイヤーによる補強は現在も行われている。 年間35万人の観光客が通るため、老朽化が早い事から3年に一度架け替えが行われており、約2週間~1ヶ月を要する。材料である太いかずらの調達は年々困難になってきており細いかずらを撚り合わせて使用しているという。いずれも人ひとり渡っても揺れ、床面も「さな木」と呼ばれる丸太や割木を荒く編んだだけであり、すき間から川面が望める。(wikipediaより抜粋)







アジアに恋して♪-かずら橋


この階段を下ってきたところで500円を支払えば橋を渡ることができます。この辺りですでに人が並んでいます!!あまり大きな橋でもないので一度に渡れる人数はそんなに多くはありませんあせるしかも渡るのが遅い人が多かったりするとさらに渋滞・・・汗





アジアに恋して♪-かずら橋

みなさん自分の順番が「いまや遅し」と前のめりで待っていますあせる待つこと数分であたしの順番が回ってきました音譜橋の渡り口の辺りではカバンのファスナーを閉めなおしている人やポケットのモノをカバンに移したりする作業を行っている人も多く・・・。








いざ、出陣だtomominnie




アジアに恋して♪-かずら橋



なんて一歩足を踏み出せば、足元はこんな感じ。下には川面が見えてますあせる高所恐怖症の方はぜひご遠慮くださいパー怖くはないんですが、万が一足を踏み外してしまっても橋から落ちることはないと思います汗ですが手荷物等は犠牲になるだろうし・・・あせるそういうのを考えてみなさん橋の渡り口のところで荷物を移動させていたのですね汗あたしはポケットにケイタイ、首からはデジカメをぶら下げ、渡り始めた。・・・とはいってもあたし高いところ好きなんで、ゼンゼン怖くないおっけー





アジアに恋して♪-かずら橋


橋の上からはこんな風景が広がっています。ちなみに渡ってる人の多くは渡ることだけで精一杯で景色を楽しむどころか写真を撮ることなんてできなかったみたいですあせるあたしは橋の上からの景色を見たり、橋の右へ行ったり左へ行ったりしてましたので写真も盛りだくさんてへ






アジアに恋して♪-かずら橋


手すりはこんなカンジで結構太いですおっけー






アジアに恋して♪-かずら橋


みなさん手すりにぶら下がるようにして前に進むため手すり付近は大渋滞ショック!男性も女性もあまりの高さに腰が引けて前に進めない人も多いあせるドクロ<そこまでして渡らなきゃいいのに 一方あたしはほとんど手すりにつかまることもなかったのでどんどん前に進めるし、写真も撮り放題カメラ






アジアに恋して♪-かずら橋



橋の真ん中くらいまで歩いてくると見えてきました目橋の渡り口に行く途中でかずら橋が見えたあの場所が見えます。その場所からはお互い見えるようです。なので、ファミリーで来てるような人ならば、子供がかずら橋を渡っていて、お父さんが上から写真を撮ってましたカメラま~大変だこと汗あたしの前を歩いていた完全に腰が引けてなかなか前に進まないオジサンなんてその場所に来たらさっと手すりから手を離し、めっちゃ手を振ってましたシーン...。きっとあちらか写真を撮ってもらっていたんでしょうね・・・あせる手すりにぶら下がりながら腰引けた写真撮ってもらえばいいのに~ 笑






アジアに恋して♪-かずら橋


怖いと感じられないあたしはさっさと渡り終えましたあせる子供たちが渡る姿をムービーで押さえるのに必死なお母さん・・・頭が下がりますねあーあたしはゼッタイにムリだな汗そんなに揺れるっていうほど揺れてはないんですが・・・汗結構な人数が渡るため人によってはすごく揺れる場合もあるそうです。一緒に渡り始めたあたしと母だったのですが、ビビりまくりで渡らない母はずいぶん後ろにいた。その母のさらに後ろにいたおじさんの歩き方のせいなのか橋がやたら揺れたそう。母と同じ辺りで渡っていたオバサマの団体の1人がそのおじさんに





「怖いじゃない、揺らさないでよむかっ





って文句を言ったらしい。おじさんも故意に揺らしたわけでもないのにそんな言い方されたのに腹が立ったのか





「別に揺らしとらんむかっむかっ





と怒ったんだって。そんな吊り橋の上でケンカしなくてもね~あせるそんなケンカはいいからさっさと前に進んでくださいため息






アジアに恋して♪-かずら橋


渡り終えたところにはちゃんと記念撮影ポイントがありました音譜みんなこぞってココで写真撮ってましたカメラ渡り終えた安堵感なのかみなさんチョキ姿だったのが印象的でした 笑






アジアに恋して♪-彼岸花


駐車場に戻る道の途中には彼岸花が咲いていて、あ~もう秋なんだなぁって実感DASH!







アジアに恋して♪-あめご



あめごというお魚を焼いて売ってました。徳島の名物らしいです。






かずら橋が終わったのでとりあえずホテルへ戻りま~す( ´ー`)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。