★心優(みゆ)の脳脊髄液減少症と闘いの日々★

2007年の玉突き事故で脳脊髄液減少症を発症しました><ブラッドパッチ2回しました。1回目は腰漏れ、2回目は首漏れで漏出症です。他にも色々な病気を抱えてますが前向は難しいけれど自分のペースで歩いています♪


テーマ:


今日は彼が用事で私の住んでいる市まで

来たので会いました。

駅ビルでランチしました。

スピード違反で免停になるので彼の車

当分乗れませんガクリ

会ってすぐに何したの?って聞いちゃいましたムンクの叫び

当分公共交通機関です。

ランチの後、彼の家に行き猫ちゃんと遊びました。

2匹とも可愛いラブラブ!

まだ未定だけど来月USJ行く約束してます好

脳脊髄液減少症になって本当に辛い日々でした。

恋愛しても病気が壁になって上手く行かなかったり。

今は、徐々に回復傾向なのでデートも楽しめます。

体調が心配な時は、薬を飲んでのんびりさせてもらってます。

辛い事も多いけど希望を持つ事も必要だと感じます。

彼に出会えて良かったと心から思います。
AD
いいね!(33)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

明るいあなたにぴったりなキャラは…

明るいあなたにぴったりなキャラは…
AD
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


デート2回目。

今日は、彼のマンションに遊びに行きました。

高層マンションの11階でした。

猫ちゃん2匹飼っていて癒された。

私の病気にも理解をしてくれているので

天気の悪い日だったけど楽しかった。

鳥食べてきました。

高速つかって家まで送ってもらいました。

やはり、恋愛してると辛い事も忘れられる。

彼と長く付き合えたらと思ってます。

彼の笑顔が好きです。
AD
いいね!(44)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)


糖尿病内科で新薬を処方されました。

尿と一緒に糖を出す薬です。

飲んで2週間ちょいで異常な喉の渇きで

眠れないようになりました。

食欲もなくなりました。

新薬の影響で脱水になったと自分で思い

主治医の診察の日に当日予約で行きました。

主治医は脱水とは疑ってなかったです。

処方してる患者さんも少ないらしく。

点滴と尿検査、血液検査をしました。

点滴終わって診察室に戻り結果を聞きました。

見事に脱水でした。

声もおかしかったのが点滴で回復。

この新薬私には目茶苦茶効果がありました。

血糖値がもう少しで正常ってところまでいったので。

体重も3週間で5キロ減ってました。

主治医は、こんなに薬効きすぎる患者さんはじめて

だと言われました。

まぁ脳脊髄液減少症で脱水になりやすいのもある。

高くてOS-1のんでない。

今、他の薬に変えて効きすぎると困るので1錠を

半錠にしてのんでいます。

ホントよろよろになったので死ぬかと思いました。

効果絶大だったけど禁止になりました。

脱水の恐怖を味わった心優でした。
いいね!(40)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハンセン病患者が当事者となった裁判を裁判所外に隔離して設置された「特別法廷」で審理した問題を検証してきた最高裁は25日、調査報告書を発表した。会見した最高裁の今崎幸彦事務総長は「昭和35年以降は合理性を欠く差別的運用だった」として、特別法廷とした手続きが裁判所法に照らして違法だったと認めた上で「差別を助長し、人格・尊厳を傷付けたことを深く反省しお詫び申し上げる」とハンセン病患者に謝罪の意を表明した。

最高裁が設置した外部の有識者委は「憲法に定められた平等・裁判公開の原則に反し違憲だった疑いがある」と指摘しているが、今崎事務総長は違憲性は認めなかった。

最高裁が過去の裁判手続きに関し、不適切だったことを認めて謝罪するのは極めて異例。

裁判所法では、災害で裁判所の建物が使用不能になった場合などの緊急時を念頭に、最高裁が必要と認めれば外部で法廷を開けると規定。この規定を根拠としたハンセン病患者の特別法廷は、昭和23~47年、ハンセン病療養所や隣接する刑務所、拘置所などで96%の認可率(申請96件、認可95件)で実施された。他の病気などを理由とした認可率は15%(申請61件、認可9件)だった。

一方、憲法では「裁判官の独立」を保障しているため、検証対象は司法行政上の判断である「開廷場所の指定」の正当性に限られたことから、個別の裁判内容の見直しはしない。このため、特別法廷には冤罪と指摘されている事件もあるが、報告書は個々の裁判の違憲・違法性までは踏み込んでおらず、調査対象の特別法廷の再審などにはつながらない。

私が、じいじと呼んでる人がハンセン病です。

毎月遠方から東京に状況してハンセン病の事をしています。

手足の感覚がありません。

パソコンの文字入力も力加減がわからないので

鉛筆で文字を打ってますがキーボードよく壊す

そうです。

私の弁護士さんもハンセン病を扱っています。

ハンセン病は本当に残酷だと思います。

やっと謝罪ですが患者さんは謝罪されても

嬉しくないと思います。
いいね!(14)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。